日曜版「しんぶん赤旗」

日本共産党メイン

「しんぶん赤旗」トップ

 カテゴリー

1面
3面
日曜ワイド
ひと
どうみる米朝首脳会談
この人に聞きたい
お役立ちトク報
トコトン対談
安倍改憲を問う2017
メディアは今
健康らいふ
くらし彩々
10's20'sYモード
たび
文化
スポーツ
地域でともに
少年少女
16面
世界.net
歴史に向き合う
地域発
黒柳徹子さん報告
私と介護
安倍改憲を問う
戦争法廃止の政府を
インタビュー戦後70年
戦後70年を考える
追及ブラック企業
原発ゼロへ 私の思い
生きる
復帰45年 オール沖縄の心


 バックナンバー

11年10月23日号 の紹介

1面

「国民的な共同を」 共産党アピール発表

2011年10月23日号

農業も 医療も 経済も 日本壊す TPPに反対です

111023-1面.jpgいま焦点のTPP(環太平洋連携協定)―。関税ゼロで大打撃をうける農林漁業だけでなく、医療制度などの「国のかたち」を変える大問題です。野田首相が参加へひた走るなか、日本共産党は「TPPへの暴走を許さない国民的な共同をよびかけます―暮らし・食料・農業・地域経済を守るために力をあわせましょう」とのアピールを発表(14日)。各界からも反対の声が噴出しています。俳優の日色ともゑさん、JA北海道中央会会長の飛田稔章さん、JA沖縄中央会会長の小那覇安優さん、全国保険医団体連合会政策部長の三浦清春さん、福島県生活協同組合連合会会長の熊谷純一さん、韓国全国農民会総連盟政策委員長のイ・チャンハンさんにききました。


原発ゼロへ 私の思い

牧之原市長 西原茂樹さん 法政大学教授 田中優子さん 

2011年10月23日号

原発ゼロ-西原田中.jpg

浜岡の永久停止譲れない 牧之原市長・西原茂樹さん

私は浜岡原発から3㌔、原発の排気塔が見えるところに住んでいます。福島第1原発の事故が起きた3月11日以降、まず自分が「怖い、恐ろしい」と思いました。市民からも不安の声が相次ぎました。

新しい社会システムへ 法政大学教授・田中優子さん

原発事故の深刻さを目の当たりにして、私はとても後悔しました。ほかの社会運動には関心をもってきたけれど、なぜ原発反対運動をちゃんとやってこなかったのだろう、どうしてきちんと考えてこなかったのだろう、と。


11年10月23日号

中央大学名誉教授(金融論) 高田太久吉さん

2011年10月23日号

アメリカの狙い アジアでの利権拡大 日本の国内制度 廃止迫る

環太平洋連携協定(TPP)への参加で国民生活と日本経済はどうなるのか。各界からの発言をシリーズで紹介します。1回目は、アメリカは何をねらうのか。中央大学名誉教授(金融論)の高田太久吉さんに聞きました。


10's20'sYモード

映画「ちづる」 監督 赤崎正和さん(23)

2011年10月23日号

卒業制作の映画が一般公開 自閉症の妹を描く
家族みつめ僕も変化 ありのままの魅力を

yモード111023・180.jpg「妹が僕に映画をつくらせた」―。大学生の卒業制作がこの秋、一般公開されます。タイトルは「ちづる」。障害のある妹の名前です。その妹と母親、そして自身の1年間をカメラに収めました。


日曜ワイド

わくわく自然エネルギー 発電能力99%以上未活用

2011年10月23日号

北海道 市民主導の風車  長野県 出資募って太陽光

111023ワイド.jpg原発に頼らず、地球環境にやさしい社会へ。再生可能な自然エネルギーの普及に今、関心が集まっています。活用の可能性や市民の取り組みは―。北海道と長野県の取り組みをリポートし考えます。



スポーツ

世界体操個人総合3連覇 内村選手強さの秘密

2011年10月23日号

世界体操 個人総合3連覇 新境地 逆境で体得 内村航平選手
アテネ五輪男子 団体金メダリスト――塚原直也選手に聞く

異次元の強さでした。世界体操で日本男子のエース内村航平選手(22)が、前人未到の個人総合3連覇など、4個のメダルを手にしました。切れのある技、美しい姿勢、ピタリと決まる着地。強さの秘密を、アテネ五輪男子団体金メダリストの塚原直也選手に聞きました。


健康らいふ

健康ライフ 便漏れ

2011年10月23日号

薬で適度に固め改善 一人で悩まず受診を

便漏れ.jpgあれー、ちょっと重くぬれた感じの不快さ。見れば、便漏れ。いつ漏れるかわからず、漏れたら臭うんじゃないか。不安は大きいい。



地域発

島根・隠岐 

2011年10月23日号

振興に懸命 離島に若者増やしたい
 共産党国会議員団が訪問・調査

地域発島根・壱岐.jpg離島で暮らす人たちをどう応援して島の振興を図るか。2013年の離島振興法の期限切れを前に全国的な課題となっています。日本共産党国会議員団の島根県・隠岐(おき)諸島の調査(4、5の両日)で浮き彫りになったものは―。



ひと

震災後半年かけルポ文学出版 作家 池澤夏樹さん

2011年10月23日号

池澤夏樹.jpg

「東日本震災の全体像を、ひとりの人間が、見える限りのものを描きたかった」。半年かけたルポルタージュ文学『春を恨んだりはしない 震災をめぐって考えたこと』を出版しました。ボランティアとして通った被災地のようすや自然をめぐる考察、歯切れ良い原発批判などを盛り込んだ濃密な本です。


たび

山梨 心洗われる西沢渓谷

2011年10月23日号

山梨・西沢渓谷.jpg



11年10月23日号

10月23日号の目次

2011年10月23日号

TPPへの暴走許さない 共産党が共同呼びかけ 参加反対の一点で

日本共産党の志位和夫委員長が14日発表したアピール「TPPへの暴走を許さない国民的な共同をよびかけます―暮らし・食料・農業・地域経済を守るために力を合わせましょう」―の要点を紹介します。

比例中心の制度へ改革し 「1票の格差」是正を
  衆院選挙制度 志位委員長が主張

1票の格差が広がり、選挙制度のあり方が問われるなか、「衆院選挙制度に関する各党協議会(仮称)」が設置され、日本共産党も参加して、各党の議論が始まります。何が問われているのでしょうか。

世界観の違いこえ共同へ 宗教者と日本共産党が懇談

仏教、キリスト教、神道などの宗教者と志位和夫日本共産党委員長との懇談会が15日、千葉市で開かれました。これは「大震災と原発を考える宗教者と日本共産党との懇談会」で、参加者は会場いっぱいになりました。志位氏は、宗教いついての日本共産党の見解と基本的態度は1975年12月の中央委員会総会決議がいまも指針になっていると語り、三つの原則を説明しました。

原発推進者のホンネ 島村研究会記録を読む
  米原発依存で 対応能力なし 事故起きればアメリカに電話
  安全性研究は「やめてくれ」 「草の根運動は非常に危ない」

福島原子力発電所の事故でいま厳しく問われているのが、「安全神話」を土台にしたこれまでの原発政策です。編集部は、日本の原発に携わってきた政財官学の中枢メンバーが"本音"を語った非公開研究会の会議録を入手しました。そこから見えてきた原発の"闇"をえぐると―。

神戸ビエンナーレ2011 ヨコハマトリエンナーレ2011
東西の港町で大型美術展 気楽に楽しむ非日常

3.jpg

芸術の秋に、東西で大規模な国際的美術展が開かれています。「神戸ビエンナーレ 2011」と「ヨコハマトリエンナーレ 2011」の会場を訪ねました。

少年少女 SF すこしふしぎ ドラえもんの世界
  川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

未来から来た、2頭身のロボット「ドラえもん」。おなかのポケットには、いろんな場所につながる「どこでもドア」など、ふしぎなひみつ道具がいっぱいです。生みの親は藤子・F・不二雄さん。ドラえもんや、のび太たちに会える「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」を訪ねました。

ときめきカフェ めざしたのは オンリーワン
  女性化学賞を受賞した 相馬芳枝さん

女性たちの多彩な生き方を紹介するときめきカフェ。今回は、優れた業績を上げた世界の女性化学者を顕彰する「女性化学賞」を受賞した相馬芳枝さん(69)=神戸大学特別顧問=です。大学の男女共同推進室に訪ねました。

映画「WAYA! 宇宙一のおせっかい大作戦」出演
  俳優 ルー大柴さん 汗かいて感動が生まれる

30代、くどいキャラクターでブレークしました。演じる役もそれと重なるものが多かった、と俳優のルー大柴さん(57)。「50すぎてやっと、違った役をいただくようになった。うれしいですね」。映画「WAYA! 宇宙一のおせっかい大作戦」(古波津陽監督)の撮影を振り返り目を細めます。

大河ドラマ 平清盛 スタジオ収録始まる
  平安末期 開拓者精神描く 題字は金澤翔子さん

来年のNHK大河ドラマ「平清盛」のスタジオ収録が始まりました。平家が主役の大河ドラマは1972年の「新・平家物語」以来、40年ぶり。「エネルギーあふれる開拓者精神を描きたい」と磯智明プロデューサーは語ります

侵略美化 改憲主張 歴史・公民教科書 強引採択の弱点
  推進派が圧力 教育長、教育委員入れ替え 教育現場の声 無視

侵略戦争美化や改憲の立場に立った「つくる会」系の育鵬社版「歴史」と「公民」教科書が今夏の中学校教科書の採択で、採択率を伸ばしました。他方、長年の運動を背景に6年ぶりに不採択を決めた東京都杉並区のような事例も。推進勢力の手口の特徴と、その弱点を検証すると―。

子のためと 決断したが... 福島原発事故 自主避難者
  山形県米沢市へ  西片嘉奈子さん 仕事辞め 貯金取り崩し
  東京都世田谷区へ 深川佳子さん、幸一さん 夫は郡山 週末に往復

福島原発事故により自主避難した住民は現在、賠償の対象外です。仕事を辞めて福島県外に引っ越した母子家庭。夫は県内に残り、妻子は東京で暮らす一家。いずれも生活が激変し、出費もかさみます。「自主避難にも賠償を」と訴える住民の切実な思いとは―。


6.jpg

みちのく山紫水明小松ひとみ
幻想的な朝霧
秋田・森吉山麓


5.jpg

たび 心洗われる西沢渓谷 山梨



(c)「しんぶん赤旗」日曜版