しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

くらし家庭

切ったり折ったり クラフト布始めませんか

離れていても心のよりどころ 福島の民俗芸能

台風落下物で負傷 誰にどんな責任?

神戸「いじめ暴行」事件 いま学校は

くらし1.JPG

<切ったり折ったり、いろいろ作れる クラフト布始めませんか>(紙面を見る、10月30日付


 みんなで子育てを支え合いたい

公立学校の教員の働き方に「1年単位の変形労働時間制」を導入する法案の審議が始まりました。「長時間労働の改善どころか、もっと長くなる」「とても体がもたない」と悲鳴があがっています。今でも過酷な働き方に苦しむ若い教員の現状は…。(紙面を見る、11月2日付

いろいろなことが気になって落ち着かない子。思ったことをすぐやっちゃう子…。発達が気になる子どもたちに、生活と遊びの場を通して支援をするのは何と作業療法士。東京都内で開かれた講座を紹介します。(紙面を見る、11月4日付

シリーズ「神戸『いじめ暴行』事件」いま学校は。番外編は元中学校教員で滋賀県立大学教授の福井雅英さんです。(紙面を見る、11月2日付

「第54回全国学童保育研究集会in京都」2日目、32分科会が行われました。指導員や保護者らが、関心あるテーマで学びました。(紙面を見る、10月26日付

火曜掲載の教育エッセー、11月は「教師になるということは…」。岩手県の公立小学校教員の絹田芽衣子さんがつづります。1回目は「私は、何をやってもダメなんだ」(紙面を見る、11月5日付

龍谷大学社会学部現代福祉学科教授・白石正久さんの「子どものねがい 子どものなやみ」(第2・第4土曜)。8回目は「情けなさに心を寄せて」。

まんが「今どき小学生 くるみちゃん的生活」(第1・第3土曜掲載)、「親子で映画プラス」(第1月曜)、「子どもの本」(第2・第4土曜掲載)など、親子で楽しめるコーナーがあります。

「なるほど」の知恵、ほっとするひとときを

秋の夜長。手仕事を楽しむ季節です。身近にある布で「クラフト布」を作りませんか。折ったり切ったり紙のように使える布です。発案者でハンドメイドクリエーターの蔭山はるみさんに紹介してもらいました。(紙面を見る、10月30日付

原発事故で避難が続く福島県。伝統的な神楽、田植え踊りといった民俗芸能が今も800種あるといわれています。とくに多く点在している浜通りの芸能を、写真家の菊池和子さんが記録しました。(紙面を見る、10月22日付

台風が相次ぎ、甚大な被害が広がっています。もし強風で建物の外壁や屋根瓦、ベランダの手すりなどが落下して、人にけがを負わせてしまったら、誰にどのような責任が生じるのでしょうか。(紙面を見る、11月5日付

シリーズ「性と健康」。17回目は「女性の更年期 くらしの中で乗り切る工夫」

「くらしのなかのジェンダー」(第2土曜掲載)。16回目は、映画史研究家、鷲谷花さんの「王子待つ? タフな上昇志向」です。

随筆家の山本ふみこさんの「土曜日のおむすび」(第4土曜掲載)。7回目は「それ、素敵です!」。(紙面を見る、10月26日付

身近な病気について解説する「健康豆知識」。11・12月は精神科医・医学博士の増田史さんの「精神科の診察室から」です。1回目は「受診する基準」。(紙面を見る、11月6日付

金曜エッセーは「地域の力―認知症診療を通じて」。認知症専門医・新医協会長の今田隆一さんがつづります。1回目は「『正解』のない悩み」。

金曜大型連載は、昭和のくらし博物館館長・小泉和子さんの「ちゃぶ台の歴史 家具が語る時代」。1回目は「昭和とパラレル 皆で囲む平等な食卓」。(紙面を見る、11月1日付

「おいしい」毎日を応援します

料理研究家で食品ロス削減アドバイザー、島本美由紀さんの「おいしく食べきる 旬野菜アイデア」(月1回掲載)。5回目は「歯ごたえそのまま レンコン」です。(紙面を見る、11月6日付

国際中医師・国際中医薬膳師で料理研究家の石澤清美さんが紹介する「おいしい季節の薬膳レシピ」(第2土曜掲載)。7回目は「免疫力アップ 塩麹キノコ&ホットミカンエール」

簡単にできておいしい家庭的な料理を紹介する「ラクうま! うちごはん」は毎週土曜掲載。毎日の献立に役立つ「今晩のおかず」は毎週月曜から金曜まで(木曜を除く)毎日掲載しています。

読者の皆さんと紙面をつくります

【投稿】 日々の出来事や思いを綴る「ほっと」や「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」(400字以内)

 【交流】 「教えておしえて」は生活の知恵の交流欄

 【投稿要領】 郵便番号、住所、氏名(ペンネームも可)、年齢、職業、電話番号を明記してください。「ほっと」「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」採用分には図書カードを進呈します。

【あて先】 〒151-8675 代々木郵便局私書箱62号「しんぶん赤旗」くらし家庭部。またはファクス03(3350)1904、
メールhensyukoe@jcp.or.jp(くらし家庭あて、とお書きください)

 

1


pageup