このページの音声ブラウザ用簡易ページはここをクリック

日本共産党

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ENGLISH PAGE

赤旗

月刊学習 2020年7月号

新型コロナ問題は何を問いかけるか

新自由主義の破綻と国際的な連帯・協力の流れ
国際委員会 事務局次長 小林俊哉
コロナ禍のもとでこそ
「『赤旗』中心の党活動」を貫き前進へ
北海道委員会 機関紙活動部長 川部竜二
楽しい、面白い――私の独習
鹿児島 米重 均/広島 森 政美/東京 鈴木賢一/埼玉 藤中陽美/福島 大滝史郎

新連載多様性の尊重と科学的社会主義

第1回 異なる価値観へのリスペクト
出版局長 田代忠利
写真・田代忠利

新連載改定綱領の基本用語の解説 第1章

「改定綱領学習講座」で引用された
「自然の弁証法」について
本誌編集長 酒井雅敏
連載 講座 改定綱領を学ぶ――一大学習運動のために
第4回 未来社会をイメージ豊かに語ろう
学習・教育局次長 長久理嗣
学習・教育局次長 長久理嗣

青年・学生の手記 私と日本共産党

悩みの根底には政治の二つの矛盾があった
熊本県 杜の都

『月刊学習』私たちの活用と普及

コロナ危機のなか、「学ぶ気風」広げる〝独習の友〟
鳥取県委員会 学習・教育部長 福住英行

党創立の原点をたどる 創立100周年にむけて

文化運動の存続・発展を

発掘 あの時、あの写真

夜を徹しての騒音・震動調査(1974年)
発掘 あの時、あの写真

データで見る日本

医師不足の背景に医療弱体化政策

科学トピックス

時計の概念を越える超精密な「光格子時計」
中村秀生
政治関連略年表(2019年12月~2020年5月)
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

月刊学習2020年7月号 表紙

月刊学習

2020年7月号 No.718
定価387円(送料79円)

「日本共産党って、どんな党?」「マルクスを読んでみたいけど?」そんな疑問や要望にわかりやすくこたえます。日本共産党や、科学的社会主義を、楽しく学べる雑誌です。

お願い2019年10月号以前の雑誌バックナンバーの定価と送料は、消費税増税前の表示となっています。購入にあたっては、消費税増税分を加えた新しい金額とさせていただきます。