このページの音声ブラウザ用簡易ページはここをクリック

日本共産党

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ENGLISH PAGE

赤旗

新型コロナウイルス 国の責任で抜本対策を

自粛要請で苦境の事業者・個人に直接支援を
志位委員長が緊急提案 3月26日

 日本共産党の志位和夫委員長は3月26日、国会内で記者会見を行い、「自粛要請で苦境に陥っている事業者・個人に、『感染防止対策』として抜本的直接支援を」と題する緊急提案を発表しました。(記者会見➡


新型コロナ対策 Q&A

健康・暮らし・子ども どう守る

 新型コロナウイルス感染拡大が大問題になっています。感染拡大を防ぎ、命と健康をどう守るか、暮らしと営業、子どもと教育をどう守るか―Q&Aで考えます。

 

新型コロナウイルスQ&A どうなる どうする新型コロナウイルス対策

国民生活の緊急防衛、家計・中小企業への強力な支援を
志位委員長が緊急経済提言 3月12日

 日本共産党は、政府が次の二つの基本姿勢に立って大胆な経済政策をとることを、強く求める。

 1、新型コロナの影響から緊急に国民生活を防衛するあらゆる手だてをとる。

 2、外需依存がいよいよできなくなるもと、内需・家計・中小企業支援に力を集中する。


(1)新型コロナの影響から緊急に国民生活を防衛する
(2)内需・家計・中小企業支援に力を集中する
(3)「予備費の枠内」でなく、来年度予算の抜本修正によって財源を確保する

新型コロナ対策 国民の不安にこたえ、対案示す
参院予算委 小池書記局長の質問 3月3日

「赤旗」記事➡

「全国一律休校要請」による子ども・国民の混乱と被害に対する責任ある対応と補償を求める
――3月17日、政府への申し入れ

切実な声、お困りごと お寄せください

 日本共産党の新型コロナウイルス対策本部では、国民の苦難を少しでも減らそうと、とりくみを強めています。
 科学的根拠をもち、生活に寄りそった対策を、国や自治体に反映させるため、メールで件名に【新型コロナ対策本部へ】とつけて、病院や学校、職場であがっている切実な声をお寄せください。

 新型コロナウイルスでの具体的なお困りごとは、お住まいのお近くの共産党事務所までお電話ください。
 全国300か所以上に事務所(地区委員会)があり、地方議員と党の職員が様々な生活相談に乗っています。

新型コロナウイルス 雇用Q&A

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、子どもを持つ人が仕事を休まざるをえなくなったり、会社の臨時休業による自宅待機や、さらには解雇されたりするケースも出ています。こうした場合にどうすればいいか、国や企業に求められる措置をみてみると―。


  • 自宅待機 賃金は?  最低でも6割以上に
  • 学校休校 賃金は?  助成を申請させよう
  • 公務員や公務職場 非常勤職員は?  有給の特別休暇付与
  • 体調不良 休むと?  会社の指示なら有給
  • 経営不振 解雇に!?  安易な乱用 無効です

「赤旗」関連記事


さらに記事を見る➡