しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

くらし家庭

沖縄の平和へ大学生語る 名護の基地前に立ち18年

保育士足りない 配置基準引き上げを

ひざ痛緩和へ 痛みナビ体操

アジサイのひみつ

ドーナツクッキー.jpg

カンタンおいしい! おうちスイーツ⑧「梅雨に気分転換にも ドーナツクッキー 生どら焼き」(紙面を見る、6月1日付


子どもとつくる、若い人と結ぶ

こどもの日にオンラインで開催された「世界の子どもの平和像21周年のつどい」。メイン企画の「リレートーク」で、平和への思いを語った沖縄の大学生の話が注目を集めました。渡具知和紀さんに聞きました。(紙面を見る、5月31日付

保育士の低賃金と労働強化、保育士不足の背景に、国の職員配置基準が低すぎることがあります。日本共産党の宮本徹衆院議員の質問で、この基準では、法律を守った働き方は不可能であることが明らかになりました。配置基準の抜本改定を求めて、地方議会から国への意見書があがっています。(紙面を見る、6月6日7日付

火曜掲載の教育エッセーは、元公立高校教員・田中容子さんの「生徒が主人公」。1回目は「自ら考え、表現する力を」。1回目は「ぶつかって、つながって」。(紙面を見る、6月7日付

まんが「今どき小学生 くるみちゃん的生活」(第1・第3土曜掲載)、「親子で映画プラス」(第1月曜)、「子どもの本」(第2・第4土曜掲載)など、親子で楽しめるコーナーがあります。

「なるほど」の知恵、ほっとするひとときを

つらい、膝の痛み。「体操で治ると聞いていたけれど、改善しなかった」ということはありませんか? 効果のある体操を探ってスタートする「痛みナビ体操」を、東京・お茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニック名誉院長・銅冶英雄さんに聞きました。(紙面を見る、6月8日付

静岡県熱海市の土石流災害から11カ月がたちました。この間、さまざまな問題が発生し、多くの動きがあります。被災地・熱海市に隣接する伊東市在住で、NPО法人住まいの改善センター理事長の坂庭国晴さんに書いてもらいました。(紙面を見る、6月3日4日付

雨にぬれたアジサイに、目を奪われる季節になりました。甲南大学特別客員教授・名誉教授の田中修さんに、「アジサイのひみつ」を書いてもらいました。(紙面を見る、6月4日付

4月の金曜エッセーは言語聴覚士・筒井優子さんの「『人としてのかかわり』を専門職として」。1回目は「革新都政下で一歩」。(紙面を見る、6月3日付

4月の金曜大型連載は静岡大学教授・石原剛志さんの「歴史を学び未来ひらく 学童保育のあゆみ」。1回目は「『おかえり』-今川学園から始まる」。(紙面を見る、6月10日付

水曜掲載の「健康豆知識」。6月は、千葉大学予防医学センター特任教授・坂部貢さんの「気づきにくい環境過敏症」。1回目は「どんな要因で起きる?」(紙面を見る、6月1日付

第4月曜掲載の「くらしのなかのジェンダー」。47回目は美術史家・吉良智子さんの「広告、イラスト、CM... 視覚的表現物 偏ってない?」。(紙面を見る、5月23日付

第4土曜掲載、随筆家・山本ふみこさんの「土曜日のおむすび」。第38回は「もっと呑気に!」(紙面を見る、5月28日付)

「おいしい」毎日を応援します

お菓子研究家の飯田順子の「カンタンおいしい!おうちスイーツ」(月1回掲載)。8回目は「梅雨の気分転換にも ドーナツクッキー 生どら焼き」(紙面を見る、6月1日付

簡単にできておいしい家庭的な料理を紹介する「ラクうま! うちごはん」は毎週土曜掲載。毎日の献立に役立つ「今晩のおかず」は毎週月曜から金曜まで(木曜を除く)毎日掲載しています。

読者の皆さんと紙面をつくります

【投稿】 日々の出来事や思いを綴る「ほっと」や「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」(400字以内)

【交流】 「教えておしえて」は生活の知恵の交流欄

【投稿要領】 郵便番号、住所、氏名(ペンネームも可)、年齢、職業、電話番号を明記してください。「ほっと」「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」採用分には図書カードを進呈します。

【あて先】 〒151-8675 代々木郵便局私書箱62号「しんぶん赤旗」くらし家庭部。またはファクス03(3350)1904、
メールhensyukoe@jcp.or.jp(くらし家庭あて、とお書きください)

1


pageup