しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

地方

木曜日付の「地方・総合」のページでは、各地の話題を「地域発」でとりあげています。

1日付 クローズアップ 府大・市大は大阪の財産/維新 道理ない統合推進/中止へ共同大きく

22日付 クローズアップ/宮城高教組の就学援助金/40年、支えた生徒7255人/「分かってくれる先生の存在、お金よりうれしかった」

29日付 クローズアップ/米空母艦載機部隊が飛行/山口・周防 爆音、ツルの里脅かす/「来なくなるのでは」の声 (紙面を見る

 このほか、火曜日付~日曜日付の5つの

地方版でも各地の話題とニュースを報じています。その主な記事を紹介します。

【北海道・東北のページ(東日本総局)】

*(6日付)春呼ぶ対談/紙智子参院議員、木村春雄元JA宮城中央会長/戦争と父

*(16日付)安倍政権へ怒り沸騰/「森友」改ざん 犯罪行為/選挙で勝たせたこと反省/訴え共感次々/青森市の商店街 (記事はこちら

青森市新町.JPG     「安倍9条改憲NO」の呼びかけに、足を止め署名する市民=14日、青森市新町


*(24日付)鉄道は道民の共有財産「存続を求める会」/「切り捨てよくない」札幌で署名続々/整備・維持は国の責任/士別市長と畠山氏が懇談

【首都圏のページ】

*(11日付)都迷惑防止条例「改正」案/廃案にすべきだ/報道に介入の恐れ/市民運動萎縮も

*(16日付)クローズアップ/オスプレイ日米合意違反の飛行/人口密集地で繰り返す/神奈川 厚木基地

*(30日付)クローズアップ/政活費 自民県議 違法支出か/ガソリン代月8000キロ分?! タクシー出勤?!/神奈川 県民が住民監査請求 (紙面を見る

【東海・北陸信越のページ】

*(7日付)憲法守ろう トークライブ/浜松 市民連合&野党4党/前湖西市長・ママの会ら〝共同を〟次々(記事はこちら
トーク.JPG    質問に答える(左から)日吉、小山、島津、野末の各氏=4日、浜松市中区・JR浜松駅前


*(30日付)LNG火発 建設中止 静岡市/JXTGエネルギー発表/住民と共産党の運動実る

*(31日付)東日本大震災 福島原発事故7年/人の手に負えない原発/「なくすのが一番」福島の体験伝える/大熊町の自宅を離れて/石川・七尾市 石井いづみさん

【近畿のページ】

*(2日付)「大阪都」構想あかん/住民投票の中止迫る/大阪市議会 瀬戸市議が代表質問

*(10日付)〝安倍政治はもうごめん〟共産党・後援会が宣伝/「森友」・改憲…怒りの声/近畿2府4県でいっせいに

*(25日付)福山知事で政治変えたい 京都知事選/安倍政権に審判 学童保育の充実 原発反対に期待/小池書記局長らの訴えに共感 (記事はこちら

京都府知事選.JPG

                         小池晃書記局長の訴えを聞く人たち=24日、京都駅前

【西日本(中国・四国・九州・沖縄)のページ】

*(4日付)西日本リポート/「過疎地の財」生かす/岡山・津山市阿波地区/ガソリンスタンド再開/商店・加工所開く

*(9日付)西日本リポート/無期転換逃れ「雇い止め」 撤回を「働き続けたい」/12年間勤める藤原美香さん(54)

*(28日付)森友へ怒り 街に響く/市民と野党の共同宣伝 高知 (記事はこちら
高知市.JPG

 街頭宣伝する野党の代表ら。訴えているのは米田氏(左から3人目)= 27 日、高知市


地方取材網

「しんぶん赤旗」の地方取材網は、北海道(札幌)、東北(仙台)、首都圏(東京)、東海・北陸信越(名古屋)、北陸信越(長野)、関西(大阪)、中国・四国(広島)、西部(福岡)の8カ所に総局・支局があり、各都道府県に専任の通信員を配置、地方議員(団)・党員の皆さんから通信が寄せられます。
「しんぶん赤旗」地方総局の住所・連絡先はこちら


◎安倍9条改憲NO!3000万署名/安倍政権へ怒り沸騰/訴え共感続々/青森市の商店街/「森友」改ざん犯罪行為だ/選挙で勝たせたこと反省

 「安倍改憲NO!全国3000万人署名青森県民の会」は14日昼、青森市新町商店街で署名行動に取り組みました。森友関連文書の改ざん問題の全容解明と、安倍政権退陣を求める市民が相次ぎ、30分で45人が署名しました。
 雪解けを加速させる陽気の中、参加者18人が「安倍政権の隠ぺい体質許さない」「憲法9条守ろう」と力強く呼びかけると、市民が次つぎと足を止め、「安倍と麻生はとんでもない」と怒りをぶつけながら署名しました。
 「佐川(前国税庁長官)1人の責任といわれて、『だよねー』と納得するわけがないだろう。責任とって安倍が辞めるのが筋」(60歳・男性)、「一般社会で改ざんは犯罪行為。これを許したら何でもありの世の中になる。奥さん(安倍昭恵氏)が関与していたら辞めると言ったことを実行するときがきた」(70歳・男性)、「日本会議の記述が削除されていたことは重要。もう国民をバカにするな。いまこそ、政権を変えるとき」(73歳・男性)
 この日は安倍政権退陣を求める男性の姿が多く、「ふざけるな」と怒りが止まらない人へ「気持ちはよくわかります」となだめるように応じる場面も。
 署名した女性は「安倍政権を選挙で勝たせたことを反省している」と唇をかみました。「簡単に人を切り捨てる非情な安倍政権は信用できない。ひどすぎる。私は、安倍政権の退陣を求めます」
(3月16日 北海道東北のページ)


◎憲法守ろうトークライブ/市民連合&野党4党/前湖西市長・ママの会ら〝共同を〟次々/浜松

 野党各党がそろって答える「人権を大切に 憲法を守ろう 市民と野党のトークライブ」が4日、浜松市で初めて行われました。主催は「市民連合はままつ」。野党との共同を市民の側からつくっていこうと、多くの人が通るJR浜松駅前で開催。立ち止まって聞く姿も多くあり、100人が聞き入りました。

 政党からは、日本共産党の島津幸広前衆院議員、立憲民主党の日吉雄太衆院議員、民進党の小山展弘前衆院議員、自由党の野末修治・静岡7区支部長が参加しました。
 司会者が安倍9条改憲、北朝鮮問題、経済政策など質問し、各党が答えました。
 改憲問題では、「『憲法は新しい方がいいのでは?』という声があるが」と質問。
 島津氏は「国民から改憲が必要だという声があがっていない。悪いところもないのに手術をするようなもの。安倍9条改憲は絶対に許さない」。
 日吉氏は「臨時国会を開かずして解散する。こうした憲法違反を規制するのはやってもいいと思うが、9条の改憲は必要ない」。
 小山氏は「自衛隊は裁判所で合憲だと判例が出ている。加憲する必要がない。米国と一緒に戦争するための加憲はダメ」。野末氏は「米国の戦争のために日本の自衛隊を最前線にいかせようという改憲。これは日本のための政治ではない」と、それぞれ語りました。
 各政党に対する疑問では、共産党には「怖いイメージもある。名前かえたら?」と質問。島津氏は「日本の侵略戦争に命がけで反対してきたことなど自信を持って党を語っていき、党の歴史と名前を理解してもらうよう努力していきたい」と答えました。司会者が「一番歴史のある党ですね。『共産党(怖くないよ)』という党名にすればいいかもしれないですね」と応じ、聴衆から笑いが起きました。
 他の党・個人の紹介では、日吉氏が共産党について「政治不信が騒がれるなかでまじめにやる。正しいことを追求する政党だ」と述べました。島津氏は、小山氏と自由党について紹介し、「小山氏は安保法制廃止と野党共闘に熱心だ」、「自由党は、共産党大会に党首が来てあいさつするなど野党共闘を進める立場で感服している」と言いました。
 市民とのリレートークでは、三上元(はじめ)・前湖西市長が原発ゼロへ自民系保守も含め幅広い共同をめざそうと強調。浜松ママの会は、福祉や教育の予算を渋るのに軍事費を増やすような政治を変えようと訴え。9条の会メンバーは、「3000万人署名を集めきり、改憲反対の怒りを政府につきつけよう」と呼びかけました。
 主催者あいさつで共同代表の矢部洋氏(医師)は、「安倍政権に代わる受け皿をつくらなくてはいけないが、野党の力が弱すぎる。野党と連帯を強め、信頼関係を強め、早く受け皿をつくっていこう」と力説しました。
 じっと聞いていた西区の女性(57)は「改憲を阻止するために力をあわせなくてはいけない。安倍政権は国民の不安をどんどん増幅させるばかり。これでは若い人は安心して子育てできない」と話していました。
(3月7日 東海・北陸信越のぺージ)


◎京都知事選/福山知事で政治変えたい/小池書記局長らの訴えに共感/安倍政権に審判/学童保育の充実/原発反対に期待

 京都府知事選(4月8日投票)で、「つなぐ京都」の福山和人候補(57)=弁護士=の勝利をと、日本共産党の小池晃書記局長が応援に駆けつけた24日の街頭演説。京都駅前周辺は、何重もの聴衆の輪が広がり、小池氏、福山候補の訴えに盛んな拍手やかけ声が送られました。

 宇治市の60代女性は「国政では森友問題、『働き方改革』などに怒っている。安倍首相と麻生財務相はひどいし、彼らが推す相手候補もひどい。怒っている人が多い。今回は風が吹いていると思う」。
 福山候補の訴えをじっくり聞いていた女性68)=上京区=は「中央より府民とのパイプを大切するという府民目線の姿勢が良かった。中央はひどいからパイプと言っても不安」。
 学童保育にかかわる女性(46)は「保育所の待機児童問題と同じで学童保育も足りない。15の春が泣くなら、7も泣く。福山さんで保育と連動し学童保育を充実させる府政を実現したい」と話しました。
 伏見区で働く50代の女性は、「故郷が玄海原発の30㌔圏内。昨日再稼働されすごくショック。自治体首長の原発への態度が決定的です。京都で原発反対の知事を当選させ、全国に影響を与えたい」と期待を込めました。
 製造業で働く女性(38)=京都市西京区=は「福山さんが知事になれば京都は変わるかもと感じた。長時間労働や非正規雇用など親が子どもに手をかけたくてもできない状況もあるので中学校給食や子ども医療費の中学までの無料化をぜひやってほしい」。
 4月から大学生になる男性(19)=京都市上京区=は「小池さんの演説は迫力があった。公文書を改ざんする政権が改憲をするなんてとんでもないというのは、その通り。テレビで安倍政権のニュースを見ても、傲慢(ごうまん)なやり方に気分が悪い。福山さんは『うそをつかない』政治をやってくれそう」と語りました。
(3月25日 近畿のページ)


◎森友へ怒り、街に響く/市民と野党の共同宣伝/高知

 高知県内の市民と野党の共同宣伝が27日昼、高知市の県庁・市役所前で取り組まれ、森友問題の徹底解明と安倍内閣の退陣を求めました。約70人が参加しました。

 高知憲法アクション呼びかけ人の田口朝光氏は証人喚問された佐川宣寿氏の証言について「ゼロ回答だ」と批判。「森友疑惑の中心は安倍首相夫妻だ」と指摘し、安倍昭恵氏らの証人喚問が必要だと強調しました。
 日本共産党の米田稔県議は「国政を私物化する安倍内閣をなんとしても退陣に追い込もう」と訴えました。
 社民党県連の久保耕次郎代表は「森友問題への県民の怒りの声を街頭で上げていく」と表明。新社会党県本部の吉田元彦副委員長は「安倍首相は真相を明らかにして、国民に謝罪するべきだ」と力説しました。
 立憲民主党の武内則男、無所属の広田一両衆院議員のメッセージが紹介されました。
 通りがかった女性(72)は「野党が共同してがんばって追及してもらいたい」と話しました。
(3月28日 西日本のページ)

1


pageup