日曜版「しんぶん赤旗」

日本共産党メイン

「しんぶん赤旗」トップ

 カテゴリー

1面
3面
日曜ワイド
ひと
どうみる米朝首脳会談
この人に聞きたい
お役立ちトク報
トコトン対談
安倍改憲を問う2017
メディアは今
健康らいふ
くらし彩々
10's20'sYモード
たび
文化
スポーツ
地域でともに
少年少女
16面
世界.net
歴史に向き合う
地域発
黒柳徹子さん報告
私と介護
安倍改憲を問う
戦争法廃止の政府を
インタビュー戦後70年
戦後70年を考える
追及ブラック企業
原発ゼロへ 私の思い
生きる
復帰45年 オール沖縄の心


 バックナンバー

11年9月11日号 の紹介

1面

漁に出るぞ 不安だけど やんなきゃなんねぇ

2011年09月11日号

震災6カ月 岩手・釜石

110911-1面.jpg東日本大震災から6カ月。死者・行方不明者は2万人にのぼり、家族を、故郷を、仕事を失った人たちの苦しみはいまも続いています。震災直後に取材した岩手県釜石市の漁師の半年は―。


原発ゼロへ 私の思い

作家 椎名誠さん

2011年09月11日号

地球に毒流した怒り 僕は見てきた 自然エネの可能性

椎名誠-原発ゼロ.jpg  東電の原発が放射能汚染水を海に流した―。この20年ぐらいの出来事のなかで一番驚いたことです。地球全体につながる水の世界に毒物を流したことに、世界がもっと怒っていいと思います。
  『地球がもし100cmの球だったら』(世界文化社)という絵本を愛読しています。地球を1㍍の球とすると海の深さは平均0・3㍉㍍。世界の海水はビール大びん1本程度。飲み水に利用できる淡水はスプーン1杯にも満たない、とあります。



10's20'sYモード

ダンスに生きる

2011年09月11日号

ダンスユニット・プロジェクト大山 主宰 古家優里さん(28)
  言葉でなく体で 自由さと不思議さ

yモード110911・180.jpg「プロジェクト大山」は、20代の女性たち約10人で構成するダンスユニットです。メンバーの生活環境はさまざまですが、ダンスへの熱い思いは共通しています。今夜も都内のけいこ場にメンバーが集まり、練習に励みます―。



11年9月11日号

連載➆ 外部被ばくから身を守る 三つの原則

2011年09月11日号

今回は、外部被ばくから身を守る具体的方法である三つの原則、除染について説明します。第一の原則は、放射線をさえぎる「遮蔽(しゃへい)」です。第二の原則は、「距離」をとることです。第三の原則は、「時間」です。


日曜ワイド

9・11から10年 終わりなき戦争 世界経済も脅かす

2011年09月11日号

米軍事費10年で81%増 アフガン復興どころか悪化
中東で民主化、米国離れ

110911ワイド.jpg2001年の9・11対米同時テロから10年。米国が主導した「対テロ戦争」はアフガニスタンやイラクを混乱に陥れたばかりでなく、膨張しきった軍事費が米国経済を圧迫し、世界経済にも新たな危機をもたらす「終わりなき戦争」(米紙ワシントン・ポスト)となっています。


健康らいふ

医療最前線 非アルコール性脂肪肝炎

2011年09月11日号

メタボ要因、200万人超す患者 早期発見で肝硬変、肝がん防ぐ

非アル脂肪肝炎.jpg人間ドックの健康診断票を妻に渡したら、ひとこと「やあだあ」。"脂肪肝"の指摘はもう何回目か。酒は飲まないのに肝機能が年々低下。このごろはなにかだるい。50代後半だし、年のせいか。いやいや、ひょっとしたら?


たび

愛媛 西予市卯之町 歴史感じる町並み

2011年09月11日号

西予市町並.jpg



地域発

香川 県立中央病院の沿岸移転

2011年09月11日号

津波、液状化 不安の声 再考もとめる署名運動に反響

香川県立沿岸.jpg香川県は、東日本大震災で中断していた県立中央病院(高松市)の市内臨海部への移設工事を、10月にも再開しようとしています。住民からあがっているのは津波や液状化への不安。移転先の再検討を求める声が広がっています。



ひと

新曲「兆し」を発表 歌手 城南海さん

2011年09月11日号

城南海.jpg

奄美大島が生んだ新歌姫。澄んだ歌声は、突き抜けるようです。奄美と徳之島の観光大使を務めています。「徳之島には母の実家があって、住んだこともあります」。新曲「兆し」(作詞・一青窈、作編曲・武部聡志)は、一青窈さんが東日本大震災の直後、明るい兆しを願って詞を書いたバラードです。


(c)「しんぶん赤旗」日曜版