しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月13日(木)

秋元議員の証人喚問を

「カジノ疑惑」野国連が一致

写真

(写真)野党国対委員長連絡会。左から4人目は穀田、右端は塩川の各氏=12日、国会内

 日本共産党と、立憲民主党、国民民主党などの共同会派は12日、国会内で野党国対委員長連絡会を開き、カジノ誘致をめぐる収賄容疑で逮捕・起訴された秋元司衆院議員(元カジノ担当内閣府副大臣)が保釈された場合は証人喚問を要求し、徹底して真相解明することで一致しました。捜査当局から事情聴取を受けた議員についても参考人招致を求める方針です。

 安倍晋三政権による黒川弘務東京高検検事長の定年延長の閣議決定について、過去の政府答弁に照らして検察庁法、国家公務員法違反は明白であり、「極めて重大な問題だ」との認識で一致。黒川氏の定年延長の撤回を求めていくことを確認しました。

 北村誠吾公文書管理担当相は基本的な質問に対する答弁もままならず、閣僚の資質とともに、安倍首相の任命責任が問われるとの認識でも一致。また、北村氏を補佐する政府参考人の委員会出席・答弁を与党の多数で強行する予算委員会の運営のあり方は問題だと確認しました。

 「東京」12日付が報じたマルチ商法関係者と安倍首相・昭恵夫妻の写真がマルチ商法の勧誘に利用されていたことについて、首相とマルチ商法関係者を徹底追及することを確認しました。

 日本共産党の穀田恵二国対委員長は会合後の記者会見で、安倍首相とマルチ商法関係者の写真について、「『桜を見る会』や前夜祭がマルチ商法の悪徳なやり方を“手助け”したという問題であり、これまで『面識がない』と言ってきた答弁が虚偽答弁だったとの疑いが出てくる」と指摘しました。


【システムエラーによる障害・復旧報】2020年2月26日(水)13:40時にシステムエラーから復旧し、赤旗電子版サイトが正常稼働となりました。ただ、閲覧環境によっては時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。読者の皆様にはご迷惑をおかけしました。 26日付の紙面はこちらでご覧いただけます→

【広告】今週の日曜版
私も読んでます「しんぶん赤旗」メッセージ動画

赤旗見本紙(無料)

赤旗購読

赤旗電子版購読


赤旗ツイッター Fロゴ赤旗PR

◆しんぶん赤旗ツイッター
◆こちら赤旗日曜版ツイッター


pageup