しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

たび・つり

多彩に旅案内

群馬・伊香保温泉、静岡県三島市と清水町、鹿児島県・加計呂麻島、福島県郡山市 福岡県糸島市、鹿児島指宿市、石川県七尾市、長野県小海市

 

好評です毎日掲載の「つりだより」/HPでも紹介

イサキやアジ、イカ、尺アマゴ..紹介

小海MAP.jpg

<9月 ツルシのぶらり探訪/長野・小海町/屈指の民衆蜂起跡/評価の変遷、年月を実感(記事を読む)>


     index_3.jpg 9月の旅から紹介です。福岡県糸島市は最新のビーチリゾート。二見ケ浦のサンセットは絵画のようでした。「湯うゆう気分」は鹿児島の指宿市。レトロなかけ流し湯をはしごしました。石川県七尾市では、等伯の絵や花嫁のれんに魅せられました。「ツルシのぶらり探訪」は長野県小海市。秩父事件本陣跡を訪問しました。
 

<9月 ツルシのぶらり探訪/長野・小海町/屈指の民衆蜂起跡/評価の変遷、年月を実感(記事を読む)>

<8月 たび/三重・鳥羽市/真珠と潮騒の島巡り/海女・水軍・「恋人の聖地」(記事を読む)>

 


image
 

  赤旗編集局には読者から「つりだより」が連日届いています。
「つりだより」は「赤旗」日刊紙地方版の火・水・金・土曜日付に掲載。一部は「赤旗」ホームページでも読めるようになっています。
 釣行記を日刊紙の木曜付と毎週の日曜版で紹介しています。10月は、イサキやアジ、イカ、尺アマゴや楽しい用水路での釣りなどを予定しています。
 どの記事も「赤旗」つり欄の“応援団”が現場に足を運んで書いたものばかりです。「だから信頼できる」と読者の皆さんに喜ばれています。「つりだより」と釣行記の新しい書き手も大歓迎、募集中です。

<9月  つり/シロギス/神奈川・横浜沖/24センチ混じり引き強烈/旬の味を楽しむ(記事を読む)>

<8月 つり/タチウオ/神奈川・久里浜沖/シャクリ試し続け、ようやくツ抜け(記事を読む)>
 

釣りたよりは「赤旗」日刊紙の地方版に月曜日付をのぞく毎日掲載。一部は「赤旗」ホームページでも読めるようになっています。更新は週1回です。

釣りだより  ここをクリック 9月掲載分から

 


◎ツルシのぶらり探訪/長野・小海町/屈指の民衆蜂起跡/評価の変遷、年月を実感

井出家.JPG 長野県東部、北八ケ岳山麓に位置する小海町を訪れました。佐久平駅(佐久市)からJR小海線に乗り、千曲川の流れを眺めながら、標高865㍍の小海駅で下車。
 小池三四郎・元日本共産党町議と的埜美香子・同党町議の案内で、町内東馬流の井出家を訪問しました。門柱には「秩父事件本陣跡」の看板が掲げてあります。自由民権運動高揚期の1884年晩秋に起きた秩父事件は、日本近代史上屈指の民衆蜂起でした。明治政府の圧制に抵抗し、埼玉県秩父で蜂起した秩父困民党は一時、大宮郷(現秩父市)を占拠しましたが、軍隊・警官隊の反撃により本陣が解体。菊池貫平が新たに隊を率いて長野県南佐久郡に転戦し、本陣を置いたのが井出直太郎宅でした。貫平は井出為吉らとともに南佐久から秩父困民党蜂起に参加した自由党員でした。
秩父暴徒戦死者之墓.JPG 直太郎の曽孫にあたる井出尚子さん(81歳)から、困民党軍が本陣に置き捨てていった手製のやりを見せてもらいました。「困民党軍が使用した刀ややりは大半が事件後に当局に没収されたので貴重な遺品です」と尚子さん。
 東馬流で困民党軍約400人と軍隊・警官隊約200人の戦闘があったのは11月9日早朝でした。諏訪神社のそばには、困民党軍の戦死者13名中、身元不明の9人を追悼する「秩父暴徒戦死者之墓」があります。事件50回忌の1933年に貫平の孫たちが建て、碑文の文字を書いたのは井出直太郎でした。「満州事変の2年後という時代でした。事件についてはまだ解明されておらず、『暴徒』と刻まざるをえなかったそうです」と小池さん。墓の脇には「秩父事件戦死者の墓」と表記した案内板が立っています。「この案内板が設置されたのは1980年でした」という的埜さんの言葉に、秩父事件の評価が「暴徒」から「事件」に定着するまでに要した100年の年月を実感させられました。
 小海駅前の食堂で名物のソースカツ丼を食べ、町営バスで世界的な建築家・安藤忠雄設計の小海町高原美術館へ。さらにバスを乗り継ぎ、標高1500㍍の温泉宿・稲子湯に到着。入浴後、地産の高原野菜や山菜やキノコを食材にした料理の数々を堪能しました。特に小海産そば粉にこだわった手打ちそば、ニジマスとブラウントラウトの交配種「信州サーモン」のお造りが絶品でした。
 ツルシカズヒコ

【交通】北陸新幹線で佐久平駅からJR小海線で小海駅まで約45分
【問い合わせ】日本共産党佐久地区委員会℡0267(62)7314。小海町観光案内所℡0267(93)2005(水曜日定休)
 


◎たび/三重・鳥羽市/真珠と潮騒の島巡り/海女・水軍・「恋人の聖地」

鳥羽MAP.jpg 三重県鳥羽市は志摩半島の北東端にあり、市全域が伊勢志摩国立公園に指定されている自然景観が豊かなところです。息子に「夏の鳥羽にロマンを感じに行ってくるよ。美しい真珠と潮騒の島へ」と言うと、「三島を読んでないでしょ…」と。
 鳥羽の離島の一つには、三島由紀夫の「潮騒」に登場した神島があります。「潮騒」は映画化され、吉永小百合さんや山口百恵さんもロケに訪れました。文庫本を持ってでかけました。
 まず、鳥羽駅の近くのミキモト真珠島へ。1893(明治26)年、御木本幸吉が世界で初めて養殖真珠に成功した島です。今は真珠博物館や御木本幸吉の資料館があります。博物館では真珠ができる仕組みや養殖方法、ネックレスができる工程などを係員の解説や映像、パネルで紹介しています。真珠を使った美術工芸品が展示され、美しさに見とれてしまいました。
 昔ながらの白い磯着をまとった海女の実演も見学しました。昔、海女は真珠の養殖になくてはならないものでした。海底に潜って貝を採取し、核入れした貝を再び海底へ戻したといいます。海に潜った海女は浮き上がる時にヒュー、ヒューッと磯笛と呼ばれる呼吸をします。磯笛はどこかもの悲しさを感じる響き。養殖技術が進んだ今、海女は必要なくなったそうです。
 翌日、答志島と神島に渡りました。鳥羽港から北東約2・5㌔、伊勢湾最大の島が答志島です。戦国時代の鳥羽城主で、九鬼水軍の将だった、九鬼嘉隆の首塚や胴塚がありました。首は鳥羽城を望む築上山の山頂に息子・守隆によって葬られたそうです。
 答志島から定期船20分ほどで神島に着きました。神島は「恋人の聖地」として有名になり、景色も素晴らしく、伊良湖岬がきれいに見えます。
 小久保富美子さんが島を案内してくれました。三島が滞在していた寺田邸です。ここで「潮騒」を執筆し、川端康成に「ここには本当の人間の生活がありそうです」と手紙を送っています。八代神社と神島灯台は、三島が気に入って小説にも登場しています。
 灯台から山道を20分ほど歩いて監的哨跡に着きました。戦時中、旧陸軍が伊良湖から撃つ大砲の試着弾を目視で確認した施設です。映画「潮騒」ではここで、新治と初江が気持ちを通い合わせる有名なシーンが撮影されました。階段や山道をかなり歩いた気がしましたが「島を一周しても一万歩ないんです」と小久保さん。カルスト地形を見学し帰る途中に何人も釣り人を見かけました。
 旅の終わり、帰りの船で「潮騒」の続きを読みふけりました。
 岸村真里

【交通】近鉄鳥羽駅下車かJR参宮線で鳥羽駅下車。または、伊良湖から伊勢湾フェリーか伊勢ICから鳥羽市
【問い合わせ】鳥羽市観光課℡0599(25)1157
(8月23日付)


◎つり/シロギス/神奈川・横浜沖/24センチ混じり引き強烈/旬の味を楽しむ

つりMAP.jpg 手軽に釣れて、おいしくいただける今が旬の魚といえばシロギス。さくさくふわふわの天ぷら、甘くて上品な味のお造りが食べたい!
 というわけで8月上旬、好調情報の東京湾に釣り友と出かけました。当日は接近する台風の影響で小雨交じりのあいにくの天気ですが、カンカン照りの酷暑でないのはありがたい。北東の風がやや強く波は高め。シロギスにはちょっと厳しい条件かな。
 横浜市中区新山下から午前7時半に出船。目指すは東京湾の中ノ瀬から富岡沖。水深は10~20㍍。
 船長の合図を受けて、ドキドキする第一投。オモリの着底を確認して糸を張ると、とたんにググッと手ごたえ。サオをもっていかれるような強い引きです。慎重に巻き上げるときたきた。20㌢を超す良型。釣り友にも同型が掛か釣果の一部.JPGりました。案外きょうはいけるかも? 期待が高まります。時おり24㌢も混じり、キスとは思えない強烈な引きを楽しみました。

エサチェック

 アタリが遠のいたところで場所替えです。ここでは15~17㌢の小型中心。どれも丸々しています。天ぷらサイズ。もう少し大きい刺し身サイズがほしいところです。
 だんだん、アタリはあるものの、ハリ掛かりしなくなりました。巻き上げの途中ですっぽ抜けることも。もう型のことは言っていられなくなりました。
 釣れなくなったらまずエサのチェック。アオイソメは頭部をカットして、食い込みやすいようハリの軸に真っすぐ刺す。たらしは食いに合わせ短くしたり長くしたり。エサはこまめにつけ替える…数を伸ばすコツはエサにあります。船長の受け売りですが。
 風が強まってきて波も高くなり、辛抱の釣りが続きます。船に酔う人も出てきました。そして何かに耐えるように黙々と釣っていた、わが友もまさかの船酔い!?
 それでも風裏への場所替えで再び釣れ始めると、いつものペースに戻って20尾余り釣ったのはさすがというべきか。

おいしく完食

 午後1時半に沖上がり。釣果は船内5~34尾。私は15~24㌢を34尾。天ぷら・刺し身のほかに、にぎりずし、骨せんべい、冷蔵庫で一夜干しとおいしく完食。下旬には27㌢の大型もあがったとの情報もあり、これからも楽しみな東京湾のシロギスです。
 東京・犬と釣り人
(9月6日付)


◎つり/タチウオ/神奈川・久里浜沖/シャクリ試し続け、ようやくツ抜け

タチウオまp.jpg 所属するサークル「HAT(Happy Anglers Teams=楽しいつり仲間)」のLTタチウオ研究会に5人が参加、7月15日、神奈川県横須賀市・久里浜港の乗り合いで出漁しました。前日、好漁のニュースが流れたせいか、予約で満席。予約順に左舷胴中に並びました。

自作仕掛けで

 午前7時20分に出船。航程40分の富津沖で釣り開始。「タナ11㍍~水面まで」のアナウンス。夏のタチウオは、エサの小魚を追って水面近くまで上がってくるようです。
 サオは浅場を想定して8・2調子軽量カーボンザオ。飾りやパイプは一切なしの自作仕掛けです。エサはサバの切り身、上から5㍉の所からハリを刺し、縫うようにして上側にあるケンにしっかり止め、ずれないよう、回転しないようにまっすぐ刺すのが大事。
タチウオ2.JPG タチウオ釣りは、シャクリを続けて誘うのですが、そのシャクリ幅、スピード、ステイの時間などを変えながらアタリの出るシャクリを探ります。隣のTさんが1投目から掛けました。その後も好調です。誘うスピードはゆっくりめ、ステイ長めでタイミングが合っているようです。私もまねしてみますが、なかなか反応してくれません。10時頃までにTさん10本、私は3本の大差。
 いろいろと試してみますが、反応した誘いが次には反応しないなど、つかみきれません。船中数本掛かるともう魚群が移動するようで、すぐに潮回りを繰り返します。

引き強い浅場

 中盤、少し速めでステイ短めの鋭いシャクリに反応し始めました。タナは相変わらず11㍍、8㍍と極浅です。誘う幅が狭いので、アタリが出てもなかなかハリ掛かりまで至りません。アタリのあったタナでシャクリ幅を10㌢ほどにして、やっと掛かるようになりました。70㌢級が中心ですが、40~50㌢も混じります。
 小型ですが、何しろ浅場なので引きは強烈です。水面バラシもあり、午後1時半の納竿にやっと14本、ツ抜けはできました。
 夏タチは極浅の釣りで、比較的難しいのですが、電動リールも必要なく、オモリも軽いので女性や子どもにも大人気の釣りです。東京湾中の船が同じ海域に集結、大船団ができるのは東京湾名物になってきました。この日は100船以上。どの船も満員でした。
 赤旗APC・千葉・佐近津里彦
(8月16日付)


釣りだより 9月掲載分から

【北海道・初山別村風連別川河口海岸のサケ】12日、晴れ、中潮、南西の弱い風。午後1時半~6時までに、サケ59~72㌢4尾。稚内市の漁港めざし往路350㌔の遠征の途中、初山別村風連別川河口海岸に立ち寄る。若者たちは消波ブロックの上で釣っているが、私は転落必至なので左岸消波堤から。4尾連続して釣れ、2週間ぶりの﹁釣れないサケ釣り﹂のうっ憤が晴れた。ルアーロッド11フィート、EP2号ライン、3000番リール、ウキルアー釣り。エサはソーダカツオ、紅イカ。(北海道・北海魚新)

【秋田・役内川のアユ】13日、晴れ。湯沢市の役内川、岩館橋上下で午後1~4時までに、アユの釣果なし。20㌢増水。サオ9㍍、道糸・フロロ0・8号、水中糸・アーマード0・06号、鼻カン7・5㍉、掛けバリ7・5号、オモリなし。橋の上から、大きな岩の後ろでアユがコケをはんでいるのがみえたので、オトリを入れてみたが、かからない。橋の上流に移動し、盛期によくかかる岩盤でも反応なし。「鮎乃家」の手前の岩館橋を渡り、やぶをかき分けて入川。(秋田・飯塚)

【千葉・木更津市の矢那川、地蔵堀川船だまりのハゼ】13日、晴れ、中潮。第67回都釣連ハゼ釣り大会に118人が参加。9~19㌢を1290㌘(161尾)。最高の人は3000㌘超。ヘラザオ11尺、道糸1・2号、ハリス0・6号7~9㌢、ハリ袖5~6号、オモリ1・5号、ミャク釣り。最初は矢那川のホテル裏側に入ったが、引き潮なのに水位が高く、付近を探ってもクロチャン(ダボ)ばかり。地蔵堀に移動し東側で見釣りをして小型ながら数を稼ぐ。1時半に潮の引き具合いを見て矢那川に移動し、護岸ぎりぎりに落とし込むと入れ掛かりが続いた。(東京・中澤賢宏)

【神奈川・剱埼灯台前のサバなど】12日、曇り、中潮。三浦市・剱埼灯台前の中央磯で午後1~4時までにサバ25㌢1尾、キュウセン20㌢1尾、スズメダイ4尾、クサフグ多数。メジナを狙うがアタリなし。のべザオ5・4㍍、ハリス2号、道糸3号、ハリ・メジナ6号、オモリ・カミツブシ1㌢、エサ・メジナ用集魚剤。ウキ下2㍍を7~8㍍沖に入れ流れにまかせて釣る。クサフグにハリスを何本も切られ苦戦。水量十分。やや汚れあり。足場良好。京急三浦海岸よりバス剣埼下車徒歩20分。(神奈川・海山遊人)

【静岡・戸田川河口付近のハゼ】13日、曇り、中潮。浜松市北区細江町の戸田川河口付近で午前9~11時までに、ハゼ9~12㌢43尾。サオ4・0㍍、道糸1・0号、玉ウキ、ハリ・ソデ釣り7・0号、オモリ・カミツブシ、エサ・イソメ。水深1・5㍍地点。足場良い。岸近くにフカセ釣りで流す。流れないときは誘いをかける。満潮から干潮にかけて良く釣れた。今年のハゼは小さい。(静岡・鮎野友夫)

【奈良・竜田川池のヘラブナ】8日、東の風。生駒郡平群町・西宮の竜田川池で、午前11時~午後3時までに、ヘラブナ26㌢前後17尾。満水で水深3㍍、ポイントは2㍍。足場良く汚れも無い。和ザオ7・1尺、道糸1号通し、ハリスPE0・4号5㌢と8㌢、ハリ金4号2本仕掛け、オモリ・ラバーガン玉4号、エサとコマセはグルテン・トロダンゴ。クチボソとモロコの大襲撃で釣りにならず早仕舞いした。近鉄王寺線竜田川下車。(大阪・橋本章)

【広島・吉島釣り公園のサヨリ】12日、曇り、中潮、東の風。広島市・太田川河口にある吉島釣り公園で、午前7~11時までに、サヨリ15~20㌢30尾。柵があり安全。トイレもある。サオ1号、道糸2号、ハリス1号、ハリ赤袖4号、カゴウキとアタリウキ使用、エサとコマセ・アミ。魚は小型ばかり。岸近くに寄って来るのでノベザオの方が効率良い。(広島・中島七平)
 

 

1


pageup