しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月11日(火)

イラン革命防衛隊 海自艦艇を追尾か

穀田議員 “黒塗り航泊日誌”示す

衆院予算委 共産党が追及

写真

(写真)質問する穀田恵二議員=10日、衆院予算委

写真

(写真)ほぼ黒塗りになった掃海母艦「ぶんご」の航泊日誌。昨年10月24日分

 海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」と掃海艇「たかしま」が昨年10月、中東海域でイラン革命防衛隊とみられる船から追尾されていたことを、防衛省が隠ぺいしていた疑惑が明らかになりました。日本共産党の穀田恵二議員が10日の衆院予算委員会で、海自艦艇の「航泊日誌」を示して事実関係を追及しました。河野太郎防衛相は、追尾の事実を否定できませんでした。(論戦ハイライト)

 「ぶんご」と「たかしま」が同年10月23~25日にオマーン湾からホルムズ海峡付近を航行中、イランの革命防衛隊とみられる船から追尾されたと報じられました。

 穀田氏は、防衛省に要求して提出させた両艦艇の「航泊日誌」を提示。10月24日の「日誌」が、朝の6時台から「ホルムズ海峡に入る」までの時間帯、同海峡に入ってから出るまでの時間帯のほぼ1日が黒塗りにされていることを指摘し、「この部分に『追尾を受けた』事実を示す記載があるから隠したのではないか」と追及しました。

 河野防衛相は、追尾について「報道は承知しているが、詳細は差し控える」と否定せず、黒塗りについては「任務遂行あるいは安全確保に支障を生じる」として不開示にしたと繰り返しました。

 穀田氏は「ぶんご」の「日誌」で「ホルムズ海峡を出る」と書かれた後の黒塗り部分の最後に「解散 通常航海直(ちょく)とする」との記載があることを指摘し、「黒塗りされた時間帯は『通常』ではない航海体制だったのではないか」と強調しました。

 河野防衛相は、「部隊の運用」をたてに答弁を拒み続けました。

 穀田氏は、「追尾されたか否かは部隊運用の問題ではない」と指摘。「追尾が事実ならば、こうした重大問題を国会や国民に隠して自衛隊の中東派兵を行った政府の責任は極めて重大で到底許されるものではない」と述べ、「日誌」の黒塗り部分の開示を含め全ての記録を提出し、事実関係を明らかにするよう強く求めました。


【システムエラーによる障害・復旧報】2020年2月26日(水)13:40時にシステムエラーから復旧し、赤旗電子版サイトが正常稼働となりました。ただ、閲覧環境によっては時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。読者の皆様にはご迷惑をおかけしました。 26日付の紙面はこちらでご覧いただけます→

【広告】今週の日曜版
私も読んでます「しんぶん赤旗」メッセージ動画

赤旗見本紙(無料)

赤旗購読

赤旗電子版購読


赤旗ツイッター Fロゴ赤旗PR

◆しんぶん赤旗ツイッター
◆こちら赤旗日曜版ツイッター


pageup