しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

くらし家庭

みんなで子育て♡ 保育士増やそう!

金曜大型連載「世界と日本の性教育」スタート

プール事故から 子どもをどう守る?

心も体もゆる~くなる ネコヨガのススメ

アジとイカ1.JPG

     〈季節の魚を味わう〉「スルメイカ 旬は7~11月」(紙面を見る、7月4日付


 みんなで子育て 社会で支えたい

★東京で5歳の子の虐待死事件、新幹線の中で起きた殺傷事件…。あいつぐ悲しい事件をどう受け止めていいのか。日本スクールソーシャルワーカー協会名誉会長の山下英三郎さんと、川崎子どもの夢パーク所長の西野博之さんが語り合いました。(紙面を見る、7月10日付

★保育士や父母、研究者らが集う全国保育団体合同研究集会(保育合研)はこの夏、50回目を迎えます(8月4~6日、大阪府内)。「1回限り」で開いた保育合研がなぜ半世紀も続いたのでしょうか? 保育士はどのように働き、どんな願いをもっているのでしょうか?(紙面を見る、7月7日付

★溺水や飛び込みによる頚椎損傷など、繰り返されるプール事故から子どもをどう守るのか―。NPО法人「Safe Kids Japan」などが主催したシンポジウムでは提言を発表。弁護士らによるガイドブックも作成されるなど、具体的な対策を広げる努力が続いています。(紙面を見る、6月18日

★火曜掲載の教育エッセー。7月は「共に育つ」。さいたま市学童保育所指導員の佐藤正美さんがつづります。2回目は「寄り添いながら」。(紙面を見る、7月10日付

★保育士・おへそのごまさんがつづる「保育にこり・ほっと」(第2・第4土曜掲載)。12回目は「『手伝って』のひとこと」。(紙面を見る、6月23日付

★「知る聞くRoom」(第1土曜掲載)。13回目は「親子で対等な会話を」。

ほっとするひとときと なるほどの暮らしの知恵を

★かわいい保護猫の存在を身近に感じながら、ネコのように自由に、しなやかになりたい―そんな思いから生まれたネコヨガ。東京都中央区の「保護猫カフェ たまゆら」でおこなわれたイベントにおじゃましました。(紙面を見る、7月3日

★金曜エッセーは「ひきこもりの心 経験者相談員は語る」。不登校・ひきこもり生活研究所、ヒューマンスタジオ代表の丸山康彦さんがつづります。1回目は「自分が無価値と思って」。(紙面を見る、7月6日付

★シリーズ「性と健康」。2回目は「望まぬ妊娠避ける 緊急避妊とは?」。日本家族計画協会会長で産婦人科医の北村邦夫さんに聞きました。(紙面を見る、6月23日

★健康豆知識は「摂食障害」。日本摂食障害協会理事で内科医の鈴木眞理さんです。2回目は「神経性やせ性(拒食症)とは」。(紙面を見る、7月11日付

★金曜大型連載は、女子栄養大学名誉教授・橋本紀子さんの「世界と日本の性教育」。1回目は「国際スタンダード」。(紙面を見る、7月6日付

★第2土曜掲載の「始めよう スロージョギング」(第2土曜掲載)。3回目は「室内でできるトレーニング」。

「おいしい」毎日を応援します

★料理研究家・荒木典子さんの「季節の魚を味わう」(月1回掲載)。第2回は「スルメイカ」です。(紙面を見る、7月4日付

★簡単にできておいしい家庭的な料理をイラストで紹介する「ラクうま! うちごはん」は毎週土曜掲載。毎日の献立(2人分)に役立つ「今晩のおかず」は毎週月曜から金曜まで(木曜を除く)毎日掲載しています。

読者の皆さんと紙面をつくります

【投稿】 日々の出来事や思いをつづる「ほっと」や「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」(400字以内)

【交流】 「教えておしえて」は生活の知恵の交流欄

【投稿要領】 郵便番号、住所、氏名(ペンネームも可)、年齢、職業、電話番号を明記してください。「ほっと」「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」採用分には図書カードを進呈します。

【あて先】 〒151-8675 代々木郵便局私書箱62号「しんぶん赤旗」くらし家庭部。またはファクス03(3350)1904、
メールhensyukoe@jcp.or.jp(くらし家庭あて、とお書きください)

 

1


pageup