しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

たび・つり

多彩に旅案内

群馬・伊香保温泉、静岡県三島市と清水町、鹿児島県・加計呂麻島、福島県郡山市 長野県軽井沢、三重県猪の倉温泉、茨城県桜川市、東京都中央区

 

好評です毎日掲載の「つりだより」/HPでも紹介

アマゴ、シロギス、イサキ..紹介


隅田川と遊歩道.JPG

<3月 涼子のおいしい旅/東京・中央区/築地の味、江戸前ずし/下町ならでは、もんじゃ焼き(記事を読む)>


     index_3.jpg 3月の旅の紹介です。長野県軽井沢では旧中山道の追分宿へ歩いて観光しました。「湯うゆう気分」は三重県の猪の倉温泉。ツルツルの美肌効果の湯とぼたん鍋、地酒を楽しみました。茨城県桜川市真壁は町割りが江戸期のまま。歴史ある寺院を見て回りました。「涼子のおいしい旅」は東京都中央区築地。至福の味わい江戸前ずしと、下町の味・もんじゃ焼きを食べました。

<3月 涼子のおいしい旅/東京・中央区/築地の味、江戸前ずし/下町ならでは、もんじゃ焼き(記事を読む)>


<2月 涼子のおいしい旅/沖縄市/そば、タコス、骨汁…/ソーキは、うまみじゅわっ!(記事を読む)>

 


image
 

 「赤旗」日刊紙の地方版の火水金土付に各地の釣り情報「つりだより」を掲載しています。読者ら寄せられる釣行記は、日刊紙の木曜付と毎週の日曜版で紹介しています。4月は解禁早々の渓流のアマゴ、海ではシロギス、イサキなどを予定しています。どの記事も「赤旗」つり欄の“応援団”が現場に足を運んで書いたものばかりです。「だから信頼できる」と読者の皆さんに喜ばれています。日曜版では楽しいイラスト付きエッセイ「森越ハムの全力ゆる釣り日記」が好評連載中です。

<3月 つり/ニシン/北海道石狩湾新港/乳白色に染まる海/大型多くほくほく(記事を読む)>

<2月 つり/タイ/山口・岩国沖/タイラバに初挑戦/助けられ71センチブリ(記事を読む)>

釣りたよりは「赤旗」日刊紙の地方版に月曜日付をのぞく毎日掲載しています。


◎涼子のおいしい旅/東京・中央区/築地の味、江戸前ずし/下町ならでは、もんじゃ焼き

map11.jpg 東京都中央区を流れる隅田川沿いを散策しに行きました。もちろんおいしいものも、いただきましたよ。
 まず午前中に行きたいのは築地です。「あれ? 移転したのでは?」と、よく聞かれますがご安心を。
 豊洲埠頭に引っ越したのは東京都の施設である中央卸売市場。いわゆる場内市場と呼ばれたもので、周辺に民間業者が密集するのが「築地場外市場」。こちらは今もこの地で頑張っています。
 そもそも日本橋に江戸時代から続いた魚河岸などが、関東大震災の影響などで、築地に来たのが80余年前のこと。
 以来、場内市場で鮮魚や野菜を仕入れた料理人や小売店が、帰りがけにほかの食材や道具を買う。そうしたプロ向けの専門店が集まったのが、場外市場の始まりです。
 だから料亭で使うような、上質な商品が割安で買えます。おすすめは厚焼き玉子。江戸風の甘口で、店ごとに味を競っています。
 そしてぜひ食べたいのは江戸前ずしです。仕入れたての新鮮ネタを、すし職人がにぎる。ああ、至福の味わい!
 築地場外市場には、「築地魚河岸」という中央区がつくる施設もできました。市場移転後も築地で仕入れできるよう、館内には豊洲市場の仲卸支店が数十軒も並んでいます。
 早朝はプロ向けですが、午前10時ごろには私たちも買い物可能。おいしそうで思わず買い物をしてしまいました。
 では、ぶらりと散歩へ。
 築地場外市場から晴海通りを南に行くとまもなく隅田川に出ます。もともと魚河岸は、船で荷物を運ぶように水辺につくられたのです。
 勝鬨橋を渡ると勝どきの町並み。路地を左に曲がって運河を渡ると、まもなく月島西仲通り商店街に突入します。もんじゃ焼き屋がずらりと並んでおいしそう。思わず入ってしまいました。
 お店の方に焼いてもらって、小さなヘラですくっていただきまーす。おいしいー!
 近頃は修学旅行生も全国からやってくるという、東京下町ならではの味わいです。
 さらに北へ向かえば、江戸初期からの漁師町佃島と、造船所があった石川島に到着。
 月島は明治時代に埋め立てられ、造船所の関連工場が点在した町です。風情ある長屋は当時の社宅だったと、地元の方はいいます。
 散策中、ところどころに隅田川が現れ、目の前がパッと開けます。水上バスが行き交う雄大な風景に、思わず深呼吸。春らんまんの散歩道です。
 南田涼子
 撮影 南田乗太

●隅田川沿いのおみやげ
・厚焼き玉子・乾物など…プロ向けの上質な味わい。築地場外市場の専門店で販売
・もんじゃ焼きセット…月島もんじゃ振興会で販売

【交通】東京メトロ日比谷線築地駅から徒歩3分で築地場外市場。東京メトロ有楽町線・都営大江戸線月島駅から徒歩1分で月島西仲通り商店街
【問い合わせ】中央区観光協会℡03(6228)7907。築地場外市場については、築地食のまちづくり協議会℡03(3541)9444。月島もんじゃ振興会協同組合℡03(3532)1990
(3月28日付)


◎涼子のおいしい旅/沖縄市/そば、タコス、骨汁…/ソーキは、うまみじゅわっ!

沖縄MAP.jpg 沖縄本島の中部にある沖縄市。冬の季節でもコートいらずの快適な旅です。そしておいしいものもいっぱい。
 というわけで注文したのが沖縄そばです。骨付き豚肉を煮込んだソーキやテビチ(豚足)が麺の上にドーン!
 ではいただきまーす。ソーキは案外脂っこくなく、うまみがじゅわっ! テビチはコラーゲンたっぷりです。
 どちらも骨付きなので食べ方は豪快、食欲も倍増しました。
 骨といえばもっとすごい情報が。その名も「骨汁」。何とどんぶりにぶつ切り豚骨が山盛りのみそ汁です。
 「肉がたくさんついてますからね」と、お店の方。お客さんも骨から肉をこそげて、夢中で食べています。うわっ、これも美味。食後の骨がらの山に達成感もひとしおです。
 翌日はまち歩きです。実に市の3分の1が米軍基地という沖縄市。市中心部の嘉手納基地に続くコザゲート通りを歩くと、「ヒストリート」という博物館を発見。沖縄市の戦後の歴史がわかりました。沖縄戦の最初に中部の海から上陸した米軍が、あっという間に一帯を占領。だから沖縄市をはじめ、今も中部に米軍基地が多いのだと知りました。
 のどかな農村だったのに、土地を追われた人たち。各地からも人が集まって、米軍基地で働いたり米兵相手の商売をはじめることになりました。その陰には、さぞや大変な歴史があったでしょう。
 「外国人が多く、今でもいろんな国のレストランがあります。食や音楽など、この土地ならではのチャンプルー(ごちゃまぜ)文化も育まれました」と地元の方はいいます。
 たとえばタコス。かつて沖縄から中南米に移住した人たちが帰国して、店開きしたのだとか。さらにタコスの具をご飯にかけたタコライスは、まさに沖縄発祥の一品です。
 実際、タコスレストランは地元の家族連れや若い人でいっぱい。
 ブラジル風ローストチキンなど、とり肉料理も人気です。地元の方によれば「沖縄では、フライドチキンはいなりずしといっしょに食べるんですよ」。
 いろんな思いや歴史の中でたたかいが生まれ、新たな食文化をも生み出してしまうパワフル沖縄。大ファンになりました。
 翌日、東海岸をドライブしました。市東部には泡瀬漁港。漁協直売所では魚バター焼きが名物です。
 さらに北上して、うるま市の島々へ海中道路で渡ります。サトウキビ畑と製塩工場があるのどかな島で、のんびりしました。
 沖縄市は伝統芸能のエイサーが盛んです。「全島エイサーまつり」が開催される季節に再び訪れて、また食べまくりた~い!
 南田涼子
 撮影 南田乗太

●沖縄市のおみやげ
・お菓子…パイやドーナツ、まんじゅうも。製造販売店やレストランなどで販売
・総菜…魚やもずくの天ぷらはおやつ感覚。鳥丸焼きやタコスも持ち帰り可能。各専門店で販売

【問い合わせ】沖縄市観光課℡098(939)1212
【交通】那覇バスターミナルから具志川ターミナル行きで60分の胡屋下車
(2月28日付)

 


◎つり/ニシン/北海道石狩湾新港/乳白色に染まる海/大型多くほくほく

ニシン.JPG 釣友から「新港にニシンが入っている」との連絡があり、1日に出かけました。

ほぼ満席状態

 春告魚とも呼ぶニシンは、例年3月上旬ころ小樽市方面の沿岸に群れが現れますが、今年は2月20日でした。「少し早めかな」と思っていましたが、石狩市の石狩湾新港には2月25日に第1陣が入ったそうです。次はいつ来るのかと待ちわびていたところ、第2陣の知らせです。
 天気は晴れ、気温4度と暖かい釣り日和。石狩湾新港西港の長さ150㍍ほどの通称チップヤードと呼ばれる岸壁には、30人ほどの釣り人がいて、ほぼ満席状態です。空きを待っていると間もなく切り上げる人がいてそのあとに入釣しました。
 産卵のためニシンの大群が沿岸に押し寄せることを「群来(くき)」といいます。大量の白子で海面が乳白色に染まります。この日も岸壁沿いに幅10㍍ほどが白濁していました。
 第1投は午前10時半。30~40㍍のチョイ投げで底を引き釣りします。1投目からヒット。慎重に抜き上げますが、海面から岸壁まで約3㍍、さらに転落防止柵が1㍍余あります。30㌢オーバーの大型ニシンが掛かるとサオが半月状態になり、引き上げるのにかなり苦労します。
 左右の人がぽつぽつと釣り上げるので、私はやや焦り気味。間もなく私にも2尾目がヒット。これも大型で、オスらしく白子を垂らしながら上がってきました。

ダブル掛けも

 その後は10~20分002.jpgおきにヒットしていましたが、11時半を過ぎたころ、海面に新たな白濁が始まり、再び群れが来たようです。それからは順調なヒットが続き、ときにはダブル掛けもあり、約1年ぶりに強烈な引きを楽しみました。
 午後1時過ぎに友人がきたので場所を譲り終了しました。釣果は33~40㌢の大型が14尾。見込みより少なめでした。ニシンは産卵行動中のため、オス(白子)メス(数の子)とも腹はほぼ空っぽです。
 今年は例年になく大型ぞろいで釣り人たちは皆ほくほく顔で楽しんでいました。ニシン釣りがひと段落すると、いよいよカレイ釣りが始まり、北国の釣りシーズン到来です。ホッケ、アブラコ(アイナメ)、ソイ、ガヤ(メバル)など北の海のおいしい魚が食卓をにぎわすことになります。
 北海道・空連太
(3月28日付)


◎つり/タイ/山口・岩国沖/タイラバに初挑戦/助けられ71センチブリ

釣り①.JPG 最近、タイはコマセを使うフカセ釣りより、タイラバや一つテンヤの釣りが主流で、女性ファンも増えてきました。このタイラバ釣りを初体験しました。

私以外は熟練

 1月14日、広島の廿日市港から午前7時に出船。乗客は女性1人を含む4人。空と海を染める日の出を見ながら、8時20分、周防大島近くのポイントに到着。私以外はみんな熟練者で、さっそくタイラバを投入しています。
 船長が、小イワシが湧いているというので、私はまずそちらを釣ることに。日本海流の落とし込み仕掛けを試みますが、かかりません。ハリが大きすぎて食いつかないようです。絶望的ですが、粘ります。
 満ち潮に変わって1時間後、トモでタイが釣れたという声。小イワシはあきらめて、私もタイラバに挑戦しました。
 船長から渡されたのは、直径15㍉の丸オモリにスカートとハリがついたもの。こんなものでタイが釣れるのか?と思いつつ、入門第1投。右舷ミヨシの人をまねて釣ります。
 20分後、アタリがきました。サオが大きくしなり込みます。「来たよ」と声を上げると、「そのままゆっくり巻いて」と右舷からアドバイス。しかし、リールが巻けません。巻けても1㍍だけで、糸がでていく―その繰り返しです。80㌢級か青物の感じですが、海面近くでも弱ってくれません。「ドラグはもっと緩めて」「ハリがのされるか、糸切れになるよ」と助けられながら、10分後、タモに入ったのは71㌢のブリでした。
 「ビギナーズラック」「イワシを食べている青物は最高にうまいよ」と船長が言います。

やっと42センチが

 元気が出た私turimap.jpgは、何としても本命のタイをと、巻き上げ速度を高速・中速と繰り返すうちに大きなアタリがきました。ところが10㍍上げたところで、バレてしまいました。それからアタリがないまま、12時になってやっと、42㌢のタイが姿を見せてくれました。
 この日は全体的に不調で、船中、70~40㌢のタイ7尾とブリ1尾。サオ頭は女性の3尾でした。
 ブリは近所にもお分けして、半身を刺し身と塩焼きにしたら、脂が乗って実においしかった。
 初めてのタイラバは、思いのほか体力もいらない、やさしい釣りと感じました。
 広島・望釣士
(2月7日付)

 

 

1


pageup