しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

電話相談

「あなたの相談相手」をモットーに40年
悩み事に専門家が答えます
お気軽にお電話ください

電話.jpg 赤旗電話相談開設40周年 記念座談会紙面を見る2018年8月25日付

 ●赤旗日刊紙の「くらしの相談室」、日曜版の「赤旗相談」欄で、相談内容を紹介しています。「丁寧な回答がわかりやすい」「いつも記事を切り抜いて活用している」など、読者からの感想がたくさん寄せられています。

電話マーク1223.jpgIMG.jpg ●東日本大震災、東京電力福島第1原発事故、その他の大規模災害などで被災された方が利用できる各種制度については、法律、税金、年金・社会保険などの相談でお受けしています。

 ●夏休みに入り、お子さんやお孫さんの心配や困りごとがありましたら、「子ども・教育」(次回相談日は9月7日)、「障害児教育」にお電話をどうぞ。匿名でもけっこうです。安心してお話しください。乳幼児の健康・発達についての相談は、はがきで受け付けています。小児科医師が紙面でお答えします。

 ●8月の日程をお知らせします。変更もありますので、詳しくは「しんぶん赤旗」日刊紙と日曜版をご覧ください。
 

8月の相談日程>

 7日(水)●法律

 弁護士/並木 陽介さん

 9日(金)●年金・社会保険

 社会保険労務士/曽我  浩さん

 16日(金)●税金

 税理士/清水 和雄さん

 20日(火)●法律

 弁護士/横山  聡さん

 21日(水)●マンション・住宅

 弁護士/久保田明人さん

 マンション管理士/千代崎一夫さん

 23日(金)●年金・社会保険

 社会保険労務士/猪野 保正さん

 24日(土)●医療福祉

 元医療ソーシャルワーカー/原  玲子さん

 27日(火)●障害児教育

 元特別支援学級担任/中野健太郎さん

 28日(水)●法律

 弁護士/大久保佐和子さん

 

 の日刊紙と日曜版には、次のような相談の記事を掲載しました

<年金・社会保険>退職し失業手当もらうと65歳前は年金止まるの

<法律>水道管がもれていて高額な料金請求された

<法律>裁判所から郵便が届き裁判を起こされました

<法律>再婚して交流ない父、死亡知ったが相続は?

<法律>実家の建物が崩れかけ、危険な空き家状態に

<法律>高齢の母が万一の場合に相続人の順位はどうなる

<税金>死亡前に引き出した預金、相続税の計算に入るのか

<年金・社会保険>労働時間が増えた71歳が社会保険に加入すると?

<医療福祉>1人暮らしの高齢の友人、最近毎日同じ話繰り返す
 


電話相談  とくとく情報④ 法律相談編

「法律って難しい」「裁判員に選ばれたら、どうしよう...」。そんな声をよく耳にします。赤旗電話相談では「法律だって分かりやすく」をモットーに、皆さんからのご質問に弁護士がお答えしています。
  しかし、回線は1本。そのため、法律相談は電話が殺到し、かかりづらくなっています。係では、お急ぎの方はimage(0570-078374)を紹介しています。法的なあらゆる悩みに答える公的機関です。無料相談も行い、全国に相談窓口を設けていますので、ぜひご活用ください。

困り事・悩んでいること...お電話ください。お答えするのは、その道の専門家。弁護士、社会保険労務士、税理士、教育関係者、一級建築士やマンション管理士、元医療ソーシャルワーカーなど40人の専門家の皆さんです。相談項目は法律、年金・社会保険、税金、子ども・教育、障害児教育、マンション・住宅、医療福祉の各分野です。どんなご質問にも親身になって答えます。

◎くらしの相談室/法律/実家の建物が崩れかけ危険な空き家の状態に

回答者/弁護士  大久保佐和子さん

 両親が亡くなり実家が空き家になっています。建物が崩れかけ処分したいのですが弟が反対しています。どうしたらよいでしょうか。(K生)
 ◇   ◇
 大久保 家の名義はどうなっていますか。
 ――家は30年前に亡くなった父の名義です。
 大久保 ご両親が亡くなって相続手続きはしていないのですね。2人兄弟だと遺産相続をする権利は半分ずつあります。不動産は2分の1の共有という状況です。
 弟さんはなぜ実家の処分に反対なのですか。
 ――家に愛着があり、壊したくないそうです。
 大久保 空き家を放置しておくと、手すりなどが落ちて通行人にけがをさせたり、間違って火事が発生したりと、深刻な被害が及ぶことも考えられます。その場合、空き家の所有者であるあなたにも、損害賠償が請求される恐れがあります。
 ――老朽化した空き家を処分しないと法律で罰せられると聞きました。
 大久保 2015年に施行された「空家等対策の推進に関する特別措置法」(空き家対策法)ですね。
 空き家の所有者には、周辺環境に悪影響を及ぼさないよう適切な管理が義務づけられ(3条)、自治体には空き家への立ち入り調査が認められています。(9条)
 倒壊の危険などがある空き家を「特定空き家」と認定し、市町村長は所有者に、建物の修繕や解体など必要な措置をとるよう助言や指導、勧告ができます(14条)。立ち入り調査を拒んだり改善命令に背いたりしたときは過料(制裁金)が科されることもあります。
 ――今のうちにできることはありますか。
 大久保 安全対策のための補修は弟さんの承諾がなくてもできます。ただ家の解体についてはあなたの一存だけではできません。弟さんとよく話し合ってください。
 どうしても話し合いがまとまらないときは、家庭裁判所に遺産分割調停を起こして解決することもできるので、弁護士に相談してください。
 (7月31日付)
 

1


pageup