しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年5月15日(日)

2022参院選 18歳「共産も選択肢」

埼玉 梅村氏らに共感

写真

(写真)参院選勝利を呼びかける(前列左から)伊藤、梅村、もりやの各氏=14日、埼玉県川越市

 日本共産党の伊藤岳参院議員と梅村さえこ参院埼玉選挙区予定候補は14日、埼玉県川越、所沢両市で宣伝し、参院選勝利を訴えました。

 伊藤氏は、ロシアのウクライナ侵略に乗じて敵基地攻撃能力の保有や「核共有」などを議論するより、憲法9条に基づく平和外交こそ重要だと強調し「党をつくって100年、戦争の時代から反戦・平和を貫いてきた共産党を比例と選挙区で伸ばしてください」と訴えました。

 梅村氏は「伊藤岳参院議員に続き、共産党の議席が増えれば、もっとみなさんの声を届けることができます。岸田政権と正面から対決し、平和を守る共産党が伸びてこそ、政治を変えることができます」と力を込めました。

 両氏らの訴えに、バスの中から拍手する高校生らもいました。

 ツイッターを見て、共産党の演説を初めて聞きに来た女性(18)は「憲法9条の大切さを訴えていて、とても良かった。学校で歴史の勉強をしていて、やっぱり武力で平和はつくれないと思っていた。参院選は野党に入れたいと思っていて、共産党も選択肢の一つです」と話しました。

 川越市では、来年の県議選西7区(川越市)で再選をめざす、もりやひろ子県議も訴えました。


pageup