このページの音声ブラウザ用簡易ページはここをクリック

日本共産党

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ENGLISH PAGE

赤旗

月刊学習 2020年4月号

船橋社会科学ゼミナール(Cゼミ)

第1回 ジェンダー平等社会の実現を
綱領一部改定について
幹部会委員長 志位和夫
船橋社会科学ゼミナール(Cゼミ)

続・党大会決定を全党のものに

資本主義体制の「生き残り」の資格を問う気候変動問題
原発・気候変動・エネルギー問題対策委員 佐藤 洋
日本社会の現在とこれからを担う世代での党勢の倍加を
組織局次長 吉岡正史
手記 全党員読了と具体化であらゆる活動の土台づくりを
全ての支部員が大会決定を学んで成長できる支部へ
北海道 札幌西・手稲地区 八軒中央支部 東 一枝
住民の願いにこたえる活動の基本をしめす大会決定
大阪 枚方・交野地区 御殿山支部 棚尾 修
みんなで読んで話し合う学習会を支部活動に生かして
長崎 中部地区 職場支部 平戸健一郎

新連載 講座 改定綱領を学ぶ―― 一大学習運動のために

第1回 改定内容の全容を知ろう
学習・教育局次長 長久理嗣
学習・教育局次長 長久理嗣
紹介 志位委員長の民青講演パンフレット
『21世紀の世界をどうとらえ、どうたたかうか』
改定綱領を学ぶ絶好のガイド
出版局長 田代忠利
出版局長 田代忠利
新版『資本論』の学習
「社会変革の主人公だと目覚めさせられた」
――青年・学生の感想から
青年・学生委員会/社会科学研究所幹事 坂本茂男
青年・学生委員会/社会科学研究所幹事 坂本茂男

若い世代のなかでの学習と活動 

青年・学生が「主権者」として成長することを大切にして
高知県委員会 青年・学生部長 浜川百合子

党創立の原点をたどる 創立100周年にむけて

九州党組織の再建に全力を傾けた西田信春

発掘 あの時、あの写真 

国民の声が政治を変える力(1969年)
月刊学習 2020年4月号「発掘 あの時、あの写真」

データで見る日本

国立感染症研究所など国家公務員の削減

科学トピックス 

「刺す水」の正体が判明
間宮利夫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

月刊学習2020年4月号 表紙

月刊学習

2020年4月号 No.715
定価387円(送料79円)

「日本共産党って、どんな党?」「マルクスを読んでみたいけど?」そんな疑問や要望にわかりやすくこたえます。日本共産党や、科学的社会主義を、楽しく学べる雑誌です。

お願い2019年10月号以前の雑誌バックナンバーの定価と送料は、消費税増税前の表示となっています。購入にあたっては、消費税増税分を加えた新しい金額とさせていただきます。