しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年10月8日(月)

加計氏の証人喚問は必須

小池書記局長が表明

 日本共産党の小池晃書記局長は7日、加計学園の加計孝太郎理事長が同日行った記者会見について、「加計氏は(安倍首相との面会などが記された)愛媛県文書を見ていないという。愛媛県文書の内容が明らかになって半年以上、しかもこれだけ世間を騒がしている。加計氏の態度は無責任極まる。証人喚問は必須だ」と述べ、衆参両予算委員会での加計氏の証人喚問を強く求めていく考えをあらためて表明しました。報道各社の求めに答えました。

 小池氏は「加計氏の会見は、自分はすべて知らぬ存ぜぬで、学園の渡辺良人事務局長が(首相との面会のウソ証言を)全部行ったという。その渡辺氏はきょうの会見に同席もしていない。そして国会に提出された愛媛県文書の中身を否定する。国会と国民をなめきった態度だ」と厳しく批判。「安倍首相は『腹心の友』がこんなひどい対応をしていることに何もいわないのか。その姿勢も問われている。自身の疑惑についての真相を解明する責任は首相にある」と指摘しました。


pageup