しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

くらし家庭

山本ふみこさんの新エッセー「土曜日のおむすび」

「授業スタンダード」って?

金曜エッセーは「がんと、働くことと」

美しく、さわやかに グレイヘア
 

薬膳レシピ.JPG

<おいしい季節の薬膳レシピ 緑野菜&緑茶>(紙面を見る、4月13日付


 みんなで子育てを支え合いたい

「授業の初めにめあてを書く」「チャイムの2分前に着席し、目を閉じて待つ」―。こんなきまりが「授業スタンダード」として広がっています。一方で「子どもや先生を型にはめてしまう」と「スタンダード」を見直す動きも出てきました。(紙面を見る、5月4日付

幼児教育・保育の「無償化」をうたい、「子ども・子育て支援法」改定案が衆議院を通過。連休明けにも参議院での成立が狙われています。「無償化」の真の狙いは? 保育制度はどうなる? 緊急シンポジウムと、現場の願いから考えてみました。(紙面を見る、4月27日付

おもちゃは時代を映し出す―。江戸時代から昭和40年代の玩具約1300点を紹介する展示が大阪府吹田市の国立民族学博物館で開催中(5月28日まで)。戦争や経済、教育などの影響を受けて変遷するおもちゃからは、その時々の子どもの暮らしや取り巻く社会をうかがい知ることができます。(紙面を見る、4月24日付

田中明美さんがつづる「里親にっき」(第2・第4土曜掲載)。8回目は「『真実告知』」。(紙面を見る、4月27日付

まんが「今どき小学生 くるみちゃん的生活」(第1・第3土曜掲載)、「親子で映画プラス」(第1月曜)、「子どもの本」(第2・第4土曜掲載)など、親子で楽しめるコーナーがあります。

「なるほど」の知恵、ほっとするひとときを

随筆家・山本ふみこさんの新エッセー「土曜日のおむすび」(第4土曜掲載)がスタート。1回目は「ご飯炊きのはなし」(紙面を見る、4月27日付

「美しいグレイヘアになれる方法があれば知りたい」という女性は89%(主婦の友社の調査。30~80代)。難しいのは「白髪育て」の1年間だとか。その秘けつをライターで『「グレイヘア」美マダムへの道』の著者・朝倉真弓さんに聞きました。(紙面を見る、5月6日付

身近な人ががんになるまで、自分がこんなに何も知らなかったなんて…。親族の死をきっかけにつくったドキュメンタリー映画「がんになる前に知っておくこと」が公開中。企画・プロデューサーの上原拓治さんに聞きました。(紙面を見る、4月20日

「くらしのなかのジェンダー」(第4月曜掲載)。10回目は、大阪大学教授・牟田和恵さんの「国会議員の攻撃に抗して フェミニズム研究を守る」。(紙面を見る、4月22日付

シリーズ「性と健康」。12回目は「女性の尿もれ・尿失禁 セルフケアでキューッと」。みさと健和病院回復期リハビリテーション病棟医長・大河原節子さんに聞きました。(紙面を見る、4月29日付

身近な病気について解説する「健康豆知識」。4・5月は、愛知・たけうちファミリークリニック院長・武内有城さんの「摂食嚥下障害」です。

金曜エッセーは「がんと、働くことと」。キャンサー・ソリュージョンズ代表取締役社長・桜井なおみさんがつづります。1回目は「私ががんになった」。(紙面を見る、5月3日付

金曜大型連載は「観覧車の世界」。観覧車研究家の福井優子さんがつづります。1回目は「屋上のゴンドラ 住む人和ませる風景」。(紙面を見る、5月3日付

「おいしい」毎日を応援します

月1回の新連載「おいしい季節の薬膳レシピ」。国際中医師・国際中医薬膳師で料理研究家の石澤清美さんが紹介します。1回目は「春から夏 変化の大きな時に 緑野菜&緑茶」(紙面を見る、4月13日付

料理研究家の荒木典子さんが紹介する「季節の魚を味わう」。最終回は「イサキ」です。

簡単にできておいしい家庭的な料理を紹介する「ラクうま! うちごはん」は毎週土曜掲載。毎日の献立に役立つ「今晩のおかず」は毎週月曜から金曜まで(木曜を除く)毎日掲載しています。

読者の皆さんと紙面をつくります

【投稿】 日々の出来事や思いを綴る「ほっと」や「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」(400字以内)
 
【交流】 「教えておしえて」は生活の知恵の交流欄

【投稿要領】 郵便番号、住所、氏名(ペンネームも可)、年齢、職業、電話番号を明記してください。「ほっと」「子育て☆コミュ」「わが家の菜園自慢」採用分には図書カードを進呈します。

【あて先】 〒151-8675 代々木郵便局私書箱62号「しんぶん赤旗」くらし家庭部。またはファクス03(3350)1904、
メールhensyukoe@jcp.or.jp(くらし家庭あて、とお書きください)

 

1


pageup