しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

くらし家庭

新型コロナ流行 一律休校 子どもの心のケアは?

LGBT100年の運動 権利の歴史学ぶ

防ごうイッキ飲み キャンペーン今年も

金曜大型連載 いま選ぶ 自然エネルギー

野菜1.JPG

<おいしく食べきる 旬野菜アイデア」 4月は「料理の時短に貢献 キャベツ」>(紙面を見る、4月1日付


新型コロナ感染拡大にどう向き合う?

★突然の一律休校と新型コロナの世界的流行の中、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが、子どものための心理的応急措置と、学ぶ権利を守る対応を求める緊急声明を発表しました。同団体の赤坂美幸さんに聞きました。(紙面を見る、3月28日

★歓送迎会などの自粛や中止が相次いでいますが、イッキ飲み防止キャンペーンは開催中。2011年3月の東日本大震災の時も、自粛・中止が相次ぎました。ところが急性アルコール中毒による救急搬送は、東京消防庁管内だけでも1万人を超えました。その後も毎年増え続けており、注意が必要です。(紙面を見る、4月3日付

子どもも若い人も安心して生きられるように

国際人権規約の一つ「社会権規約」の高等教育無償化条項の適用留保撤回から8年。給付型奨学金と授業料減免を合わせた修学支援新制度が4月から始まりましたが、多くの国立大学で新入生から授業料減免の対象者が減らされ、国立大の授業料自由化の議論も始まりました。国際人権規約に詳しい青山学院大学教授の申恵丰さんに、どうしたら無償化を進められるか聞きました。(紙面を見る、3月30日付

100年に及ぶLGBTの権利回復の運動を学ぶ『LGBTヒストリーブック』(日本語版)が出版されました。副題は「絶対に諦めなかった人々の100年の闘い」。翻訳したジャーナリストの北丸雄二さんが、記念イベントで話しました。(紙面を見る、3月28日付

火曜掲載の教育エッセー、4月は公立中学校教員の久野直帆さんがつづる「オリジナルの授業をつくる」。1回目は「曽祖父母〝命のリレー〟」(紙面を見る、4月7日付

小児訪問看護ステーション ダイジョブ所長の有馬夕紀さんの連載コラムが始まりました。「大丈夫だよ! 小児訪問看護だより」です。6回目は「初めての椅子で笑顔」。(紙面を見る、3月28日付

まんが「今どき小学生 くるみちゃん的生活」(第1・第3土曜掲載)、「親子で映画プラス」(第1月曜)、「子どもの本」(第2・第4土曜掲載)など、親子で楽しめるコーナーがあります。

「なるほど」の知恵、ほっとするひとときを

「くらしのなかのジェンダー」(第4月曜掲載)。21回目は、イラストレーターたまに漫画家の大島史子さん。「夫を〝主人〟と呼ぶ問題 妻のことを『ぼくの主人』と」です。(紙面を見る、3月23日付

金曜エッセーは「おいしいよ!は魔法のことば」。絵本作家の長野ヒデ子さんの文とイラストで贈ります。1回目は「金柑! キンカンだよ!」。(紙面を見る、4月3日付

金曜大型連載は、FoE japan パワーシフト・キャンペーン事務局の吉田明子さんが紹介する「いま選ぶ 自然エネルギー」。1回目は「共感できる電力会社に」(紙面を見る、4月3日付

随筆家の山本ふみ子さんの「土曜日のおむすび」(第4土曜掲載)。12回目は「ありがとう、ありがとう」。(紙面を見る、3月28日付

NPО法人くにたち農園の会・小野淳さんの「はたけんぼカレンダー」(第3月曜掲載)、11回目は「3月 子らに農園開放」。

身近な病気について解説する「健康豆知識」。4月は、東京・もりしたクリニック院長の森下克也さんの「起立性調節障害」です。2回目は「朝弱く、夜元気になる人も」。

「知る聞くRoom」(第1土曜掲載)の第33回は「アレルギーある子 学校では」。認定NPО法人アトピッ子地球の子ネットワーク事務局長の赤城智美さんが答えます。(紙面を見る、4月4日付

「おいしい」毎日を応援します

料理研究家で食品ロス削減アドバイザー、島本美由紀さんの「おいしく食べきる 旬野菜アイデア」(月1回掲載)。10回目は「料理の時短に貢献 キャベツ」です。(紙面を見る、4月1日付

国際中医師・国際中医薬膳師で料理研究家の石澤清美さんが紹介する「おいしい季節の薬膳レシピ」(第2土曜掲載)。最終回は「春 疲れやストレスに 春ニラのみそだれ&ジャスミンミントティー」。

簡単にできておいしい家庭的な料理を紹介する「ラクうま! うちごはん」は毎週土曜掲載。毎日の献立に役立つ「今晩のおかず」は毎週月曜から金曜まで(木曜を除く)毎日掲載しています。

読者の皆さんと紙面をつくります

 【投稿】 日々の出来事や思いを綴る「ほっと」や「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」(400字以内)

 【交流】 「教えておしえて」は生活の知恵の交流欄

 【投稿要領】 郵便番号、住所、氏名(ペンネームも可)、年齢、職業、電話番号を明記してください。「ほっと」「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」採用分には図書カードを進呈します。

【あて先】 〒151-8675 代々木郵便局私書箱62号「しんぶん赤旗」くらし家庭部。またはファクス03(3350)1904、
メールhensyukoe@jcp.or.jp(くらし家庭あて、とお書きください)

 

1


pageup