しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

くらし家庭

車中心から人中心のまちをめざして

火曜大型連載は「気ままに浴衣術」

大震災から考える被災者支援、災害対応

教育エッセー「中学生と今を生きる」

新しょうが4.jpg

料理家・ワタナベマキさんの「四季を味わうレシピ」(月1回掲載)。第3回は「風味さわやか 新ショウガ」(紙面を見る、6月1日付


暮らしを豊かに 大型企画も連載もカラーで

「車に気をつけて!」。子どもの交通事故を常に心配しなければいけない今の世の中。仕方がない、とあきらめていませんか。誰もが路上で命を脅かされることのないまちの実現を願い、「子どもが幸せに育つまち サドルの上から見た交通」と題する講演と対談会を「クルマ社会を問い直す会」が開催しました。(紙面を見る、5月14日付

平野恵理子さんの新連載「くらし彩り歳時記」。第3回は「香り高く心満たす」(紙面を見る、5月21日付

西村理佐さんがつづる子育てエッセー「帆花からの問い」(第1土曜掲載)。第3回は「成長発達とは何か」(紙面を見る、6月1日付

第2土曜掲載の「くらしのなかのジェンダー」。第71回は全日本難聴者・中途失聴者団体連合会国際部副部長・南由美子さんの「国連の権利条約を力に 障害女性の複合差別解消を」。(紙面を見る、6月8日付

ハンドメイドクリエーター・蔭山はるみさんの「楽しくつくる 暮らし&おうち時間」。第34回は「緑茶の茶葉を味わう」(紙面を見る、5月25日付

火曜エッセーは、日本共産党北海道委員会「アイヌの権利委員会」・荒木幸穂さんの「続々 アイヌの人々と歩んで」。1回目は「受け継がれる思い」(紙面を見る、6月4日付

火曜大型連載は着物著述家・山﨑陽子さんの「気ままに浴衣術」。1回目は「初めての仕立て」(紙面を見る、6月4日付

まんが「今どき小学生 くるみちゃん的生活」(第1土曜掲載)、「親子で映画プラス」(隔月掲載)、「子どもの本」(第2・第4土曜掲載)など、親子で楽しめるコーナーもカラーに。

「なるほど」の知恵、ほっとするひとときを

復旧が遅れる能登半島地震。被災者の心身の負担は深刻です。過去の大震災を振り返り、被災者支援や災害対応について考える「つどい」を、新日本医師協会が開催しました。医師や保健師、看護師の報告を紹介します。(紙面を見る、5月24日付

俳人・家登みろくさんの連載「40にして不惑わくわく」(第1水曜掲載)。3回目は「革命のさくらんぼ」(紙面を見る、6月5日付

金曜掲載の教育エッセー、6月は大阪府公立中学校教員・瀬戸口七緒さんの「中学生と今を生きる」。1回目は「大人が幸せでなければ」(紙面を見る、6日7日付

【投稿】 日々の出来事や思いを綴る「ほっと」や「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」(400字以内)
 
【交流】 「教えておしえて」は生活の知恵の交流欄

【投稿要領】 郵便番号、住所、氏名(ペンネームも可)、年齢、職業、電話番号を明記してください。「ほっと」「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」採用分には図書カードを進呈します。

【あて先】 〒151-8675 代々木郵便局私書箱62号「しんぶん赤旗」くらし家庭部。またはファクス03(3350)1904、
メールhensyukoe@jcp.or.jp(くらし家庭あて、とお書きください)

1


pageup