しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月7日(火)

「不参加変わりない」

首相 被爆者との懇談後に会見

 安倍晋三首相は6日、広島市内で広島被爆者7団体との懇談後に記者会見し、今後も日本政府として核兵器禁止条約に署名・批准しない立場を改めて明言するとともに、日朝首脳会談の開催については現段階で何も決まっていないと述べました。

 首相は禁止条約について、「核兵器のない世界を実現するためには核兵器国の参加を得ることが必要不可欠。条約には核兵器国は残念ながら一国も参加していない」と正当化した上で、「わが国としてこれに参加しないとの立場には変わりはない」と断言しました。

 また、被爆者との懇談で提起された在北朝鮮の被爆者支策について、日朝首脳会談が実現の際には提起する考えはあるかと記者から問われたのに対し、「対北朝鮮被爆者の問題は、重要な人道上の問題だと思うが、日朝首脳会談は現時点で決まっていることは何もない。(北朝鮮との)外交関係がないといった現状を踏まえれば、医療支援を適切な形で議論していくことは事実上困難だ」と発言しました。


pageup