しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月18日(土)

躍動 28回党大会

スポーツ通し党へ

サッカープロ監督・町議 茨城・利根 峯山代議員

写真

(写真)峯山典明茨城県利根町議=17日、静岡県熱海市

 プロサッカー選手をめざしたこともあった峯山典明さん。後に日本共産党と出会い、入党、いまは茨城県利根町議として活動します。静岡県熱海市で開かれている第28回日本共産党大会の討論で16日に「今の高校生に共産党アレルギーはありません」と発言し、参加者は元気をもらいました。

 「政治に関心をもつきっかけは、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故です」。峯山さんは振り返ります。

 2011年3月11日、フットサルの全日本選手権が東京・代々木体育館で開かれていました。サッカーのプロ監督、峯山さんが教える高校生が観戦していて“帰宅難民”に。その後、電気が使えずナイター練習は禁止、体育館での練習時間も短縮されました。「スポーツと政治は深く結びついている」と気付きました。

 安倍自公政権に代わると「戦争できる国」づくりへの動きが強まりました。「戦争が起きたらスポーツどころではない」と危機感を抱き、選挙では共産党含む野党に投票していました。

 地域には、スポーツ系の大学が二つあります。サッカー専門家としての強みをいかして、「若い世代の中で党勢を広げていきたい」と目を輝かせました。


【システムエラーによる障害・復旧報】2020年2月26日(水)13:40時にシステムエラーから復旧し、赤旗電子版サイトが正常稼働となりました。ただ、閲覧環境によっては時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。読者の皆様にはご迷惑をおかけしました。 26日付の紙面はこちらでご覧いただけます→

【広告】今週の日曜版
私も読んでます「しんぶん赤旗」メッセージ動画

赤旗見本紙(無料)

赤旗購読

赤旗電子版購読


赤旗ツイッター Fロゴ赤旗PR

◆しんぶん赤旗ツイッター
◆こちら赤旗日曜版ツイッター


pageup