しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

電話相談

「あなたの相談相手」をモットーに40年
悩み事に専門家が答えます
お気軽にお電話ください

電話.jpg 赤旗電話相談開設40周年 記念座談会紙面を見る2018年8月25日付

 ●「赤旗電話相談」は、7つの分野で相談を受け付けています。「法律」、「年金・社会保険」、「税金」、「子ども・教育」、「障害児教育」、「医療福祉」、「マンション・住宅」のテーマごとに専門家がお話をうかがいます。

電話マーク1223.jpgIMG.jpg ●赤旗日刊紙の「くらしの相談室」、日曜版の「赤旗相談」欄で、相談内容を紹介しています。「丁寧な回答がわかりやすい」「いつも記事を切り抜いて活用している」など、読者からの感想がたくさん寄せられています。

 ●東日本大震災、東京電力福島第1原発事故、台風、その他の大規模災害などで被災された方が利用できる各種制度については、法律、税金、年金・社会保険などの相談でお受けしています。

 ●お子さんやお孫さんの生活で心配なことがありましたら、「子ども・教育」(次回相談日は12月20日)、「障害児教育」にお電話をどうぞ。匿名でもけっこうです。安心してお話しください。乳幼児の健康・発達についての相談は、はがきで受け付けています。小児科医師が紙面でお答えします。

 ●11月の日程をお知らせします。変更もありますので、詳しくは「しんぶん赤旗」日刊紙と日曜版をご覧ください。
 

月の相談日程>

 

 6日(水)●法律

 弁護士/鳥海  準さん

 8日(金)●年金・社会保険

 社会保険労務士/猪野 保正さん

 12日(火)●障害児教育

 障害児教育研究者/小林  綾さん

 13日(水)●法律

 弁護士/並木 陽介さん

 19日(火)●法律

 弁護士/大久保佐和子さん

 20日(水)●マンション・住宅

 弁護士/馬奈木厳太郎さん

 1級建築士/渡辺 政利さん

 26日(火)●年金・社会保険

 特定社会保険労務士/新山 晴美さん

 27日(水)●法律

 弁護士/笹本  潤さん

 29日(金)●税金

 税理士/田中 大介さん

 30日(土)●医療福祉

 元医療ソーシャルワーカー/原  玲子さん

 

 ●10の日刊紙と日曜版には、次のような相談の記事を掲載しました

<年金・社会保険>年金額を増やしたい、どんな方法があるの?

<法律>病気がちのいとこ心配、相続人がいない場合は

<年金・社会保険>障害年金の申請が却下に、どうしたらいいか?

<法律>精神障害ある50代の弟、母亡き後の相続は?

<法律>異母妹が2人いる私が、実の妹を養女にすると

<法律>休日減らされ給料は同じ、どこに訴えればいいのか

<年金・社会保険>会社を退職する予定だが健康保険の任意継続とは

<マンション・住宅>相続した築35年の物件はあと何年くらい使えるか

<子ども・教育>夏休み明けて孫が不登校、どうサポートすればいい

 


電話相談  とくとく情報④ 法律相談編

「法律って難しい」「裁判員に選ばれたら、どうしよう...」。そんな声をよく耳にします。赤旗電話相談では「法律だって分かりやすく」をモットーに、皆さんからのご質問に弁護士がお答えしています。
  しかし、回線は1本。そのため、法律相談は電話が殺到し、かかりづらくなっています。係では、お急ぎの方はimage(0570-078374)を紹介しています。法的なあらゆる悩みに答える公的機関です。無料相談も行い、全国に相談窓口を設けていますので、ぜひご活用ください。

困り事・悩んでいること...お電話ください。お答えするのは、その道の専門家。弁護士、社会保険労務士、税理士、教育関係者、一級建築士やマンション管理士、元医療ソーシャルワーカーなど40人の専門家の皆さんです。相談項目は法律、年金・社会保険、税金、子ども・教育、障害児教育、マンション・住宅、医療福祉の各分野です。どんなご質問にも親身になって答えます。

◎くらしの相談室/年金社会保険/障害年金の申請が却下に、どうしたらいいか?

回答者/特定社会保険労務士 新山晴美さん

 私は1969年(昭和44年)5月生まれで50歳です。看護師として働きましたが、今は精神疾患で療養中です。症状がひどくなり障害年金を請求しましたが、却下されました。どうしたらいいですか。(A子)
 ◇   ◇
 新山 体調を崩した理由を教えてください。
 ――看護専門学校を出て病院で9年ほど勤務しました。配属が変わり、人の死に数多く直面して変調をきたすようになりました。
 新山 通院したのは自分の勤め先ですか。
 ――ほかのクリニックです。まもなく退職し1年休んだ後、別の病院に勤めました。そこも体調不良ですぐに退職した後は、勤めたり辞めたりの繰り返しでした。
 新山 厚生年金に加入して働いていましたか。
 ――勤務先ではずっと加入していました。
 新山 障害年金の却下の理由はわかりますか。
 ――初診日が確認できないとのことでした。2番目の職場にいた時期を初診日として出しましたが、その時に受診した病院が廃業して証明をもらえなかったのです。
 新山 障害厚生年金の受給要件は①初診日が厚生年金の被保険者期間中にあること②該当する障害の状態にあること③納付要件を満たすことです。初診日が被保険者期間中にあると確定できないという理由ですね。
 最初の通院を初診日として請求を出し直してはどうですか。審査担当者は初診日や病気の内容をつかんでいる可能性があります。精神疾患は経過とともに病名が変わる場合もあるので、医師に相談して対応を考えるとよいと思います。
 初診の医師の名前は覚えていますか。
 ――わかりません。
 新山 どうしても初診日の証明が取れない場合に親族以外の第三者に証明してもらう「第三者証明」という方法があります。勤め先の上司に退職理由を伝えたはずです。同僚の証言も有効です。
 健康保険組合の記録も探しましょう。諦めずに手を尽くしてください。
(10月16日付)

1


pageup