JOIN US

2018/12/08

楽しく身につき、選挙で役立つ「SNS超活用術!」講座を開催
千葉

12月2日、「JCPサポーター千葉」がよびかけた「SNS超活用術!スキルアップイベント」が、千葉県船橋市で開催されました。この間、千葉ではサポーター向けメルマガやツイッターを活用し、意見や要望を募りながら、統一地方選挙や参議院選挙にむけて日本共産党とサポーター・市民のつながりを強め、一人ひとりが共産党応援のためにできることを交流しようと話しあってきました。今回の講座もその中で開催したイベントです。

 午前10時、会場はすでに20人近い参加者でほぼいっぱいに。半数近くの人がSNS初挑戦です。サポーターの他に、日本共産党の市会議員や統一地方選の予定候補の方も、スキルアップをめざして参加しています。
 最初にアンケートで「SNS利用で相談したいこと、困っていること」を聞き、出された要望にそってグループに分かれての「相談会」です。「周りでは誰も使っている人がいないので、まず自分が覚えて教えたい」「どうしたらもっと発信内容を見てもらえるか」「お手軽にホームページを作るには」などの声に、講師だけでなく、参加者どうしでもアドバイスしあって進みました。
 SNSを使ったことがない人は、ツイッターアカウントを作って、「SNS講座、人がたくさんいてビックリ!」など初めての発信。すでに使っている人には、「ツイートには自分の気持ちをちょっとでも入れた方が反応がいい」「地元の地名や議員さんの名前など、検索されやすいワードを入れましょう」とアドバイスを受けてプロフィールを更新、自撮りの練習などを実践しました。

千葉講座01.jpg
 午後からはさらに人が増え、日本共産党参院千葉選挙区の予定候補、浅野ふみ子さんも参加。全体で30人以上が参加し、盛況となりました。
 午後はツイッターのさらに一歩進んだ活用で、選挙をサポートしようという「ツイッター講座」。会場のモニターに講師のスマートフォンを映した画面を見ながら、ツイッターの基本機能や効果的な使い方が紹介されました。「宣伝に参加したときに、撮った写真をリアルタイムで発信するだけでも効果は大きい」「写真を使った簡単な広告(バナー)をつくると伝わりやすい」などのレクチャーに沿って、その場で写真を撮ってツイートしたり、広告を作って見せながら、みんなで一つ一つ活用の仕方を習得していきました。
千葉講座03.jpg
 参加者は、「初挑戦だけど、こういう講座も楽しい」「(色々な機能があって)使わないと忘れてしまいそう。家でも練習しなきゃ」「各地で出張講座をやってほしい」など好評でした。
 JCPサポーター千葉では、サポーターから寄せられている要望にもとづいて、のびのびと選挙活動ができるための「公職選挙法や県政についての学習」「若者の希望を聞く会」「党本部見学ツアー」などのアイデアから、今後のプランをつくり、実現していく予定です。

2018/12/08

2018/11/09

サポーターと共産党が一緒に走り、踊り、歌い、食べ、語りあった!
JCPサポーターまつりに五千人

「JCPサポーターまつり」には、サポーターの皆さん、市民の皆さんなど5000人の方々に参加していただきました。サポーター、市民、共産党が一緒につくる“まつり”として大きく成功しました。ご協力いただいた皆さんに心からお礼申し上げます。

「走れ小池」、「What‘s JCP――志位さんに聞いてみよう」、盆踊り、ライブ、おいC芋煮会、各ブースのトーク企画など、志位さんや小池さんをはじめ、国会議員や地方議員の方々と市民が一緒に走り、踊り、歌い、食べ、語りあいました。 02小池Run.jpg
03whatsJCP.JPG
04盆踊り.jpg
05ジンタら.jpg
06おいC.JPG
07トーク吉良.JPG
08トーク山添.jpg
 たくさんのサポーター、市民の皆さんが、各都道府県・地域のサポーターブースでのワークショップやフリーマーケットに多彩な出展をしていただきました。フラッグ広告や募金にもたくさんの方々にご協力いただきました。「JCPサポーターまつり」で築くことができたサポーター、市民同士の“つながり”、日本共産党とサポーター、市民の皆さんとの“つながり”は何よりの“財産”です。
09櫓設営.jpg
10志位写真.jpg
11IKEBA.JPG
12東京TOYOさん.jpg
13フリマ.jpg
 これからも、〝「ちょっと」を集めて政治を変える〟〝共産党と市民が双方向で意見をかわし、力をあわせる〟というJCPサポーターならではの取り組みをすすめていきたいと思います。来年の参議院選挙・統一地方選で、市民と野党の共闘と、日本共産党の躍進で、安倍自公政権とその補完勢力を少数派に追い込むために、できることからはじめましょう。14ピアノ演奏.JPG

2018/11/09

2018/09/20

新しい出会いを大切に――「まつり」を通して活動も元気に
東京・練馬区

東京・練馬区では、「練馬まんなか世代後援会」と「原純子サポーターズ」のメンバーが定期的に集まり、学習会やフィールドワーク、交流企画や宣伝などをおこなっています。「JCPサポーターまつり」に東京からいろいろな地域が合同でブース出店を計画していることを聞き、「練馬からも参加しよう」と、9月16日にミーティングを開きました。
 憲法の条項の数字をかたどった「憲法クッキー」、フィールドワークで行った大島名産の明日葉茶を使ったパウンドケーキや酵素ジュース、さんぴん茶などを出したり、「これまでつながりのなかった人との出会いを大切にしたい」「初めて参加した人や、たまたまふらりと来た人とも知りあえる時間を設けよう」と、弁護士を講師にしたミニ憲法講座などの交流企画やワークショップの案が次々と出されました。
 今回のまつりで具体化できない企画案についても、「サポーターまつりで新しくつながった人も一緒に、地域でやっていければいいね」と盛りあがりました。

2018/09/20
私たちにできること/JCPサポーターは次のような活動に協力します。協力の範囲や頻度は、それぞれの事情や主体性を尊重します。

寄付をする