しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月9日(日)

2019年度改定 国保料 447自治体が値上げ

国は20年度も圧力強化

共産党が調査

図

 国民健康保険料・税の2019年度改定をモデル世帯で計算したところ、いまでも高すぎるのに、国保を運営する全1736市区町村(二つの広域連合含む)の4分の1を占める447自治体で値上げされたことが分かりました。大都市圏に値上げが集中し、大阪府は9割、東京都は6割の自治体が負担増を強いています。20年度改定でも連続・大幅値上げへ圧力を強める安倍政権に対し、国民生活を守る運動がいっそう求められています。

 調査は日本共産党がおこなったもので、「給与年収400万円の4人世帯(30代夫妻と子2人)」をモデルに集計しました。

 値上げしたのは447自治体で、半数近い205自治体が2年以上の連続値上げをおこなっています。国が18年度から導入した「国保の都道府県化」で、市区町村に対して連続・大幅値上げの圧力をかけるなか、値上げした自治体数は導入前より増えています。

大都市圏に集中

 値上げした自治体数が多い都道府県は、大阪府がトップで90・7%。東京都が64・5%、広島県が52・2%、神奈川県が51・5%―と続きます。大都市圏に集中しているため、多数の加入世帯に値上げが直撃したとみられます。

 東京都の場合、千代田区をのぞく22区が10年連続の値上げを強行。国保料は年42万~44万円台にまで高騰しています。

 「給与年収240万円の単身世帯」モデルで計算した場合も、大都市圏を中心に全体の4分の1の431自治体が値上げしました。

 逆に値下げしたのは、先述の「年収400万円の4人世帯」では133自治体にとどまりました。1156自治体は据え置きです。

 国の言いなりに連続・大幅値上げに突き進むのか、地方自治の本旨である「住民の福祉増進」へ引き下げをめざすのか―。各市区町村が6月ごろまでに決める20年度の国保料・税率の動向を注視する必要があります。

 都道府県は順次、都道府県化に基づく20年度の「標準保険料率」の仮計算や確定計算の結果を市区町村に示し始めています。東京都の場合、1人あたりの国保料が平均4600円増の年15万5300円となる仮計算の結果を出しています。各都道府県が市区町村に、公費繰り入れの削減・廃止と国保料の値上げを迫っているのです。

 この“圧力”のもと、さいたま市の場合、20年度の国保料・率を引き上げる条例改定案を2月議会に提案。可決されれば4年連続の値上げです。市は26年度まで毎年の値上げを狙っています。

国民生活顧みず

 国保加入者は、非正規雇用の労働者や退職後の高齢者が大半を占めます。貧困化で国保料が払えずにいる人が多数いるのに、国が国庫負担金を減らし続けてきたため、国保料は高騰しています。

 国は国民の生活苦を顧みず、逆に連続・大幅値上げの圧力を強めています。市区町村の公費繰り入れを削減・廃止する取り組みを進めないと、「保険者努力支援制度」の交付金を減らすペナルティー措置を20年度から導入すると決定。“公費削減ありき”の道を突き進んでいます。

 標準保険料率 「国保の都道府県化」でつくられたもので、市区町村が国保料・税の値上げを抑えたり、値下げするために独自に行っている公費繰り入れ(法定外繰り入れ)をやめることを前提に都道府県が計算。市区町村に対して、公費繰り入れを削減・廃止し、標準保険料率に合わせた連続・大幅値上げを迫る仕組みです。ただ、あくまで「参考値」にすぎず、市区町村に従う義務はありません。


【システムエラーによる障害・復旧報】2020年2月26日(水)13:40時にシステムエラーから復旧し、赤旗電子版サイトが正常稼働となりました。ただ、閲覧環境によっては時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。読者の皆様にはご迷惑をおかけしました。 26日付の紙面はこちらでご覧いただけます→

【広告】今週の日曜版
私も読んでます「しんぶん赤旗」メッセージ動画

赤旗見本紙(無料)

赤旗購読

赤旗電子版購読


赤旗ツイッター Fロゴ赤旗PR

◆しんぶん赤旗ツイッター
◆こちら赤旗日曜版ツイッター


pageup