電話相談

「あなたの相談相手」をモットーに37年
悩み事に専門家が答えます
お気軽にお電話ください

image
 

 ●「赤旗電話相談」は、9つの分野で相談を受け付けています。「法律」、「年金・社会保険」、「税金」、「子ども・教育」、「障害児教育」、「非行」、「医療福祉」、「性と生」、「マンション・住宅」のテーマごとに専門家がお話をうかがいます。

電話マーク1223.jpgIMG.jpg ●赤旗日刊紙の「くらしの相談室」、日曜版の「赤旗相談」欄で、相談内容を紹介しています。「丁寧な回答がわかりやすい」「いつも記事を切り抜いて活用している」など、読者からの感想が多数寄せられています。電話で受けた相談以外にも幅広く、読者のみなさんに役立つ情報を掲載しています。

 ●東日本大震災、福島第1原発事故、大規模地震や火災などで被災された方が利用できる各種制度については、法律、税金、年金・社会保険などの相談でお受けしています。

 ●お子さんの入園、入学、進学の季節です。新しい環境に慣れるまで、子どもたちも緊張が続きますね。お子さんやお孫さんに関して心配やお困りのことがありましたら、「子ども・教育」「障害児教育」「非行」「性と生」にお電話をどうぞ。匿名でもけっこうです。安心してお話しください。乳幼児の健康・発達についての相談は、はがきで受け付けています。小児科医師が紙面でお答えします。

 ●4月の日程をお知らせいたします。変更もありますので、詳しくは「しんぶん赤旗」日刊紙と日曜版をご覧ください。

<4月の相談日程>

 4日(火)●年金・社会保険

 社会保険労務士/猪野 保正さん

 5日(水)●法律

 弁護士/鳥海  準さん

 7日(金)●障害児教育

 障害児教育研究者/小林  綾さん

 11日(火)●子ども・教育

 元小学校教員/小川 修一さん

 12日(水)●法律

 弁護士/鈴木  剛さん

 14日(金)●税金

 税理士/松田 周平さん

 15日(土)●医療福祉

 元医療ソーシャルワーカー/原  玲子さん

 18日(火)●法律

 弁護士/平井 哲史さん

 19日(水)●マンション・住宅

 弁護士/萩尾 健太さん

 マンション管理士/千代崎一夫さん

 21日(金)●非行

 非行問題研究家/門脇ほのかさん

 22日(土)●性と生

 大東学園講師/丸山 慶喜さん

 25日(火)●年金・社会保険

 特定社会保険労務士/新山 晴美さん

 26日(水)●法律

 弁護士/大久保佐和子さん

 

●3月の日刊紙と日曜版には、次のような相談の記事を掲載しました

<法律>貸家の家賃が入らない、立ち退いてもらうには

<年金・社会保険>子どもが亡くなったとき親に遺族年金は出る?


<年金・社会保険>納付期間10年に短縮で障害年金は減らされるか

<マンション・住宅>借地権を譲渡したいが地主が承諾してくれない

<年金・社会保険>定年後も役場で働く私、年金一元化でどうなる?

<障害児教育>小5の娘が不登校にイライラして家族に当たる

<法律>賃貸しするマンション、借り手に出てほしいが

<年金・社会保険>50代の夫が危篤に、遺族年金はどうなるか

<年金・社会保険>バイト中に負傷した息子、職場は労災保険に未加入

<税金>家賃保証付きのアパート、相続税対策と勧められた

<年金・社会保険>学生時代の保険料未納分、今からでも払う方が得か

マンション・住宅>直結給水方式への変更でどんな特徴がありますか

<障害児教育>3年生からは1人で通学、どんなことから始めれば

<子ども・教育>不登校になった中1の孫、家にこもる生活続き心配

<法律>認知症で施設にいる妻に娘が無断で後見人つけた

<性と生>「なんで結婚しないの?」セクハラと思い不愉快に

<医療福祉>1人暮らしで家事が困難、「要支援」だとサービスは
 


電話相談  とくとく情報④ 法律相談編

「法律って難しい」「裁判員に選ばれたら、どうしよう...」。そんな声をよく耳にします。赤旗電話相談では「法律だって分かりやすく」をモットーに、皆さんからのご質問に弁護士がお答えしています。
  しかし、回線は1本。そのため、法律相談は電話が殺到し、かかりづらくなっています。係では、お急ぎの方はimage(0570-078374)を紹介しています。法的なあらゆる悩みに答える公的機関です。無料相談も行い、全国に相談窓口を設けていますので、ぜひご活用ください。

困り事・悩んでいること...お電話ください。お答えするのは、その道の専門家。弁護士、社会保険労務士、税理士、教育関係者、小児科医師、一級建築士やマンション管理士、介護支援専門員・元医療ソーシャルワーカー、性と生アドバイザーなど50数人の専門家の皆さんです。相談項目は法律、年金・社会保険、税金、子ども・教育、赤ちゃん・子どもの健康、非行、障害児教育、性と生、マンション・住宅、医療福祉の各分野です。どんなご質問にも親身になって答えます。

◎くらしの相談室
年金社会保険/子どもが亡くなったとき親に遺族年金は出る?

回答者/社会保険労務士 曽我浩さん

 近所の方の相談です。会社員の30代の息子さんと2人で暮らすお母さんですが、その息子さんが心疾患で急死しました。遺族年金は親や配偶者が亡くなったときに支給されますが、子どもが亡くなった場合はどうなのでしょうか。(T子)
 ◇ ◇
 曽我 その方はおいくつですか。
 ――59歳です。
 曽我 そうすると、息子さんは厚生年金に加入していて、在職中の死亡なので遺族厚生年金が支給されます。
 子どもが先に亡くなるのは大変つらいですね。子どもの死亡で、親にも遺族厚生年金が支給されることがあまり知られていないのは残念です。
 ――親が遺族厚生年金を受けられる条件はありますか。
 曽我 亡くなった子どもと生計維持関係があり、死亡当時、親が55歳以上であることが条件です。ただし実際に支給されるのは60歳からです。
 死亡原因が心疾患だとすると、過労死の可能性もありますね。労災申請はしていないのですか。
 ――ソフト関係のエンジニアでいつも遅くまで働いていたようです。労災申請は会社が嫌がってしてくれないそうです。
 曽我 会社の協力が得られず労災申請書に会社の証明印がない場合でも、労働基準監督署は申請を受けつけてくれます。業務上の事由による死亡と認められると、労災保険から「遺族補償年金」が支給されます。
 ただ労働時間の証明が難しいので、労災問題に詳しい弁護士や社会保険労務士に相談した方がいいと思います。
 ――遺族厚生年金が支給された上、労災保険からも遺族年金が出るのですか。「一人一年金」ではないのですか。
 曽我 これも誤解が多く請求もれが多いのですが、両方から支給されます。
 遺族補償年金は、死亡当時、生計を維持されていた遺族で、父母の場合は55歳以上であることが要件です。ただ遺族厚生年金と遺族補償年金が併給されるとき、遺族補償年金は本来受給できる額の84%に減額されます。
(3月4日付)


税金/家賃保証付きのアパート、相続税対策と勧められた

回答者/税理士 吉元伸さん

 Q 私たちは高齢の夫婦です。将来の介護に備えて家の建て替えを計画中です。建設会社に相談したところ、敷地内にアパートを併設する住宅を勧められました。相続対策にもなるともいわれたのですが。
  ◇   ◇
 A 具体的にどんなお話だったのですか。
  その建設会社が全室を一括で借り上げてくれ、家賃保証をするというのです。入居者の心配はいらず、毎月決まった現金収入が入ってくるので魅力的な提案ではないかと思っています。
 A 家主から借り上げたアパートを、不動産業者が入居者に貸し出す形態をサブリース契約と呼びます。不動産投資で一番のリスクは、入居者が集まらず空室が増えてしまうことです。一括借り上げであればその心配はなく、最近こうした契約は増えてきています。
 Q でも、会社側にはメリットがないように感じるのですが。
  いいえ、メリットは大いにあります。
 まずアパートの建築を請け負って、会社の思い通りに建てさせることで売り上げを確保できるからです。家主の方は家賃保証額に関心が移っていますから、アパートの構造や強度などは建設会社の提案を受け入れやすいのです。
 また家主から借り上げたアパートを入居者に貸し出す場合、会社は入居者から受け取った家賃を100%家主に払うわけではありません。将来の空室率も見込んだ手数料を控除しますから、入居率が高く維持されれば不動産会社は差額でもうかることになります。
 Q でも安心して不動産投資ができるのなら、私たちのような素人としては、家賃保証はよい仕組みではないかと思うのですが。
  確かに正常に機能すればいいのですが、問題点は二つあります。
 一つは家賃保証額の引き下げです。家主側は契約内容について正確に把握していないことがあり、不動産会社からの突然の引き下げ要求でトラブルになるケースが多発しています。
 もう一つは、保証してくれる会社がつぶれてしまえば元も子もなくなるということです。税金の心配だけでなく、安易に不動産投資の話に乗って資産を減らすことがないように注意が必要だと思います。
(3月5日付)

 

1

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック
見本紙 購読 ページの上にもどる
日本共産党 (c)日本共産党中央委員会 ご利用にあたって