しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月5日(水)

沖縄県知事選勝利へ

全国から、沖縄のつながりのある人への支持拡大・紹介活動をよびかけます

日本共産党中央委員会

 翁長雄志知事の急逝にともない、知事選挙が9月13日告示、30日投票でおこなわれます。

 知事選挙は、辺野古新基地建設を最大争点に、「オール沖縄」の玉城デニー予定候補と、安倍政権の全面支援を受け、自民党・公明党、日本維新の会が推す前宜野湾市長との一騎打ちです。

 辺野古基地建設の阻止のために命が燃え尽きるまで、県民の先頭に立ってたたかい続け、その生涯を遂げられた翁長知事の遺志を継ぎ知事選に必ず勝利しようという決意が、幅広い県民のなかに広がりつつあります。

 相手候補は、公約でも演説でも辺野古基地問題はふれず、争点を隠し、もっぱら企業・団体をしめつける組織戦に徹した選挙戦を展開しています。菅官房長官、自民党二階幹事長を先頭に、安倍政権、自民党の幹部が連続して沖縄入りし、テコ入れをはかっています。公明党・創価学会も幹部が常駐し、学会員の総動員に全力を尽くしています。これらの活動は、沖縄県内にとどまりません。企業・団体へは、東京本社から関連企業への沖縄のつながり名簿の提出をもとめたり、創価学会は全国で沖縄へのつながりの支持拡大をおこなっています。

 選挙戦は大激戦です。沖縄県知事選は、沖縄の未来を左右するだけでなく、日本の民主主義が問われる全国的意義をもったたたかいです。全国には沖縄県出身者やつながりのある人が多数おられます。

 玉城デニー予定候補勝利のために、沖縄県の家族、友人、知人など、つながりのある人に一人残らず、玉城予定候補への支持を呼びかけていただくことを心から訴えるものです。


pageup