しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

電話相談

「あなたの相談相手」をモットーに40年
悩み事に専門家が答えます
お気軽にお電話ください

image
 

 ●「赤旗電話相談」は、7つの分野で相談を受け付けています。「法律」、「年金・社会保険」、「税金」、「子ども・教育」、「障害児教育」、「医療福祉」、「マンション・住宅」のテーマごとに専門家がお話をうかがいます。

電話マーク1223.jpgIMG.jpg ●赤旗日刊紙の「くらしの相談室」、日曜版の「赤旗相談」欄で、相談内容を紹介しています。「丁寧な回答がわかりやすい」「いつも記事を切り抜いて活用している」など、読者からの感想がたくさん寄せられています。

 ●東日本大震災、東京電力福島第1原発事故、その他の大規模災害などで被災された方が利用できる各種制度については、法律、税金、年金・社会保険などの相談でお受けしています。

 ●夏休みに入り、お子さんやお孫さんの心配や困りごとがありましたら、「子ども・教育」(次回相談日は9月4日)、「障害児教育」にお電話をどうぞ。匿名でもけっこうです。安心してお話しください。乳幼児の健康・発達についての相談は、はがきで受け付けています。小児科医師が紙面でお答えします。

 ●8月の日程をお知らせします。変更もありますので、詳しくは「しんぶん赤旗」日刊紙と日曜版をご覧ください。
 

月の相談日程>

 1日(水)●法律

 弁護士/鳥海  準さん

 8日(水)●法律

 弁護士/泉澤  章さん

 10日(金)●年金・社会保険

 社会保険労務士/猪野 保正さん

 17日(金)●税金

 税理士/吉元  伸さん

 21日(水)●法律

 弁護士/大久保佐和子さん

 22日(水)●マンション・住宅

 弁護士/生駒  巌さん

 マンション管理士/千代崎一夫さん

 24日(金)●障害児教育

 元特別支援学級担任/中野健太郎さん

 25日(土)●医療福祉

 元医療ソーシャルワーカー/原  玲子さん

 28日(火)●年金・社会保険

 特定社会保険労務士/新山 晴美さん

 29日(水)●法律

 弁護士/笹本  潤さん

 

月の日刊紙と日曜版には、次のような相談の記事を掲載しました

<法律>賃借人が行方不明に、荷物は撤去できるのか

<税金>私の口座に父から入金、贈与税の申告をするのか

<年金・社会保険>退職後の健康保険は任意継続か国保加入か?

<法律>共有の家の建て替えで、認知症の姉がいるときは

<法律>交通事故でむち打ち症に、治療続けるための費用は

<税金>遺産が不動産だけのとき相続人でどう分けたら?

<マンション・住宅>給水管が壊れて漏水発生、被害修復の責任は誰に?

<年金・社会保険>病気で働けない50歳息子、年金も未納で将来が心配

<子ども・教育>中2の孫が引きこもりに、昼夜逆転ゲーム漬けで…

 


電話相談  とくとく情報④ 法律相談編

「法律って難しい」「裁判員に選ばれたら、どうしよう...」。そんな声をよく耳にします。赤旗電話相談では「法律だって分かりやすく」をモットーに、皆さんからのご質問に弁護士がお答えしています。
  しかし、回線は1本。そのため、法律相談は電話が殺到し、かかりづらくなっています。係では、お急ぎの方はimage(0570-078374)を紹介しています。法的なあらゆる悩みに答える公的機関です。無料相談も行い、全国に相談窓口を設けていますので、ぜひご活用ください。

困り事・悩んでいること...お電話ください。お答えするのは、その道の専門家。弁護士、社会保険労務士、税理士、教育関係者、一級建築士やマンション管理士、元医療ソーシャルワーカーなど40人の専門家の皆さんです。相談項目は法律、年金・社会保険、税金、子ども・教育、障害児教育、マンション・住宅、医療福祉の各分野です。どんなご質問にも親身になって答えます。

◎くらしの相談室/年金社会保険/退職後の健康保険は任意継続か国保加入か?

回答者/社会保険労務士 曽我浩さん

 私は会社の再雇用で65歳まで働いて、まもなく退職します。もう勤める予定はありません。退職後は協会けんぽの任意継続がいいのか、それとも国民健康保険に加入するのか、どちらが有利でしょうか。(A子)
 ◇   ◇
 曽我 健康保険の任意継続は退職後も2年間に限り、協会けんぽや会社の健康保険組合の健康保険に加入できる制度です。資格喪失日の前日までに、継続して2カ月以上の被保険者期間があることが要件です。ただし、国民健康保険に加入する、家族の健康保険の被扶養者になるなどの理由ではやめられません。
 在職中は会社と本人で保険料を半分ずつ負担しますが、任意継続は全額自己負担なので注意が必要です。
 保険料は退職時の標準報酬月額に、お住まいの都道府県の保険料率をかけた額です。ただし上限があり、退職時の標準報酬月額が28万円以上の場合も、保険料は28万円で計算します。
 退職時の給与が多い人は国民健康保険料よりかなり低額になる場合もあります。
 家族を扶養親族にしていた場合は、引き続き扶養に入れられるので、任意継続の方が有利です。
 国民健康保険の保険料は前年の年収で決まり、自治体によって違います。市区町村の国民健康保険の担当窓口で聞けば正確にわかります。どちらか保険料の安い方を選べばいいと思います。
 ただ、退職の初年度は任意継続の方が安くなるかもしれませんが、次年度は国保の方が安くなることもあります。2年の枠で比較しましょう。
 退職後の健康保険では家族の扶養になることもできます。それも大事な選択肢ですから、よく検討してください。
 ――任意継続はどこで手続きするのですか。
 曽我 協会けんぽの場合、自宅住所地を管轄する全国健康保険協会の都道府県支部で行います。任意継続は退職後20日以内に手続きをしなければなりません。
 保険料は月初めに送付される納付書で納めます。期限内に納めないと資格を喪失するので注意が必要です。前納もできます。
(7月18日付)

1


pageup