しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月14日(金)

国会をどれだけ汚せば気がすむのか

安倍首相ヤジ問題 志位委員長が批判

写真

(写真)記者会見する志位和夫委員長=13日、国会内

 日本共産党の志位和夫委員長は13日、国会内で記者会見し、安倍晋三首相が前日の衆院予算委員会で、立憲民主党の辻元清美議員の質問直後に「意味のない質問だよ」と自席からヤジを飛ばした問題について問われ、「質疑後に質問全体を否定するもので、総理大臣として絶対にやってはならない発言です」と厳しく批判しました。

 志位氏は、「憲法に規定されている通り、総理大臣は国会の求めに応じて国会に出席し、答弁を義務付けられています。そういう立場にある者が、国会の審議について一方的に否定する発言をやる。これは議会制民主主義を破壊する発言であって絶対に認めるわけにはいきません」と批判。自民党の森山裕国対委員長と立憲民主党の安住淳国対委員長との協議で、「謝罪することが確認されたようですから、きちんとした謝罪および撤回が必要だということを厳重にいいたい」と強調しました。

 志位氏は、安倍首相が答弁席からのヤジを繰り返してきたことに言及し、「自席から口汚いヤジをやること自体が、総理の資格なしという問題です。そういう問題として、引き続き対応していきたい」と表明しました。

 その上で志位氏は、「安倍首相は、この国会という場を一体どれだけ荒涼たる場にすれば気がすむのでしょうか。国会は本来、政策を堂々と論じ、疑惑があれば誠実に説明すべき場です。その場をどこまで汚せば気がすむのかと強くいいたい」と強調しました。

 この問題をめぐる今後の対応について問われて、「謝罪をするということを約束したわけですから、まずそれを聞きたい。まともな謝罪がされるかを注視していきたい」と述べました。


【システムエラーによる障害・復旧報】2020年2月26日(水)13:40時にシステムエラーから復旧し、赤旗電子版サイトが正常稼働となりました。ただ、閲覧環境によっては時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。読者の皆様にはご迷惑をおかけしました。 26日付の紙面はこちらでご覧いただけます→

【広告】今週の日曜版
私も読んでます「しんぶん赤旗」メッセージ動画

赤旗見本紙(無料)

赤旗購読

赤旗電子版購読


赤旗ツイッター Fロゴ赤旗PR

◆しんぶん赤旗ツイッター
◆こちら赤旗日曜版ツイッター


pageup