JOIN US

2022/04/04

サポーター交流会を毎月開催。ボランティア情報も発信 @神奈川

神奈川県では、昨年の総選挙後の11月から『JCPサポーター神奈川』の交流会を毎月開催してきました。総選挙直後の11月は「アフター総選挙」と題し、小選挙区3区で候補者としてたたかった木佐木ただまささんを迎えて交流しました。12月は小選挙区9区の候補者だった斉藤のどかさんから、生後9か月の赤ちゃんを抱えながらの選挙の経験を聞き、共産党本部でひらかれた「JCPサポーターのつどい」参加者からの報告も受けるなど多彩な回となりました。1月は県議団の井坂しんや団長を迎え、コロナ禍で明らかになった神奈川県政の問題点など、県議団のとりくみについて詳しく話をしてもらいました。共通して、なんでも質問してもらい、交流するという双方向の企画にしています。

交流はオンライン(ZOOM)で開催してきました。働く人や家事をしている人も参加しやすい19時半からのスタートです。この取り組みを経て、交流会に参加してくれた方が早朝の横浜駅の宣伝に参加してくれたり、さらに友人を誘って、新たに参加・協力の輪が広がっています。

日本共産党神奈川県委員会は、昨年の総選挙で「日本共産党神奈川サポートセンター」のホームページもたちあげ、街頭宣伝やポスティング、電話かけボランティアにも参加してもらえるように情報発信をおこなってきました。総選挙ではたくさんの方がホームページを見て宣伝に駆けつけたり、ポスティングボランティアに応募してくれたことが、大きな励ましとなりました。神奈川県委員会は、サポーターや支持者の皆さんの一生懸命の頑張りに応え、「総選挙の結果でガッカリさせたままでは申し訳がたたない。早くモヤモヤを解消して、参議院選挙に向けて力を合わせたい」という思いから、サポーター交流に積極的にとりくみ、「サポートセンター」ホームページでの宣伝やボランティアの情報発信にも一層力を入れています。

日本共産党神奈川サポートセンター ホームページ

2022/04/04

2022/03/14

各地でも「Meet-up」広がる。駅頭対話を毎週継続@愛知

愛知県では、総選挙後も毎週木曜日を基本に名古屋駅前で街頭宣伝を続けています。宣伝には、総選挙中にサポーター事務所で連日活躍していた方や宣伝でつながった方などが継続して参加しています。
 ある日の宣伝では、シールアンケートに自分から寄ってきた大学生と深い対話になりました。ジェンダーや憲法9条、気候危機打開などに関心を寄せ、「総選挙のときは自分で決めて共産党に入れた」と話し、デモや宣伝にも興味があると話していました。2月6日投票だった豊橋市の県議補欠選挙にむけても、1月末に「Meet-up共産党」として街頭宣伝を行いました。
aichibunchu.jpg

また、地域ごとにサポーターを立ち上げる準備もはじめています。尾北地区では、TwitterとLINEアカウントを開設。3月19日に行われる後援会のつどい「すやま初美さんを国会へ」の呼びかけとともに、終了後にJCPサポーター@あいち尾北のつどいを開催する予定です。
 参院選に向けては、県のサポーター公式LINE登録1万人を目指すこと、早くから事務所を設置していくことを検討しています。

2022/03/14

2022/02/28

Meet-up‼2月26日、全国遊説スタート街宣。 JCPサポーターも全力応援!

夏の参議院選挙に向けた日本共産党の全国遊説がスタートし、その皮切りとして2月26日に新宿街宣が行われました。日本共産党の志位和夫委員長、山添拓・吉良よし子両参議院議員が参加するこの新宿街宣をJCPサポーターも全力応援しました。宣伝では、ロシアのウクライナ侵略に抗議し、反戦を呼びかけるウクライナカラーの「NO WAR」プラカードも用意してアピール。さらに、サポーターの皆さんがボランティアに駆けつけてくれ、「Meet‐up一言カード」で、街ゆく人から共産党に伝えたいことや聞きたいことを集め、志位委員長に答えてもらう、街頭トークをおこないました。

 はじめに、志位委員長が経済や外交の政策とともに、日本共産党への疑問に答える「はてな」リーフの内容を紹介。その後、参加者から、「武力攻撃にどう対応するか」「戦争反対とともに、ジェンダーや暮らしの問題も切実。共産党の政策を教えてほしい」「時間外労働の規制や外国人参政権をどう考える?」「消費税について」などの質問が出され、志位さんが一つ一つ答えました。
1646022860073.jpg
 最後に、飛び入りの若者が、「富めるものが富み、貧困で苦しむ人が広がる政治に怒っている。でも怒り疲れてしまうこともある。草の根でできることは?」と質問。志位さんは、「怒りを持つ若い世代がつながり、グループを作り、草の根の運動を広げよう」と呼びかけました。

【宣伝の動画はこちら】

この他にも、生理の貧困や障害者雇用など切実な質問も寄せられました。時間が足りず、街宣の中ではすべてに答えられませんでしたが、今後JCPサポーターのYouTube番組などで、共産党議員のみなさんに聞く機会をつくっていきたいと考えています。

2022/02/28
私たちにできること/JCPサポーターは次のような活動に協力します。協力の範囲や頻度は、それぞれの事情や主体性を尊重します。
  • ドネーション(寄付)

寄付をする