しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

電話相談

「あなたの相談相手」をモットーに40年
悩み事に専門家が答えます
お気軽にお電話ください

電話.jpg 赤旗電話相談開設40周年 記念座談会紙面を見る2018年8月25日付

 ●「赤旗電話相談」は、7つの分野で相談を受け付けています。「法律」、「年金・社会保険」、「税金」、「子ども・教育」、「障害児教育」、「医療福祉」、「マンション・住宅」のテーマごとに専門家がお話をうかがいます。

電話マーク1223.jpgIMG.jpg ●赤旗日刊紙の「くらしの相談室」、日曜版の「赤旗相談」欄で、相談内容を紹介しています。「丁寧な回答がわかりやすい」「いつも記事を切り抜いて活用している」など、読者からの感想がたくさん寄せられています。

 ●東日本大震災、東京電力福島第1原発事故、その他の大規模災害などで被災された方が利用できる各種制度については、法律、税金、年金・社会保険などの相談でお受けしています。

 ●夏休みが終わり、お子さんやお孫さんの生活で心配なことがありましたら、「子ども・教育」「障害児教育」(次回相談日は11月12日)にお電話をどうぞ。匿名でもけっこうです。安心してお話しください。乳幼児の健康・発達についての相談は、はがきで受け付けています。小児科医師が紙面でお答えします。

 ●9月の日程をお知らせします。変更もありますので、詳しくは「しんぶん赤旗」日刊紙と日曜版をご覧ください。

9月の相談日程>

 4日(水)●法律

 弁護士/平井 哲史さん

 6日(金)●年金・社会保険

 特定社会保険労務士/新山 晴美さん

 7日(土)●子ども・教育

 東京総合教育センター所長/児玉 洋介さん

 11日(水)●法律

 弁護士/泉澤  章さん

 17日(火)●法律

 弁護士/笹本  潤さん

 18日(水)●マンション・住宅

 弁護士/山田 聡美さん

 1級建築士/ 三浦 史郎さん

 20日(金)●税金

 税理士/吉元  伸さん

 25日(水)●法律

 弁護士/鈴木  剛さん

 27日(金)●年金・社会保険

 年金問題研究家/大川 英夫さん

 28日(土)●医療福祉

 元医療ソーシャルワーカー/原  玲子さん

 の日刊紙と日曜版には、次のような相談の記事を掲載しました

<法律>亡くなった母の不動産、相続人の中でどう分ける

<年金・社会保険>働いて収入増えると年金が減らされる?

<税金>贈与税かからない範囲110万円までか?

<マンション・住宅>壁にあけた穴の修繕費、誰に請求できるか

<法律>高齢の父の結婚話、だまされているのでは

<年金・社会保険>働き始める18歳の障害者、母の障害年金はどうなる

<法律>認知症の妻の預金下ろし管理したいが銀行が拒否

<障害児教育>保育園に通う自閉症の孫、小学校入学はどうなる?

 


電話相談  とくとく情報④ 法律相談編

「法律って難しい」「裁判員に選ばれたら、どうしよう...」。そんな声をよく耳にします。赤旗電話相談では「法律だって分かりやすく」をモットーに、皆さんからのご質問に弁護士がお答えしています。
  しかし、回線は1本。そのため、法律相談は電話が殺到し、かかりづらくなっています。係では、お急ぎの方はimage(0570-078374)を紹介しています。法的なあらゆる悩みに答える公的機関です。無料相談も行い、全国に相談窓口を設けていますので、ぜひご活用ください。

困り事・悩んでいること...お電話ください。お答えするのは、その道の専門家。弁護士、社会保険労務士、税理士、教育関係者、一級建築士やマンション管理士、元医療ソーシャルワーカーなど40人の専門家の皆さんです。相談項目は法律、年金・社会保険、税金、子ども・教育、障害児教育、マンション・住宅、医療福祉の各分野です。どんなご質問にも親身になって答えます。

◎くらしの相談室/マンション・住宅/壁にあけた穴の修繕費、誰に請求できるか

回答者/弁護士  生駒巌さん

 私はマンションの管理組合の理事長をしています。最近、マンションの1室を購入した人から「共用部分である部屋の壁に穴があいている」という申し出がありました。修理が必要ですが、費用をどうしたらいいか困っています。(M子)
 ◇   ◇
 生駒 事情を詳しくお話しください。
 ――理事会で調べたところ、前の所有者が給湯器を設置するため、管理組合に無断で壁に穴をあけたということが分かりました。そのため、この壁の穴は管理組合で修繕することになったのですが、その修理費を前の所有者に請求できるのでしょうか。
 生駒 穴を埋める修理は終わったのですか。
 ――いいえ、まだやっていません。
 生駒 購入者は、入居まで穴があいていたのを知らなかったのですか。
 ――それは分かりません。
 生駒 このケースは、前の所有者が違法に穴をあけたのですから、修理の責任があったことは確かです。しかし、今は購入者がその修理義務を受け継いでいると考えることができます。
 今回の例と同じように、建築後に前の所有者が穴をあけたケースで、後の所有者は修復義務の承継を否定できないという趣旨の判決もあります。(1991年3月8日、東京地裁)
 ――購入者が穴の存在を知っていたかどうかで結論が違うのですか。
 生駒 そうです。中古の建物の売買は、現場を見て、このままの状態で引き渡すという了解があって取引が行われるのが普通です。
 そこで壁に穴があいているなどの瑕疵(=欠陥)が分かった上で、どう処理するかを決めるわけです。知っていれば、前の持ち主に修理代の請求はできません。
 ――知らなかったときはどうですか。
 生駒 そのときは「隠れた瑕疵の存在」が分かったということで、購入者が前の持ち主に修理代を請求できます。
(8月21日付)
 

1


pageup