しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月13日(木)

首相やじ撤回求める

野党国対委員長が一致

写真

(写真)記者会見する穀田恵二国対委員長=12日、国会内

 日本共産党と、立憲民主党、国民民主党などの共同会派の国対委員長は12日夕、国会内で会談し、同日の衆院予算委員会で安倍晋三首相が立憲民主党の辻元清美議員に対し「意味のない質問だ」とやじをあびせたことについて「議会を冒とくするものであり、断じて容認できない」との認識で一致し、謝罪・撤回を求める方針で一致しました。

 また、衆院予算委員会での棚橋泰文委員長(自民党)による議事運営が、公平さに欠き、安倍首相の暴言やじ問題についても場内での与野党の協議を認めず、野党の質疑時間つぶしを行っているとの認識で一致。運営の改善を求めることを確認しました。

 政府参考人の委員会出席と答弁をめぐり、野党が要求している和泉洋人首相補佐官の出席を認めない一方、北村誠吾大臣を補佐するための政府職員の出席については採決を強行する運営を厳しく批判し、改善を要求しました。

 会談後、立憲民主党の安住淳国対委員長が、自民党の森山裕国対委員長と会談し、野党の要求を伝えました。森山氏は、明日(13日)回答すると表明しました。

 日本共産党の穀田恵二国対委員長は会談後の記者会見で「安倍首相の問題は大臣の権能にかかわる問題だ。行政監視機能を持つ国会に対して真摯(しんし)に答えるべき人間が、『意味のない質問だ』などというやじを飛ばすなど論外だ。これを看過して、国会審議がなりたつのかということだ」と強調しました。

 安住氏は会談後に記者会見し、「政府・与党の誠実な対応がないと、予算審議そのものが行き詰まる。政府・与党には賢明な対応を求めたい」と述べました。


【システムエラーによる障害・復旧報】2020年2月26日(水)13:40時にシステムエラーから復旧し、赤旗電子版サイトが正常稼働となりました。ただ、閲覧環境によっては時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。読者の皆様にはご迷惑をおかけしました。 26日付の紙面はこちらでご覧いただけます→

【広告】今週の日曜版
私も読んでます「しんぶん赤旗」メッセージ動画

赤旗見本紙(無料)

赤旗購読

赤旗電子版購読


赤旗ツイッター Fロゴ赤旗PR

◆しんぶん赤旗ツイッター
◆こちら赤旗日曜版ツイッター


pageup