しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

電話相談

「あなたの相談相手」をモットーに40年
悩み事に専門家が答えます
お気軽にお電話ください

電話.jpg 赤旗電話相談開設40周年 記念座談会紙面を見る2018年8月25日付

 ●いつも「赤旗電話相談」をご利用いただき、ありがとうございます。昨年は全国から約600件の相談が寄せられました。さらに多くの方々にご利用いただけたらと思います。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

電話マーク1223.jpgIMG.jpg ●「赤旗電話相談」は、7つの分野で相談を受け付けています。「法律」、「年金・社会保険」、「税金」、「子ども・教育」、「障害児教育」、「「医療福祉」、「マンション・住宅」のテーマごとに専門家がお話をうかがいます。

 ●赤旗日刊紙の「くらしの相談室」、日曜版の「赤旗相談」欄で、相談内容を紹介しています。「丁寧な回答がわかりやすい」「いつも記事を切り抜いて活用している」など、読者からの感想がたくさん寄せられています。

 ●東日本大震災、東京電力福島第1原発事故、台風、その他の大規模災害などで被災された方が利用できる各種制度については、法律、税金、年金・社会保険などの相談でお受けしています。

 ●お子さんやお孫さんの生活で心配なことがありましたら、「子ども・教育」「障害児教育」(次回相談日は2月28日)にお電話をどうぞ。匿名でもけっこうです。安心してお話しください。乳幼児の健康・発達についての相談は、はがきで受け付けています。小児科医師が紙面でお答えします。

 ●1月の日程をお知らせします。変更もありますので、詳しくは「しんぶん赤旗」日刊紙と日曜版をご覧ください。

1月の相談日程>


 8日(水)●法律

 弁護士/大山 勇一さん

 10日(金)●年金・社会保険

 年金問題研究家/大川 英夫さん

 14日(火)●法律

 弁護士/大久保佐和子さん

 15日(水)●マンション・住宅

 弁護士/生駒  巌さん

 1級建築士/三浦 史郎さん

 17日(金)●税金

 税理士/清水 和雄さん

 18日(土)●子ども・教育

 東京総合教育センター所長/児玉 洋介さん

 21日(火)●年金・社会保険

 社会保険労務士/猪野 保正さん

 22日(水)●法律

 弁護士/横山  聡さん

 25日(土)●医療福祉

 元医療ソーシャルワーカー/原  玲子さん

 29日(水)●法律

 弁護士/原  和良さん

 12月の日刊紙と日曜版には、次のような相談の記事を掲載しました

<年金・社会保険>65歳から年金に課税、社会保険料も上がったが

<法律>異母兄の子が3人いて父の遺産を放棄したいと

<法律>一度養子縁組した人が別の人の養子になれるか

<法律>賃料払わず住んでいたが、母の死後、立ち退けと

<法律>運営会社が私の講座録画、著作権侵害になるのでは

<税金>中華店の消費税軽減税率、出前や仕入れで計算複雑

<年金・社会保険>病気療養する看護師の娘、傷病手当金や障害年金は

<法律>週5勤務のバイトを2年、職場の健診は義務なのか
 


電話相談  とくとく情報 法律相談編

 「法律って難しい」「裁判員に選ばれたら、どうしよう...」。そんな声をよく耳にします。赤旗電話相談では「法律だって分かりやすく」をモットーに、皆さんからのご質問に弁護士がお答えしています。しかし、回線は1本。そのため、法律相談は電話が殺到し、かかりづらくなっています。

 係では、お急ぎの方は<法テラス(0570-078374)>を紹介しています。法的なあらゆる悩みに答える公的機関です。無料相談も行い、全国に相談窓口を設けていますので、ぜひご活用ください。

困り事・悩んでいること...お電話ください。お答えするのは、その道の専門家。弁護士、社会保険労務士、税理士、教育関係者、一級建築士やマンション管理士、元医療ソーシャルワーカーなど40人の専門家の皆さんです。相談項目は法律、年金・社会保険、税金、子ども・教育、障害児教育、マンション・住宅、医療福祉の各分野です。どんなご質問にも親身になって答えます。

◎くらしの相談室/法律/一度養子縁組した人が別の人の養子になれるか

回答者/弁護士   大久保佐和子さん

 伯父(私の父の兄)夫婦はともに70代で、子どもがいません。跡継ぎがほしいので、私たち3姉妹のうち1人を養子に迎えたいという話が出ています。養子縁組と相続について教えてください。(M子)
 ◇   ◇
 大久保 養子縁組は、実の親子関係がない人の間で、法律上、新しく親子関係を結ぶ制度です。通常の養子縁組では、血縁の親子関係がなくなるわけではないので、養子になった人には、実の親と養親という両方の親がいることになります。
 もし親が亡くなった場合は、相続の権利もそれぞれに発生します。養子縁組をしていても、実親が亡くなった場合は相続人になります。
 ――養子になれる条件はありますか。
 大久保 まず、養親になる人より年上ではないことです。尊属(自分より前の世代の父母や祖父母など)を養子にすることもできません。(民法793条)。また養親や養子になる人に配偶者がいるときはその同意も必要です。(同796条)
 ――私には姉と妹がいます。姉のA子は私の母の連れ子で、母が父と再婚した時に父と養子縁組をしました。その後、私と妹が生まれました。
 大久保 A子さんはあなたの異父姉に当たるのですね。
 ――そうです。姉のように一度養子縁組をした人が、また別の人の養子になれるのでしょうか。
 大久保 なれます。養子になった人が、さらにほかの人と養子縁組をすることは可能です。養子縁組には、複数の人の養子になることを禁じる規定はないので、1人の人に何人もの養親がいても問題はありません。
 ――姉のA子が伯父の養子になると、相続はどうなりますか。
 大久保 A子さんには実の(父)親、現在の養親(あなたのお父さん)、新しい養親(伯父さん、伯父さん夫婦と養子縁組したときは伯父夫婦)がいることになります。それぞれの方が亡くなった時は、それぞれ相続権が発生します。
(12月18日付)

1


pageup