しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月14日(金)

安倍首相「ヤジ」謝罪へ

議会制民主主義 冒とく

野党の抗議受け 衆予算委で

 国会は13日、安倍晋三首相が12日の衆院予算委員会で辻元清美議員(立憲民主党)に「意味のない質問だ」とヤジを飛ばしたことをめぐって紛糾しました。野党は、安倍首相のヤジは「国会を冒とくし、国会の行政監視機能を否定するもの」と厳しく抗議し、謝罪・撤回を要求。与野党国対間の協議で、安倍首相が17日の衆院予算委員会で「おわびする」と謝罪を述べ、収拾することになりました。


写真

(写真)野党書記局長幹事長・国対委員長会談=13日、国会内

 安倍首相は12日、辻元議員のほか、黒岩宇洋議員(立民)に対しても「うそつき」と発言するなど暴言を繰り返してきました。野党は13日午前に、国会内で書記局長・幹事長・国対委員長会談を開き、安倍首相のヤジは議会制民主主義を冒とくするもので看過できないとして、「謝罪」についての明確な回答がなければ、懲罰動議を提出することを確認。日本共産党の小池晃書記局長は会談後、記者団に「国会を否定する発言だ。議会人として許されざる言動で懲罰に値する」と指摘しました。

 会談を受けて、立民の安住淳国対委員長が自民党の森山裕国対委員長と断続的に協議。森山氏が安住氏に、安倍首相が17日の衆院予算委員会で自身の不規則発言について辻元議員に「おわびする」と回答したものです。

 安住氏は、記者団に「安倍首相がおわびし、不規則発言は厳に慎むと言うと確約した」と強調しました。

 また衆院予算委員会の運営についても、理事が議事進行について場内協議を要求した場合は、委員長が速記を止めて協議することを与野党の理事で、申し合わせることで合意したと述べました。


【システムエラーによる障害・復旧報】2020年2月26日(水)13:40時にシステムエラーから復旧し、赤旗電子版サイトが正常稼働となりました。ただ、閲覧環境によっては時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。読者の皆様にはご迷惑をおかけしました。 26日付の紙面はこちらでご覧いただけます→

【広告】今週の日曜版
私も読んでます「しんぶん赤旗」メッセージ動画

赤旗見本紙(無料)

赤旗購読

赤旗電子版購読


赤旗ツイッター Fロゴ赤旗PR

◆しんぶん赤旗ツイッター
◆こちら赤旗日曜版ツイッター


pageup