しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

電話相談

「あなたの相談相手」をモットーに40年
悩み事に専門家が答えます
お気軽にお電話ください

電話.jpg 赤旗電話相談開設40周年 記念座談会紙面を見る2018年8月25日付

 ●「赤旗電話相談」は、7つの分野で相談を受け付けています。「法律」、「年金・社会保険」、「税金」、「子ども・教育」、「障害児教育」、「医療福祉」、「マンション・住宅」のテーマごとに専門家がお話をうかがいます。

電話マーク1223.jpgIMG.jpg ●赤旗日刊紙の「くらしの相談室」、日曜版の「赤旗相談」欄で、相談内容を紹介しています。「丁寧な回答がわかりやすい」「いつも記事を切り抜いて活用している」など、読者からの感想がたくさん寄せられています。

 ●東日本大震災、東京電力福島第1原発事故、その他の大規模災害などで被災された方が利用できる各種制度については、法律、税金、年金・社会保険などの相談でお受けしています。

 ●お子さんやお孫さんの生活で心配なことがありましたら、「子ども・教育」「障害児教育」にお電話をどうぞ。匿名でもけっこうです。安心してお話しください。乳幼児の健康・発達についての相談は、はがきで受け付けています。小児科医師が紙面でお答えします。

 ●6月の日程をお知らせします。変更もありますので、詳しくは「しんぶん赤旗」日刊紙と日曜版をご覧ください。
 

6月の相談日程>

 

 4日(火)●年金・社会保険

 社会保険労務士/猪野 保正さん

 5日(水)●法律

 弁護士/平井 哲史さん

 12日(水)●法律

 弁護士/笹本  潤さん

 18日(火)●子ども・教育

 元小学校教員/金田一清子さん

 19日(水)●マンション・住宅

 弁護士/佐藤  生さん

 マンション管理士/千代崎一夫さん

 21日(金)●税金

 税理士/田中 大介さん

 22日(土)●医療福祉

 元医療ソーシャルワーカー/原  玲子さん

 25日(火)●年金・社会保険

 特定社会保険労務士/新山 晴美さん

 26日(水)●法律

 弁護士/鈴木  剛さん

 

 の日刊紙と日曜版には、次のような相談の記事を掲載しました

<法律>家賃値上げの通知きた、1万円もの増額は困る

<税金>負担付き贈与を受けた、課税関係はどうなる?

<年金・社会保険>亡き弟の内縁の外国人妻、遺族年金は受けられる?

<法律>強風で飛ばされた看板で窓ガラス割れ賠償は?

<障害児教育>小6息子が保健室登校に、「教室に入れない」と言う

<税金>私の扶養にしていた長男、妻の扶養に移せますか?

<マンション・住宅>友の連帯保証人になった、未払い賃料の請求が私に

<年金・社会保険>障害年金を請求したいが、受給中の年金はどうなる


電話相談  とくとく情報④ 法律相談編

「法律って難しい」「裁判員に選ばれたら、どうしよう...」。そんな声をよく耳にします。赤旗電話相談では「法律だって分かりやすく」をモットーに、皆さんからのご質問に弁護士がお答えしています。
  しかし、回線は1本。そのため、法律相談は電話が殺到し、かかりづらくなっています。係では、お急ぎの方はimage(0570-078374)を紹介しています。法的なあらゆる悩みに答える公的機関です。無料相談も行い、全国に相談窓口を設けていますので、ぜひご活用ください。

困り事・悩んでいること...お電話ください。お答えするのは、その道の専門家。弁護士、社会保険労務士、税理士、教育関係者、一級建築士やマンション管理士、元医療ソーシャルワーカーなど40人の専門家の皆さんです。相談項目は法律、年金・社会保険、税金、子ども・教育、障害児教育、マンション・住宅、医療福祉の各分野です。どんなご質問にも親身になって答えます。

◎くらしの相談室/法律/家賃値上げの通知きた、1万円もの増額は困る

回答者/弁護士 原和良さん

 賃貸アパートに住んでいます。先月、不動産屋から家賃値上げの通知がきました。どうしたらよいでしょうか。(M子)
 ◇   ◇
  いくらぐらいの値上げですか。
 ――今は月8万2千円ですが、来月から9万2千円にしたいというのです。急に1万円も上げると言われても困ります。
  まず、アパートを借りる時に交わした契約書を見てください。家賃の値上げについて決めた条項があると思います。
 税金など公共の目的のために使う公租公課や物価の状況に変化があった場合は、家賃を増減できるという項目が入っていることが多いです。
 今の家賃が、近隣の相場と比較して安すぎるのかどうか、比較の問題が一つあります。家賃の値上げに根拠がなく、相場から見てもおかしい場合は、貸主との話し合いになります。
 話し合いで合意ができないときは、裁判所の調停を利用できます。適当な賃料について、裁判所を介して当事者間が話し合う手続きです。
 裁判所は調停手続きに関与する調停委員に不動産鑑定士を選び、いくらの家賃が適正か、鑑定的意見を出してもらいます。大家が相場からかけ離れた家賃を要求しているか客観的な基準がわかります。それに基づき話し合いで解決するよう説得することになります。
 ――話し合いはどう進めたらいいでしょうか。
  値上げに承服できないこと、1万円も上げる理由を説明してほしいと話してみてください。
 今の家賃はいつからですか。
 ――入居した時から変わっていないので、もう10年になります。
  10年間も同じ家賃だと、近隣の状況から見て、そろそろ上げたいというのはあり得る話です。ただ、建物も古くなってきているでしょうから、単純に値上げすべきであるともいえません。
 いずれにしても急な値上げは困るので、段階的に数千円程度の上げ幅にしてもらうとか、そこは交渉次第です。
(5月8日付)

1


pageup