しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

くらし家庭

発達障害の人の眠りの困難知って 『あっくんはねむりたい』

JTのタバコ戦略 実態を2論文に見る

シリーズ「わが子の尊厳 取り戻すまで」

金曜エッセーは「写真は語る」

ニンジン.jpg

      日々の旬菜レシピ 「水分多く 甘み さわやか ニンジン」(紙面を見る、4月7日付


子どもとつくる、若い人と結ぶ

滋賀県大津市で子どもの居場所事業を展開する、特定非営利活動法人こどもソーシャルワークセンター。コロナ禍のもと、深夜の子どもたちを支えようと、昨年4月から宿泊事業を始めました。そのなかで受け止めた子どもたちの声とは―。(紙面を見る、4月3日付

「電気を消しても頭のなかは明るいまんま。切ったら眠れるスイッチどこだ?」―。発達障害当事者の学生、あっくんこと菊間章紘さんが毎晩の苦しみを『あっくんはねむりたい 眠りの困難と発達障害』という絵本にしました。監修した日本大学文理学部の高橋智教授に眠りが困難になる理由と支援のあり方を聞きました。(紙面を見る、3月22日付

心身を深く傷つけられたわが子の尊厳を取り戻したい。教師の暴力やいじめで子どもが命を絶つようなことは、二度と起きてほしくない―。厳しいたたかいを続ける親たちの思いを、シリーズで紹介します。1回目は、当時中1の娘をいじめて亡くした奈良県橿原市の土田洋子さん(仮名)です。(紙面を見る、3月17日付

2017年に設立された日本部活動学会。研究者や教員、指導者、弁護士など多様な立場から部活動のあり方を研究し、議論を進めてきました。教員の「働き方改革」の一環で地域への移行が模索させる中、3月27日の第4回大会シンポジウムで「部活動研究のこれまでとこれから」を考え合いました。(紙面を見る、4月3日付

火曜掲載の教育エッセー、4月は公立小学校日本語指導教員・松島あゆみさんの「日本語が分からない子どもたちと」。1回目は「おしゃべりから始めよう」。(紙面を見る、4月6日付

まんが「今どき小学生 くるみちゃん的生活」(第1・第3土曜掲載)、「親子で映画プラス」(第1月曜)、「子どもの本」(第2・第4土曜掲載)など、親子で楽しめるコーナーがあります。

「なるほど」の知恵、ほっとするひとときを

WHОの「ノータバコデー2021」のポスターは「タバコ産業は新型コロナの手助けをしている」と告発しています。日本でもJTはあの手この手でタバコ規制を妨害してきました。膨大な米国内部文書から、その実態を浮き彫りにした論文が改めて注目されています。2018年と04年に発表された二つの論文の一端を紹介します。(紙面を見る、3月29日付

金曜エッセーは、フォトジャーナリストでコラムニスト、大藪順子さんの「写真は語る」。1回目は「『真』の姿を写す」。(紙面を見る、4月2日付

金曜大型連載は、写真家・中筋純さんの「福島を撮り続ける」。1回目は「私のグラウンドゼロ」。(紙面を見る、4月2日付

高橋恵美子さんの「てぬぐい1枚で作る手ぬい小物」(隔月掲載)。5回目は「ふたつきティッシュケース」。(紙面を見る、3月31日付

「自分の心もケアする子育て アンガーマネージメント」(第2土曜掲載)。3回目は「」。

健康豆知識(水曜掲載)は「酒好きのための話」。高知生協病院の二神啓通さんが解説します。1回目は「不利益の少ない飲酒量」。

エッセイスト・平野恵理子さんの文とイラストでおくる「日々の楽しみ 季節を味わう」(第3金曜掲載)。9回目は「ガラスの窓拭き 山菜&ちらしずし」。(紙面を見る、3月19日付

随筆家の山本ふみ子さんの「土曜日のおむすび」(第4土曜掲載)。24回目は「橋を架ける」。

「くらしのなかのジェンダー」、33回目は、ジャーナリストの松元千佳さん。「メディア業界の性差別 仲間と小さな変革重ねて」。(紙面を見る、3月22日付

合同会社おだわらかなごてファーム社長・小山田大和さんがつづる「金太郎が電気をつくったら」(月1回掲載)。11回目は「ソーラー電気で米と酒づくり」。

「おいしい」毎日を応援します

料理研究家の池上正子さんが紹介する日々の旬菜レシピ(月1回掲載)。8回目は「水分多く 甘み さわやか ニンジン」です。(紙面を見る、4月7日付

簡単にできておいしい家庭的な料理を紹介する「ラクうま! うちごはん」は毎週土曜掲載。毎日の献立に役立つ「今晩のおかず」は毎週月曜から金曜まで(木曜を除く)毎日掲載しています。

読者の皆さんと紙面をつくります

  【投稿】 日々の出来事や思いを綴る「ほっと」や「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」(400字以内)
 
 【交流】 「教えておしえて」は生活の知恵の交流欄

 【投稿要領】 郵便番号、住所、氏名(ペンネームも可)、年齢、職業、電話番号を明記してください。「ほっと」「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」採用分には図書カードを進呈します。

【あて先】 〒151-8675 代々木郵便局私書箱62号「しんぶん赤旗」くらし家庭部。またはファクス03(3350)1904、
メールhensyukoe@jcp.or.jp(くらし家庭あて、とお書きください)

 

1


pageup