電話相談

「あなたの相談相手」をモットーに37年
悩み事に専門家が答えます
お気軽にお電話ください

image
 

 ●「赤旗電話相談」は、9つの分野で相談を受け付けています。「法律」、「年金・社会保険」、「税金」、「子ども・教育」、「障害児教育」、「非行」、「医療福祉」、「性と生」、「マンション・住宅」のテーマごとに専門家がお話をうかがいます。
 

電話マーク1223.jpgIMG.jpg ●赤旗日刊紙の「くらしの相談室」、日曜版の「赤旗相談」欄で、相談内容を紹介しています。「丁寧な回答がわかりやすい」「いつも記事を切り抜いて活用している」など、読者からの感想が多数寄せられています。電話で受けた相談以外にも幅広く、読者のみなさんに役立つ情報を掲載しています。

 ●確定申告の時期です。手続きで分からないこと、ちょっと確認したいことは「税金」相談におかけください。ベテランの税理士が親切にお答えします。

 ●東日本大震災、福島第1原発事故、大規模地震や火災などで被災された方が利用できる各種制度については、法律、税金、年金・社会保険などの相談でお受けしています。

 ●お子さんやお孫さんに関しての心配、困っていることは、「子ども・教育」「障害児教育」「非行」「性と生」にお電話をどうぞ。匿名でもけっこうです。乳幼児の健康・発達についての相談は、はがきで受け付けています。小児科医師が紙面でお答えします。

 ●3月の日程をお知らせいたします。変更もありますので、詳しくは「しんぶん赤旗」日刊紙と日曜版をご覧ください。
 

<3月の相談日程>

 1日(水)●法律

 弁護士/並木 陽介さん

 3日(金)●税金

 税理士/吉元  伸さん

 7日(火)●年金・社会保険

 社会保険労務士/長谷川陽子さん

 8日(水)●法律

 弁護士/村﨑  修さん

 10日(金)●子ども・教育

 元高校教諭/佐藤  忍さん

 14日(火)●法律

 弁護士/笹本  潤さん

 15日(水)●マンション・住宅

 弁護士/三村 伸之さん

 1級建築士/渡辺 政利さん

 17日(金)●障害児教育

 元特別支援学級担任/中野健太郎さん

 18日(土)●医療福祉

 元医療ソーシャルワーカー/原  玲子さん

 22日(水)●法律

 弁護士/大山 勇一さん

 24日(金)●非行

 非行問題研究家/門脇ほのかさん

 25日(土)●性と生

 元高校教諭/牧野 羊子さん

 28日(火)●年金・社会保険

 年金問題研究家/大川 英夫さん

 29日(水)●法律

 弁護士/横山  聡さん

 

月の日刊紙と日曜版には、次のような相談の記事を掲載しました

<法律>離婚で姓はどうなる?今のまま変えない方法は

<法律>亡父の遺言執行者が財産を明らかにしない

<税金>2500万円まで非課税、相続時精算課税制度とは

<法律>隣の建物の給湯器から熱風が出て車に被害は?

<年金・社会保険>年金額が少ないのでは? どうやって調べるの

<マンション・住宅>法人が管理組合の理事に、規約では問題ないか

<法律>経営する会社の解散、どんな手続きが必要なの

<税金>相続税を申告した後に、亡父の預金が見つかった

<子ども・教育>いじめうけ不登校の息子、ダラダラ過ごし気になる

<税金>年金収入400万円以下だが住民税の申告必要なの?

<マンション・住宅>住まいは木造の一戸建て、火災に対する注意点は?

<医療福祉>70代で1人暮らしの友人、視力障害で食事も難しい

<性と生>友人の娘が性暴力被害に、相談され答えに迷います

<年金>今年から加入10年で支給、17年掛けた私はどうなる

<非行>母子家庭で息子は高校生、完全無視され対応に悩む

<法律>庭木の剪定業者に頼んだ、大事な植木を切られ怒り
 


電話相談  とくとく情報④ 法律相談編

「法律って難しい」「裁判員に選ばれたら、どうしよう...」。そんな声をよく耳にします。赤旗電話相談では「法律だって分かりやすく」をモットーに、皆さんからのご質問に弁護士がお答えしています。
  しかし、回線は1本。そのため、法律相談は電話が殺到し、かかりづらくなっています。係では、お急ぎの方はimage(0570-078374)を紹介しています。法的なあらゆる悩みに答える公的機関です。無料相談も行い、全国に相談窓口を設けていますので、ぜひご活用ください。

困り事・悩んでいること...お電話ください。お答えするのは、その道の専門家。弁護士、社会保険労務士、税理士、教育関係者、小児科医師、一級建築士やマンション管理士、介護支援専門員・元医療ソーシャルワーカー、性と生アドバイザーなど50数人の専門家の皆さんです。相談項目は法律、年金・社会保険、税金、子ども・教育、赤ちゃん・子どもの健康、非行、障害児教育、性と生、マンション・住宅、医療福祉の各分野です。どんなご質問にも親身になって答えます。

 

◎くらしの相談室/法律/離婚で姓はどうなる?今のまま変えない方法は

回答者/弁護士  原和良さん

 私たちは30代の夫婦で今、離婚の話が進んでいます。私は結婚のときに夫の姓に変えました。子どもが2人いて離婚後も今の姓を使い続けたいのですが、どうすればいいでしょうか。(K子)
            ◇   ◇
  離婚しても今の氏を名乗ることは法律上、可能です。
 民法には「婚姻によって氏を改めた妻は協議上の離婚によって婚姻前の氏に復する」と定めています(767条1項)。つまり離婚にあたり原則としては婚姻前の氏に戻ります。
 しかし「婚姻前の氏に復した妻は、離婚の日から3カ月以内に戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、離婚の際に称していた氏を称することができる」となっています(同条2項)。離婚の手続きで現在の氏を名乗りたいという届け出をすれば大丈夫です。
 この届け出は役所にしますが、離婚の届け出と同時にできます。
 ――もし3カ月を過ぎてしまった場合はどうなりますか?
  離婚後、3カ月をすぎても現在の氏を名乗れなくなるわけではありません。その場合は「氏の変更許可の申し立て」を家庭裁判所に行います(戸籍法107条1項)。変更が認められるには、氏を変更しないと社会生活上困難が生じるなどのやむを得ない事情が必要です。
 ――子どもは6歳と4歳で私が親権者になります。子どもの氏も変更しませんが手続きは必要ですか。
 原 あなたが婚姻中の氏を名乗る手続きをすれば、子どもの氏と同じになります。
 ただし、子どもは夫の戸籍に入っているままですから、あなたを戸籍筆頭者とする新しい戸籍を作り(戸籍法19条3項)、子どもを移すには手続きがいります。
 あなたと子どもは同じ氏ですが、法律的には別々の氏と見なされるため、家裁に子どもの氏の変更許可を申し立てることが必要です。その変更許可を受けた上で、入籍届を役所に出します。子どもが15歳未満であるときは親権者が申し立ての手続きを行います。
(2月1日付)

1

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック
見本紙 購読 ページの上にもどる
日本共産党 (c)日本共産党中央委員会 ご利用にあたって