しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

たび・つり

多彩に旅案内

群馬・伊香保温泉、静岡県三島市と清水町、鹿児島県・加計呂麻島、福島県郡山市 群馬県安中市、、宮城県小原温泉、千葉県館山市、和歌山県海南市、福井県あわら市

 

好評です毎日掲載の「つりだより」/HPでも紹介

フナ、イワシメバル、イサキ、ホッケ、ニシン、クロダイ、アジ..紹介

安中1.JPG<3月 たび/群馬・安中市/アプト式鉄道廃線跡/山中に現れた「めがね橋」(記事を読む)>


     index_3.jpg  3月の旅の紹介です。群馬県安中市では、アプト式鉄道廃線跡を歩き、めがね橋が迫力満点でした。「一期一湯」は、宮城県の小原温泉。洞窟風のかつらの湯は源泉かけ流し。郷土食の温麺もやさしい味でした。千葉県館山市は、ファミリーパークのポピーが満開。とれとれのすしも堪能しました。和歌山県海南市は漆器と熊野古道の町。名勝の温山荘園や水族館に立ち寄りました。福井県あわら市では、名湯百選に選ばれるあわら温泉があります。ゆっくり湯巡りをしました。

<3月 たび/群馬・安中市/アプト式鉄道廃線跡/山中に現れた「めがね橋」(記事を読む)>

<2月 ツルシのぶらり探訪/静岡・焼津市/第五福竜丸の母港/人類史上最初の水爆犠牲(記事を読む)>

 


image
 

 赤旗編集局には読者のから「つりだより」が連日届いています。
「つりだより」は「赤旗」日刊紙の地方版に日・月曜日付をのぞく毎日掲載。一部は「赤旗」ホームページでも読めるようになっています。
 全国各地の釣行記や釣り入門記事は、日刊紙の木曜付と毎週の日曜版で紹介しています。4月は淡水では乗っ込みのフナ、海では沖のイワシメバルやイサキ、岸壁からのホッケ・ニシン・クロダイ・アジなどを予定しています。
 どの記事も「赤旗」つり欄の“応援団”が現場に足を運んで書いたものばかりです。「だから信頼できる」と読者の皆さんに喜ばれています。「つりだより」や釣行記の新しい書き手も大歓迎です。
 

<3月 つり/アマゴ/岐阜・吉田川/放流直後、簡単な時も/難しい釣り残し(記事を読む)>

<2月 つり/コマイ/北海道石狩新港/回遊と絶妙の出会い/25~30センチ含め8尾(記事を読む)>

釣りたよりは「赤旗」日刊紙の地方版に月曜日付をのぞく毎日掲載。一部は「赤旗」ホームページでも読めるようになっています。更新は週1回です。

釣りだより  ここをクリック 4月掲載分から


◎たび/群馬・安中市/アプト式鉄道廃線跡/山中に現れた「めがね橋」

安中MAP.jpg 「うちの娘を連れて行こうと思ってるんだ。一緒にどう?」
 高校の同級生から誘われたのは、群馬にある、ちょっと特別な遊歩道でした。関越道、上信越自動車道を2時間のドライブ。たどり着いたのは横川駅から歩いてすぐの「アプトの道」です。
 アプト式鉄道時代の廃線敷を利用して、横川駅~熊ノ平駅の間の約6㌔が、遊歩道として整備されました。入り口にあるロードマップを見ながら、父娘が計画を立てます。
 「往復すると12㌔か…ちょっと8歳女子にはきついかな?」
 「そうだね。途中の温泉まで歩いて往復して、碓氷湖とかめがね橋は、車で行く?」
 廃線敷を整備した遊歩道は、一部、鉄の線路も残っており、歩きやすさは抜群。
 「こんなに長い真っすぐな道を歩くの、初めてだ!」と、8歳女子が感動したように、視認できる限界までひたすら直線が続いている道は、歩く疲れを忘れさせてくれます。両サイドを彩る、冬枯れの木々や山を伝って降りてくる清水の色、美しく鳴く鳥の声、谷底を流れる川のゆったりとした動き…その一つ一つに見た、聞いた感動を教え合う父と娘。
 30分ほど歩いたところで、右手に突如現れたのは「旧丸山変電所」でした。国の重要文化財であるれんが造りの旧変電所は、8歳女子に言わせれば、「深みのある、かっこいい建物」だそう。
 入り口から約3㌔、40分ほど歩いて、目標としていた温泉施設「峠の湯」に到着。入浴と食事を済ませます。8歳女子は、「つるつるとしたお湯が美肌に効く」と聞いて、食事の前後に1人で2回入っていました。
 横川駅へと戻る復路は、ゆったりとした下り勾配。3人でジャンケン歩数ゲームをしながら、おいしい空気を満喫し、30分ほどで到着しました。その後はジムニーに乗って、碓氷峠を通り、まずは碓氷湖(ダム)へ。刺すような陽光を受けて輝く湖面の美しさに呆然(ぼうぜん)とした後は、さらに峠を車で上って「めがね橋」を目指します。5分ほど、うねる山道を車で進むと突然、運転の友人が「すげえ…」と声を上げます。
 山中に突然現れたれんが造りのめがね橋は、圧巻でした。古代文明が生み出したれんが造りの巨大ロボットが、両腕を広げて山と山をつないでいるような、厳かな迫力。橋の上は「アプトの道」の続きなので、歩行が可能です。両サイドは碓氷第5トンネルと第6トンネルが、その大きな口を開けています。トンネルと橋の上を歩き、探索した父娘は、最後にめがね橋の上から、旅の締めの言葉を2人で叫びました。
「また来るねー!」
 山本竜也

【交通】信越線「横川駅」から徒歩3分
【問い合わせ】安中市観光課観光係 電話027(382)1111
(3月1日付)


◎ツルシのぶらり探訪/静岡・焼津市/第五福竜丸の母港/人類史上最初の水爆犠牲

たびmap.jpg JR静岡駅から乗車した普通列車はまもなく安倍川鉄橋を渡り、やがて2・2㌔の石部トンネルを抜けて焼津駅(静岡県焼津市)に到着。
 1954年3月1日、太平洋ビキニ環礁で広島型原爆約1000倍の威力をもつ水爆実験をアメリカが強行。これにマーシャル諸島住民や公海上で遠洋漁業などをしていた、延べ1000隻の日本の船が被災しました。
 ビキニ環礁北東で被災したマグロはえ縄漁船・第五福竜丸が、焼津港に帰港したのは同年3月14日。23人の乗組員全員が急性放射能症と診断され入院し、無線長・久保山愛吉さん(当時40歳)は「原水爆の被害者はわたしを最後に」と言い残し同年9月に死亡。人類史上最初の水爆犠牲者になりました。
焼津富士山丼.JPG 成瀬實さん(静岡県3・1ビキニデー運営委員会代表)の案内でまずは、焼津市歴史民俗資料館内の「第五福竜丸コーナー」を見学。第五福竜丸の5分の1船体模型や放射能測定器、当時の写真・新聞記事、国立東京第一病院に入院中の久保山さんが焼津の家族に宛てた直筆の手紙などが展示されています。
 市内北端、久保山さんの自宅があった駿河湾に臨む浜当目の弘徳院の墓地には、水爆のきのこ雲をイメージしたともいわれる「久保山愛吉之墓」があります。ここから数分の所には、愛吉・すず夫妻が眠る久保山家の墓が立っています。
 広島・長崎につぐ3度目のアメリカによる核加害。甚大な被害に対してアメリカが支払ったのは200万㌦ほどです。第五福竜丸の乗組員には、その一部から「見舞い金」が支払われましたが、日本政府はそのことで、それ以上のアメリカの責任を不問にしました。
 原水爆禁止を求める署名運動が全国に広がり、1955年8月に広島で開かれた第1回原水爆禁止大会で報告されたその数は3200万余。「ビキニ事件」をきっかけに喚起されたこの署名運動は、核兵器禁止条約や核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)など「その後の核廃絶運動の成果やたたかいの原点です」と成瀬さん。
 「焼津さかなセンター」で駿河湾名産シラスや桜エビ、マグロやカツオなど焼津の海の幸を堪能。焼津の海や人を愛した小泉八雲(1850~1904年)を顕彰する「焼津小泉八雲記念館」、焼津の漁業やその歴史がわかる「焼津漁業資料館」も見応えがありました。久保山さんの遺言から64年。今年も3月1日「2018年3・1ビキニデー」が焼津市で開催されます。
 ツルシカズヒコ

【交通】東京駅から東海道新幹線「こだま」で静岡駅まで約1時間半。静岡駅からJR東海道線で焼津駅まで13分
【問い合わせ】焼津市歴史民俗資料館℡054(629)6847。焼津市観光協会℡054(626)6266。「2018年3・1ビキニデー」静岡県実行委員会℡054(253)1854
(2月22日付)


◎つり/アマゴ/岐阜・吉田川/放流直後、簡単な時も/難しい釣り残し

釣りMAP.jpg 岐阜県の郡上漁協は魚体のきれいな半天然魚を釣らせるために、去年の禁漁期間中に15㌢ほどの幼魚を放流しました。吉田川(郡上市)の解禁日は2月11日。川合地区と口明方(くちみょうがた)地区に成魚放流されるとのこと。放流は右岸からです。前日からの場所取りも多く、混雑するのを嫌って私は左岸に入ることにしました。

雪をかき分け

 午前6時前に到着。真っ暗な中、雪をかき分け川へ。雪に足跡はありません。左岸の岩の上にポイントを決めました。放流予定の9時まで、車の中で待機です。
 予定より早めの8時半すぎ、漁協の組合員が放流開始。右岸では、ときどきポツリポツリと釣れるだけ。左岸には私の上と下に1人ずつ。でも流心から左岸には魚影は見えません。
 渓流ザオ7㍍にエサはイクラとミミズで群れがいるはずの右岸寄りに投入。釣れません。何気なく、下流の岩の陰にできた巻き込みに仕掛けを投入。目印が上流に少し動きました。上げるとエサがありません。
釣果1.JPG すぐにイクラを付け直して再投入、目印がゆっくり横に動き、しっかり食わせて1尾を慎重に取り込みました。アマゴは気付かないうちに移動してきたようです。
 浅く狭いポイントなので、静かに投入するとすぐにアタり。バラさないようにしっかりのみ込ませて2尾目。ほかでは、まだほとんど釣れていません。同じポイントで静かに数を増やします。

川虫を採って

 5尾釣ったところで、下流の人が私のポイントの下に投入、すぐに1尾釣りました。アマゴは流れの筋に群れているようです。2人で交互にサオを曲げていると、右岸の人が気づき、ザブザブと立ち込んできます。声をかけて止まってもらいます。狭いポイントに3本のサオが並びました。でもその後はほとんどアタリなし。群れは散ってしまったようです。
 その後は釣り人が次々に立ち込んで移動し、さらに釣りにくくなり、群れが止まったところでサオが立つだけです。私は仕掛けを細くし、川虫を採って、なんとか3尾追加。11尾になった午後1時に終了しました。
 天然魚にはまだ動きがありません。郡上漁協は3月中旬まで週末に成魚を放流します。放流直後は簡単に釣れるときもあります。でも釣り残しは難しい釣りになりますが、それを釣るのも楽しみの一つです。
 愛知・エサ取名人
(3月1日付)


◎つり/コマイ/北海道石狩新港/回遊と絶妙の出会い/25~30センチ含め8尾

MAP.jpg 暮れから年明けにかけて、北海道の石狩新港はコマイの爆釣で大変にぎわいました。このようなことは4年ぶり。私も30尾近くの大漁を含め何度かいい思いをしました。

アタリを待つ

 正月気分も抜けた1月15日、どんど焼きをすませて、大漁を期待して出かけました。石狩新港西埠頭(チップヤード)は車のすぐ脇で釣りができ防護柵もあって、防寒と安全の両面から好釣り場です。
IMG_2271.jpg 午後4時すぎに着。曇りで気温は0度で微風、潮は大潮。北海道の冬は強風と雪による寒さが大敵なので、もってこいの日和です。
 2本のサオにエサの生イソメを付け、チョイ投げしてアタリを待ちます。アタリは強烈で、サオ先が多少風に揺れていても、違いははっきり分かります。食いが浅くバレることが多いので、エサはハリ先から少しでる程度に短く付けます。やがて日は暮れました。

やはり夜行性

 5時半に最初のアタリ。まず1尾を釣りました。しかし、続きません。風が強まりみぞれが降り始めました。車に退避して、サオ先の夜光ライトを眺めて待ちます。
 きません。「今日は1尾か。7時に帰ろう」と思っていたところ、2尾目がやってきました。やはり夜行性、3尾、4尾と続けざまに25~30㌢がヒットして8尾に。ほかに3尾のバラシがありました。
 コマイ釣りは回遊との出会い、タイミングです。もし回遊があと10分遅かったら、釣果は1尾でした。その後アタリは再び遠のき、8時半に終了。
 コマイはタラの仲間。北海道では結氷した湾内にも生息することから氷下魚と当て字されたり、寒海ともいわれ、30㌢超えはオオマイと呼ばれます。干物として流通し、今が旬の鮮魚を口にできるのは漁師と釣り人です。メスは抱卵しオスはタチ(白子)が入っていました。
 我が家ではブツ切りにして野菜と一緒にみそ汁にしたり、一夜干しにして焼きおいしくいただいています。
 コマイの産卵期は1~3月、しばらく楽しめます。
 北海道・北野風水
(2月8日付)


釣りだより 4月掲載分から

【北海道・高島漁港のカレイとホッケ】15日、小雨、大潮、北西風1㍍、波0・5㍍。小樽市の高島漁港内防波堤で、午後3時半~8時までに、マガレイ30~32㌢4尾、29㌢2尾、21~25㌢4尾、スナガレイ26㌢1尾、クロガシラカレイ21㌢1尾、ギスカジカ25~29㌢10尾、ホッケ27~33㌢6尾。サオ4㍍、道糸6号、ハリ・マルセイゴ2本、コマセ使用、エサ・イソメとサンマ、コマセ・オキアミブロック。先端から15㍍付近に釣り座を構える。好調にカレイが釣れた。夕暮れになるとキスカジカが多くなった。(赤旗APC・北海道・北海魚新)

【山形・日塔(にっとう)川のヤマメ】14日、曇り、強風。東根市・日塔川の白水川合流より上流の橋付近で、午後4時45分~5時15分までに、ヤマメ15~25㌢3尾。水量、ポイント良い。ほど良い濁り。サオ7・1㍍、道糸とハリス0・8号、ハリ・キジ7号、エサ・キジとブドウ虫、オモリ2B。仕掛け全長3・5㍍。エサはキジにアタリがあった。農業用ポリ袋が流れていたのは残念。(山形・釣り志)

【茨城・ザコ川のフナ】13日、晴れ、北風。稲敷市・ザコ川浮島地区ザコワンドと広域農道の中間で、午前8時~午後2時20分までに、マブナ29~33㌢3尾。平水。1尾目は午後1時。それから1時間で2尾を追加。我慢の釣り。渓流ザオ4・5㍍、道糸フロロ1号、ハリス0・8号、ハリ・ヤラズキープ5号、エサ・アルファ21、オモリ6号ガン玉1個、発泡玉ウキ5個。シモリ仕掛け。数は出ないが大型中心に強い引きが楽しめる。(赤旗APC・千葉・片桐公男)

【神奈川・早戸川のイワナ】13日、晴れ。相模原市・早戸川の三日月橋の上流で、午前8時~正午までに、イワナ20㌢級5尾、15㌢級5尾放流。減水気味。ポイントは落ち込みやタルミ。サオ3・9㍍、道糸とハリスは通しで0・6号。ハリ袖5~7号、エサ・ミミズ、オモリB~3B。渓はまだ寒い。エサ追いはゆっくりしている。厚木方面から車で1時間。(東京・畑竹竿)

【岐阜・長良川のアマゴ】17日、曇り、無風。郡上市・長良川の稲成鉄橋下流と和合で、午前10時半~午後4時半までに、アマゴ13~20㌢19尾(15㌢以下10尾リリース)。曇りで終日肌寒かった。鉄橋下流で1時間エサのヒラタ取り。サオを出したが水量多くポイントが見にくくアタリは少なく4尾。午後2時ごろから和合へ。瀬でアタリが続き深みのある流れのヨレで良型が出て15尾。サオ8㍍、天上糸0・3号4㍍、道糸0・25号4㍍、ハリ・ヤマメ4号、エサ・ヒラタ、オモリB~3号。(愛知・渓鮎爺)

【福井・小浜新港の稚アユ】14日、曇り、大潮、風強。小浜市の小浜新港で、午前6~8時半までに、稚アユ6~8㌢23尾、イワシ5㌢30尾。足場は広くきれい。延べザオ4・5㍍、道糸0・3号、ハリス0・2号、ハリ2号、エサとコマセなし、オモリ4号。市販のパニック仕掛け14本バリの上に集魚板を付け上下に誘う。群れが回ってこなかった。ゴールデンウいーク前にシーズンは終わる。(滋賀・高井)

【滋賀・朽木渓流魚センターのロックトラウト】16日、曇り時々晴れ、風強い。高島市・朽木小川の朽木渓流魚センターのルアーエリア大物池で、午前7時~午後3時までに、イワナ20~35㌢前後15尾、サクラマス20~30㌢8尾、ニジマス30~40㌢10尾。ロックトラウトを狙い朝一番に数尾バラした。サオ6・6㌳、ライン4㍀、ルアー・ミノーとフェザージグ。イトウやロックなど大型魚もかなり入っている。イワナやサクラマスがミノーで当分楽しめる。(大阪・前田日釣)

【京都・管理釣り場のヘラブナ】12日、晴れ、西風。久御山町八幡の管理釣り場の釣天狗(うどん床專)で、午前11時~午後3時までに、ヘラブナ28~39㌢36尾。水深2・5㍍で平水。足場よい。和ザオ7・1尺、道糸0・8号、ハリスPE0・4号5と8㌢、ハリ・カッツケ4号2本、エサ市販うどん+尿素シメオモリ0・5号と仁丹クワセ自家製マッシュ+ハッタイ粉+酒粕+砂糖。本ベタ2段底釣り。エサの打ち方次第で底に追いかけて良く食う。ほとんど逆立ちしてエサを拾う。食い上げの浮かしアタリが7割。(大阪・橋本章)

【岡山・西宝伝港のメバル】16日、曇り、大潮。岡山市東区の西宝伝港で、午後7~9時までに、メバル18と22・5㌢の2尾。延べザオ5・4㍍ハリス1号、メバルバリ9号2本、ガン玉B1個、エサはシラサエビ。探り釣り。干潮の時だけ上がれるテトラの波止。闇夜の大潮で風もなく良い流れだった。22・5㌢はここでの最長寸。良い引きだったが数は出ない。(岡山・岡田一竿)

【福岡・響灘のマダイとイサキ】16日、晴れ、大潮、南東後北西風。北九州市白島沖の響灘に小倉港から乗り合い出船。午前7時45分~午後0時45分までに、マダイ27㌢1尾、32~38㌢4尾、ハナダイ25~30㌢4尾、イサキ23~29㌢3尾、30~37㌢3尾。掛かり釣り。水深85㍍。サオ50~80号3㍍、電動リール、道糸PE3号、ハリス5号6㍍、マダイバリ10号2本、エサとコマセ・オキアミ生、弓型天びん。オモリ着底後8㍍巻き上げサオを振りコマセをまいてアタリを待つ。しばらく釣れそう。(福岡・三井始)
 

 

1


pageup