このページの音声ブラウザ用簡易ページはここをクリック

日本共産党

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ENGLISH PAGE

赤旗

月刊学習 2018年6月号

座談会「集い」を、党活動全体を発展させる推進軸に

市田忠義 副委員長
梅村さえこ 参院比例予定候補
大平喜信 前衆議院議員
座談会 市田忠義副委員長 梅村さえこ参院比例予定候補 大平喜信前衆議院議員

シリーズ
「しんぶん赤旗」創刊90年 紙面づくりの現場から

つなぐ、役立つ、寄り添う、考える、歩む…〝くらしまるごと〟企画に
くらし家庭部長 堤 由紀子
読者の思い・声を毎日掲載 紙面で広がる交流と連帯
読者室長 勝又 健
親しみやすく、多彩な紙面 希望と勇気わく週刊紙めざして
日曜版編集長 山本豊彦
連載 党綱領の未来社会論を読む――マルクス生誕200年の記念の年に(中)「生産手段の社会化」が新時代のとびらを開く 社会科学研究所長 不破哲三
新入党員教育は強く大きな党づくりの〝三つの出発点〟
学習・教育局 酒井 亮
地方議員の学習を援助し、成長を励ますとりくみの強化を
第1回地方議員研修交流講座をふまえて
自治体局 吉武秀郷
連載 ワタナベ・コウの日本共産党発見!!19「しんぶん赤旗」印刷・輸送・配達イラストルポ
第41回各級講師資格試験 10月14日(日)に実施します
中央委員会書記局

若い世代のなかでの活動

「民青の三つの魅力」が新入生と響き合う今年の新歓
A県 米山秀隆
「政治を変えたい」との新入生の思い受け対話を広げて
愛知県 椿野 史

私と日本共産党

政治を動かすのは国民の声 多数者めざし対話を広げたい
あさくら

発掘 あの時あの写真

安保「通告による廃棄」を(1968年)
月刊学習2018年6月号 写真 

綱領学習の資料紹介 59

民主的改革の主要な内容〈5〉

連載・言葉の現場から

リンカーンか リンカンか?
河邑哲也

データで見る日本

減り続ける出生数

科学トピックス

1万3000年前の足跡が語るもの
間宮利夫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

月刊学習2018年6月号 表紙

月刊学習

2018年6月号
定価380円(送料78円)

「日本共産党って、どんな党?」「マルクスを読んでみたいけど?」そんな疑問や要望にわかりやすくこたえます。日本共産党や、科学的社会主義を、楽しく学べる雑誌です。

お願い2014年4月号以前の雑誌バックナンバーの定価と送料は、消費税増税前の表示となっています。購入にあたっては、消費税増税分を加えた新しい金額とさせていただきます。