しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月7日(土)

松本死刑囚の刑執行

オウム事件初 元幹部6人も

 法務省は6日、オウム真理教による地下鉄サリン事件など一連の事件で有罪が確定した元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚と元幹部ら計7人の死刑を同日執行したと発表しました。事件をめぐっては、13人の死刑が確定していますが、執行されるのは初めてとなります。

 死者29人、負傷者6000人超を出したオウム真理教による全13事件。松本死刑囚は地下鉄サリン事件を起こした1995年に逮捕されました。一審の東京地裁は2004年、起訴された全13事件で有罪とし、死刑判決を言い渡しました。二審の東京高裁は、弁護人が期限内に控訴趣意書を提出しなかったとして06年に控訴を棄却。最高裁も支持し、同年9月に死刑が確定しました。

 地裁の公判で、松本死刑囚は「事件は弟子が勝手にやったものだ」などと無罪を主張。殺人を正当化する教義の誤りを認めることはなく、次第に不規則発言や居眠りを繰り返すようになり、法廷で事件の動機などを詳しく語ることはありませんでした。

 オウム真理教による一連の事件で起訴された教団関係者192人の刑事裁判が1月に全て終結したことを受け、法務省は3月、東京拘置所に収容されていた13人のうち7人を他の施設に移送していました。

 教団をめぐる裁判は終結しましたが、高学歴の若者たちが荒唐無稽な教義を信じ、殺人に手を染めたのかなどの解明は不十分です。サリン事件では後遺症に苦しむ被害者が今も多くおり、補償も不十分です。

 1980年代から90年代にかけて、各地で教団施設と地元住民のトラブルが各地で発生。日本共産党の支部と議員らは住民と共に、同教団の危険性を告発してきました。


pageup