月刊誌・書籍

月刊学習2017年1月号表紙

月刊学習

2017年1月号
定価380円(送料78円)

 「日本共産党って、どんな党?」「マルクスを読んでみたいけど?」そんな疑問や要望にわかりやすくこたえます。日本共産党や、科学的社会主義を、楽しく学べる雑誌です。

定期購読

申し込み

バックナンバー

【お願い】2014年4月号以前の雑誌バックナンバーの定価と送料は、消費税増税前の表示となっています。購入にあたっては、消費税増税分を加えた新しい金額とさせていただきます。

特集 見て読んで第27回党大会決議案を力に

7中総で報告する志位和夫委員長 2016.11.15

大会決議案の特徴について

 志位和夫委員長の7中総での報告から
 

(写真)7中総で報告する志位和夫委員長 2016.11.15


大会決議案の用語解説、関連データ・資料

第1章 日本の政治の新しい時代が始まった/「社公合意」/「野党連合政権」と「国民連合政府」 ほか
第2章 P5・核保有5大国/「国連憲章にもとづく平和の国際秩序」/「南シナ海行動宣言」(DOC) ほか
第3章 共謀罪/沖縄に対する異常な強権/日米新ガイドライン/PKO参加5原則/国家安全保障戦略 ほか
第4章 総選挙の目標について/選挙活動の四つの原点 ほか
第5章 「党勢拡大大運動」の成功を ほか
第6章 歴史が決着をつけた三つのたたかい

全国革新懇シンポジウム「市民と野党の共闘の発展をめざす懇談会」2016.10.22 入党を呼びかけ、握手する志位和夫委員長(大阪)2016.12.3
(写真左)全国革新懇のシンポジウム「市民と野党の共闘の発展をめざす懇談会」2016.10.22
(写真右)入党を呼びかけ、握手する志位和夫委員長(大阪)2016.12.3


月刊学習2017年1月号・連載 ワタナベ・コウの日本共産党発見!! (2)ジャーナリズムを遂行する新聞があった
 

1612-hiroi-photo.jpg連載講座
女性差別をなくし、男女が共に生きる社会を
〈第7回・最終回〉日本共産党綱領で女性問題を考える
 女性委員会責任者 広井暢子


若い世代のなかでの活動
「福島若者ミーティング」にむけ「原発ゼロ」を
自信をもって訴えた民青同盟

 福島県委員会書記長 町田和史

「サポーターズニュース」と青年名簿で前進を開始
 埼玉県東部北地区副委員長 鈴木千賀子


連載 綱領学習の資料紹介 53
日本社会が必要としている変革(2)

連載 綱領の基本用語の解説
核兵器持ち込みの「核密約」/統一戦線 など

発掘 あの時あの写真
伊豆学習会館の建設(1963年)

言葉の現場から
「こんにちは」と「こんにちわ」
 河邑哲也

コラム@getugaku
「良い加減」に頑張る
 庄子正二郎

データで見る日本
日本の人口の減少

海外リポート
[COP22]歩き出したパリ協定 2018年にルール確定へ
 島崎 桂

科学トピックス
太陽系の隣の星を回る地球似の惑星があった
 中村秀生

政治関連略年表
(2016年6月~11月)


書籍トップページ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
 (c)日本共産党中央委員会