このページの音声ブラウザ用簡易ページはここをクリック

日本共産党

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ENGLISH PAGE

赤旗

募金のお願い

(2018.9.8)救援募金を受け付けています

(2018.10.1)JCPサポーターまつりはみなさんの募金で運営します


参議院選挙、統一地方選挙勝利めざす募金に、ご協力をお願いします

 統一地方選挙まで4カ月、参議院選挙まで7カ月に迫っています。
 日本共産党は、この連続する二大選挙で勝利をかちとり、国民が希望のもてる、新しい政治をつくるために全力をあげます。この活動を財政的に支えるため、募金へのご協力をお願いします。
 私たちは、市民と野党の共闘の力で、消費税10%増税・9条改憲などをめざす民意無視の安倍政権の暴走政治を一刻も早く終わらせようと、全力をつくしています。参議院選挙では、自公とその補完勢力を、参院全議席の半数以下に追い込むことをめざします。 参院選で、「共闘勝利プラス共産躍進」によってそれを実現すれば、衆議院と参議院の「ねじれ」をつくりだして、政局の主導権を野党が握ることが可能です。そのために本気で挑戦する決意です。
 統一地方選挙は、安倍政権による"地方壊し"に自治体がどう立ち向かうか、これが鋭く問われます。日本共産党が躍進することは、それぞれの自治体で福祉と暮らしを守る力を大きくするとともに、直後の参院選で野党共闘を成功させる大きな力ともなるでしょう。
 これらの活動をやりとげるには、ひろく有権者に日本共産党の姿を知らせ、働きかけることが決定的であり、ポスターやビラ、宣伝カー運行をはじめ、大きな活動資金が必要です。また、世界でも異常に高い、参院選供託金の壁を乗り越えなくてはなりません。
 すでに全国で統一地方選・参院選の予定候補者が、有権者への訴えを全力をあげて展開しており、その候補者活動費をふくめて選挙支出は毎月、毎月発生しています。選挙募金は選挙目前になってからでは間に合わず、今からお願いしなければなりません。
 日本共産党は、企業・団体献金も政党助成金も受け取らず、すべての活動資金を党員と支持者から寄せられる浄財でまかなっています。このことが、財界・大企業にも気がねなく、国民の切実な声を国会や、地方議会にまっすぐ届ける力になっています。
 お寄せいただいた募金は、有効に活用させていただきます。募金へのご協力をよろしくお願いいたします。(2018年11月)

選挙募金する

ほかの募金は下記のボタンをお使いください

日本共産党は国民のみなさんからの募金で支えられています。

日本共産党は、企業団体献金、政党助成金をいっさい受け取らないで活動を続けています。個人からの寄付が大きな支えになっています。
日本共産党がブレずに国民の願いを代弁できるのは、支持していただける有権者一人ひとりの個人献金(募金)によって党財政が支えられているためです。
少額でもかまいません。どうかよろしくお願いします。

募金は主に次のような活動に使います。

宣伝物制作 配布ビラや広告、
POPなどの宣伝物制作

選挙活動 選挙事務所、政策宣伝、
候補者カー

党事務所運営 党事務所の家賃、水光熱費、
人件費

募金する

クレジットカードによる募金

Visa、Mastercardのクレジットカードを使って募金できます。 「募金する」ボタンから必要事項を記入していただくと、 クレジットカードを使った送金画面に接続します。

郵便振替による募金

郵便局に備え付けの振替用紙を使い、下記の振替口座に送金をお願いします。

銀行振込による募金

※いずれの場合も、送金手数料のご負担をお願いします。