しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

たび・つり

多彩に旅案内

群馬・伊香保温泉、静岡県三島市と清水町、鹿児島県・加計呂麻島、福島県郡山市 埼玉県松伏町、茨城県大子町、青森県古遠部温泉、神奈川県川崎市

 

好評です毎日掲載の「つりだより」/HPでも紹介

舞鶴湾のハマチ、島根半島のグレ・・・紹介


TOP.jpg

<11月 ツルシのぶらり探訪/神奈川・川崎市/大学構内に戦争遺跡/歴史・平和教育の発信願う(記事を読む)>


     index_3.jpg  11月の旅から紹介です。埼玉県松伏町に起点がある江戸川自転車。ここから自転車で町巡りをしました。茨城県大子町は奥久慈りんごの産地。甘い果汁のりんごをかぶり。アップルパイやりんご風呂も楽しみました。「湯うゆう気分」は青森県の古遠部温泉。床板があふれるほどの湯量がかけ流されごろんと寝ころびました。「ツルシのぶらり探訪」は神奈川県川崎市。明治大学生田キャンパスには加害を伝える戦争遺跡があります。

<11月 ツルシのぶらり探訪/神奈川・川崎市/大学構内に戦争遺跡/歴史・平和教育の発信願う(記事を読む)>

<10月 たび/熊本・阿蘇市/雄大なカルデラ/パラグライダーで飛ぶ絶景(記事を読む)>
 


釣りカット.jpg日刊紙の地方版では火水金土曜日付に各地の釣り情報「つりだより」を掲載しています。読者から寄せられる釣行記は日刊紙の木曜付と毎週の日曜版で紹介しています。12 月は舞鶴湾のハマチ、島根半島のグレなどを予定しています。どの記事も「赤旗」つり欄の〝応援団〟が現場に足を運んで書いたものばかりです。日曜版では楽しいイラスト付きエッセイ連載「森越ハムの全力ゆる釣り日記」(毎月最終週)が大好評です。

<11月 つり/アオリイカ/福井・和田漁港/ヤエン投入は、いつ?/タイミングが大事(記事を読む)>
 

10月 つり/サケ/北海道余別川河口/ニジマスの降海型も/5時間、粘り勝ち(記事を読む)>

 

釣りたよりは「赤旗」日刊紙の地方版に月曜日付をのぞく毎日掲載しています。


◎ツルシのぶらり探訪/神奈川・川崎市/大学構内に戦争遺跡/歴史・平和教育の発信願う

風船爆弾.JPG 神奈川県川崎市の多摩丘陵の高台にある、明治大学生田キャンパス(理工学部・農学部)。その一角に明治大学平和教育登戸研究所資料館があります。
 登戸研究所は防諜・諜報・謀略・宣伝など、秘密戦の兵器や資材研究開発のために旧日本陸軍が設置し、一般には存在が秘密にされていました。最盛期の1944年には、敷地約36㌶、建物100棟、所員1000人。45年に研究所の主機能は長野県伊那地方に疎開し敗戦を迎えました。戦後、明治大学が敷地の約半分を建物ごと取得、51年に生田校舎を開校しました。
 登戸研究所が開発した毒物・薬物・生物兵器や偽札は人道上や国際法上、大きな問題があります。ここで製造された青酸ニトリルは、南京で中国軍捕虜を使って行った人体実験に使用されました。こうした戦争の暗部を直視し後世に語り継ぐため、建物をそのまま保存活用し、2010年3月に開館したのが登戸研究所資料館です。建物そのものが貴重な戦争遺跡です。
 五つの展示室がある資料館、倉庫跡・消火栓・動物慰霊碑などの史跡を見学しました。戦争の加害遺跡が大学構内にある意義を、ガイドをしてくれた資料館職員・椎名真帆さんは、大学の「設立趣旨」からこう紹介します。「同じ科学研究の場が戦争目的のために機能し、尋常な理性と人間性を喪失させてしまったことを強く自戒するためです」
 第2展示室に10分の1模型が展示されている風船爆弾は、気球につった爆弾でアメリカ本土を攻撃するために開発されました。偏西風に乗り9000㌔を飛行し、約9300発が放たれ、361カ所で着弾が確認されています。第4展示室では、中国経済の混乱を企図して製造された偽札を見ることができます。
 登戸研究所の先駆的な調査は80年代、川崎市民による地道な活動から始まりました。長い間口を閉ざしていた元所員たちが、沈黙を破る契機となったのは、高校生たちの調査でした。そうした流れが資料館設置への要望の声となり、「若い世代への歴史教育・平和教育・科学教育の発信地であり、地域住民との連携の場でありたい」という明治大学の英断につながりました。
 学食で安くておいしいランチを食べ、キャンパス裏手にある生田緑地へ。里山の風景の中に美術館や科学館、民家園があり、展望台からは東京都心や多摩川など360度の眺望が楽しめます。戦時中は高射砲陣地が設置された防空緑地でした。
 ツルシカズヒコ

【交通】明治大学平和教育登戸研究所資料館へは、小田急線・生田駅南口から徒歩15分か、同線・向ケ丘遊園駅から小田急バス「明大正門前」行き終点下車。生田緑地・東口へは小田急線・向ケ丘遊園駅南口から徒歩13分
【問い合わせ】明治大学平和教育登戸研究所資料館℡044(934)7993。開館は水曜~土曜の午前10時~午後4時。生田緑地・東口ビジターセンター℡044(933)2300(午前8時30分~午後5時)
(11月28日付)


◎たび/熊本・阿蘇市/雄大なカルデラ/パラグライダーで飛ぶ絶景

map11.jpg 思いがけず、パラグライダーで雄大な阿蘇の空を飛ぶ体験をしました。訪れたのは8月下旬。ぐるりと外輪山に囲まれた阿蘇の大カルデラは、南北25㌔、東西18㌔という広大なもの。カルデラの中に阿蘇市や南阿蘇村などの町や田畑が広がり、JR豊肥線が走り、真ん中で阿蘇山(中岳)が噴煙をあげています。
 その大パノラマを見ようと、外輪山の上を走る「ミルクロード」を通り、前日泊まった黒川温泉の宿の人に「ぜひお勧め」と言われた「大観峰」に向かいました。北側の外輪山の縁にある絶景スポットで、標高936㍍。カルデラ全体と阿蘇山を見渡せます。360度、染みるような緑が広がります。
 リュックにしては大きな荷物を背負った男性に気づいたのは夫。「もしかしてパラグライダー?」と尋ねると、その通りでした。通常は予約が必要ですが、ちょうどその日は「次のお客さんが来るまで少し時間が空いてます。今なら飛べますよ」という話。インストラクターと2人乗りで操縦はお任せなので、まったく初めてでも大丈夫、といいます。
 子どもの頃よく、きれいなお花畑の上を手をひらひらさせて飛ぶ夢を見ました。「夢を現実にする二度とないチャンス」と挑戦を即決しました。
 ヘルメットをかぶり、ハーネスという大きなリュック状のものを背負いベルトで固定。万が一の時のパラシュートかと思いましたが、そうではなく、上空でお尻を乗せる座席の役目をするものです。
 インストラクターが後ろにつき、テイクオフ。翼が風を受けて起き上がる一瞬、後ろに引っ張られ(私はそのときに尻もちをつき、何とか立ち上がり)、崖状に切れ落ちた外輪山の縁に向かって足をバタバタさせて走るうちに浮上。一気に空に舞い上がりました。
 大観峰とカルデラの底との標高差は450㍍。眼下には美しい田園風景、目を上げると阿蘇五岳や遠く九重連山が青く光ります。
 「ハーネスで体はしっかり固定されているから、手を放しても大丈夫」と言われますが、上昇気流をつかんで旋回し、正面から風を受けるので、座席からずり落ちそうでハーネスにしがみついてしまいます。
 飛行時間は約15分。以前、北海道で気球に乗って怖がった夫は「鳥になった気分。もうずっと降りたくなかった」。気球は全く怖くなかった私は「ドローンになった感じ。ちょっと怖かった」。
 貴重な体験の後はカルデラに下り、内牧(うちのまき)温泉で名物・あか牛丼をいただき、阿蘇パノラマラインで阿蘇山に登り草千里の景色を楽しみました。
 岡本杏子

【交通】大観峰へは車が便利。国道212号を阿蘇方面から北上し大観峰駐車場。バスは、阿蘇駅前から小国杖立(つえたて)温泉行き「大観峰入口」下車、徒歩2㌔
【問い合わせ】阿蘇観光協会℡0967(34)1600。阿蘇ネイチャーランド℡0967(32)4196
(10月31日付)


◎つり/アオリイカ/福井・和田漁港/ヤエン投入は、いつ?/タイミングが大事

アオリイカ.JPG アユが終わり、これから私のイカ釣りが始まります。最初はアオリイカから。福井県高浜町の和田漁港で良型が釣れているとの情報を得て、10月下旬に釣行しました。

豆アジを得て

 この漁港で釣りをするのは初めてです。どこでエサのアジが釣れるのか、イカのポイントはどこか―とにかく昼食を済ませ、リサーチ。歩き回ってスミ痕のあるポインを見つけました。
 まずはアジ釣りから。波止の釣り人に聞くとフグとウマヅラが湧いておりアジは釣れないといいます。ダメ元で辛抱のサビキ釣り。外道に悩まされながらも夕方までに5尾の豆アジが釣れました。これをエサにヤエン釣りでイカを狙います。
 太陽が沈んだころ、最初のアタリがきました。なかなかの引きで良型の重みです。胸の鼓動を押さえながらヤエンを投入しますが、20㍍先まで引き寄せたところでライン切れ。残念…。しかし、イカが居る確証を得ました。
 サオ2本にして次を待ちます。暗くなってアタリがきました。今度こそ、とヤエンを投入して寄せると、イカがアジから離れるときにハリにヒット。隣の釣り人が駆け寄り、玉網でアシストしてくれました。今シーズン初のイカは500㌘の良型アオリイカでした。
 エサのアジがなくなり、サビキ釣りに戻ります。我慢強くアミエビをまき、ようやく10尾ほど釣ってイカ釣り再開。間もなくしてイカがヒットしましたが、アジが小さいので、すぐに食べ尽くされ、ヤエンを入れるタイミングがつかめません。
 次からはイカが乗ったらすぐにヤエンを投入し、寄せながらイカをハリに掛ける作戦に。これで2杯目、3杯目をゲット。この間にもアジ釣りを続けます。4杯目を釣ったところで日付が変わり、車で仮眠をとります。

map.jpgウマヅラ30尾

 早朝5時に再開。サビキで釣った15㌢のアジをエサにして投げると、イカのアタリ。ゆっくりアジを食べさせてヤエンを投入し、しっかりハリに掛かりました。
 ここで冷たい雨が降ってきました。7時に釣りをあきらめ、仕掛けを回収していたらイカが乗っている! 最後は、なんとコウイカでした。
 初めての漁港で500㌘サイズ4杯を含め、6杯は満足の釣りです。外道のウマヅラも鍋にするため30尾ほど持ち帰りました。
 京都・一原康男
(11月28日付)


◎つり/サケ/北海道余別川河口/ニジマスの降海型も/5時間、粘り勝ち

サケ.jpg 「会社にいってくる」。これが私の妻へのサケ釣り出発のあいさつです。昨年までは「午後から出勤」でしたが、義母の夕方通院送迎のため、今年は「午前8時30分出勤」になりました。

ヤキモキさせ

 サケ釣りは夜明けから2時間ほどが勝負です。札幌から近い古平川河口海岸は肩が触れるほどの混雑で、殺伐とした雰囲気となります。しかし、私が到着する時間には釣り人も減り、のどかな雰囲気。釣り座の一等地も確保でき、今季は8月末から11回釣行し6回の釣果。打率5割4分5厘で甲子園強豪校4番打者の気分です。
 9月14日は土曜日なので、古平川河口は混雑していると判断し、積丹半島突端の余別川河口海岸に向かいました。しけが多い海岸で、釣りのチャンスは少ないですが、稚魚放流をしていないので「野生のサケ」です。
 午前10時30分、河口海岸到着。60代釣り人は「サケは見えるが、さっぱり釣れない」とぼやきます。20代釣り人は「早朝に1匹釣った人が帰ってからは誰も釣れていません」と言います。
 15㍍と50㍍沖に30尾ほどのサケ群れのモジリ(水面付近で魚体を翻し、波紋や背ビレを見せること)が見えます。私は「こんなチャンスはない。必ず釣れます」と言い、河口からの流れ出しに仕掛けを投入しました。
 しかし、サケは甘くはありません。群れはモジリを繰り返し、釣り人をヤキモキさせますが、仕掛けを完全無視します。アタリが2回ありましたが、ハリ掛かりしません。根気を無くした釣り人が退散していきます。

map10.jpg極意を信じて

 開始から5時間以上過ぎた午後4時10分に初ヒット。小型のサケ? 周りの釣り人が「スチールヘッド(ニジマスの降海型)だ」といいます。ニジマスは一生を川や湖で過ごしますが、中には海に下る個体がいます。とても珍しく、海のルアーマンにさえめったに釣れません。私は20年ぶり、人生2尾目です。
 4時半にアタリ。今度は間違いなく大型サケです。走り回りましたが、何とか引きずり上げました。74㌢でした。10分後にもヒットしましたが、これは大暴れされて外れてしまいました。
 周りから、「おじさん、うまいな」と言われましたが、これは今季序盤の釣行で得た「サケは見えれば必ず釣れる」という極意を信じての辛抱のサケ釣りの釣果です。
 北海道・北海魚新
(10月10日付)


 

1


pageup