電話相談

「あなたの相談相手」をモットーに37年
悩み事に専門家が答えます
お気軽にお電話ください

image
 

 ●「赤旗電話相談」は、9つの分野で相談を受け付けています。「法律」、「年金・社会保険」、「税金」、「子ども・教育」、「障害児教育」、「非行」、「医療福祉」、「性と生」、「マンション・住宅」のテーマごとに専門家がお話をうかがいます。

電話マーク1223.jpgIMG.jpg ●赤旗日刊紙の「くらしの相談室」、日曜版の「赤旗相談」欄で、相談内容を紹介しています。「丁寧な回答がわかりやすい」「いつも記事を切り抜いて活用している」など、読者からの感想がたくさん寄せられています。電話で受けた相談以外にも幅広く、読者のみなさんに役立つ情報を掲載しています。

 ●東日本大震災、福島第1原発事故、大規模地震や火災などで被災された方が利用できる各種制度については、法律、税金、年金・社会保険などの相談でお受けしています。

 ●お子さんやお孫さんの心配やお困りごとがありましたら、「こども・教育」「障害児教育」「非行」「性と生」にお電話をどうぞ。匿名でもけっこうです。安心してお話しください。乳幼児の健康・発達についての相談は、はがきで受け付けています。小児科医師が紙面でお答えします。

 ●6月の日程をお知らせします。変更もありますので、詳しくは「しんぶん赤旗」日刊紙と日曜版をご覧ください。

<6月の相談日程>

 7日(水)●法律

 弁護士/大山 勇一さん

 9日(金)●年金・社会保険

 社会保険労務士/長谷川陽子さん

 13日(火)●障害児教育

 障害児教育研究者/小林  綾さん

 14日(水)●法律

 弁護士/横山  聡さん

 17日(土)●医療福祉

 元医療ソーシャルワーカー/原  玲子さん

 20日(火)●子ども・教育

 東京総合教育センター所長/児玉 洋介さん

 21日(水)●マンション・住宅

 弁護士/佐藤  生さん

 マンション管理士/千代崎一夫さん

 23日(金)●税金

 税理士/田中 大介さん

 24日(土)●性と生

 大東学園講師/丸山 慶喜さん

 27日(火)●年金・社会保険

 年金問題研究家/大川 英夫さん

 28日(水)●法律

 弁護士/鳥海  準さん

 30日(金)●非行

 非行問題研究家/門脇ほのかさん

 

月の日刊紙と日曜版には、次のような相談の記事を掲載しました

<法律>安い家賃で入居の募集が、私も値下げ交渉したい

<マンション・住宅>無断で猫を飼う居住者、話し合いにも応じない

<法律>妹が交通事故にあった、治療や損害賠償どうなる

<税金>会社を解散したい、清算の法人税務どうする

<マンション・住宅>上階から原因不明の漏水、新品のテレビがこわれた

<法律>弟がアパート家賃を滞納、連帯保証人の私が払う?

<年金・社会保険>60歳から任意加入した私、10年納めると受給権は…

<法律>息子が勤める会社が倒産、賃金立て替え制度とは

<法律>建物の老朽化を理由に立ち退きを求められた

<年金・社会保険>年金受給資格期間が短縮、8年分でももらえるのか

<法律>DV受け別居した娘夫婦、裁判での離婚に何年必要

<マンション・住宅>マンション工事で家傾く、補償されるが内容に不満

<障害児教育>自閉症の息子のパニック、担任にどんな対応頼むか

<子ども教育>1年登校してない中2孫、いつまで待てばいいのか

<年金・社会保険>3級の障害年金を受給中、老齢年金を受け取ると?

<医療福祉>外出が難しくなった友人、介護タクシーは使えるの

<性と生>メークが好きな高2男子、父親の無理解どうすれば
 


電話相談  とくとく情報④ 法律相談編

「法律って難しい」「裁判員に選ばれたら、どうしよう...」。そんな声をよく耳にします。赤旗電話相談では「法律だって分かりやすく」をモットーに、皆さんからのご質問に弁護士がお答えしています。
  しかし、回線は1本。そのため、法律相談は電話が殺到し、かかりづらくなっています。係では、お急ぎの方はimage(0570-078374)を紹介しています。法的なあらゆる悩みに答える公的機関です。無料相談も行い、全国に相談窓口を設けていますので、ぜひご活用ください。

困り事・悩んでいること...お電話ください。お答えするのは、その道の専門家。弁護士、社会保険労務士、税理士、教育関係者、小児科医師、一級建築士やマンション管理士、介護支援専門員・元医療ソーシャルワーカー、性と生アドバイザーなど50数人の専門家の皆さんです。相談項目は法律、年金・社会保険、税金、子ども・教育、赤ちゃん・子どもの健康、非行、障害児教育、性と生、マンション・住宅、医療福祉の各分野です。どんなご質問にも親身になって答えます。


◎くらしの相談室/マンション住宅/無断で猫を飼う居住者、話し合いにも応じない

回答者/弁護士 萩尾健太さん

 私はマンション管理組合の理事です。ある区分所有者が長年、無断で十数匹も猫を飼っています。その住戸の近くではひどい悪臭がして、猫が他のフロアにもふん尿をします。どうしたらよいでしょうか。(M生)
        ◇   ◇
 萩尾 飼育をやめるように話はしましたか。
 ――これまで何度も管理組合として文書で申し入れてきましたが、その方は話し合いに応じません。管理費も払ってくれず困っています。
 萩尾 本来であれば、組合員同士の話し合いで解決するのが望ましいのです。でも話し合いに応じないまま長年経過しているなら、法的措置を検討する必要があります。
 管理組合に法人格がない場合、管理組合の総会で、理事長を裁判の原告とする決議をします。管理費だけなら140万円未満の場合は簡易裁判所に、それ以上の場合は地方裁判所に、支払いを求めて提訴できます。
 ――管理費以外の問題でも、区分所有者の共同の利益に反する行為として、裁判を起こすことはできますか。
 萩尾 できます。区分所有者の共同生活上の障害が著しく、その迷惑行為の停止を求める請求をするだけでは、共同生活の維持を図ることが困難であるときには、区分所有者に対して専有部分の使用停止を求める裁判を起こすことができます。(区分所有法58条)
 さらに強い手段としてその住戸の所有権と敷地利用権の競売を求めて裁判を起こすことも可能です。(同59条)
 どちらも、総会で4分の3以上の賛成が得られることが条件です。ただしあらかじめ、その区分所有者に対し、弁明の機会を与えなければなりません。その旨の書面を出してください。
 裁判では証拠がないと勝てません。猫のふん尿については写真を撮り、ほかの住人の陳述書を用意しましょう。臭気は臭気判定士に調査してもらえます。事前にそうした証拠をそろえ、弁護士に相談してください。
(5月6日付)

1

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック
見本紙 購読 ページの上にもどる
日本共産党 (c)日本共産党中央委員会 ご利用にあたって