電話相談

「あなたの相談相手」をモットーに37年
悩み事に専門家が答えます
お気軽にお電話ください

image
 

 ●「赤旗電話相談」は、7つの分野で相談を受け付けています。「法律」、「年金・社会保険」、「税金」、「子ども・教育」、「障害児教育」、「「医療福祉」、「マンション・住宅」のテーマごとに専門家がお話をうかがいます。

電話マーク1223.jpgIMG.jpg ●赤旗日刊紙の「くらしの相談室」、日曜版の「赤旗相談」欄で、相談内容を紹介しています。「丁寧な回答がわかりやすい」「いつも記事を切り抜いて活用している」など、読者からの感想がたくさん寄せられています。電話で受けた相談以外にも幅広く、読者のみなさんに役立つ情報を掲載しています。

 ●東日本大震災、東京電力福島第1原発事故、その他の大規模災害などで被災された方が利用できる各種制度については、法律、税金、年金・社会保険などの相談でお受けしています。

 ●夏休みが終わり、お子さんやお孫さんの生活で心配なことがありましたら、「子ども・教育」「障害児教育」(次回相談日は11月3日)にお電話をどうぞ。匿名でもけっこうです。安心してお話しください。乳幼児の健康・発達についての相談は、はがきで受け付けています。小児科医師が紙面でお答えします。

 ●9月の日程をお知らせします。変更もありますので、詳しくは「しんぶん赤旗」日刊紙と日曜版をご覧ください。

<9月の相談日程>

 5日(火)●年金・社会保険

 社会保険労務士/長谷川陽子さん

 6日(水)●法律

 弁護士/横山  聡さん

 13日(水)●法律

 弁護士/鳥海  準さん

 15日(金)●税金

 税理士/松田 周平さん

 16日(土)●医療福祉

 元医療ソーシャルワーカー/原  玲子さん

 19日(火)●法律

 弁護士/村﨑  修さん

 20日(水)●マンション・住宅

 弁護士/三村 伸之さん

 1級建築士/三浦 史郎さん

 22日(金)●子ども・教育

 元小学校教員/小川 修一さん

 26日(火)●年金・社会保険

 年金問題研究家/大川 英夫さん

 27日(水)●法律

 弁護士/泉澤  章さん

月の日刊紙と日曜版には、次のような相談の記事を掲載しました

<法律>亡き父に借金ある弟、相続分はどうなるの?

<法律>親子3人の生活費を別居の夫に出してほしい

<年金・社会保険>免除手続きしたのに「保険料払え」と文書が

<障害児教育>アスペルガーの中2孫娘、暴言暴力で家族困った

<法律>義母の遺産が分からない、どのように調べるの?

<法律>認知症になった時に備え、娘に財産管理を任せたい

<税金>大学生の息子への仕送り、贈与税の対象になるのか

<法律>息子2人で次男とは不仲、長男だけに財産残したい

<医療福祉>1歳児と認知症の義母の、育児と介護で倒れそう…
 


電話相談  とくとく情報④ 法律相談編

「法律って難しい」「裁判員に選ばれたら、どうしよう...」。そんな声をよく耳にします。赤旗電話相談では「法律だって分かりやすく」をモットーに、皆さんからのご質問に弁護士がお答えしています。
  しかし、回線は1本。そのため、法律相談は電話が殺到し、かかりづらくなっています。係では、お急ぎの方はimage(0570-078374)を紹介しています。法的なあらゆる悩みに答える公的機関です。無料相談も行い、全国に相談窓口を設けていますので、ぜひご活用ください。

困り事・悩んでいること...お電話ください。お答えするのは、その道の専門家。弁護士、社会保険労務士、税理士、教育関係者、小児科医師、一級建築士やマンション管理士、介護支援専門員・元医療ソーシャルワーカー、性と生アドバイザーなど50数人の専門家の皆さんです。相談項目は法律、年金・社会保険、税金、子ども・教育、赤ちゃん・子どもの健康、非行、障害児教育、性と生、マンション・住宅、医療福祉の各分野です。どんなご質問にも親身になって答えます。

◎くらしの相談室/障害児教育/アスペルガーの中2孫娘、暴言暴力で家族困った

回答者/障害児教育研究者 小林綾さん

 中2の孫娘です。アスペルガー症候群と診断されました。今は家庭内での暴言や暴力が絶えなくて、家族みんなが参っています。(A子)
 ◇   ◇
 小林 詳しく様子をお聞かせください。
 ――昨年は登校しようとすると下痢になって不登校が続きました。今は介助員がついて別室登校です。アスペルガーについて自分でもネットで調べているようです。
 小林 どんな暴力を振るうのですか。
 ――暴言は特に母親に対してひどいのですが、直接手を出すことはしません。泣きわめいたり物に当たったり1時間くらい大暴れすると落ち着き、「すみませんでした」と言ったりします。
 小林 本人は相手にけがをさせないように手加減していますね。
 勉強はいかがですか。
 ――成績は優秀で障害などはまったく考えられませんでした。私たちの育て方が悪かったのでしょうか。
 小林 アスペルガー症候群の典型的な事例といえます。育て方が悪いのではありません。
 特徴はコミュニケーションが苦手で人間関係がうまくいかないことです。特にお孫さんは感覚過敏も激しく、体調はかなり悪いのだと思います。「自分は何者だろう」と自分探しに悪戦苦闘をしていて苦しんでいるのです。
 暴力が収まったら「おいしいものでも食べようか」と誘うなどして、安心できる場で悩みなど話せるようにしてあげるとよいと思います。
 ――これからどうしたらよいでしょう。
 小林 アスペルガーの人にとって、思春期は身も心も苦しい時期です。本人の混乱に動揺せずに、家族は気長に付き合って、穏やかに暮らせるようにしてあげてください。
 勉強は自分でできると思いますので、学校に無理に行かなくてもよいとしましょう。もし、援助が必要な時は発達障害の子の塾などを探してみてください。
(8月23日付)

1

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック
見本紙 購読 ページの上にもどる
日本共産党 (c)日本共産党中央委員会 ご利用にあたって