見本紙

購読する

2024年07月21日号

2024年07月21日号
購読の申込みはこちら

〈新連載 実録・裏金取材 暴かれた闇〉
日曜版しか書けない大型連載開始 第1回
「赤旗」が世の中変えた―『サンデー毎日』
自民党元閣僚“この直撃は数年続く”

1面

「『改正』政治資金規正法が国会で成立し、“これで国民も裏金事件を忘れる”と思っている議員がいるが大間違いだ。あと2、3年は裏金事件が自民党を直撃し続ける。あなたたちは、自民党の闇の中の闇を暴いたのだから」。自民党の閣僚経験者の言葉です。

〈世界.net〉
フランス総選挙
左派共闘が逆転
極右内閣誕生阻止
市民の揺るぎない行動の勝利

3面

7日に決選投票が行われたフランス国民議会選挙(下院、定数577)では、左派4党の共闘組織「新人民戦線」が最大会派となり、極右政党、国民連合(RN)の内閣誕生を阻止しました。現地からリポートです。

〈深しる〉
気候の転換点
破滅か持続か今が岐路
エネルギーの温室効果ガス排出過去最高

16面

世界各地を襲う熱波など、気候危機が大問題となっています。注目されているのが「気候の転換点」です。あるティッピング・ポイントに達すると、回復不能になるなど深刻な被害をもたらすという「気候の転換点」を深く知る(深しる)で考えます。

走り勝つ機動力スタイル
女子バスケ
パリ五輪金メダルへの道
元リオ五輪代表
大崎佑圭さんに聞く

30面

パリ五輪が26日に開幕します。前回東京五輪バスケットボール女子で銀メダルを取った日本代表が、今度は頂点をめざします。2016年リオデジャネイロ五輪の日本代表・大崎(旧姓間宮)佑圭さんに話を聞きました。

〈ひ と〉
連続テレビ小説「虎に翼」に出演
俳優 田口浩正さん

32面

NHKの連続テレビ小説「虎に翼」の新潟編で、地元・三条市の弁護士・杉田次郎役です。

日本を変える今こそチャンス
日本共産党創立102周年
田村委員長が記念講演

4面

日本共産党は7月15日、創立102周年を迎えました。記念講演会を開き、全国をオンラインでつないで田村智子委員長が「いま日本を変える歴史的チャンス―暮らし・平和・人権、そして未来社会」と題して講演しました。(13日、党本部)

沖縄米兵性犯罪隠ぺい
直近の3件
米政府97年合意破り通報せず
参院外交防衛委理事懇で判明
抗議すらしない日本政府

31面

「満身の怒り」。10年の沖縄県議会で、全会一致で可決された決議の一節です。相次ぐ米兵による女性への性犯罪に同県では怒りは広がる一方です。この問題で新事実が判明しました。

「ねぎし三平堂」リニューアルオープン
特攻要員だった父・三平
二代目林家三平さんが案内

14面

“昭和の爆笑王”といわれた落語家・初代林家三平が来年、生誕100年を迎えます。その歩みは―。コロナ禍を経て、4年ぶりに再開した「ねぎし三平堂」(東京・台東区)を二代目三平さんに案内してもらいました。

統一協会の献金集め断罪
「返金求めない」念書無効
最高裁が初判断

2面

統一協会(世界平和統一家庭連合)の信者だった女性(故人)の高額献金被害で、長女が協会側に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が最高裁第1小法廷でありました(11日)。

「人間らしく生きたい」と願うすべての人へ
マルクスが語ったメッセージ届けたい
『Q&A共産主義と自由―「資本論」を導きに』志位議長が出版会見

7面

日本共産党の志位和夫議長の著書『Q&A共産主義と自由―「資本論」を導きに』(新日本出版社)が出版されました。

「市民ネットワーク」
テレ朝株主総会で初の株主提案
『放送レポート』編集長
岩崎貞明さん(寄稿)

11面

6月27日、株式会社テレビ朝日ホールディングス(HD)の株主総会が都内で開催されました。総会では、市民らが設立した「テレビ輝け!市民ネットワーク」が初めて株主提案をしました。参加した岩崎貞明さん(『放送レポート』編集長)に寄稿してもらいました。

〈冨士眞奈美さん 俳句と遊ぶ 夏編〉
(5)アイスやソーメン 次々と
母の梅干し、今も時々食べています。

18面

〈Uスタ Youth Stadium〉
「一日がかりで映画」変えたい
島根の過疎地で14年ぶりに映画館復活
和田浩章さん

15面

島根県西部で唯一、益田市にあった映画館を14年ぶりに復活させた人がいます。「シネマ シネマ オノザワ」(座席200席)の和田浩章さん(34)です。

〈めざせ!眠りの達人〉
真夏の夜を快適に
背中の蒸れ対策に“布団で抱き枕”
快眠セラピスト 三橋美穂さん

9面

快眠セラピストの三橋美穂さんが、一工夫でぐっすり眠れるコツをシリーズで紹介します。今回は、真夏の夜のひと工夫をご紹介します。

〈ペコロスの母の思い出 作・岡野雄一〉

8面

認知症の母との思い出を通じ、認知症の人の世界や周囲との交流を描きます。(隔月第3週掲載)

つらい時、歌があるよ
9月「愛と平和への祈りをこめて」公演
オペラ歌手 森麻季さん

28面

オペラ界のスター、森麻季さん(ソプラノ)が先月イギリスで「蝶々夫人」に主演。9月16日には東京で14回目となるリサイタル「愛と平和への祈りをこめて」を開きます。

〈シネマ館〉
実写をなぞりアニメに
映画「化け猫あんずちゃん」

母親を亡くした11歳の少女かりんは、父親の哲也に田舎のお寺に連れてこられます。お寺には長く住みついて化け猫になったあんずちゃんがいました。久野遥子監督、山下敦弘監督。19日から全国で公開。95分

フュージョンの魔法、召し上がれ
CASIOPEA- P4新作

26面

CASIOPEA- P4の新作「RIGHT NOW」が発売されました。音楽ライターの山浦祐介さんが魅力を語ります。

エンタメ界の反権力
大河ドラマ「べらぼう」撮影始まる
“江戸の出版王”蔦屋重三郎演じる横浜流星さん

27面

2025年1月5日から放送される大河ドラマ「べらぼう~蔦重栄華乃夢噺~」の京都撮影が開始されました。ロケ現場で取材会が開かれました。

〈スポット〉
冒険心を取り戻す
俳優 加藤忍さん

数々の賞に輝くヒューマンコメディー、一人芝居「シャーリー・ヴァレンタイン」に企画・出演します。

〈健康らいふ〉
食中毒に注意(下)
ピカピカヒエヒエアツアツ
身を守る三原則
東京都健康安全研究センター
大木理恵子さんに聞く

13面

高温、多湿の天候が続くなかで注意したいのが食中毒です。予防するために何に気をつけたらよいのか、東京都健康安全研究センターの大木理恵子さんに聞きました。

〈経済これって何?〉
スマホ競争促進法
巨大ITのアプリ販売独占を規制
日本共産党国会議員団事務局・中平智之さん

24面

〈たび〉
小学生ガイドと学ぶ戦跡ウオーク
機銃掃射の弾痕残る小学校の塀
掩体壕にはゼロ戦エンジン
大分県 宇佐市

19面

美しい世界へ
吉村和敏
ゆったり「島時間」

29面

「しんぶん赤旗」日曜版の料金改定へのご協力のお願い

読者のみなさん
 「しんぶん赤旗」日曜版のご購読と、日頃からの日本共産党へのご支援・ご協力に、心より感謝申し上げます。
 このたび、日曜版の料金改定がどうしても必要となり、月々の購読料を7月分から、1カ月930円(税込み)を990円に改定させていただくことにしました。異常な物価高騰、一方で賃金が物価高に追いつかず、年金も下がり、多くの読者のみなさんの暮らしがきわめて厳しい状況に置かれているもとで、料金改定をお願いすることは、たいへんに心苦しく、申し訳ない思いでいっぱいです。
 2022年末の物価高による新聞用紙代のかつてない急騰の際には、日刊紙、日曜版の減ページと日曜版の合併号を増やすなどの措置をとって対応してきました。しかし、物価の高騰は「赤旗」の継続的な発行にとっても深刻な重荷となっており、新聞用紙代にとどまらず、インクなど印刷材料全般が値上がりし、ガソリン代、輸送コストの増大など「赤旗」発行のための経費が急増しています。また、昨年の統一地方選挙後の大幅な読者数の後退などもあって、全国の党組織と党員、支持者のみなさんが毎月頑張って読者を増やす努力を続けているものの、依然として「赤旗」の発行の危機という事態を変えるには至っていません。党中央も赤旗編集局もあげて経費削減に努めてきましたが、それも限界に達しています。「赤旗」の発行を守るために、値上げが避けられなくなっているのが率直な状況です。
 どうか、今回の購読料の改定へのみなさまのご理解と引き続くご購読を心よりお願いいたします。
読者のみなさん
 裏金問題をはじめ自民党をここまで追いつめてきたのは「赤旗」日曜版のスクープが始まりでした。「赤旗」のスクープがなければ今でも「裏金」は裏金のままだったでしょう。それは、読者のみなさんの購読料に支えられた新聞だからできたスクープでした。自民党政治は、経済問題でも、平和の問題でも、ジェンダー問題でも、どれをとっても行きづまりは極限に達しています。「赤旗」の発行を守り、さらに読者を増やすことが、自民党政治を追いつめ、日本の政治を変える力になります。どうか読者のみなさんのお力で日曜版を守ってください。
 日本共産党は、企業・団体献金も政党助成金も受け取らず、「赤旗」の発行を最大の支えにしています。「赤旗」の発行を守り抜くことは、暮らしをよくするうえでも、平和にとっても、日本と世界にとってもどうしても必要です。料金改定にあたって、読者のみなさんにとってさらに役立つ「赤旗」へと紙面改革に党中央と編集委員会あげて取り組む決意です。「権力監視のスクープ」「暮らしに役立つ」とともに、「深く知り、勇気がわく」、魅力あふれる日曜版になるよう引き続き努力します。
 今回の購読料の改定へのご理解と引き続くご購読を心よりお願いいたします。自民党政治を終わらせ、日本の政治を変えて、平和とくらしを守るために、日本共産党と「赤旗」読者を増やす運動に、みなさんのお力をお貸しください。
日本共産党中央委員会
赤旗編集局
機関紙活動局

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート

上へ