しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

学問・文化

≪金曜名作館≫イプセン作「人形の家」初演から145年 演劇研究家アンネ・ランデ・ペータスさんの寄稿

29_01272.jpg

俳優座劇場公演「音楽劇 人形の家」(2022年、飯田研紀撮影)

 世界的に女性の社会進出に影響を与えた劇作で知られる「人形の家」。〝近代演劇の父〟イプセンが生きた時代や、初演当時の世論から演劇と社会について論じます。(紙面を見る 5月3日)                                                                                               

藤岡陽子さん.JPG≪会いたくて≫ 作家・看護師・藤岡陽子さんに聞く 『リラの花咲くけものみち』で吉川英治文学新人賞受賞

 藤岡さんは、看護師として働きながら幅広いジャンルの作品を発表してきました。今回の受賞作は、不登校を経験した少女が獣医師を目指す物語。タンザニア留学や30代での看護学校入学などの経験から「出会い」が作品のテーマになったと話します。(紙面を見る 5月6日)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

行政と司法の癒着「判検交流」は違憲 阿部泰隆・神戸大学名誉教授(弁護士)の寄稿 

 行政事件を専門とする筆者が、裁判官と検察官の人事交流の弊害を告発。裁判所から法務省に出向し、行政訴訟や国家賠償訴訟で国を代理する「訟務検事」となった者が、裁判官に戻り、国側の主張をそのまま認める判決を出す例は少なくないと指摘します。(紙面を見る 5月7日

新連載《ほのあかり文学館》 文学紹介者・頭木弘樹(かしらぎ・ひろき)さんの寄稿

 文学紹介者として雑誌やラジオなどで活躍中の頭木さんに、古今東西、その時々で関心のあるテーマや人などにかかわる本を自身のエピソードとともに紹介してもらうエッセー連載です。初回はカフカ。大学3年生で突如難病となった頭木さんを救ったのは、カフカの言葉でした。(紙面を見る 5月14日

エッセー≪信州佐久平から≫作家・南木佳士(なぎ・けいし)さんの寄稿

 「ダイヤモンドダスト」で第100回芥川賞を受賞。居住地の信州で医師として働き、体を病みながら書き続けてきた南木さんが、過ぎた日々や暮らしの中から浮かび上がる思いを2回にわたってつづります。〈下〉=「2本の榧(かや)の木」は5月24日。(紙面を見る 5月17日

いとう氏.jpg≪会いたくて≫ 作家・クリエーターいとうせいこうさんに聞く

 自らの作品を「政治文学」と呼ぶいとうさんは、東日本大震災後、東北各県に通い続け、被災者の声に耳を傾けてきました。その語りをまとめた『福島モノローグ』『東北モノローグ』にこめた思いは―。(紙面を見る 5月20日)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

台湾出兵から150年 作家・平野久美子さんに聞く

 1874年、西郷従道陸軍中将が約3600人の兵を率いて台湾に攻め込みました。台湾出兵は近代日本で初の海外派兵。台湾と沖縄の関係者の末裔(まつえい)を取材し、交流を続ける平野久美子さんに、過去と向き合い和解を模索することの大切さを聞きました。(紙面を見る 5月21日

吉村昭.jpg「三鷹市吉村昭書斎」が一般公開~吉村作品ファンの記者が訪問■  

 「戦艦武蔵」「桜田門外ノ変」などで知られる記録文学の大家・吉村昭(1927-2006)。生前、仕事場とした東京・三鷹市の書斎が一般公開されています。訪れてみると―。(紙面を見る 5月24日)                                                                                                                                                                                                                                                                      

内田あぐりさん.JPG≪会いたくて≫日本画家・内田あぐりさんに聞く 個展「内田あぐり 氾(はん) Fluxes」を開催

 「身体」をテーマにした作品で、人間の存在意義を問う内田さん。自然と人間の共存する姿をダイナミックに描いてきました。国内外で開く日本画の素材を使ったワークショップでは「先入観を持たず、描くことを楽しんでほしい」と話します。(紙面を見る 5月27日)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

新連載《包摂するミュージアム》 武蔵大学准教授・小森真樹(まさき)さんの寄稿

 この春から1年間、イギリスやアメリカを中心に各地のミュージアムを訪れる小森さんが、展覧会や地域に根差した活動を紹介するエッセーです。(紙面を見る 5月31日

読書欄

5日付
≪本と話題≫エビ似だがエビではありません よく知らない動物の話
≪書評≫( )内は評者
バスティアン・ハイン著『ナチ親衛隊(SS)「政治的エリート」たちの歴史と犯罪』(永岑三千輝)/大牟田智佐子『大災害とラジオ 共感放送の可能性』(須藤春夫)/オスタップ・スリヴィンスキー作、ロバート キャンベル訳著『戦争語彙集』(柴田三吉)
≪書架散策≫ヒュー・ロフティング作・絵『ドリトル先生航海記』 筆者=岡田淳

12日付
≪書評≫アダーナン・フィン著『ウルトラランナー 限界に挑む挑戦者たち』(額賀澪)/マリ=フィリップ・ジョンシュレー著『あなたの迷宮のなかへ カフカへの失われた愛の手紙』(半田幸子)
≪エンターテインメント≫菊地百恵+モノガタリラボ著『看板ボーイズ』 筆者=南陀楼綾繁

19日付
≪本と話題≫朝ドラで話題 三淵嘉子と女性法律家の歩み 筆者=森あい・弁護士
≪書評≫中村哲也著『体罰と日本野球 歴史からの検証』(坂上康博)/木村聡著『満腹の惑星 誰が飯にありつけるのか』(長倉洋海)/出河雅彦著『おろそかにされた死因究明 検証:特養ホーム「あずみの里」業務上過失致死事件』(藤井篤)/村山由佳、朴慶南著『私たちの近現代史 女性とマイノリティの100年』(河津聖恵)
≪サイエンス≫服部正策著『奄美でハブを40年研究してきました』 筆者=松橋隆司

26日付
≪本と人と≫『戦国ブリテン アングロサクソン七王国の王たち』の著者・桜井俊彰さんに聞く
 英国・イングランドで、いくつもの小国に分かれた乱世の「アングロサクソン七王国時代」(6世紀後半〜10世紀前半)を、8人の王を中心に解説します。バブル期に広告業界を体験し、40代でロンドン大学へ。そこで学び魅せられた英国史の出発点を活写しました。(紙面を見る 5月26日


≪書評≫田中淳夫著『盗伐 林業現場からの警鐘』(田村貴昭)/三宅玲子著『本屋のない人生なんて』(荻原魚雷)/大野裕之著『チャップリンとアヴァンギャルド』(佐藤利明)/ファン・ボルム著『ようこそ、ヒュンナム洞書店へ』(草野信子)
≪時代小説≫今村翔吾著『海を破る者』 筆者=清原康正

1


pageup