JOIN US

2021/10/25

ボランティア体験 Twitter投稿あいつぐ
(JCPサポーター事務局)

いま、Twitterには、選挙ボランティアに参加してみた体験記が続々とつぶやかれています。
 JCPサポーターは、前回2017年の総選挙のあと、「共産党を応援したいけど敷居が高すぎる!」という市民の声から生まれました。
 今回、全国各地で選挙ボランティアが広がっていることに、JCPサポーター事務局としても、勇気をもらっています! みなさんも、ぜひ気軽に、「私のアクション」を投稿してみてください。

Scshot_01.jpg

Scshot_02.jpg

Scshot_03.jpg

Scshot_04.jpg

Scshot_05.jpg

Scshot_06.jpg

Scshot_07.jpg

Scshot_08.jpg

Scshot_09.jpg

Scshot_10.jpg

Scshot_11.jpg

 

2021/10/25

2021/10/24

電話1本からの政治参加
岩手県盛岡市・Kさん(20代・学生)

社会的な活動に参加して見聞を広めたいと思い、衆院選に興味を持っていました。
 ある日、日本共産党がビラ配りボランティアを募集していることを知りました。盛岡地区に電話をかけると、受話器の向こうからは「ぜひ来てほしい」との声が。翌日、事務所にお邪魔しました。
 私は自身の来歴を話しただけでしたが、どこの骨かもわからない私を快く受け入れてくれることに驚きでした。初対面時から、党員との壁を感じなかったことに新鮮味を感じました。
 ボランティア内容を相談した結果、選挙カーに乗って区内をまわることになりました。もちろん選挙カーに乗るのは初めての経験。車内からのアナウンスにも挑戦しました。日中の選挙活動が終わった後は、反省会。立候補者や党員の方は、ボランティアである私の意見もしっかり聞いてくれた。そしてその意見を、後日の演説に生かしていただきました。

iwate.jpg

最近、「若者の投票率が他の年代に比べて低い」というニュースをよく目にします。学校で民主主義を学ぶ機会がないなど、原因はさまざまです。でも行動しなければ、国民の多数が政治を「自分ごと」として考える社会は実現されない。区内で「若者」として活動する私の姿を一人でも多くの人に見てもらい、政治参加の輪を広げていきたいです。

2021/10/24

2021/10/23

子育てしながらの候補者活動、サポートしたい
神奈川・のどかサポーターズ

神奈川9区の日本共産党候補・斉藤のどかさんが公示日にあげた動画が、9万回再生と話題となっています。

生後9か月の子どもを育てながらの立候補。「無理をしてでも典型的な候補者活動をしようともしました。でも体を張るという雰囲気を変えたい。だから早朝から駅前に立つのはやめます」――小さいお子さんがいる人でも、親の介護をしている人でも、障がい者の人でも、政治を目指したいと思ったら誰でも目指せるように、そういう民主主義の社会にしたいという動画です。ジェンダー平等、多様性を候補者として体現している斉藤のどかさんの思いに賛同する声が多く寄せられています。

nodoka1.jpg

代わりに毎朝ツイッターで1分間の動画投稿を行っています。通勤、通学の電車の中で見てもらえるように。サポーターズとしてそれを後押しするため、ツイッターのフォロワーを増やすキャンペーンを始めました。神奈川9区の他の候補者のフォロワー数をサポーターズで共有しつつ、SNSの投稿に力を入れています。キャンペーンを始めてから5日で約530人のフォロワーが増えました。

証紙貼りボランティアをバナーに日程を付けてツイッターに投稿したところ、7万枚のチラシの証紙貼りが3日で完了。サポーターズと市民のボランティアによって神奈川9区で選挙に立ってくれた斉藤のどかさんを応援したいとがんばっています。

2021/10/23

寄付をする