しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月16日(木)

きょうの潮流

 ♪あの日 お日さまが割れて 青空が消えて 残った影―。広島・府中小学校の子どもたちが被爆者から話を聞いて作詞した「あの夏を忘れない」です▼曲をつくったのはロック歌手の吉川晃司さん。自身も被爆2世で原爆の話を聞かされて育ちました。8年前に完成したこの歌を、原爆とともに3・11後の原発とどう向き合うかを考えるきっかけになればと歌い継いできました▼いまネットでその吉川さんが話題になっています。西日本豪雨の被災地を回り、黙々とボランティア活動に励んでいる姿が。本人からは何も発信していませんが、いくつもの目撃情報が称賛とあわせてツイートされています▼タレントのローラさんがユニセフの行事に参加し、多額の寄付をしたことも注目されています。彼女は「リスクがあっても嘘(うそ)のない、人にとっても地球にとっても幸せが続くことに精一杯力を注いで頑張っていきたい」とのメッセージを寄せて▼社会的な発言や取り組みには勇気がいる芸能界。沖縄の翁長知事が亡くなったときの安室奈美恵さんのコメントも強い印象を。「沖縄の事を考え、沖縄の為(ため)に尽くしてこられた翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ、これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております」▼核や原発への政府の姿勢も批判する吉川さん。「ぼくたちなりの今だせる言葉や行動が平和につながるのでは」と。「あの夏―」は呼びかけます。幸せってなんだろう その答えは この手から きっと はじまる。


pageup