しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月15日(土)

郵政非正規差別は違法

期間雇用社員150人が6地裁に提訴

写真

(写真)非正規差別の是正を求め裁判所に向かう原告と支援の人たち=14日、東京都千代田区

 全国の日本郵便の期間雇用社員ら約150人が14日、正社員との待遇格差は違法だとして損害賠償を求め、札幌、東京、大阪、広島、高知、福岡の6地裁に集団で提訴しました。18日に長崎地裁で4人が提訴する予定で計154人、損害賠償請求額は約2億5000万円になります。

 提訴したのは、郵政産業労働者ユニオン(郵政ユニオン)の組合員で、時給制・月給制などの期間雇用社員ら。正社員と仕事や責任が変わらないのに、正社員に支給される年末年始の勤務手当、住居手当、夏期冬期休暇などがなく、一時金にも数倍の差があるのは、不合理な格差を禁じた労働契約法20条に違反すると主張しています。

 これまで別の組合員が起こした同様の裁判で、昨年までに東京と大阪の高裁が手当の一部などについて支給しないのは不合理だとする判断を示し、郵政ユニオンが改善を求めてきましたが、会社側が応じないため集団提訴に踏み切りました。

 提訴後、記者会見した原告の一人、埼玉県の坂間剛さん(64)は、「正社員と非正規社員の格差があまりにも大きく、安心して生活が送れない。裁判を非正規社員全体の格差改善のきっかけにしたい」と述べました。

 郵政ユニオンの日巻直映委員長は、「勇気を持って立ち上がった非正規社員の仲間の思いにこたえて、安心して希望を持って働ける労働条件をつくるため全力を挙げてたたかう」と表明しました。


【システムエラーによる障害・復旧報】2020年2月26日(水)13:40時にシステムエラーから復旧し、赤旗電子版サイトが正常稼働となりました。ただ、閲覧環境によっては時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。読者の皆様にはご迷惑をおかけしました。 26日付の紙面はこちらでご覧いただけます→

【広告】今週の日曜版
私も読んでます「しんぶん赤旗」メッセージ動画

赤旗見本紙(無料)

赤旗購読

赤旗電子版購読


赤旗ツイッター Fロゴ赤旗PR

◆しんぶん赤旗ツイッター
◆こちら赤旗日曜版ツイッター


pageup