しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

くらし家庭

小水力で大きな未来 自然とともに 高原町の挑戦

金曜大型連載「江戸の判じ絵を読む」

がんばらない介護チェックシートが新しく

精神科医の新連載「もっとラクに」

おうち1.jpg

カンタンおいしい! おうちスイーツ③「初心者でも失敗なく なめらかに 簡単バナナケーキ フライパンで作るプリン」(紙面を見る、1月5日付


子どもとつくる、若い人と結ぶ

一人一人がその人らしく、豊かに生きられる社会にしたい―。そんな思いを胸に、多彩な分野で躍動する20代の若者たちがいます。(紙面を見る、1月3日付

シリーズ「校則を変える 民主主義を育てる」。『校則改革 理不尽な生徒指導に苦しむ教師たちの挑戦』の執筆・編集に携わった名古屋大学大学院准教授・内田良さん校則問題について聞きました。(紙面を見る、1月4日付

火曜掲載の教育エッセーは、奈良・小学校教員の貝谷咲菜さんの「教室の〈他者〉に出会うことで」。1回目は「先生はオレのことが好き」。(紙面を見る、1月4日付

特別養子縁組利用者のNATSUさんがつづる新連載「家族になってくれてありがとう」(第2・第4土曜掲載)。1回目は「子どもを諦めた日の私へ」。(紙面を見る、1月8日付

まんが「今どき小学生 くるみちゃん的生活」(第1・第3土曜掲載)、「親子で映画プラス」(第1月曜)、「子どもの本」(第2・第4土曜掲載)など、親子で楽しめるコーナーがあります。

「なるほど」の知恵、ほっとするひとときを

雄大な高千穂峰を仰ぐ宮崎県高原町。豊かな緑と霧島連峰のふもとから湧き出る水に恵まれたこの地で、小水力発電に挑戦している人たちがいました。(紙面を見る、1月3日付

立った時に足の指が地面につかない「浮き指」。子どもの8割以上、おとなの3分の1程度が浮き指だという研究結果も。店頭や腰痛の原因にもなります。浮き指改善の体操を考案した、福岡市・みらいクリニック院長の今井一彰さんに聞きました。(紙面を見る、1月8日付

介護する人にも、される人にも優しいケアをめざす「がんばらない介護生活を考える会」。ウェブサイト上に「新版がんばらない介護生活チェックシート」をアップしています。同会委員で監修者の別府明子さん(カウンセラー)に聞きました。(紙面を見る、1月8日付

金曜エッセーは、コラムニスト・伊是名夏子さんの「車いすでどこまでも」。1回目は「パンダのように生きたくて」。(紙面を見る、1月7日付

金曜大型連載は、静岡市東海道広重美術館館長・岩崎均史さんの「江戸の判じ絵を読む」。1回目は「絵で出題するなぞなぞ」。(紙面を見る、1月7日付

精神科医の増田史さんがつづる新連載「もっとラクに」(第2土曜掲載)。1回目は「実はしんどかった、に気づいたら」。(紙面を見る、1月8日付

「おいしい」毎日を応援します

お菓子研究家の飯田順子の「カンタンおいしい!おうちスイーツ」(月1回掲載)。3回目は「初心者でも失敗なく なめらかに 簡単バナナケーキ フライパンで作るプリン」(紙面を見る、1月5日付

簡単にできておいしい家庭的な料理を紹介する「ラクうま! うちごはん」は毎週土曜掲載。毎日の献立に役立つ「今晩のおかず」は毎週月曜から金曜まで(木曜を除く)毎日掲載しています。

読者の皆さんと紙面をつくります

【投稿】 日々の出来事や思いを綴る「ほっと」や「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」(400字以内)

【交流】 「教えておしえて」は生活の知恵の交流欄

【投稿要領】 郵便番号、住所、氏名(ペンネームも可)、年齢、職業、電話番号を明記してください。「ほっと」「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」採用分には図書カードを進呈します。
小水力で大きな未来 自然とともに 高原町の挑戦

【あて先】 〒151-8675 代々木郵便局私書箱62号「しんぶん赤旗」くらし家庭部。またはファクス03(3350)1904、
メールhensyukoe@jcp.or.jp(くらし家庭あて、とお書きください)

1


pageup