しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

テレビ

~1月のテレビラジオ面~

☆市川森一脚本賞財団がシンポ

☆本紙コラム執筆者が語りあう(上) いま、テレビは

☆本紙コラム執筆者が語りあう(下) いま、テレビは

☆命大切にする世の中目指し歌い続けたい

tvp.jpg


□濃やかな気遣い 人に愛された人 三田佳子さんが回顧(1日付)

 脚本家の市川森一さんの名を冠する「市川森一脚本賞財団」は、立ち上げから10年を迎えました。このほどシンポジウム「テレビドラマの巨人たち~人間を描き続けた脚本家 市川森一が愛した『ふるさと・長崎 夢物語』」が市川さんの郷里・長崎で開催されました。登壇者の一人で、俳優の三田佳子さんが、市川森一さんへの思いや、俳優の仕事について語りました。(紙面を見る

□石井彰さん(放送作家)谷岡理香さん(メディア総合研究所長)(12日付)

 「しんぶん赤旗」テレビラジオの「月曜特集」は、今月から「木曜特集」としてカラーでお届けします。その第1弾として、月曜特集でおなじみのコラム執筆者、放送作家の石井彰さんとメディア総合研究所所長の谷岡理香さんに最近のテレビについて、ざっくばらんに語っていただきました。(紙面を見る

□石井さん、谷岡さん「軍拡増税」ジェンダー問題(19日付)

 前回(12日付)の続き。テレビが「軍拡増税」についてなぜ激論しないのか、森喜朗(東京五輪・パラリンピック組織委員会会長=当時)の発言により、意識を変えたジェンダー問題などテレビの役割への期待が語られました。(紙面を見る

□全曲エスペラントのCDを発表 シンガー・ソングライター野田淳子さん(26日付)

 社会に目を向け、50年を超えて歌い続けているシンガー・ソングライターの野田淳子さん。先ごろ、2枚のCDを相次いで出しました。これまで歌ってきた曲の中から厳選した数々を集めたもの、そして全曲をエスペラントで歌ったもの。多彩なCDとなっています。(紙面を見る

◆山下リオさん、中村梅雀さんが登場「休憩室」

山下リオさん(19日付)テレビ大阪制作「わたしの夫は―あの娘の恋人―」(テレビ大阪=土、深0・0)で、主人公・笹野香織を熱演中です。「事実は小説よりも奇なりというのが今回の作品。毎回毎回、予想のつかない展開です。ドキドキハラハラ楽しんで」と語りました。

中村梅雀さん(26日付)そんな企画ありなの?と驚きのドラマの主演です。今野敏2原作を合体させた東京系「機捜235×強行犯係樋口顕」(金、後8・0)で、指名手配犯800人の顔を記憶する機動捜査隊の縞長省一役。平岡祐太演じる高丸卓也とのコンビの単発ドラマ3作が好評を博し、満を持しての連続ドラマ化です。そこに内藤剛志主演の人気シリーズ「樋口顕」が共闘します。記者会見で「『機捜235』の連続ドラマ化と聞いてびっくりしました。地味なドラマなので。強行犯とコラボと聞いて、なるほどね、十分ありえるね」と、にこにこ頬を緩めます。

◆好評・「試写室」 新ドラマを紹介

 ジャーナリストや作家、ライター、詩人ら多彩な執筆陣が、新作ドラマやドキュメンタリーなどの話題作を取り上げ、見どころを伝えます。みなさんは今夜、どの番組を選びますか? 

◆コラム「レーダー」「ちょっといわせて」も

 放送と政治の関係、番組の内容などについて鋭く指摘します。

●石子順の「映画の窓」

 毎週金曜日付に掲載。評論家・石子順さんが、1週間分の映画(地上波、NHKBSプレミアム)を厳選して紹介します。

♪♪♪毎週月曜日付は「ゲツトク」が木曜日付、「モクトク」になりました。最終面でカラーです♪♪♪

 毎週月曜、1面を使った特集面、通称「ゲツトク(月特)」が新年1月から木曜日に移動します。最新のテレビ・芸能情報から、話題の人へのインタビュー「思いのままに」「ラジオとともに」など内容も多彩。一流執筆陣による評論「波動」は放送界の「いま」を深く切り取ります。演出の巨匠・鶴橋康夫さんのコラム「ドラマの種」(随時掲載)が好評です。

 ◆「波動」執筆陣(50音順)◆

 碓井広義(メディア文化評論家)、河野慎二(ジャーナリスト)、桜宮淳一(在阪テレビ局報道記者)、隅井孝雄(ジャーナリスト)、利元克巳(広島マスコミ9条の会)、桧山珠美(フリーライター)

【反響続々! 月イチ連載に注目を】

◇石井彰の「テレビ考現学」(第1木曜日付「テレビラジオ特集面」で掲載)
 放送作家・石井彰さんによる辛口コラム。その名も「テレビ考現学」。放送業界では、いま一体何が起きているのか...。〝ご意見番〟的に語り尽くします。

◇やきそばかおるの「ラジオの歩き方」(第2木曜日付)
 国内すべてのラジオ局を網羅する異色のライター・やきそばかおるさんが、各地で愛される注目番組をセレクトします。これを読めば、あなたもきっと〝ラジオの達人〟に!

◇谷岡理香の「話して書いて考えて」(第3木曜日付)
 ジェンダーとメディアが専門の谷岡理香さん。アナウンサーとして放送の現場で仕事をしてきた女性の視点から、マス・メディアのこれからを考えます。

◇「おすすめ民放BSシネマ」&「イマイのこれ観よっ」(第4木曜日付)
「テレビラジオ」欄で、民放BS各局で放送予定の映画を選りすぐって毎月紹介してきましたが、「モクトク」に移動します。NHK朝ドラの脚本など数々の作品を手掛けた〝映画通〟今井雅子さんが、作り手目線でその月に観るべき作品を熱く語る「イマイのこれ観よっ」もあわせて、どうぞ!

♪♪♪読者・視聴者の「声」で紙面をつくります♪♪♪

◇あなたも投稿してみませんか~「みんなのアンテナ」
「あのドラマは感動した!」「ちょっとこの番組はヘンじゃない」...。テレビ・ラジオ番組の感想を募集しています。また、放送問題への意見も大歓迎です。

「みんなのアンテナ」は200字程度の原稿にまとめ、①住所②氏名(紙上匿名可)③年齢④電話番号を記入のうえ、以下のあて先・アドレスに送付してください。掲載の場合は薄謝を進呈します。

【はがき・手紙の場合】
〒151-8675  東京都渋谷区代々木郵便局私書箱62号

FAXの場合
 03(3350)5298

 【Eメールの場合
 hensyukoe@jcp.or.jp
※いずれの場合も「みんなのアンテナ係」と明記してください。

1


pageup