橋下・「維新の会」の虚像と実像

橋下「維新八策」 どんな国めざす?

強権独裁政治を全国に 「維新」よりも「復古の会」

2012年9月7日(金)

 橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」は、民主党・自民党に失望した国民の“期待”を集めますが、それに応える中身をもっているのでしょうか。8月末に最終案として発表した「維新八策」を中心に、その実態をみてみます。記事を読む


橋下「維新」逆流の正体

08-20120824.jpg

写真

写真

写真

2012年6月から8月に5部にわたって連載しました。

第1部 市民攻撃に立ち向かう

  1. "絆"壊し「我慢ならん」
  2. 高齢者の楽しみまで...
  3. 「学童守れ」34万人署名
  4. 赤バスなくさんといて
  5. 「銭湯廃業」与党も異議
  6. 「文楽守れ」文化人が声
  7. 生活破壊と対決する党

第2部 教育破壊「日本一」

  1. 競争強いる政治介入
  2. 学力危機、本当の背景
  3. "寝耳に水"の条例案
  4. 校長権限強化に固執
  5. 保護者の声を発信

第3部 府市統合本部の狙い

  1. 府施設廃止を市長指図
  2. 議会無視で"鶴の一声"
  3. 虎の威借りる「四天王」
  4. 浄水場売却で喜ぶのは
  5. 黒字の地下鉄を財界に
  6. 市民による監視と運動を

第4部 独裁の手法―公務員攻撃

  1. 懲戒免職で批判封じ
  2. 「思想調査」が出発点
  3. "厳罰"修正に動くが
  4. 「行き過ぎ」承知の上
  5. 「労使対等」全く欠落
  6. 被害は市民や子どもに

第5部 国政への野望

  1. 「決める政治」を礼賛
  2. 巧みなマスコミ操作術
  3. 「靖国史観」を大阪から
  4. 財界いいなり型は不変
  5. 米政府の顔色うかがう
  6. 「ベイビーズ」の品性
  7. 「嘘は政治家の始まり」
  8. 強権的な政治を許すな


なにが見える 橋下「維新八策」 メディア持ち上げるが

国政進出をねらう橋下・「大阪維新の会」の人権と民主主義を窒息させる危険な流れの正体は――。「しんぶん赤旗」日刊紙4月8日付、4月24日付、5月10日付の特集と、同日曜版4月29日・5月6日合併号特集を紹介します。

橋本市長による「思想調査」に抗議する集会参加者=3月18日、大阪市役所前
橋本徹市長による「思想調査」に抗議する集会参加者
=3月18日、大阪市役所前

パンフレットになりました

橋下・「維新の会」の虚像と実像
「維新八策」と大阪での実態から見えてくるもの
 「しんぶん赤旗」日刊紙の特集記事をもとに、その後の事態の進展を踏まえて加筆。政治と社会への深い閉塞感のもと、巨大メディアの無批判な持ち上げでつくられた虚像を事実でもって打ち破る。
日本共産党中央委員会出版局発行 A5判パンフレット定価150円(税込)送料80円
購入は、最寄りの党事務所か出版局まで

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック
見本紙 購読 ページの上にもどる
日本共産党 (c)日本共産党中央委員会 ご利用にあたって