日曜版「しんぶん赤旗」

日本共産党メイン

「しんぶん赤旗」トップ

 カテゴリー

1面
3面
日曜ワイド
ひと
この人に聞きたい
お役立ちトク報
トコトン対談
安倍改憲を問う2017
メディアは今
健康らいふ
くらし彩々
10's20'sYモード
たび
文化
スポーツ
地域でともに
少年少女
16面
世界.net
歴史に向き合う
地域発
黒柳徹子さん報告
私と介護
安倍改憲を問う
戦争法廃止の政府を
インタビュー戦後70年
戦後70年を考える
追及ブラック企業
原発ゼロへ 私の思い
生きる
復帰45年 オール沖縄の心


 バックナンバー

11年8月28日号 の紹介

1面

民主党政権2年 国民の期待裏切った

2011年08月28日号

自民党政治と同じ道 共産党に新しい注目

110828-1面.jpg菅直人首相の辞任で民主党は代表選へ―。いま、国民から問われているのは、政権交代した民主党政権の2年間です。圧倒的な国民の声は「期待を裏切られた」。代表の顔がどうであれ、問われるのは政治の中身ではないでしょうか。民主党政権の2年間に何が起きたのか。検証すると、国民の期待を裏切り、結局、自民党政治の道をたどっていくパターンの連続です。四つの課題でみると―。政治ジャーナリストの岩見隆夫さん、経済ジャーナリストの荻原博子さん、昨年、民主党を離党した山内末子沖縄県議(無所属)に話を聞きました。


原発ゼロへ 私の思い

エッセイスト・海老名香葉子さん 映画監督・海南友子さん

2011年08月28日号

110828原発ゼロ.jpg

安全といっていたのが恐ろしい エッセイスト・海老名香葉子さん

20年以上前ですが、東京電力の招待で福島第1原発の視察に行ったことがあるんです。その時は安全なんだろうと思っていましたが、見るとプールの中に核燃料が水につかっておいてあるんです。もしまわりに亀裂が入ったら、どうなるんだろうと思いましたね。今回、事故で吹きとんだ建屋を見て、あの恐ろしい核燃料が、あの程度のものの中に入っていたのかと改めて驚きました。


生まれてくる子にいい未来を ドキュメンタリー映画監督・海南友子さん

東日本大震災から1カ月の4月11日。私は福島第1原発事故で被災した町をドキュメンタリー映画に記録するため、原発のある大熊町から避難した男性の一時帰宅を取材していました。その時、震度6弱の余震が発生し、激しい揺れと停電で取材を中断しました。


11年8月28日号

連載➄ やっかいなセシウム

2011年08月28日号

今回は問題の多い放射性物質の一つ、セシウムについて考えます。原発事故で放出される放射性物質の中でも、セシウム137はウランの核分裂反応で大量に生成され、放射能が半分になる半減期も30年と長く、ストロンチウム90などとともにやっかいなものの一つです。放射性セシウムには半減期が30年のセシウム137と、半減期2年のセシウム134があります。特に問題になるのが長寿命のセシウム137です。


たび

新潟 十日町 眼下一面 棚田の緑

2011年08月28日号

新潟十日町.jpg



日曜ワイド

決断 原発撤退 両国民が語るたたかい

2011年08月28日号

イタリア 1987年に続き国民投票で決定 地震多く根強い拒否感
ドイツ  2022年までの廃止を決定 全国の町で月曜ごと集会

110828ワイド.jpgドイツの原発離脱決定とイタリアの原発復活反対国民投票―。福島原発事故の衝撃が走るもと、世界の「脱原発」の流れを強く大きくしたのが両国の動きです。原水爆禁止2011年世界大会参加のために来日した両国代表に、原発からの撤退を決断したこの間のたたかいについて聞きました。


健康らいふ

乳がん姉を看取った腫瘍内科医

2011年08月28日号

家族だからって特別な治療法はない

乳がんで姉を亡くす。59歳でした。看取ったのは弟で、主治医であり、乳がん専門の腫瘍内科医でした。がんを発見してから、どういう治療をしてきたか。


ひと

怪談ライブの 全国ツアー中 タレント 稲川淳二さん

2011年08月28日号

稲川淳二.jpgガチャガチャ。取材場所の日本共産党本部応接室の扉が開かない...。「幽霊ですよ」。稲川さんのその一言で背筋がゾクッ...。実は、鍵を間違えただけでしたが。19年目の怪談ライブの全国ツアー中です。雪女、耳なし芳一、四谷怪談、牡丹燈籠...古来、庶民の間で親しまれる怪談。歌舞伎や落語の演目にも多く、小泉八雲の作品は海外でも知られています。「怪談とホラーは全然違うんですよ。怪談は、怖いだけではなく、優しいんです」


(c)「しんぶん赤旗」日曜版