しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月18日(火)

非核化が中心議題

きょうから南北首脳会談

 【ソウル=栗原千鶴】韓国の任鍾晳(イム・ジュンソク)大統領秘書室長は17日、ソウル市内で記者会見し、18日から平壌で行われる文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長との会談で、「非核化の議題が非常に重要な中心課題になる」との認識を示しました。

 会談では▽南北関係の改善・発展▽非核化のための米朝対話の強化、促進▽南北間の軍事的緊張と戦争の脅威の解消―の三つが主な議題になると明らかにしました。

 任氏は「非核化が議題に含まれている点」が重要だと指摘。「米朝が真摯(しんし)な対話を早期に再開し、北朝鮮の進展した非核化や、米国の相応の措置が推進されるよう努力する」と語りました。

 今回の会談で具体的な成果を求める声があることを念頭に、「両首脳間で、どれほど率直に対話が行われるかによって、非核化の具体的な進展の合意がなされるだろう」と分析。「すべて白紙の状態だ」と慎重な姿勢を示しました。

 任氏によると、文氏は18日午前8時40分、ソウルから平壌へ空路で向かい、午前10時ごろ到着予定。会談は午後から始まり、2日目も続行。任氏は「円滑に進めば、(19日の)午前の会談後に、合意内容を発表する共同記者会見が可能ではないか」との見通しを示しました。


pageup