JOIN US

2019/04/16

統一地方選アクション⑦
JCPサポーターからの連絡に大喜び
千葉・船橋

昨年の「JCPサポーターまつり」のあと、JCPサポーター千葉のよびかけで、「SNS超活用術!スキルアップイベント」などを開催し、共産党とサポーターが連携を強めてきた千葉県。選挙本番に入って、SNSの発信や選挙ボランティアにサポーターがますます力を発揮しています。
 13日には、JCPサポーターのユウジさんから共産党千葉県委員会に電話し、「JCPサポーターに登録しているんですが、選挙手伝いますよ」と話すと、共産党の方も大喜び。Sさんが暮らす船橋市は、定数50に共産党から現職4人・新人4人の8人が立候補し、全員当選をめざす大激戦区で、さっそく一つの選対に入って、街宣や支持拡大に参加することになりました。
 連絡してみれば、きっと共産党の事務所の方々は喜んでくれます。半日でも2~3時間でも何かアクションを起こしてみましょう!

2019/04/16

2019/04/15

統一地方選アクション⑥
候補の魅力 動画でPR
東京・杉並

東京都杉並区のJCP杉並サポーターズは、共産党の区議候補7人の動画を作ってアップ。普段の演説では深くきけない「入党のきっかけ」や「趣味」などを候補が語り、人となりがよく分かるものにしました。
 JCP杉並サポーターズでは、街頭で党議員の質問動画などを流すパブリックビューイング方式の宣伝に取り組んでいたため、「こういう宣伝で流せる共産党候補の動画もあったらいいね」という話から、今回の動画企画が立ち上がりました。
 実際とりかかってみると撮影時間が合わなかったり、編集に予想以上に時間がかかったり大変でしたが、何とか告示日の目前、動画公開にこぎつけました。パブリックビューイング宣伝には間に合いませんでしたが、SNSで広げていくことにしています。
 撮影、文字起こし、動画編集をメンバーで手分けして取り組みました。動画編集を担当したIさんは、「これまで自分は動画編集は遊びでやったことしかなく、テロップの色や字の大きさなどを決めるのにもひと苦労。寝る時間を削っちゃいました」と笑います。「まだこの取り組みはトライ&エラーの途中」とIさん。「共産党と候補者の魅力を広げる回路をさらに持ちたいという思いで始めました。この取り組みをステップに、今後の選挙にもつなげていきたい」。

2019/04/15

2019/04/08

統一地方選アクション⑤
活動地域マップをバナーで発信
東京・板橋区

統一地方選の後半戦、市区町村議選でもサポーターが多彩なアクションを広げています。
 東京・板橋区では、9人の区議や予定候補の活動地域がひとめで分かる活動地域マップを作り、バナーにしてTwitterで発信しています。
作成したのは、子育て世代・働く世代のメンバーでつくる「日本共産党板橋まんなか世代後援会」。「ビラにも活動地域は載っているけど、文字でズラズラと住所が書かれていてパッと見て分からない。やっぱり地図だと分かりやすいね」と好評です。

 マップを作成したSさんは、「JCPサポーター制度ができたことで、党員でも後援会員でもない、さらに外の人が、SNS上でゆるく共産党を応援してくれる動きが板橋でも出ています。ネットだけでなく直接会う機会も作って、新しい人たちと一緒に力をあわせる選挙にしていけたらいいなと思います」と語っています。

2019/04/08
私たちにできること/JCPサポーターは次のような活動に協力します。協力の範囲や頻度は、それぞれの事情や主体性を尊重します。

寄付をする