月刊誌・書籍

月刊学習2007年8月号 表紙

月刊学習

2017年8月号
定価380円(送料78円)

 「日本共産党って、どんな党?」「マルクスを読んでみたいけど?」そんな疑問や要望にわかりやすくこたえます。日本共産党や、科学的社会主義を、楽しく学べる雑誌です。

定期購読

申し込み

バックナンバー

【お願い】2014年4月号以前の雑誌バックナンバーの定価と送料は、消費税増税前の表示となっています。購入にあたっては、消費税増税分を加えた新しい金額とさせていただきます。

長久理嗣第41回各級講師資格試験(10月15日)
こぞって参加しましょう
第27回党大会が提起した党づくりへ
 学習・教育局次長 長久理嗣

最近の講師資格試験問題から


東京都議会議員選挙の結果について
 日本共産党東京都常任委員会


写真・柳沢明夫安倍「改憲」提唱と9条を守るたたかい
 法規対策部長 柳沢明夫


写真・寺沢亜志也長時間労働なくす緊急提案
安倍「働き方改革」への抜本的対案を広げて
 政策委員会副責任者 寺沢亜志也



第1巻発刊150年
『資本論』を初めて手にするあなたへ
 元『経済』編集長 友寄英隆


連載 ワタナベ・コウの日本共産党発見9


連載 入門講座 科学的社会主義
『マルクスと友達になろう』をテキストに
〈最終回〉激動の世紀にマルクスの生きた理論を学ぶ
 社会科学研究所副所長 山口富男


『月刊学習』を活動に役立てています
「党大会決定 全党員読了への挑戦」(6月号)を使って
 千葉県 中嶋 誠/滋賀県 安井直明/大阪府 山端光子

若い世代のなかでの活動
「真ん中世代」の力を積極的に発揮して世代的継承を
 三重県 南部地区委員長 谷中三好
民青同盟と懇談し、悩みを聞き、要望を受け止めて
 宮城県 青年・学生部長代理 後藤彩子

青年・学生の手記 私と日本共産党
「当たり前」を疑うことで見えてきた
日本の政治を変えるために
 兵庫県 たっちゃん

発掘 あの時あの写真
広島で第1回原水爆禁止世界大会開催(1955年)
月刊学習2017年8月号 写真 広島で第1回原水爆禁止世界大会開催(1955年)

連載 綱領の基本用語の解説
著しく差別的な不安定雇用 など

言葉の現場から
「よろん」「せろん」?
 河邑哲也

データで見る日本
最低賃金の地域間格差と広がり

海外リポート
[英国総選挙]
緊縮政策転換へ「希望」与えた労働党が躍進

 伊藤寿庸

科学トピックス
ネコはいかにして家に入ったか
 間宮利夫


書籍トップページ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
 (c)日本共産党中央委員会