しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月20日(日)

米と一緒に戦争やることになる

中東沖自衛隊派兵 志位委員長が批判

 日本共産党の志位和夫委員長は19日に神戸市内で開かれた「地域・職場・青年革新懇全国交流会in兵庫2019」での特別発言で、日本政府が中東沖への自衛隊派兵を検討している問題について「『有志連合』には入らないというが、仮にアメリカとイランが戦争状態になったら、自衛隊が動員されないことにはならない。一緒に戦争をやることになる」と批判しました。

 志位氏は、現在の中東危機は、アメリカのトランプ大統領が一方的に「イラン核合意」から離脱したのが原因だと指摘。「トランプ大統領は自分で危機をつくっておいて、軍事的挑発をやるというのは本当に間違っている。その動きに参加する日本も間違っている」と強調しました。

 志位氏は「日本政府が今やるべきことは、自衛隊を出すことではなくて『イラン核合意に戻れ』と、トランプ大統領に正面切って言うことだ」と主張しました。


【システムエラーによる障害・復旧報】2020年2月26日(水)13:40時にシステムエラーから復旧し、赤旗電子版サイトが正常稼働となりました。ただ、閲覧環境によっては時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。読者の皆様にはご迷惑をおかけしました。 26日付の紙面はこちらでご覧いただけます→

【広告】今週の日曜版
私も読んでます「しんぶん赤旗」メッセージ動画

赤旗見本紙(無料)

赤旗購読

赤旗電子版購読


赤旗ツイッター Fロゴ赤旗PR

◆しんぶん赤旗ツイッター
◆こちら赤旗日曜版ツイッター


pageup