しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

たび・つり

多彩に旅案内

群馬・伊香保温泉、静岡県三島市と清水町、鹿児島県・加計呂麻島、福島県郡山市 長野県渋温泉郷、秋田県仙北市、岐阜県濁河温泉、埼玉県行田市

 

好評です毎日掲載の「つりだより」/HPでも紹介

シロギス、ヒラマサ、アユ・・・紹介


kou1.jpg

<7月 たび/埼玉・行田市/古代蓮、古墳、忍城へ/無料レンタサイクル充実(記事を読む)>


     index_3.jpg  7月の旅から紹介です。長野県山ノ内町は渋温泉郷へ。温泉ザルがいるとして名高い野猿公にも行きました。「湯うゆう気分」は秋田県仙北市。ゆぽぽ温泉やわらび座、地ビールを楽しみました。「一期一湯」は岐阜県の濁河温泉。自然と一体化した岩風呂や滝、御岳山に圧倒されました。埼玉県行田市では田園沿いをサイクリング。古代蓮や古墳、忍城を巡りました。
 

<7月 たび/埼玉・行田市/古代蓮、古墳、忍城へ/無料レンタサイクル充実(記事を読む)>

<6月 たび/岐阜・中津川市/馬籠宿で旅人気分/絶景山城、苗木城跡(記事を読む)>
 


image
 

「赤旗」日刊紙の地方版では火水金土付に各地の釣り情報「つりだより」を掲載しています。読者から寄せられる釣行記は日刊紙の木曜付と毎週の日曜版で紹介しています。8月はボートでのシロギスや〝海の弾丸〟ヒラマサ、山梨・桂川のアユなどを予定しています。どの記事も「赤旗」つり欄の“応援団”が現場に足を運んで書いたものばかりです。「だから信頼できる」と読者の皆さんに喜ばれています。日曜版では東京のテナガエビや北海道の幅広ヤマメも。楽しいイラスト付きエッセイ「森越ハムの全力ゆる釣り日記」(毎月最終週)も好評連載中です。
 

<7月 つり/タイ&サバ/和歌山・友ケ島周辺/独特15メートル「高仕掛け」/浮かぶ魚に対応(記事を読む)>

<6月 つり/アオリイカ/徳島・恵比須浜/ゲソ残し逃したが…1200グラムに満足(記事を読む)>

 

釣りたよりは「赤旗」日刊紙の地方版に月曜日付をのぞく毎日掲載しています。


◎たび/埼玉・行田市/古代蓮、古墳、忍城へ/無料レンタサイクル充実

kou2.jpg もし初心者向けのサイクリングスポットを一つ教えてと問われたら、埼玉県行田市をおすすめします。道は平たんで走りやすく、見どころがいっぱい。無料の観光レンタサイクルが充実しているからです。JR行田駅前の行田市観光案内所、行田市バスターミナル観光案内所、秩父鉄道行田市駅から徒歩5分の観光情報館ぶらっと♪ぎょうだなど7施設で貸し出しを行っており、出発地への返却が原則ですが、シティーサイクル(通称ママチャリ)ならば、どの施設に返却しても構いません。
 初夏に訪れるのであればスタートは古代蓮の里から。14㌶の敷地に行田蓮(古代蓮)や世界の蓮など42種、約12万株の蓮が植えられ、8月上旬まで大輪の花が観賞できます。
 行田蓮は1400年から3000年前の蓮といわれ、1971年に公共施設の建設で地中の種子が掘り起こされ、自然発芽したところを発見されました。
 「蓮の花は明け方に咲き始め、昼には閉じてしまうので、午前中がおすすめです」とは古代蓮の里事業部マネジャーの吉田兼弘さん。そして、開花から4日後には散ってしまうとか。はるかな時を超えてきたドラマ性と開花後の潔さ。見れば見るほどに、古代蓮がいとおしくなります。
 高さ50㍍の展望室から田んぼアートを眺めたら、自転車を借りて、さきたま古墳公園に向かいます。道中は旧忍川沿いの自転車専用道で青々とした田んぼを横目に走る気分は爽快です。
 さきたま古墳公園には5世紀後半から7世紀初めに造られた大型古墳が9基。日本最大級の円墳である丸墓山古墳と稲荷山古墳は、墳丘を登ることができます。公園内のさきたま史跡の博物館では、稲荷山古墳から出土した国宝「金錯銘鉄剣)」に注目を。鉄剣に刻まれた115の金文字はヲワケの臣の系譜や功績を記していて、471年に造られたそうです。
kou3.jpg ご当地グルメの行田フライ、ゼリーフライなどを味わいながら自転車を走らせ、最後は行田市郷土博物館へ。室町期の武将・成田氏の居城であった忍城の跡地にあり、御三階櫓が再現されています。
 豊臣秀吉の小田原攻めでは、成田氏は北条方だったため、石田三成率いる大軍と対峙。水攻めにあいますが、小田原城が落城するまで耐え抜きました。時代小説・映画「のぼうの城」のモチーフにもなっています。
 常設展では水攻めの経過を記した書状や石田堤の想定図のほか、江戸期の城郭と二の丸御殿の模型、甲冑や刀剣などもあり、つい時間を忘れて見入ってしまいました。
 内田 晃

【交通】古代蓮の里はJR行田駅から市内循環バス20~30分、古代蓮の里下車すぐ。または秩父鉄道行田市駅から市内循環バス15分、古代蓮の里下車すぐ
【問い合わせ】行田市商工観光課℡048(556)1111。古代蓮の里古代蓮会館℡048(559)0770。県立さきたま史跡の博物館℡048(559)1181。行田市郷土博物館℡048(554)5911
(7月25日付)


◎たび/岐阜・中津川市/馬籠宿で旅人気分/絶景山城、苗木城跡

馬篭MAP.jpg 岐阜県中津川市は東に中央アルプス、南に恵那山、北西に御嶽山を望む風光明媚なところです。中山道の馬籠宿、落合宿、中津川宿と歴史情緒がある街並みもあり、外国人観光客も多く訪れています。
 島崎藤村の「夜明け前」で有名な「馬籠宿」。600㍍ほどの石畳の坂道の両側に軒を連ねる古風な家並みは江戸時代の面影を残しています。その多くがお土産屋や食事どころで、食べ歩きできるものも売っています。私は串に刺さったぬれせんべい、五平餅を食べました。馬籠の五平餅は団子型。しょうゆだれにゴマやクルミがかけられていました。
 街道を上った先の見晴台からは、雄大な恵那山、中央アルプスなどを一望することができます。「夜明け前」の一節を記した看板や石碑も立っていました。
 馬籠宿の中ほどに、馬籠脇本陣史料館、藤村記念館があります。藤村の生家である本陣跡に建つ藤村記念館では、作品原稿、蔵書、遺愛の品などが展示され、藤村の生涯をたどることができます。大火で焼け残った隠居所は江戸時代に建てられたままです。「『赤旗』さんですか。以前、不破哲三さん(日本共産党社会科学研究所長)にも来ていただいたことがあります」と、事務局長の齋藤さん。藤村の作品は海外でも翻訳され、作品を読んだ外国人が訪れることもあるそうです。学生時代に「夜明け前」を読んで感動し、馬籠を旅行した友人のことを思い出しました。
 中山道を歩いて落合宿まで行くことに。芭蕉の句碑、一里塚、落合の石畳…。昔の旅人になったようです。落合宿からバスに乗って中津川駅に向かいました。駅から少し歩くと、中津川宿です。うだつのある商家が残り、商業の街として栄えた様子が伺えます。
 中津川に来たもう一つの目的は「苗木城跡」です。天空の城といわれ「絶景山城日本一」と雑誌で紹介されたこともあって、「マチュピチュ(インカ帝国の遺跡)のようだ」と近年人気が出てきました。
 木曽川から山頂の天守跡までは標高差約170㍍。天然の巨岩を利用して石垣が構築されています。岩山の上で足場の確保が困難であったため、天守は、清水の舞台のような懸造りになっていました。現在は、当時の構造を復元した展望台が設けられています。
 大矢倉跡は巨岩の上に石垣を積んだ城最大の櫓跡です。その迫力に思わず「素晴らしい」と声に出してしまいました。
 岸村真里

【交通】名古屋からJR中央線で中津川駅下車。バスで25分、馬籠宿へ。苗木城跡は中津川駅から加子母(かしも)・付知(つけち)方面行バスで苗木下車。徒歩20分。車は中央道自動車道・中津川インター降りる
【問い合わせ】観光センター 電話0573(62)2277
(6月20日付)

 


◎つり/タイ&サバ/和歌山・友ケ島周辺/独特15メートル「高仕掛け」/浮かぶ魚に対応

102.jpg 梅雨の合間に、波が低く、何とか午前中雨が降らないだろう日をねらって7月2日、釣行しました。加太港から出た乗り合い船の客は私以外に1人だけ。釣り場は友ケ島の西端、コイツキ、あるいはコマサキといわれる場所です。

オモリ流され

 加太の漁師の中には春にはメバル船として客を集める人もいますが、私の乗る船の船頭は1年中マダイ一本です。マダイをねらった仕掛けに、アジやイサギがくることはあっても、それはあくまでも外道。サオ頭はタイの数で決まります。
 加太独特の「高仕掛け」で釣ります。全長15㍍以上もあり、ハリにビニール片を刺すのが特徴です。日によってタイが底ではなく浮いていることもあるので、こんなに長いのだと思います。
 最初は薄い黄緑のビニールが配られ「これをつけて」といわれたのに、沖に着くと、「これに付け替えて」と赤い毛糸が配られました。赤い毛糸はミミイカに似せていると聞いたことがあります。初夏にタイはミミイカの子どもを捕食しているのでしょうか。
 水深三十数㍍のところで、最初に私にタイがかかりました。それからはイサギがかかります。
 紀淡海峡は海流が速く、30号のオモリが流され、なかなか底がとれません。テグスを出しすぎると同船者の糸にからまったりします。「底についているのかなあ」と心配しながら、糸を加減している間に、同船者は私の3倍近くイサギを釣っていました。底をうまく取っていたのでしょう。よほど船頭さんに「底が釣りMAP.jpg取りにくいんやけど」と聞こうかと思ったのですが、今さら恥ずかしく、聞けずじまいでした。

押しずし作る

 午前10時前に水深50㍍くらいの友ケ島の北、小島沖へ移動。「エサを替えてや」の船頭の指示で再び薄い黄緑のビニールに替えます。すると、サバがかかりました。
 この日は結局、タイは38㌢と40㌢の2尾。ほかにイサギ5尾、サバ3尾と中アジ1尾という釣果でした。サオ頭はタイ3尾の同船者でした。
 私はサバの押しずしが好きです。子どものころ、今年95歳になる母親がよく作ってくれたからでしょうか。昔は、すし屋に行くことなど一度もなく、すしといえば母親が作る巻きずしかサバの押しずしでした。いまでもサバが釣れると妻に作ってもらいます。
 奈良・紀淡釣男
(7月25日付)


◎つり/アオリイカ/徳島・恵比須浜/ゲソ残し逃したが…1200グラムに満足

大きなアオリイカに大満足.JPG 毎年6月1日は四国へアユの解禁釣行をしていますが、今年はその途中、徳島県美波町の恵比須浜に寄り道をしてイカ釣りをしました。

退散するイカ

 5月30日の朝に京都の自宅を出発。美波町で生きアジを20尾調達して午後3時ころ近くの波止へ。この時期、賑わっているはずの波止には2人しかいません。
 釣り始めから30分程してサオを立てると重い。根掛かり? さらに糸を引くとグーグーとイカらしき反応。まさかと思いながら糸を巻くとおとなしくついてきます。サオ先から20㍍でヤエン投入。難なく針に掛かり浮いてきました。1年ぶりに見る良型のアオリイカです。慎重に玉網ですくうと、1200㌘。いつもながらのドキドキ感はたまりません。
 サオを2本にして次のアタリを待ちます。するとドラグが激しく鳴り、糸がどんどん出ます。これはイカの出方ではありません。ドラグを止めると魚がジャンプ。なんとシイラです。糸切れが心配でドラグを調整します。激しく暴れ回り一人では取り込めません。近くの人に手伝ってもらい、人生初のシイラをゲット。75㌢ありました。
 エギを振っていた釣り人もメタルジグに取り替えてシイラ狙い。釣り人も4人になり、波止は賑やかになってきました。
 シイラの群れが来ました。ジグにヒットしたシイラが波止の周辺を動き回ります。これではイカも退散し、イカ釣りは不能です。

MAp.jpg寄せては噴射

 今回はいつも一緒の妻は同行せず一人旅。長い夜を車で過ごします。翌日は夜明けとともに釣り開始。風もやみ、広い波止をひとり占めです。
 6時にイカが糸を引きました。糸がどんどん出ます。警戒心のあるイカのようで慎重にヤエン投入。しかしヤエンが到着するとイカがアジから離れました。残念。でも隣のサオの糸が出ています。しかもゆっくり。これは大型のサインです。
 30㍍先にイカは浮いています。これはいただき! とヤエン投入。すぐに掛かり、強烈な噴射でバックします。寄せては噴射のくりかえしでなかなか玉網に入りません。55㌢の玉網が小さい。そうこうしていると突然ヤエンが水面に飛び上がり、ゲソを残してイカは水中に消えました。「逃した魚は大きい」そのとおりでした。しかし、鮎解禁前夜のイカとの戯れを堪能しました。
 京都・一原康男
(6月20日付)


 

1


pageup