しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月9日(木)

杉田議員差別発言 多くの人の尊厳傷つける

三重県議20人抗議

 三重県の県議20人が7日、自民党の杉田水脈衆院議員のLGBT(性的少数者)差別発言に強く抗議する声明を発表しました。20人は、日本共産党議員団、新政みえ、草の根運動いが、に所属。

 声明文は「子どもを産むか否かをもって『生産性がない』と決めつけ差別することは、LGBT当事者はもとより、障がいを持つ方、不妊に悩む方など多くの人びとの尊厳を傷つけ、多様な生き方、基本的人権と自己決定権を全否定する思想であり、絶対に容認できない」と指摘し、「国会議員としての資質に欠ける」と批判しています。

 会見に同席した日本共産党の岡野恵美県議は「障がい者や働きたくても働けない人を除外する差別的な考え。発言を擁護する自民党幹部は問題」と述べました。


pageup