しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月11日(火)

共闘勝利と党躍進へ 県・府党会議

白川比例予定候補と野党代表 手つなぎ

高知

写真

(写真)声援に応える(左2人目から)春名、小田、白川、武内、松本、広田の各氏=9日、高知県いの町

 日本共産党高知県委員会は第63回県党会議を9日、いの町で開きました。衆院四国ブロックで議席獲得をめざす白川よう子比例予定候補と、昨年の参院選、県知事選で県党の松本顕治氏を野党統一候補に擁立して力を合わせた各野党の代表らが手を取り合って掲げると、代議員らの大きな拍手が湧きました。

 白川氏は、党大会で決定された新しい綱領が示す希望ある日本の未来にふれて決意を表明。野党共闘の前進と日本共産党の大躍進で、新しい政治、未来社会を切り開こうと呼びかけました。

 社会保障を立て直す国民会議の広田一衆院議員は「最近の愛読書」と言う『前衛』を掲げ、党大会の特別ゲスト、中村喜四郎衆院議員の来賓あいさつの中で自身が触れられていることに言及。「野党共闘の深化には、お互いの違いや個性を尊重し合う気持ちと、いざというときには一致団結してたたかえる信頼関係を積み重ねること」と述べました。

 立憲民主党国対委員長代理で県連代表の武内則男衆院議員は「共産党の穀田恵二国対委員長に日々、助言をいただいている」と感謝。高知での野党共闘について「今後の継続をしっかりとやっていかなければならない」と語りました。

 新社会党県本部副委員長の小田米八氏は、この間の共闘の前進への確信を強調。国民民主党県連代表の長尾和明・高知市議、社民党県連代表の久保耕次郎氏からメッセージが寄せられました。


【システムエラーによる障害・復旧報】2020年2月26日(水)13:40時にシステムエラーから復旧し、赤旗電子版サイトが正常稼働となりました。ただ、閲覧環境によっては時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。読者の皆様にはご迷惑をおかけしました。 26日付の紙面はこちらでご覧いただけます→

【広告】今週の日曜版
私も読んでます「しんぶん赤旗」メッセージ動画

赤旗見本紙(無料)

赤旗購読

赤旗電子版購読


赤旗ツイッター Fロゴ赤旗PR

◆しんぶん赤旗ツイッター
◆こちら赤旗日曜版ツイッター


pageup