しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月13日(木)

バスでなく鉄道で

JR九州に復旧迫る

豪雨被災の日田彦山線 地元首長ら

 2017年7月の九州北部豪雨で一部区間が不通となったままの日田彦山(ひたひこさん)線の復旧を話し合う、関係自治体とJR九州の会議が12日、大分県日田市で開かれました。会場前では沿線住民が鉄道での復旧を訴え、会議で地元首長が住民の声を代弁しました。


写真

(写真)会議後、記者会見をする(左から)原田、寺西、渋谷、広瀬、小川、青柳の各氏=12日、大分県日田市

 会議には福岡県から寺西明男・添田町長、渋谷博昭・東峰村長、小川洋知事が、大分県から原田啓介・日田市長、広瀬勝貞知事、JR九州から青柳俊彦社長、国土交通省九州運輸局から岩月理浩局長が参加しました。

 青柳社長は、従来のバス路線化(BRT)案の運行車両などの詳細を明らかにし「新しい案」として提示。小川、広瀬両知事は、3月末までに結論を出すことを念頭にBRT案の検討に言及しました。

 渋谷村長は、2016年10月のJR九州株式上場を前に国会で青柳社長が鉄道ネットワークの維持を表明したと指摘し、「JR九州は主体的に復旧する責任がある。上場から1年も満たず発生した災害で復旧しないことは納得できない」と批判。他のローカル線維持への影響も訴え、鉄道での復旧案を求めました。

 傍聴した「日田彦山線の完全復旧を求める会」の片岡拓之世話人代表は、「持続可能な交通形態は鉄道。BRTでは廃線になる」と強調。会では鉄道での復旧を求める村内外の約1万5000人分の署名を集めており「沿線自治体に訴えていきたい」と話しました。


【システムエラーによる障害・復旧報】2020年2月26日(水)13:40時にシステムエラーから復旧し、赤旗電子版サイトが正常稼働となりました。ただ、閲覧環境によっては時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。読者の皆様にはご迷惑をおかけしました。 26日付の紙面はこちらでご覧いただけます→

【広告】今週の日曜版
私も読んでます「しんぶん赤旗」メッセージ動画

赤旗見本紙(無料)

赤旗購読

赤旗電子版購読


赤旗ツイッター Fロゴ赤旗PR

◆しんぶん赤旗ツイッター
◆こちら赤旗日曜版ツイッター


pageup