電話相談

「あなたの相談相手」をモットーに37年
悩み事に専門家が答えます
お気軽にお電話ください

image
 

 ●「赤旗電話相談」は、9つの分野で相談を受け付けています。「法律」、「年金・社会保険」、「税金」、「子ども・教育」、「障害児教育」、「非行」、「医療福祉」、「性と生」、「マンション・住宅」のテーマごとに専門家がお話をうかがいます。
 

電話マーク1223.jpgIMG.jpg ●赤旗日刊紙の「くらしの相談室」、日曜版の「赤旗相談」欄で、相談内容を紹介しています。「丁寧な回答がわかりやすい」「いつも記事を切り抜いて活用している」など、読者からの感想が多数寄せられています。電話で受けた相談以外にも幅広く、読者のみなさんに役立つ情報を掲載しています。

 ●確定申告の時期です。手続きで分からないこと、ちょっと確認したいことは「税金」相談におかけください。ベテランの税理士が親切にお答えします。

 ●東日本大震災、福島第1原発事故、大規模地震や火災などで被災された方が利用できる各種制度については、法律、税金、年金・社会保険などの相談でお受けしています。

 ●お子さんやお孫さんに関しての心配、困っていることは、「子ども・教育」「障害児教育」「非行」「性と生」にお電話をどうぞ。匿名でもけっこうです。乳幼児の健康・発達についての相談は、はがきで受け付けています。小児科医師が紙面でお答えします。

 ●2月の日程をお知らせいたします。変更もありますので、詳しくは「しんぶん赤旗」日刊紙と日曜版をご覧ください。
 

<2月の相談日程>

 1日(水)●法律

 弁護士/大久保佐和子さん

 4日(土)●年金

 年金問題研究家/小川 健一さん

 7日(火)●税金

 税理士/松田 周平さん

 8日(水)●法律

 弁護士/平井 哲史さん

 10日(金)●子ども・教育

 元養護教諭/千葉 まりさん

 14日(火)●法律

 弁護士/原  和良さん

 15日(水)●マンション・住宅

 弁護士/横松 昌典さん

 マンション管理士/千代崎一夫さん

 17日(金)●税金

 税理士/清水 和雄さん

 18日(土)●医療福祉

 元医療ソーシャルワーカー/原  玲子さん

 21日(火)●非行

 非行問題研究家/門脇ほのかさん

 22日(水)●法律

 弁護士/泉澤  章さん

 24日(金)●障害児教育

 障害児教育研究者/小林  綾さん

 25日(土)●性と生

 大東学園講師/丸山 慶喜さん

 28日(火)●年金・社会保険

 社会保険労務士/曽我  浩さん

 

月の日刊紙と日曜版には、次のような相談の記事を掲載しました

<障害児教育>紙パンツ使っていた小1、排便指導どう進めたら?

<法律>亡くなった夫の借金、遺族が返す義務あるか

<子ども・教育>地域のサッカーチームで選手決めに不満もつ親

<マンション・住宅>シロアリ駆除の契約、書面もなく取り消したい

<法律>10年も住んでいる借家、大家から更新拒否された

<年金・社会保険>遺族厚生年金を受ける私、65歳になると変更点は

<法律>生活保護費の返還、応じなければならない?

<マンション・住宅>管理組合の業務が変更に、親睦行事できなくなる?

<障害児教育>不登校になった中1の娘、昼夜逆転パソコンばかり

<性と生>女性へ差別意識を持つ夫、衝突多く夫婦継続に疑問

<税金>父の後妻の遺産受けとる、特別縁故者の相続税は?

<年金・社会保険>カナダ留学した娘の年金、保険料の手続きが必要か

<法律>職場で上司から嫌がらせ、仕事も与えらえず不安に
 


電話相談  とくとく情報④ 法律相談編

「法律って難しい」「裁判員に選ばれたら、どうしよう...」。そんな声をよく耳にします。赤旗電話相談では「法律だって分かりやすく」をモットーに、皆さんからのご質問に弁護士がお答えしています。
  しかし、回線は1本。そのため、法律相談は電話が殺到し、かかりづらくなっています。係では、お急ぎの方はimage(0570-078374)を紹介しています。法的なあらゆる悩みに答える公的機関です。無料相談も行い、全国に相談窓口を設けていますので、ぜひご活用ください。

困り事・悩んでいること...お電話ください。お答えするのは、その道の専門家。弁護士、社会保険労務士、税理士、教育関係者、小児科医師、一級建築士やマンション管理士、介護支援専門員・元医療ソーシャルワーカー、性と生アドバイザーなど50数人の専門家の皆さんです。相談項目は法律、年金・社会保険、税金、子ども・教育、赤ちゃん・子どもの健康、非行、障害児教育、性と生、マンション・住宅、医療福祉の各分野です。どんなご質問にも親身になって答えます。

 

◎くらしの相談室/子ども教育/地域のサッカーチームで選手決めに不満もつ親

回答者/元高校教諭 佐藤忍さん

 小5の息子が所属している地域のサッカーチームでは、監督の子どもやその家族と関係のある子どもだけがいつもレギュラーで試合に出ます。息子や他の子はなかなか出してくれません。私たち保護者は不満なのですが。(T子)
 ◇ ◇
 佐藤 日頃の様子を詳しく教えてください。
 ――毎週日曜日の練習には喜んで参加しています。内気なところはありますが他の子と比べても実力の差はないと思います。月2回の練習試合で後半に交代で出場するくらいで、最初から出たことは一度もありません。
 佐藤 同じような問題を抱えているチームの話をよく聞きます。息子さんはどんなふうに言っていますか?
 ――後半に出られた日は大喜びで「もっとうまくなってレギュラーになる」と言っていました。監督の子どものA君については「お父さんに教えてもらえていいな」とも言っています。一生懸命練習しているので平等に出してほしいのですが。
 佐藤 スポーツでは、競技の上達も目的の一つですが、競技を通して生き方などを学ぶことができます。息子さんはサッカーを通じていろいろなことを学んでいるような気がします。
 ――確かにそうですね。練習の日は自分から起きて支度ができるようになりました。試合でも友だちがシュートすると自分のことのように喜び、大きな声で応援できるようになりました。
 佐藤 それは成長の一つですね。大いに褒めてください。小学生のうちはそのスポーツの楽しさを知ることが大事です。監督やコーチに息子さんの足りないところを教えてもらい、前向きに取り組ませることができるといいですね。上手になりたいという気持ちを励ましていくことも大事です。
 選手決めでは同じ不満を持っている保護者と一緒に、基準をオープンにしてほしいと掛け合ってみるという方法もありますね。
(1月14日付)

1

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック
見本紙 購読 ページの上にもどる
日本共産党 (c)日本共産党中央委員会 ご利用にあたって