月刊誌・書籍

月刊学習2007年6月号 表紙

月刊学習

2017年6月号
定価380円(送料78円)

 「日本共産党って、どんな党?」「マルクスを読んでみたいけど?」そんな疑問や要望にわかりやすくこたえます。日本共産党や、科学的社会主義を、楽しく学べる雑誌です。

定期購読

申し込み

バックナンバー

【お願い】2014年4月号以前の雑誌バックナンバーの定価と送料は、消費税増税前の表示となっています。購入にあたっては、消費税増税分を加えた新しい金額とさせていただきます。

座談会 第27回党大会決定 全党員読了への挑戦
出席者
 神奈川県横浜西南地区 戸塚町支部 角坂美枝
 岐阜県恵那地区 常任委員 山田洋介
 滋賀県湖南地区 甲賀市委員長 安井直明
 広島県広島市東地区 常任委員 小谷吉宏
 〈司会〉 学習・教育局次長 若林節子
座談会 第27回党大会決定


若林義春東京都議選の勝利・躍進を必ず
志位委員長演説(4/17)を力にして
 東京都委員長 若林義春

東京都議選――日本共産党の予定候補者


オスプレイ事故にみる対米従属の実態
 国民運動委員会 林 竜二郎

あんずの里で「赤旗」ひろげ、地域に根をはる人たち
長野県千曲市・更埴中央支部を訪ねて
 機関紙活動局次長 庄子正二郎


連載 ワタナベ・コウの日本共産党発見7 野党外交という“奇策”で世界と連帯


連載 入門講座 科学的社会主義
『マルクスと友達になろう』をテキストに
〈第5回〉マルクスと未来社会論
 社会科学研究所副所長 山口富男


若い世代のなかでの活動
新入生の前向きな変化を実感――
党の力を結集した新歓運動を

 北海道委員会 青年・学生部長 金倉昌俊

若い自治体労働者のなかに党建設をすすめて
 A県 職場対策担当 小笠原 悟

青年・学生の手記 私と日本共産党
2つの選挙を経験し、政治を変えなければと決意
 新潟 小林雄太

発掘 あの時あの写真(拡大版)
「65・4・28 海上大会」(1965年)
月刊学習2017年6月号 写真 「65・4・28 海上大会」(1965年)

連載 綱領の基本用語の解説
民族の自決権は公認の世界的な原理 など

データで見る日本 
非正規労働者の増加と正規との賃金格差 

言葉の現場から
「各位」「御中」
 河邑哲也

海外リポート
[トルコ]
憲法改定し大統領に権力集中、市民から強い懸念
 小玉純一

科学トピックス
“小さな人”の祖先はいったい誰?
 間宮利夫


書籍トップページ新しい号 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
 (c)日本共産党中央委員会