しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月12日(火)

オスプレイ配備するな

市民と野党 集会行進

千葉 志位委員長が訴え

写真

(写真)「日本の空にオスプレイはいらない」とパレードする参加者たち=10日、千葉県船橋市

 「事故だらけのオスプレイは日本の空にいらない」の声が晴れわたった空に響きました。

 防衛省が垂直離着陸輸送機オスプレイ17機を購入して千葉県の陸自木更津駐屯地に「暫定配備」し、千葉県をはじめ首都圏を中心に訓練しようとしている中で「習志野・八千代・船橋市民集会」が10日、船橋市で行われ、470人(主催者発表)が参加しました。

 日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党、新社会党、緑の党、市民ネットワーク千葉県の代表が発言。

 共産党の志位和夫委員長は、防衛省の説明からもオスプレイが低空飛行も夜間飛行も行い、年間で4500回離着陸することになると指摘。政府の「防衛のため」「災害対応のため」という欺瞞(ぎまん)を暴き、「野党と市民の共闘でオスプレイ配備を阻止しよう」と訴えました。(要旨)

 国民民主党の青木愛参院議員は「米国防の専門家もオスプレイの事故の多さを批判している」、立憲民主党の浦田秀夫船橋市議は「構造的欠陥を持つオスプレイを配備するのは米国と日本だけだ」、市民ネットの伊藤とし子県議は「防衛省は市民の安全・安心を全く考えていない」―とそれぞれ発言しました。

 陸自オスプレイ配備の候補地とされている佐賀市、米軍オスプレイが配備されている横田基地(東京都)で反対運動を進めている団体からの連帯メッセージが紹介されました。

 集会後、市内をパレードしました。

 船橋市在住の9歳の双子の母親(46)は「今でもマンションの上を自衛隊機が低空飛行していく。沖縄に友人がいて、オスプレイの怖さを聞いている。何とか配備を止めたい」と話しました。


【システムエラーによる障害・復旧報】2020年2月26日(水)13:40時にシステムエラーから復旧し、赤旗電子版サイトが正常稼働となりました。ただ、閲覧環境によっては時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。読者の皆様にはご迷惑をおかけしました。 26日付の紙面はこちらでご覧いただけます→

【広告】今週の日曜版
私も読んでます「しんぶん赤旗」メッセージ動画

赤旗見本紙(無料)

赤旗購読

赤旗電子版購読


赤旗ツイッター Fロゴ赤旗PR

◆しんぶん赤旗ツイッター
◆こちら赤旗日曜版ツイッター


pageup