しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月30日(木)

中州に木茂り決壊被害

西日本豪雨 大平氏、鳥取市を調査

写真

(写真)大口堰復旧工事の状況を見る大平(右)、おぎの両氏=28日、鳥取市

 日本共産党の大平喜信前衆院議員は27、28の両日、西日本豪雨で氾濫寸前だった鳥取市の千代(せんだい)川の現場を調査しました。

 大平氏は27日、岩永やす子市議の案内で、千代川の河川敷に降り、中州が形成されて樹木が繁茂している様子を見て回りました。

 28日は、おぎの正己市議予定候補の案内で、豪雨で決壊した千代川の大口堰(ぜき)の復旧工事の状況や電気柵を流された農地を調査し、河原支部主催の集いに参加しました。

 集いで大平氏は、豪雨災害が警戒されるなかで自民党が開いた宴会に安倍首相らが出席するなど、国民をないがしろにする政治だと批判。被災者の救命と支援に全力をあげるのが政治の使命だとして、各地の党議員、党機関、支部が被災者の元に足を運び、行政に働きかけ、断水地域に水を運ぶなどした救援活動を報告しました。

 そのうえで、被害を広げた原因の究明と再発防止が重要だとして「川に土砂が堆積し、樹木が繁茂していたことが被害を広げた。浚渫(しゅんせつ)するお金がないというが、政府は軍事やアメリカのためには税金をつぎ込んでいる」と批判しました。


pageup