囲碁将棋新人王戦

日本棋界の若手登竜門

第47期(16年)将棋新人王に増田康宏四段

第41期(16年)囲碁新人王に大西竜平二段

日刊紙で連日紹介、日曜版に多彩な企画

赤旗名人戦はこちら

 

大西竜平.JPG

    (写真)第41期囲碁新人王 大西竜平二段                第47期新人王 増田康宏四段
 


将棋新人王戦 増田四段が優勝

10年ぶりに10代新人王

将棋新人王戦第2局.JPG 将棋の増田康宏四段(18)の先勝で迎えた第47期新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝三番勝負第2局が11日、東京都渋谷区の将棋会館でおこなわれ、午後5時48分、増田四段が123手で石田直裕四段(27)を破って、2勝0敗で新人王を獲得しました。公式戦初優勝で、将棋では10年ぶりの10代の新人王の誕生です。

 増田四段は奨励会三段時代からベスト8に進出してきた実力者。今期初の決勝進出で、第1局につづいて本局も相手に優勢な場面を許しながら、逆転で勝利をもぎとりました。

 石田四段は年齢制限で最後のチャンスでしたが、一歩及びませんでした。

 増田四段は1997年11月4日生まれ。東京都昭島市出身。森下卓九段門下。2012年4月から三段リーグ戦参加、14年10月、四段昇段プロデビュー。今年度の成績は22勝9敗(勝率7割9厘)。

 増田新人王の話 きょうは苦しい将棋で、負けも覚悟した局面もあったので、勝ててとてもうれしい。第2局が重要だと考えていたので、この一局で決めるつもりで臨みました。(今後の目標は)一局一局、すべての対局でいい将棋が指せるようにしたい。

詳報・棋譜

第1局の記事を読む

トーナメント表

歴代優勝者を見る

日本将棋連盟

日本女子プロ将棋協会


第41期囲碁新人王戦
大西二段、最年少優勝 16歳6カ月

囲碁新人王.JPG 囲碁の第41期新人王戦(しんぶん赤旗主催)の決勝三番勝負第2局が30日、東京都千代田区の日本棋院でおこなわれ、227手で大西竜平二段(16)が谷口徹二段(20)=関西棋院=に黒番中押し勝ちし、2連勝で新人王のタイトルを獲得しました。公式戦初優勝です。

 16歳6カ月での新人王獲得で、2年前の一力遼七段の最年少記録(17歳3カ月)を塗り替え、史上最年少の新人王となりました。

 大西二段は2015年に入段したばかり。新人王戦は今期初出場で、プロ2年目にして、いきなり若手の頂点まで上りつめました。

 今年は10連勝を含め30勝8敗となりました。

 2000年3月14日生まれ。東京都狛江市出身。11年、小学6年のときに「小学生名人」になりました。

 大西竜平新人王の話 今まで応援してくれた人たちに恩返しができました。決勝に出るまでも、決勝の碁も難しい碁が多く、運がよかった。一力さんの記録は抜きましたが、新人王を取ったからと気をゆるめないようにしたい。世界の若手はすごく強い。そういう人たちと勝負したい。

詳報・棋譜

第1局の記事を読む

トーナメント表

歴代優勝者を見る

日本棋院

関西棋院


第46期(15年)将棋新人王に菅井竜也六段
第40期(15年)囲碁新人王に許家元三段

菅井六段勝ち.JPG

     第40期囲碁新人王 許家元三段                       第46期将棋新人王 菅井竜也六段


新人王表彰式.JPG

(写真)表彰式でトロフィーを手に喜びの許家元囲碁新人王(左)と菅井竜也将棋新人王=12月15日、東京都内(記事を読む


許家元三段が第40期囲碁新人王に

囲碁2局1.JPG
(写真)囲碁新人王戦第2局でも勝ち優勝した許家元三段(右)。左は平田智也四段=9月16日、東京・日本棋院

 平田智也四段(21)と許家元(きょかげん)三段(17)との対決となった第40期囲碁新人王戦(しんぶん赤旗主催)の決勝三番勝負第2局は9月16日、東京・市ケ谷の日本棋院でおこなわれ、許三段が第1局につづいて勝ち、2勝0敗で新人王を獲得しました。

 許三段は公式戦初優勝。新人王戦2回目の出場で、入段後2年6カ月での優勝です。13日に若手棋戦のゆうちょ杯(非公式戦)でも優勝したばかり、その勢いで一気に決めました。

 1997年12月24日生まれ。台湾出身。高林拓二六段門下。2013年入段、今年三段昇段。2014年、第1回グロービス杯準優勝。

許三段連勝で新人王に
ヨセ勝負で劣勢はね返す

 許家元三段が優勝を決めた、16日の第40期囲碁新人王戦決勝三番勝負第2局は、序盤の劣勢をはね返した逆転勝ちでした。

 許三段の先勝を受けた本局は、序盤、「決勝戦ということを意識してか白番の許三段の手が伸びなかった。そこをついて黒番の平田智也四段が優勢にすすめたと思います」と立ち会いの大矢浩一九段。

 黒は右辺の白を攻撃しながら中央を厚くしてヨセ勝負に。その後、黒に疑問手もでて、許三段が逆転し、午後5時27分、194手まで許三段が白番中押し勝ちをおさめました。

 大矢九段は「許三段は、冷静な面を見せました。黒のやりすぎをとがめたり、辛抱強く打ったのが、逆転につながりました」と語りました。

 新人王を決めた許三段は「きびしい碁を逆転することもあって運が良かった」と今期トーナメントを振り返り、「(新人王は)今後の自信につながった。今後は一般棋戦でもがんばりたい」と語りました。

棋譜をみる

囲碁新人王戦 許家元三段が先勝
難しいヨセ勝負制す

 平田智也四段(21)と許家元三段(17)の対決となった第40期囲碁新人王戦(しんぶん赤旗主催)の決勝三番勝負第1局は11日、東京都千代田区の日本棋院でおこなわれ、午後5時7分、175手まで許三段が黒番中押し勝ちをおさめました。(記事の続きを読む

トーナメント表をみる

歴代優勝者を見る

日本棋院

関西棋院     


菅井竜也六段が第46期将棋新人王に

将棋決勝第3局.JPG
(写真)最終局を検討する菅井六段(右)と大橋三段=19日、大阪市・関西将棋会館(峯松進撮影)

 菅井竜也六段(23)1勝、大橋貴洸(たかひろ)奨励会三段(23)1勝のタイで迎えた、第46期将棋新人王戦(しんぶん赤旗主催)の決勝三番勝負最終第3局は19日、大阪市の関西将棋会館でおこなわれ、午後4時19分、136手で菅井六段が第2局につづいて勝って、逆転で新人王を獲得しました。

 菅井六段は関西若手の実力者でありながら、これまで準決勝の壁に3度阻まれてきました。トーナメント途中で六段に昇段、今期で新人王戦“卒業”が決まっていたので、今回の決勝進出が最初で最後のチャンスでした。師匠の井上慶太九段、その師匠若松政和七段を継いで3代にわたる新人王の誕生です。

 優勝を決めた菅井六段は「苦しい将棋が多かったので、結果を出せてよかった。これからも他の棋戦でがんばりたい」とコメントしました。                                        ◇

 すがい・たつや 1992年4月17日生まれ。岡山出身。井上慶太九段門下。2010年4月四段昇段、今年3月に六段昇段。11年、第5回大和証券杯最強戦で公式戦初優勝、将棋大賞新人賞受賞。

菅井、自信の穴熊で勝利
大橋、中盤優勢も届かず

 ラストチャンスの本命・菅井竜也六段(23)と、プロ入りのかかった奨励会員・大橋貴洸(たかひろ)三段(23)の対決で注目された第46期将棋新人王戦(しんぶん赤旗主催)は19日、菅井六段の優勝で幕を閉じました。第1局に敗れカド番に立たされながらも、逆転で新人王を勝ち取りました。

 改めて振り駒で大橋三段の先手。後手・四間飛車の相穴熊の戦型で18手まで第2局と同じ進行。

 52手目、菅井六段が20分の考慮で△7五歩から仕掛け、たたかいが始まりました。

 69手目▲2四角から飛角交換して▲3四飛とした局面は「飛車の利きが大きく先手よし」の声があがりました。

 72手目、菅井六段が16分を費やして放った△5七角が「△3五角からの攻めと、△3三歩からの飛車攻めを見た勝負手」(立ち会いの北浜健介八段)で、ここから流れが変わり形勢不明に。

 攻め合いとなりましたが、108手目△8八香~△9七桂が痛打となって、逆転勝利が決まりました。

 敗れた大橋三段は「やれるだけのことはやった。今日の結果は残念」と肩を落としました。

 北浜八段は「大橋三段がうまく指してリードしましたが、決め手を与えない菅井六段の指し回しが巧みで、実力をみせました。内容の濃い一局でした」と評しました。(棋譜を見る
 

第1局の記事を読む

第2局の記事を読む

トーナメント表をみる

歴代優勝者を見る

日本将棋連盟

日本女子プロ将棋協会


 

第45期(2014年)将棋新人王戦に阿部光瑠四段

第39期(2014年)囲碁新人王に17歳・一力 遼七段

 

2014新人王.jpg


囲碁・将棋新人王表彰式.JPG

(写真)カップを手にする囲碁第39期新人王の一力遼七段(左)と将棋第45期新人王の阿部光瑠五段=12月12日、東京都新宿区 

新人王2氏を表彰
将棋 阿部五段、囲碁 一力七段

 将棋第45期新人王戦(しんぶん赤旗主催)で初優勝した阿部光瑠(あべ・こうる)五段(20)と囲碁第39期新人王戦(同)を史上最年少で制した一力遼(いちりき・りょう)七段(17)の表彰式が12月12日、東京都新宿区の日本青年館でおこなわれました。

 小木曽陽司赤旗編集局長があいさつし、優勝カップ、賞金目録を贈呈。谷川浩司日本将棋連盟会長、和田紀夫日本棋院理事長、今村俊也関西棋院常務理事がそれぞれあいさつし、両新人王に賞状を贈りました。

 新人王の師匠、将棋の中村修九段、囲碁の宋光復九段が祝辞をのべました。

 阿部新人王は「新人王戦は奥深き山のような存在でした。この棋戦で優勝できたのは名誉なことです。新人王の名に恥じないよう初心を忘れず精進していきたい」とのべ、一力新人王は「新人王戦は長い歴史があり、歴代優勝者も素晴らしい方ばかり。新人王に自分の名を刻めたことは光栄。これをバネに一般棋戦、海外棋戦でもがんばっていく」と決意を語りました。 

第45期将棋新人王戦
阿部四段が初優勝
2・3局連勝し逆転


将棋新人王戦決勝三番勝負第3局.jpg(写真)第45期将棋新人王になった阿部光瑠四段(右)と佐々木勇気五段(左)。奥左は小木曽陽司赤旗編集局長=10月24日、東京都渋谷区の将棋会館

 佐々木勇気五段(20)1勝―阿部光瑠(こうる)四段(19)1勝のタイで最終局にもつれ込んだ第45期将棋新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝三番勝負第3局が24日、東京都渋谷区の将棋会館でおこなわれ、午後5時2分、99手で阿部四段が勝って、対戦成績2勝1敗で新人王戦初優勝を決めました。

 阿部四段は25日生まれで、10代最後の日を新人王の栄冠で飾りました。全公式棋戦を通じても初優勝、青森出身棋士の新人王戦優勝も初めてです。

 阿部四段は、第1局で敗れたものの、第2、3局を連勝し、逆転での新人王獲得です。

 今期は2回戦からの出場で、坂井信哉三段、石田直裕四段、斎藤慎太郎五段、菅井竜也五段を破って決勝に進出しました。

 終局後、「素直にうれしい。(三番勝負は)どれも難しい将棋だったので、勝ててうれしい。これからもこつこつとやっていきたい」と喜びを語りました。

 1994年10月25日生まれ。青森県弘前市出身。中村修九段門下。2011年4月四段昇段プロデビュー

初戦 佐々木五段が快勝
将棋新人王戦 中盤優位 押し切る

 佐々木勇気五段(20)と阿部光瑠(こうる)四段(19)の対決となった第45期将棋新人王戦(しんぶん赤旗主催)の決勝三番勝負第1局が10月8日、東京都渋谷区の将棋会館でおこなわれ、午後4時46分、102手で佐々木五段が快勝しました。第2局は17日(金)に同所でおこなわれます。(続きを読む

第2局 阿部四段タイに持ち込む
最新の左穴熊で攻め勝つ

 佐々木勇気五段(20)の先勝で迎えた第45期将棋新人王戦(しんぶん赤旗主催)の決勝三番勝負第2局は17日、東京都渋谷区の将棋会館でおこなわれ、午後5時14分、136手で阿部光瑠(こうる)四段(19)が勝って、対戦成績を1勝1敗のタイに戻しました。決着は24日に同所でおこなわれる最終第3局に持ち越されました。(続きを読む
 

将棋・第45期新人王戦―注目の若手16強入り

 将棋の第45期新人王戦(しんぶん赤旗主催)は2回戦が終了し、5月3日から3回戦が始まります。四段8人、五段5人、プロ棋士を目指す奨励会三段3人が3回戦に進出しました。

 昨年、三段で初めて優勝した都成竜馬(となり・りゅうま)三段は連覇を目指して勝ち進んでいます。3回戦で優勝候補の1人、菅井竜也五段と対戦します。(続きを読む
 

トーナメント表を見る

歴代優勝者を見る

日本将棋連盟

日本女子プロ将棋協会


第39期囲碁新人王
17歳・一力七段が優勝
最年少記録31年ぶり更新

新人王一力遼.jpg
(写真)志田達哉七段(左)を破り第39期囲碁新人王に輝いた一力遼七段。奥、右から2人目は立会人の伊藤庸二九段=9月25日、名古屋市の日本棋院中部総本部

 優勝候補同士の決勝戦として大きな注目を集めた囲碁の第39期新人王戦(「しんぶん赤旗」主催)決勝三番勝負第3局が9月25日、名古屋の日本棋院中部総本部でおこなわれ、午後5時14分、145手で黒番の一力遼七段(17)が志田達哉七段(23)に中押し勝ちし、対戦成績2勝1敗で新人王に輝きました。

 一力七段は17歳3カ月の新人王獲得で、1983年の依田紀基五段(当時)の新人王戦の最年少優勝記録(17歳5カ月)を31年ぶりに更新する史上最年少新人王の誕生です。

 六段以下が出場資格の新人王戦は両者とも今期で“卒業”。一力七段は最後のチャンスをものにし、有終の美を飾りました。

 一力七段は、2013年の若鯉戦、今年のグロービス杯(若手世界一を決める国際戦)につづき、若手棋戦を総なめにしました。

 1997年6月10日生まれ。宮城県出身。宋光復九段門下。2010年夏季入段。今年、史上最年少で棋聖戦リーグ入りを果たし七段に昇段しました。

一力七段の話 今期が最後だというプレッシャーがあったが、勝てて良かった。(1勝1敗に持ち込まれて今日まで)長い1週間でしたが、いつもどおり平常心で打つよう心がけた。今後は一般棋戦でもがんばりたい。

囲碁新人王戦決勝三番勝負第1局
一力遼七段が先勝

志田達哉七段(23)と一力遼七段(17)の“本命”対決となった第39期囲碁新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝三番勝負の第1局は11日、名古屋市東区の日本棋院中部総本部でおこなわれ、午後6時16分、266手まで一力七段が黒番半目勝ちをおさめました。(続きを読む)

囲碁新人王戦決勝第2局
志田七段勝ちタイに

 第39期囲碁新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝三番勝負は、一力遼七段(17)の先勝で迎えた第2局が17日、東京都千代田区の日本棋院でおこなわれ、午後5時13分、145手まで志田達哉七段(23)が黒番中押し勝ちをおさめ、対戦成績を1―1のタイに戻しました。これで決着は25日(木)、名古屋・日本棋院中部総本部での最終第3局に持ち越されました。(続きを読む
 

囲碁第39期新人王戦―32人が本戦に

 しんぶん赤旗主催の囲碁公式戦、第39期新人王戦本戦は4月3日に1回戦が終わりました。優勝候補、2人の女流、初出場の棋士らが勝ち上がり、10日から始まる2回戦以降の対局が楽しみです。

 新人王戦は25歳以下、六段以下の若手棋士によるトーナメントです。今期は前期準優勝の余正麒七段(関西棋院)が新人王戦“卒業”となったため、例年より1人少ない32人(日本棋院24人、関西棋院8人)が本戦に出場しました。(続きを読む)

トーナメント表を見る

歴代優勝者を見る  
 

日本棋院

関西棋院      


第44期将棋新人王に都成竜馬三段 第38期囲碁新人王に富士田明彦三段

都成竜~11.JPG

新人王2氏を表彰

囲碁 富士田四段 将棋 都成三段

囲碁・将棋新人王.jpg

(写真)囲碁新人王の富士田明彦四段(左)と将棋新人王の都成竜馬三段=3日、東京都新宿区

 囲碁第38期新人王戦で前期の雪辱を果たして優勝した富士田明彦四段(22)と将棋第44期新人王戦でプロ棋士を目指して修業中の奨励会員として初優勝した都成竜馬(となり・りゅうま)三段(23)の表彰式が3日、東京都新宿区の日本青年館でおこなわれました。

 小木曽陽司赤旗編集局長があいさつし、優勝カップ、賞金目録を贈呈。和田紀夫日本棋院理事長、牛窪義高関西棋院棋士会長、谷川浩司日本将棋連盟会長がそれぞれあいさつし、両新人王に賞状を贈りました。

 富士田新人王の師匠、高林拓二六段、関西奨励会幹事の山崎隆之八段が祝辞をのべました。

 富士田新人王は「新人王の名に恥じないよう精進し、国際棋戦でも活躍したい」とのべ、都成新人王は「プロとして将棋を指している姿を見てもらえるように精進します」と謝辞をのべました。

囲碁新人王に富士田三段
第38期 前期の雪辱果たす

囲碁第2局社会面.jpg
(写真)対局を振り返る富士田三段(左)と余七段=9月26日、大阪市・関西棋院

 富士田明彦三段(21)の先勝で迎えた第38期囲碁新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝三番勝負第2局は26日、大阪市中央区の関西棋院でおこなわれ、午後4時52分、181手まで富士田三段が黒番中押し勝ちで余正麒(よせいき)七段(18)をくだし、2連勝で新人王を獲得しました。

 富士田三段は前期につづいての決勝進出で、2度目のチャンスを生かしました。1991年11月8日生まれ、北海道出身。高林拓二六段門下。2006年入段、11年三段。

 富士田三段の話 去年、決勝で負けたのは悔しかった。振り返るとかなりまずい碁だったが、今年は内容がよくなった。今後は一般棋戦でリーグ入りしタイトル争いに絡めるようにがんばりたい。

(決勝三番勝負第2局の記事を読む)

(決勝三番勝負第1局の記事を読む)

(トーナメント表を見る)


奨励会の都成三段が優勝
将棋44期 新人王戦初の快挙

棋新人王戦を制した.jpg
(写真)第44期将棋新人王戦を制した都成竜馬三段(右)と藤森哲也四段。奥は立会人の小木曽陽司赤旗編集局長(左端)、行方尚史八段(その右)=22日、東京・将棋会館

 第44期将棋新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝三番勝負第3局は10月22日、東京・将棋会館でおこなわれ、午後5時45分、都成竜馬(となりりゅうま)三段(23)が116手で藤森哲也四段を破り、対戦成績2勝1敗で新人王を獲得しました。プロ棋士(四段以上)でない奨励会三段の優勝は1970年創設の新人王戦史上初の快挙です。

 今期は2回戦で村田顕弘五段に勝って対プロ棋士初勝利をあげ、次つぎプロ棋士を連破。準決勝では第41期新人王の阿部健治郎五段を破って決勝に進出しました。

 都成三段は1990年1月17日生まれ。宮崎市出身。谷川浩司九段門下。2000年9月奨励会入会、07年10月三段リーグ入り。

 都成三段の話 優勝できてよかった。得るところの多い番勝負でした。三段リーグでは壁にぶつかっていたので、これをいいきっかけにしてその壁を破っていけたらいい

決勝三番勝負第3局の記事を読む

決勝三番勝負第2局の記事を読む

決勝三番勝負第1局の記事を読む

トーナメント表を見る


第37期囲碁新人王に金沢 真三段
第43期将棋新人王に永瀬拓矢五段

金沢真三段.jpg

 

第37期囲碁新人王 金沢 真三段   第43期将棋新人王に永瀬拓矢五段


新人王2氏を表彰
将棋 永瀬五段 囲碁 金沢三段

日本青年館.jpg

(写真)囲碁新人王の金沢真三段(右)と将棋新人王の永瀬拓矢五段=4日、東京・日本青年館

 「しんぶん赤旗」主催の新人王戦―第43代将棋新人王の永瀬拓矢五段(20)、第37代囲碁新人王の金沢真三段(20)の表彰式が4日、東京都新宿区の日本青年館でおこなわれました。

 小木曽陽司赤旗編集局長は「お二人とも二十歳。前途洋々たるものがあります。他棋戦でもご活躍されることを期待します」とあいさつ、優勝カップ、賞金目録を贈りました。

谷川浩司日本将棋連盟専務理事、山城宏日本棋院副理事長、今村俊也関西棋院常務理事がそれぞれあいさつし、両新人王に賞状を贈りました。

 永瀬新人王の師匠、安恵照剛(やすえ・てるたか)八段、金沢新人王の兄弟子の高尾紳路九段が祝辞を述べ、師匠、故藤沢秀行名誉棋聖夫人モトさんの祝電が紹介されました。

永瀬新人王は「自分らしく粘り強く指して流れが良くなりました。研さんと努力を積み、来年もまたこの場に立ちたい」、金沢新人王は「決勝三番勝負は幸運でした。囲碁ファンのみなさまの期待に応えられるように頑張っていきます」と、それぞれ決意を語りました。


第37期囲碁新人王に金沢三段
富士田三段を下す

囲碁12.jpg
(写真)対局を振り返る金沢真三段(右)と富士田明彦三段。後方左から2人目は戸沢昭宣九段、同左端は小木曽陽司赤旗編集局長=10月9日、東京都千代田区の日本棋院

1勝1敗のタイで迎えた第37期囲碁新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝三番勝負第3局が10月9日、東京都千代田区の日本棋院でおこなわれ、288手まで白番の金沢真三段(20)が富士田明彦三段(20)を破って、対戦成績2勝1敗で新人王に輝きました。終局は午後5時17分。(続きを読む

トーナメント表を見る

第2局・金沢三段勝ち、タイに

 富士田明彦三段(20)の先勝で迎えた第37期囲碁新人王戦(しんぶん赤旗主催)の決勝三番勝負第2局が28日、東京都千代田区の日本棋院でおこなわれ、午後4時52分、金沢真三段が215手まで黒番中押し勝ちをおさめ、対戦成績を1勝1敗のタイに持ち込みました。(続きを読む

第1局・富士田明彦三段が先勝

 富士田明彦三段(20)と金沢真三段(20)の若きライバル対決となった第37期囲碁新人王戦(しんぶん赤旗主催)の決勝三番勝負第1局が19日、東京都千代田区の日本棋院でおこなわれ、富士田三段が午後4時25分、275手まで黒番6目半勝ちを収めました。(続きを読む

囲碁第37期新人王戦・ベスト8出そろう
フレッシュな熱戦に期待

 囲碁の第37期新人王戦(しんぶん赤旗主催)は2回戦が終了し、ベスト8が出そろいました。準優勝経験者が順当に勝ち上がる一方、初のベスト8入りが半数の4人にのぼるなど、準々決勝の対局もフレッシュな熱戦が期待されます。(続きを読む


将棋新人王に永瀬五段
第43期 藤森四段を下す

第43期将棋.jpg
(写真)第43期将棋新人王戦を制した永瀬拓矢五段(左)と藤森哲也四段。奥は立会人の森下卓九段(左)と小木曽陽司赤旗編集局長=10月31日、東京・将棋会館

 1勝1敗のタイとなった第43期将棋新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝三番勝負は31日、最終第3局が東京都渋谷区の将棋会館で指され、永瀬拓矢五段(20)が午後5時31分、116手で藤森哲也四段(25)をくだし、対戦成績を2勝1敗として新人王に輝きました。(続きを読む)(記事を読む

トーナメント表を見る

将棋新人王戦決勝・第2局
藤森、熱戦制しタイに

 永瀬拓矢五段(20)の先勝で迎えた第43期将棋新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝三番勝負第2局は23日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、午後5時56分、133手で藤森哲也四段(25)が勝ち、対戦成績を1勝1敗のタイに持ち込みました。第3局は31日(水)に同所でおこなわれます。(続きを読む

将棋新人王戦決勝三番勝負
永瀬五段が先勝<

 受けの永瀬拓矢五段(20)に攻めの藤森哲也四段(25)。棋風好対照の対決となった第43期将棋新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝三番勝負の第1局は11日、東京都渋谷区の将棋会館でおこなわれ、午後6時30分、永瀬五段が177手の熱戦を制して先勝しました。(続きを読む

若手棋士の熱戦に期待
将棋43期新人王戦 8強出そろう

 将棋の第43期新人王戦(しんぶん赤旗主催)は3回戦が終了し、ベスト8が出そろいました。第37期新人王の糸谷哲郎六段(23)のほか、三段2人、四段4人、五段1人が進出、低段・低年齢者の活躍が目立ちます。(続きを読む


第42期将棋新人王に佐藤六段
第36期囲碁新人王に村川七段

2011.jpg

第36期囲碁新人王・村川七段    第42期将棋新人王・佐藤六段

新人王~1.JPG

新人王の表彰を受ける囲碁・村川大介七段(左)と将棋・佐藤天彦六段=12月5日、東京・日本青年館

新人王2氏を表彰
囲碁・村川七段、将棋・佐藤六段

 囲碁第36期新人王戦で初優勝した村川大介七段(20)と将棋第42期新人王戦で2度目の優勝を果たした佐藤天彦六段(23)の表彰式が12月5日、東京都新宿区の日本青年館でおこなわれました(記事を読む)


第42期将棋新人王に佐藤六段
豊島六段下し2度目

image
第42期将棋新人王戦決勝第3局。終局後の検討をする優勝した佐藤天彦六段(左)と豊島将之六段(右)。奥右は小木曽陽司赤旗編集局長=10月24日、東京都渋谷区の将棋会館

豊島将之六段(21)が先勝、佐藤天彦六段(23)が追いつき1勝1敗で迎えた第42期将棋新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝3番勝負第3局は10月24日、東京都渋谷区の将棋会館でおこなわれ、佐藤六段が午後5時33分、100手で勝ち、対戦成績を2勝1敗とし2度目の新人王を獲得しました。
 佐藤六段は1988年1月16日生まれ、福岡県出身。中田功七段門下。06年10月に四段プロデビュー、08年の第39期新人王戦で初優勝、11年六段昇段。六段昇段により今期が最後の出場でしたが、優勝で新人王戦を"卒業"することになりました。
 佐藤六段の話 きびしいたたかいだったのでうれしい。最後の新人王戦出場をいい形で終えることができた。前回新人王をとってから大きな活躍ができなかったが、これから頑張りたい。
(第1局の記事を読む)
(第2局の記事を読む)
(第3局の記事を読む)
(「8強出そろう」の記事を読む)

(トーナメント表)



第36期囲碁新人王に村川七段
安斎六段に2連勝

image
第36期囲碁新人王戦決勝第2局。対局する村川大介七段(左)と安斎伸彰六段(右)。奥左端は立会人の大矢浩一九段と、奥右端は小木曽陽司赤旗編集局長=26日、東京都千代田区の日本棋院

 村川大介七段(20)の先勝で迎えた第36期囲碁新人王戦(しんぶん赤旗主催)の決勝3番勝負第2局は9月26日、東京・市ケ谷の日本棋院でおこなわれ、午後5時58分、245手までで村川七段が安斎伸彰六段(26)を破り、2連勝で第36代の新人王に輝きました。段位の規定で今期最後のチャンスをものにしました。
 関西棋院所属棋士の優勝は、1993年第18期の結城聡現天元以来、18年ぶり3人目。
 村川七段は1990年12月14日生まれ、兵庫県出身。森山直棋九段門下。02年11月、11歳10カ月の関西棋院最年少で入段。昨年の関西棋院第一位決定戦で結城聡天元を破ってタイトルを奪取し、11月に五段から七段に昇段しました。
 村川七段の話 午前中は打ちにくく、午後白18を動き出してからも成果が得られそうもなく、苦しかった。上辺で白が生きたあたりからはやれるかなと思った。
 最後のチャンスなので力が入った。(トーナメントを通じて)3~4回負けそうな碁もあったが、結果が出せてよかった。
(第1局の記事を読む)
(第2局の記事を読む)
(「8強出そろう」の記事を読む)

(トーナメント表)
 


■日曜版には多彩な企画 実力認定テストも■

 若手プロ棋士がしのぎを削るフレッシュな棋戦、「囲碁新人王戦」、「将棋新人王戦」から、熱戦の見どころ、勝負どころを紹介しています。
 詰碁、詰将棋、詰連珠は毎週のお楽しみです。
 月1回、「実力認定テスト」の問題を出題。連続6回の応募で免状資格を得ることができます。
 囲碁・山田拓自八段による「拓ちゃんの1手指南」、将棋・木屋太二五段(指導棋士)による「上達のアドバイス」は、読めば即上達につながるワンポイントレッスンです。


新人王2氏を表彰
将棋41期 阿部四段 囲碁35期 白石三段

image
新人王の表彰を受ける囲碁の白石勇一三段(左)と、将棋の阿部健治郎四段=17日、東京・日本青年館

 将棋第41期新人王戦で優勝した阿部健治郎四段(21)と囲碁第35期新人王戦で優勝した白石勇一三段(26)の表彰式が2010年12月17日、東京都の日本青年館で行われました。
 小木曽陽司赤旗編集局長は、両新人王の今期の活躍ぶりを紹介し「他のタイトル戦でもますますの活躍を」とあいさつし、優勝カップを贈りました。
 米長邦雄日本将棋連盟会長、大竹英雄日本棋院理事長、今村俊也関西棋院常務理事がそれぞれあいさつし、両新人王に賞状、賞金目録を贈りました。
 阿部新人王は「決勝3番勝負で精神的にも鍛えられました。歴代の新人王に負けないよう日々精進していきます」。白石新人王は「トップ棋士はまだまだ雲の上の存在ですが、これまで以上に努力して巻き返していきたい」と謝辞をのべました。


第41期将棋新人王に阿部四段
加來赤旗名人及ばず

 1勝1敗で迎えた第41期将棋新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝3番勝負第3局は10月22日、東京都渋谷区の将棋会館でおこなわれ、午後5時33分、91手まで先手の阿部健治郎四段(21)がアマチュアの加來博洋赤旗名人(29)を破り、2勝1敗で新人王に輝きました。阿部四段は、プロとして「負けられない」というプレッシャーのかかるなか、底力を発揮しました。

 阿部四段は山形県酒田市出身、西村一義九段門下。昨年10月に四段、プロデビューしたばかりで棋戦初優勝を果たしました。

 今期の成績は本局の勝利で22勝4敗(0・846)となり、勝率ランキング第1位。生涯勝率も27勝7敗(0・794)。

 阿部四段の話 (きょうの対局は)きわどかった。気が付いたら勝っていた感じです。これほどプレッシャーがかかる将棋はこれからもないかもしれない。新人王はうれしいですが、まだ実感がありません
(第1局の記事を読む)
(第2局の記事を読む)
(第3局の記事を読む)
(「将棋第41期新人王戦・ベスト16出そろう」記事を読む)


第35期囲碁新人王に白石三段
三谷六段に逆転

三谷哲也六段(25)と白石勇一三段(26)の対決で最終局にもつれこんだ第35期囲碁新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝3番勝負は10月1日、東京都千代田区の日本棋院で第3局がおこなわれ、午後5時57分、199手で白石三段が黒番中押し勝ちしました。白石三段は1敗後の2連勝の逆転優勝で新人王に輝きました。

 白石三段は神奈川出身、26歳。岩田一八段門下。05年入段、10年三段。年齢制限で今期が新人王戦最後の出場で、ラストチャンスをものにし、公式棋戦初優勝を果たしました。

 白石三段の話 これまで新人王戦で活躍できませんでしたが、最後の年に優勝できて運がよかった。
(第1局の記事を読む)
(第2局の記事を読む)
(第3局の記事を読む)
(「囲碁第35期新人王戦・17歳・金沢8強入り」記事を読む)


09年囲碁新人王に李沂修七段
09年将棋新人王に広瀬章人五段

2009年の将棋と囲碁の新人王戦(しんぶん赤旗主催)の優勝者が決まりました。将棋は第40期新人王に広瀬章人五段。囲碁は第34期新人王に李沂修(り・いしゅう)七段です。
表彰式は12月18日、東京・神宮外苑の日本青年館で行われました(記事を読む)。


将棋

広瀬章人五段が中村太地四段に連勝

 将棋の若手最強棋士・新人王の座を争う第40期将棋新人王戦決勝3番勝負の第2局が10月13日、東京・将棋会館でおこなわれ、広瀬章人(あきひと)五段(22)が中村太地四段(21)に勝ち対戦成績2勝0敗で優勝し、初の新人王となりました。

 広瀬新人王の話 歴代の新人王はタイトル保持者になっているので、私もぜひと思っていました。取れて安心しました。

 広瀬五段は東京都江東区出身。勝浦修九段門下、2005年にプロ棋士となり、07年五段に昇段。穴熊戦法のスペシャリストとして知られ、形勢の悪い勝負も終盤で逆転勝ちに持ち込むなど、切れ味の鋭い将棋を指すことで定評があります。今期順位戦(C級1組在籍)でも勝ち星を重ね、昇級候補の1人です。

(第2局の記事を読む)
(第1局の記事を読む)


■囲碁

李沂修七段が三谷哲也五段を下す

 囲碁の第34期新人王戦決勝3番勝負第2局が9月25日、東京都千代田区の日本棋院本院で行われ、李沂修(り・いしゅう)七段(21)が三谷哲也五段(24)に勝ち対戦成績2勝0敗で優勝し、初の新人王となりました。

 李七段の話 今年七段になり、新人王戦は今回が最後のチャンスだったので、何とか運良く勝てて良かったです。

 李七段は台湾出身、2005年入段、潘善琪七段門。今年2月に四段から五段に昇段、さらに3月には棋聖リーグ入りを決めて一気に七段に昇段しました。台湾出身棋士の新人王獲得は王立誠九段、張栩名人に続く3人目・3度目です。

(第2局の記事を読む)
(第1局の記事を読む)


08年新人王を表彰
将棋39期 佐藤天彦四段 
囲碁33期 内田修平二段

 将棋第三十九期新人王戦で優勝した佐藤天彦(さとう・あまひこ)四段(20)と囲碁第三十三期新人王戦で優勝した内田修平(うちだ・しゅうへい)二段(19)の表彰式が五日、東京・神宮外苑の日本青年館で行われました(記事を読む)。


■囲碁

第33期新人王に内田二段
河四段下し初優勝

内田修平二段(19)が河英一(はよんいる)四段(23)に先勝して迎えた、囲碁の第33期新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝3番勝負第2局が9月22日、東京都千代田区の日本棋院本院で行われ、内田二段が勝ち、対戦成績2勝0敗で新人王となりました。

 内田二段は山梨県出身、2006年入段、07年二段。大淵盛人九段門。入段当初から高い評価で将来有望と注目されてきました。二段での新人王獲得は歴代新人王の中で最も低段での獲得です。

 内田二段の話 いまは優勝してほっとしています。今後、世界戦で勝てる棋士になることを目標に頑張ります。
(記事を読む)
(決勝3番勝負第1局の記事を読む)
(16強 出そろうの記事を読む)


■将棋

第39期新人王に佐藤四段
星野三段を下す

将棋の若手最強棋士・新人王の座を争う第39期将棋新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝3番勝負の第2局は9月25日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われ、先手の佐藤天彦四段(20)が第1局に続いて星野良生(よしたか)三段(20)に熱戦の末勝って対戦成績2勝0敗で優勝し、初の新人王となりました。

 佐藤四段は今期新人王戦トーナメントで前期新人王の村山慈明五段ら並みいる強豪を倒して初の決勝進出をし初タイトルを獲得しました。

 佐藤新人王の話 まだコメントはわいてきませんが、一局一局大事に指していて気がついたら優勝していた感じです。

 略歴 福岡県出身。中田功七段門下、2006年四段。
(記事を読む)
(決勝3番勝負第1局の記事を読む)
(16強 出そろうの記事を読む)


■07年新人王 囲碁・井山裕太七段、将棋・村山慈明四段

囲碁第32期新人王戦U―25で優勝した井山裕太(いやま・ゆうた)七段(18)と将棋第38期新人王戦U―26で優勝した村山慈明(むらやま・やすあき)四段(23)の表彰式が12月7日、東京・神宮外苑の日本青年館で行われました。
(記事を読む)

囲碁新人王 井山七段が望月六段下し初優勝

第32期囲碁新人王戦U―25(しんぶん赤旗主催)は、井山裕太七段(18)が望月研一六段(24)を下し初優勝しました(記事を読む)。決勝三番勝負は、第1局が9月10日に大阪市の日本棋院関西総本部で(記事を読む)、第2局が17日、東京の日本棋院本院でおこなわれ、井山七段が2勝0敗で新人王となりました。
井山七段は準決勝で瀬戸大樹六段(23)に勝って決勝に2期ぶり2回目の進出。望月六段は張豊猷七段(25)に白番中押し勝ちし初めて決勝に進みました。
井山七段の話 白84の攻めは見ていませんでした。難しいと思いました。実戦のように右辺を取れれば大きい。軽率な手が多くて、勝てたのは幸運でした。
【井山裕太(いやま・ゆうた)七段】大阪出身。石井邦生九段門下、2002年入段、07年、第32期棋聖戦で史上最年少リーグ入り。

将棋新人王 村山四段が中村四段下し初優勝

 第38期将棋新人王戦U―26(しんぶん赤旗主催)は、村山慈明(やすあき)四段(23)が中村亮介四段(22)に連勝し初優勝しました(記事を読む)。
決勝三番勝負第一局が10月4日(記事を読む)、第二局は12日、東京・将棋会館でおこなわれ、村山四段が2勝0敗で初の新人王となりました。

 村山四段は準々決勝では前期新人王戦で準優勝した同門の兄弟子、横山泰明四段を下しています。準決勝で、奨励会の加来博洋三段を破っての決勝進出となりました。

 中村四段は準決勝で片上大輔五段に逆転勝ちして決勝に進出しました。相手の片上五段には前期準々決勝で敗れており、雪辱を果たした形です。妹の中村桃子女流2級が今月、女流棋士としてデビューし、村田智弘五段・智穂女流初段以来二組目となる兄妹棋士誕生と話題になりました。

村山四段の話 中盤では大変難しいとおもっていましたが、相手の角をそっぽに追いやって良くなりました。
【村山慈明(むらやま・やすあき)四段】東京都出身。桜井昇八段門下、2003年10月四段。


■06年新人王 囲碁・松本武久六六段、将棋・糸谷哲郎四段

 しんぶん赤旗主催の第三十七期将棋新人王戦U―26で優勝した糸谷哲郎(いとだに・てつろう)新人王・四段と第三十一期囲碁新人王戦U―25で優勝した松本武久(まつもと・たけひさ)新人王・六段の表彰式が四日、東京・神宮外苑の日本青年館でおこなわれました。

囲碁新人王 松本六段が黄七段下し初優勝

囲碁の第31期新人王戦U―25(しんぶん赤旗主催)決勝3番勝負第3局が10月4日、東京都千代田区の日本棋院本院で行われました。黄翊祖(こう・いそ)七段(19)と松本武久六段(26)が1勝1敗で迎えた第3局は、松本六段が勝ち、対戦成績2勝1敗で初の新人王のタイトルを獲得しました。
 松本六段は長崎出身、趙治勲十段門下。1997年入段、2003年六段。棋戦優勝は今回が初めてです。第3局では乱戦を得意とする碁風通りに序盤から積極的に仕掛けて局面をリードし勝利しました。(第1局の記事を読む)(第2局の記事を読む)

 松本六段の話 最近成績の良くない時期が続いていました。こういうタイトルには縁がないんじゃないかと思っていたので、今回結果を出せてうれしいです。

将棋新人王に18歳糸谷四段、プロ半年で栄冠

将棋の若手最強棋士・新人王の座を争う第37期将棋新人王戦U―26(しんぶん赤旗主催)決勝三番勝負の第2局は10月12日、大阪・関西将棋会館でおこなわれ、後手の糸谷哲郎四段(18)が第1局(記事を読む)に続いて横山泰明四段(25)に190手の長手数の末勝って優勝し、初の新人王となりました。
 糸谷四段は今期新人王戦トーナメントの途中で四段に昇段、持ち味の力将棋で、プロ入り半年で早くも初めてのタイトルを獲得しました。

 10月5日に18歳の誕生日を迎えた糸谷四段の優勝は、1987年に17歳〇カ月で新人王になった森内俊之四段(現名人・棋王)に次ぐ2番目の年少記録です。3番目の羽生善治三冠王の18歳1カ月より1カ月年少の記録です。

 糸谷新人王の話 とりあえず終わってほっとしています。長い将棋だったので。(年少記録2位は)歴史に名を残せたことはうれしい。

 略歴 広島市出身。1998年、6級で森信雄六段門。2006年4月、四段昇段。


■05年新人王 囲碁・金秀俊七段 、将棋・渡辺竜王

05年の新人王戦は、囲碁は金秀俊七段が井山裕太四段に連勝で、将棋は渡辺明竜王が千葉幸生五段に連勝で、それぞれ新人王となりました。12月2日に東京・日本青年会館で表彰式がおこなわれました(記事を読む)。

 「しんぶん赤旗」主催の棋戦 新人王戦、赤旗名人戦

 「しんぶん赤旗」は、囲碁・将棋の若手プロ棋士が競う「新人王戦」、日本最大規模のアマチュア大会「全国囲碁・将棋大会(赤旗名人戦)」を主催しています。それぞれ30年から40年以上の年輪をかさねています。赤旗新人王戦は日本将棋連盟、日本棋院、関西棋院の公式戦であり、名人戦は将棋連盟、両棋院の後援をえる、囲碁・将棋界の重要な棋戦となっています。

 


 

1

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック
見本紙 購読 ページの上にもどる
日本共産党 (c)日本共産党中央委員会 ご利用にあたって