しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月16日(木)

9条生かす政治こそ

終戦記念日 共産党宣伝 山添氏ら決意

東京・新宿

写真

(写真)終戦記念日にあたり、訴える(左から)とくとめ、山添、あざみ民栄新宿区議、中山の各氏=15日、東京・新宿駅東口

 終戦から73年となった15日、日本共産党と日本民主青年同盟は東京・新宿駅前で街頭宣伝しました。日本共産党の山添拓参院議員、とくとめ道信都議、中山歩美民青副委員長がそれぞれ、戦争の惨禍を繰り返させない決意を表明しました。

 山添氏は、社会・経済・文化をあらゆる面から破滅に導いた戦争の痛苦の反省をもとにつくられた日本国憲法の根本精神に触れ、「安倍政権による『戦争する国づくり』を許さず、憲法9条を生かす政治に転換するために力をつくす」と強調。米朝首脳会談の実現や核兵器禁止条約の採択など、世界で強まる非核・平和への流れに逆行する安倍政権の姿勢を批判し、「安倍政権をかえて、不戦を誓った憲法9条を守り抜き、核兵器禁止条約に参加する政治を実現しましょう」と力強く呼びかけました。

 とくとめ氏は、多くの若者が命を散らした特攻隊の悲劇などを訴え、「若者たち、子どもたち、孫たちの未来に戦争はいらない。憲法9条を生かして、核もない、戦争もない平和な日本を手渡していくのが私たちの責任だ」と主張。中山氏は、9条を守ろうという運動が日本の平和の礎となったとして、「9条という平和のバトンを次の世代に託したい。そして世界中につないでいきたい」と訴えました。


pageup