しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月11日(火)

共産党 強く大きく

参院選・統一地方選で躍進を 各地で演説会

「沖縄と連帯して」

北九州 山下副委員長

写真

(写真)沖縄県知事選勝利と党躍進を訴える山下副委員長=9日、北九州市八幡西区

 来年の参院選勝利と統一地方選挙で県議会議席獲得などを目指す日本共産党八幡・戸畑・遠賀地区委員会と門司・小倉地区委員会は9日、山下よしき副委員長を迎えて北九州市内2カ所で演説会を開きました。

 山下氏は、「沖縄に新たな基地はつくらせない」と保守・革新の立場を超えて結集してきた「オール沖縄」こそ未来をひらく新しい政治の流れだと強調。沖縄県知事選では日本の政治のあり方も問われるとし「沖縄と本土が連帯して玉城デニーさんを知事に押し上げよう」と力を込めました。

 国民多数が反対する悪法を強行しウソの答弁を繰り返す安倍政権を、市民と野党の共闘で終わらせようと訴え。日本共産党は「反戦平和の党」「共同の力で政治を動かす党」だと紹介し、「この党が伸びてこそ野党共闘が前進します。世の中を変えるために持てる力を発揮していただきたい」と入党を呼びかけました。

 仁比そうへい参院議員が、「党を強く大きくし、本気の共闘を必ず成功させて安倍政治を倒そう」と呼びかけました。かわの祥子参院福岡選挙区予定候補、田村貴昭衆院議員、真島省三前衆院議員が訴え。小倉会場では、たかせ菜穂子県議と大石正信県議予定候補、八幡会場では、いとう淳一県議予定候補ら統一地方選をたたかう各予定候補が決意表明しました。

 共闘前進の立場から、九州国際大学の神陽子准教授、曽根九条の会の上西創造会長があいさつをしました。

 当日、8人が入党しました。

入党を呼びかけ

京都 田村副委員長

 来年の参院選、統一地方選勝利にむけ、田村智子党副委員長・参院議員を迎えた日本共産党演説会が9日、京都府内3カ所で行われました。

 田村氏は、参院京都選挙区予定候補の倉林明子参院議員の活動を、京都府下の議員団の議会論戦に精通し住民の要求実現に努力する姿や、麻生太郎財務大臣にも非を認めさせ、中小業者への問答無用の差し押さえをやめさせた論戦など、「いぶし銀の働き」と紹介。前回選挙の2倍近い得票で必勝をめざす、「明確な前進の勢いでこそ、地方選でも勝利できる」と訴えました。

 「市民と野党の共闘に最も真剣に取り組んできた党、自民党政治にかわる社会の実現を掲げ続けてきた党である日本共産党が伸びてこそ政治は変わる」と強調し、選挙戦への協力とともに、日本共産党への入党をよびかけました。

 京都市中京区の2カ所の演説会には、穀田恵二党国対委員長・衆院議員、原田完府議予定候補、平井良人、山田あいき両市議予定候補が参加。舞鶴市の演説会には、井上さとし参院議員(参院比例予定候補)、ごの和史府議予定候補、小西洋一、石づかえつこ、小杉えつ子、いだ悦子の各市議予定候補が参加し、選挙勝利を訴えました。

「野党共闘を強固に」

愛媛 宮本岳志衆院議員

 日本共産党の宮本岳志衆院議員は9日、松山市内2カ所の国会報告会と演説会に駆けつけ、「うそと強権の安倍政権を打倒するには日本共産党の躍進と野党共闘の勝利しかない」と述べ、来年の参院選比例代表での躍進と仁比そうへい議員の再選、統一地方選での田中かつひこ県議の再選を訴えました。参加者から大きな拍手が送られました。

 宮本氏は、西日本豪雨災害で死者9人を出した鹿野川ダムと野村ダムの放流問題をあげ、「ダムを造れば洪水は防げるという“安全神話”がまかり通っている。洪水を防ぐためには、浚渫(しゅんせつ)、掘削、樹木の伐採、堤防整備などで河道の流下能力を高めることだ。国のダム建設第一のゆがんだ政策が住民の命を奪っている。こんな政治は一刻も早く変えなければならない」と力説しました。

 田中氏は被災者の声を紹介し、被災者生活再建支援法を改正し、全壊世帯の支援金引き上げや一部損壊世帯への支援金などを求めていくと訴えました。

 参加した男性(81)は「共産党をなんとしても伸ばしたい。それでこそ野党共闘も強固になります」と話していました。


pageup