日曜版「しんぶん赤旗」

日本共産党メイン

「しんぶん赤旗」トップ

 カテゴリー

1面
3面
日曜ワイド
ひと
どうみる米朝首脳会談
この人に聞きたい
お役立ちトク報
トコトン対談
安倍改憲を問う2017
メディアは今
健康らいふ
くらし彩々
10's20'sYモード
たび
文化
スポーツ
地域でともに
少年少女
16面
世界.net
歴史に向き合う
地域発
黒柳徹子さん報告
私と介護
安倍改憲を問う
戦争法廃止の政府を
インタビュー戦後70年
戦後70年を考える
追及ブラック企業
原発ゼロへ 私の思い
生きる
復帰45年 オール沖縄の心


 バックナンバー

11年10月30日号 の紹介

1面

年金68歳から 支給先延ばしに広がる怒り

2011年10月30日号

受給額も毎年削減
 民主党政権の公約破り 日本共産党政策委員長 小池晃さんに聞く

111030-1面.jpg「うわさには聞いていたけど、がくぜんとしましたよ」。そう語るのは東京都立川市の若森剛さん(51)です。厚生労働省が10月11日に打ち出した年金支給開始年齢の引き上げ案。64歳から受け取るはずだった厚生年金がなんと68歳まで出ない、というのです。その間、どうしろというのか―。列島に怒り沸騰です。年金改悪は野田内閣の「税と社会保障の一体改革」の一つ。その問題点を日本共産党政策委員長の小池晃さんにも聞きました。


11年10月30日号

全国保険医団体連合会 事務局次長 寺尾正之さん

2011年10月30日号

 

医療はどうなる 国民皆保険が危機に 不採算なら撤退、医師偏在ひどく


 

環太平洋連携協定(TPP)への参加で国民生活と日本経済はどうなるのか。各界からの発言のシリーズの2回目は、医師・歯科医師の団体である全国保険医団体連合会事務局次長、寺尾正之さんに聞きました。


日曜ワイド

東日本大震災 支えあう被災者

2011年10月30日号

陸前高田市・美容師・佐々木美和さん 笑顔のブーケもう一度
石巻市・震災孤児・辺見佳祐くん 家族のみんな ぼくがんばるよ

111030ワイド.jpg


東日本大震災から7カ月が過ぎました。なかなか進まない行政の支援。そのなかでも被災者たちは支えあい、励ましあいながら前に向かって歩み始めています。


世界.net

世界.net

2011年10月30日号

「全土解放」宣言のリビア 多難な前途

111030net180.jpg元最高指導者カダフィ大佐派と反対派「暫定国民評議会」の内戦が2月から続いてきたリビアで20日、大佐が殺害され、同評議会は23日、拠点の東部ベンガジで全土解放を宣言しました。42年間の専制支配後、新たな国造りに乗り出したリビア。前途には難題が山積しています。



10's20'sYモード

全国青年大集会

2011年10月30日号

貧困・格差反対 人間らしい生活を 世界と手をつなごう
 1%の富裕層に99%の連帯で反撃を 志位委員長あいさつ

2011全国青年大集会.jpg米ニューヨーク・ウォール街で始まった貧困と格差に反対する世界の行動に連帯しよう―。23日、東京・明治公園で開かれた「全国青年大集会2011」(同実行委員会主催)。全都道府県から参加した4800人は「被災地と心をひとつに、力をあわせて職場も、政治や社会も変えていきましょう」とアピールしました。



スポーツ

迷ったら前へ 福岡ソフトバンクホークス 内川聖一外野手

2011年10月30日号

 史上2人目 両リーグ首位打者 手を抜かず練習 全打席集中

image
横浜からフリーエージェント(FA)で福岡ソフトバンクホークスに加入した今季。不動の3番として、リーグ連覇に貢献し、3割3分8厘で史上2人目の両リーグ首位打者に輝きました。豊かな打撃センスと強い向上心。クライマックスシリーズ(CS)を前に内川聖一外野手(29)に聞きました。




地域発

神戸

2011年10月30日号

借り上げ震災復興住宅 高齢者に退去迫るとは
  "ついの住み家" 住民が市長に手紙

神戸・借り上げ.jpg阪神・淡路大震災(1995年1月)で兵庫県や神戸市などが都市再生機構(UR)や民間から借り上げた被災者向け復興公営住宅で、いま入居者が退去を迫られています。「高齢、病身の被災者を追い出すとは人道に反する」。これを許さない動きが広がっています。



ひと

映画「カメリア」出演 俳優 ソル・ギョングさん

2011年10月30日号

ソルギョング.jpg

やさしい微笑が心に残る俳優です。公開中の映画でもその瞬間が忘れ難い。韓国の釜山を舞台にしたオムニバス映画「カメリア」。中の1話「カモメ」(行定勲監督)で、撮影監督ヨンスを演じています。「ヨンスには、失われゆくものへの愛着があり、昔の映画の良さを大事にしたいと思っています。最近スピーディーな映画が主流になり映画界も変化しています。ゆっくりしたテンポの映画への恋しさが私の中にもありましたので共感できました」


たび

熊本・天草 文豪の靴跡をたどる

2011年10月30日号

熊本・天草.jpg



11年10月30日号

10月30日号の目次

2011年10月30日号

全国青年大集会 貧困・格差反対
 人間らしい生活を 世界と手をつなごう
  1%の富裕層に99%の連帯で反撃を 志位委員長あいさつ


image

米ニューヨーク・ウォール街で始まった貧困と格差に反対する世界の行動に連帯しよう―。23日、東京・明治公園で開かれた「全国青年大集会2011」(同実行委員会主催)。全都道府県から参加した4800人は「被災地と心をひとつに、力をあわせて職場も、政治や社会も変えていきましょう」とアピールしました。


TPP推進論を斬る Q&A 「平成の開国」「バスに乗り遅れる?」

TPP(環太平洋連携協定)交渉参加について、野田佳彦首相は11月12~13日のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議に向けた早期の決断を強調しています。緊迫するTPP問題。推進派の主張を「Q&A」で考えます。


米・財界「使い走り」の 野田内閣の暴走止めよう
  臨時国会開会で志位委員長

10月20日から始まった第179回臨時国会(12月9日まで)。日本共産党国会議員団総会(20日)で、志位和夫委員長が今国会への党の基本姿勢を明らかにしました。「大震災からの復興、原発問題は、この臨時国会においても最大の課題だ」とのべた志位氏。「この問題での最大の焦点は復興財源の問題だ」と強調しました。


被災者置き去り 宮城県政変えよう 県議選来月13日投票
  日本共産党7候補 生活、生業再建へ全力

東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県。4日告示、13日投票の県議選が迫るなか「村井嘉浩知事・オール与党」対「県民・日本共産党」の対決構図が鮮明になっています。


岩手 県立3病院再建へ 共産党の論戦 県政動かした
  県立高田病院・石木幹人院長 高齢者医療日本一めざしたい

東日本大震災の被災地・岩手県で、県立病院再建を望む住民や関係者の声と、その声を国や地方自治体に届けてきた日本共産党の論戦が県政を動かしました。達増拓也知事が、高田病院の仮設診療所に入院機能を整備する考えを示し、高田・大槌・山田の3県立病院について「再建を基本に検討する」と表明したのです。岩手県立高田病院院長の石木幹人さんへのインタビューも紹介します。


大阪府知事選・市長選 来月27日投票
  橋下ファッショ政治ノー 教育・職員支配と一体の"都構想"
  2条例許さず民主主義守る 梅田知事候補、わたし市長候補

「政治に一番必要なのは独裁だ」などと公言する大阪府の橋下徹知事(42)。ものいわぬ教員・職員をつくる教育・職員基本2条例案が強い批判を受けるなか、知事の職を放り出し11月の大阪市長選に打って出ようとしています。大阪全体を思うままに「大改造」するというのです。


世界.net 「全土解放」宣言のリビア 多難な前途

元最高指導者カダフィ大佐派と反対派「暫定国民評議会」の内戦が2月から続いてきたリビアで20日、大佐が殺害され、同評議会は23日、拠点の東部ベンガジで全土解放を宣言しました。42年間の専制支配後、新たな国造りに乗り出したリビア。前途には難題が山積しています。


被災地で感じた音楽の力 バイオリンユニット「デュオ・プリマ」
  デビュー10年 新アルバム「デュオイズム」発表

礒絵里子さんと神谷未穂さんのバイオリンユニット「デュオ・プリマ」はデビュー10周年。今月、新アルバム「デュオイズム」を発表しました。いとこ同士の2人が、息の合った音楽を響かせています。


吉沢久子の四季折々 季節の柿で「白あえ」

ことし93歳になった、生活評論家の吉沢久子さんの人気エッセーです。


シリーズ「みんなで子育て」
  ベビーダンス 大人気  ママ ノリノリ 赤ちゃんスヤスヤ

赤ちゃんと一緒に踊れる「ベビーダンス」が人気です。4年前、子育て真っ最中のママが考案しました。人気の秘密は? 教室を訪ねました。


音楽 よみがえった"歌手のすごみ" 坂本九 生誕70年

坂本九生誕70周年記念特別企画として、アルバム「689コンプリート」が発売されました。作詞・永六輔、作曲・中村八大、そして坂本九の六・八・九トリオがチームを組んだ完全オリジナルアルバムです。アルバムの魅力を、音楽ライターの山浦祐介さんが語ります。


舞台「炎の人」に出演 益岡徹さん 本音でゴッホとぶつかる

初演は60年前。なのに、「いま」を感じさせる戯曲です。ゴッホの生涯を描いた「炎の人」。出演する益岡徹さんは、「大災害を経験した今年は、より強く心に迫ると思う」と話します。


福島・伊達市 手探り 全市除染 下がらない線量、仮置き場は...
  あべ県議候補 不安の声受け止め

原発事故による放射能汚染が深刻な福島県。自治体や住民主導の放射線量調査や除染作業が始まっています。しかし、廃棄物の仮置き場の確保など、悩みは尽きません。市全域での除染に着手した伊達市では―。


知っ特情報 ブームだけど... スマートフォン検証


image
スマホ(スマートフォン)が話題です。インターネットに、ニュース検索、音楽、画像・動画...用途は無限大、操作は指を画面に触れるだけ―。その意外性に"未来"を感じる人は多い。でもブームの裏で気をつけておいた方がいいこともあります。


(c)「しんぶん赤旗」日曜版