このページの音声ブラウザ用簡易ページはここをクリック

日本共産党

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ENGLISH PAGE

赤旗

月刊学習 2018年11月号

『党綱領の未来社会論を読む』のすすめ

写真・田村一志
――党を〝丸ごと語る〟ヒントが満載
宣伝局長 田村一志

2018.11 新シリーズ「私にとっての古典の魅力」①生き方を励ましてくれた古典=『フォイエルバッハ論』政策委員会事務局次長 坂井 希
破綻するアベノミクスと経済再生の道
政策委員会 湯浅和己
「綱領・古典の連続教室」をすべての支部の学習運動に
学習・教育局 石井哲男
紹介◆『選挙活動の手引き 2018年版』
統一地方選、参院選勝利へ、共闘の時代にふさわしい挑戦を
選挙対策局 小川東洋
韓国・朝鮮人民との連帯・交流つらぬいて
戦前の「赤旗」紙面から――「3・1独立運動」100年を前に
赤旗編集局次長 近藤正男

連載 入門講座 日本共産党史を学ぶ

写真・土井洋彦(冬)
第4回 「50年問題」の背景・経過と歴史的教訓
学術・文化委員会責任者 土井洋彦

若い世代のなかでの活動

綱領学習の広がりで地区委員会が変わる手応え
京都 南地区委員長 河合秀和
リスペクトの気持ちをもって、同盟員に入党を訴えて
A県委員会 青年・学生部 学生担当者 成瀬 晃

綱領学習の資料紹介

民主的改革の主要な内容〈8〉 現行憲法の全条項をまもる

青年・学生の手記 私と日本共産党

草の根で自分にできることを続けていきたい
大阪府 Akiénne

赤旗記者リポート

新シリーズ「資本主義の病巣」――アマゾンの実態に反響続々
経済部 杉本恒如

発掘 あの時あの写真

電光ニュースで〝「赤旗」12ページ〟伝える(1968年)
月刊学習2018年11月号 写真

データで見る日本

過去最多の高齢者人口

言葉の現場から

発災(はっさい)
河邑哲也

科学トピックス

南極・氷の目で新展開 ニュートリノの故郷探し
中村秀生
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

月刊学習2018年11月号 表紙

月刊学習

2018年11月号
定価380円(送料78円)

「日本共産党って、どんな党?」「マルクスを読んでみたいけど?」そんな疑問や要望にわかりやすくこたえます。日本共産党や、科学的社会主義を、楽しく学べる雑誌です。

お願い2014年4月号以前の雑誌バックナンバーの定価と送料は、消費税増税前の表示となっています。購入にあたっては、消費税増税分を加えた新しい金額とさせていただきます。