しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

「赤旗」多彩な魅力

           (2018年9月20日~28日)

目次

いま「赤旗」がおもしろい

今年3月に本紙が報じた「米の核削減日本が反対」「『沖縄に核』日本容認」の両記事が、 「朝日」の森友文書改ざん報道などとともに、今年度のJCJ(日本ジャーナリスト会議)賞を受賞しました。 日曜版のスクープでヤマト運輸が引っ越し代金を過大請求していたことを認めるなど、 いま「赤旗」が注目を集めています。その読みどころは―

目次

情勢激動 いま魅力増す「赤旗」

 裁量労働制拡大の削除につづく、森友公文書改ざん事件で、安倍内閣は土台から揺さぶられています。この情勢の大激動のもと、その最前線を国民の立場から報じているのが「赤旗」です。いま魅力を増す「赤旗」の役割をお伝えします。

(1) 森友疑惑・裁量労働制/安倍政権追い詰める論戦
北朝鮮問題・核兵器廃絶/焦点の問題で展望示す

(2018年3月20日)

(2) 「核なき世界」日本政府の妨害/米側の内部文書で暴く
被災者に寄り添い7年/原発ゼロへの展望示す

(2018年3月21日)

(3) 情報収集能力がすごい」…/仮想通貨追跡、話題呼ぶ
森友」「働き方」追及/野党共闘・市民と共に

(2018年3月22日)

(4) 生活保護削減中止を/実態伝え運動の源泉に
平昌五輪・パラリンピック/共感広げたフェア報道

(2018年3月24日)

(5) 小説から未来社会論を考えて/多彩な知的関心に応え
まっとう・豊かな暮らし方へ/丁寧な助言喜ばれる

(2018年3月25日)

(6)安倍9条改憲の危険いち早く警告/発信力ある多彩な発言
「オール沖縄」市民・野党の共同、災害…/地方政治の動きわかりやすく

(2018年3月27日)

(7)〝政府に妥協しない唯一の例外〟/韓国全国紙の特集記事
(2018年3月28日)

「赤旗」は総選挙をどう報じたか

真のジャーナリズムを遂行 激動を検証し、真相に迫る(2017.12.14)

赤旗ナイト

「生放送!とことん共産党」の番組内の「赤旗ナイト」コーナーをまとめました。


pageup