しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月21日(火)

就任のあいさつ

政策委員長 田村智子副委員長

写真

(写真)あいさつする田村智子副委員長=20日、衆院第2議員会館

 前任の笠井亮衆院議員をはじめ、政策委員会に相談をして、自分の発言や演説が練り上げられていく経験をたくさんしてきました。昨年の参院選で、「くらしに希望を 三つのプラン」やジェンダー平等の政策が、論戦だけでなく党活動全体に大きな役割を果たしていることも実感してきました。

 また、笠井さんが野党各党の政調会長と信頼関係を築きながら野党共闘を築いてきたことも垣間見てきました。

 それだけに、今回、政策委員長となることには不安もあります。しかし、この間、多くの方に入党を呼びかける際に、日本共産党の良い所は、集団の力で個性を生かし、その個性を伸ばしていくところですと訴えてきました。

 各分野のスペシャリストである国会議員や秘書の皆さん、中央や全国の同志の皆さんから多くのことを学びながら、また、政策の土台である綱領をはじめとする理論学習にも本気で取り組んで、自らを鍛えて頑張り抜いていこうと思います。

 個性という点では、前回大会からの3年間、青年学生委員会の責任者を務め、高校生を含む若い世代の皆さんと、直接、政治について語り合う場を多くもつことができました。若い世代の皆さんに「政治は変えられる」「政治は私のためにある」という希望を届けることに挑戦していきます。

 女性が政策委員長につくのは日本共産党として初めてです。28回党大会ではジェンダー平等社会の実現が綱領に明記され、党としても自己改革が必要だということが大会に向かう中央の議論の中でも深められました。中央役員に女性の比率がまだまだ低いのは、都道府県委員長や地区委員長にあまりにも女性が少ないことが大きな要因の一つだということを直視して議論し、まず女性を機関幹部に登用することが第二決議でも強調されました。

 「よし頑張るぞ」という女性ももちろんいると思いますが、「できるだろうか」という女性自身の不安も決して小さくないと思います。そういう女性の皆さんを、わが身をもって応援したい。この決意で頑張ります。


【システムエラーによる障害・復旧報】2020年2月26日(水)13:40時にシステムエラーから復旧し、赤旗電子版サイトが正常稼働となりました。ただ、閲覧環境によっては時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。読者の皆様にはご迷惑をおかけしました。 26日付の紙面はこちらでご覧いただけます→

【広告】今週の日曜版
私も読んでます「しんぶん赤旗」メッセージ動画

赤旗見本紙(無料)

赤旗購読

赤旗電子版購読


赤旗ツイッター Fロゴ赤旗PR

◆しんぶん赤旗ツイッター
◆こちら赤旗日曜版ツイッター


pageup