日曜版「しんぶん赤旗」

日本共産党メイン

「しんぶん赤旗」トップ

 カテゴリー

1面
3面
日曜ワイド
ひと
この人に聞きたい
お役立ちトク報
トコトン対談
安倍改憲を問う2017
メディアは今
健康らいふ
くらし彩々
10's20'sYモード
たび
文化
スポーツ
地域でともに
少年少女
16面
世界.net
歴史に向き合う
地域発
黒柳徹子さん報告
私と介護
安倍改憲を問う
戦争法廃止の政府を
インタビュー戦後70年
戦後70年を考える
追及ブラック企業
原発ゼロへ 私の思い
生きる
復帰45年 オール沖縄の心


 バックナンバー

11年6月26日号 の紹介

1面

信じてた原発で 100倍の被ばく 東電福島第1 作業員語る

2011年06月26日号

ずさんな管理 居所も実態も把握せず 福島以外も異常事態

110626-1面.jpg原子力発電所の危険性をまざまざと示した東京電力福島第1原発の事故。強烈な放射能にさらされながら、事故収束作業に従事する多くの作業員がいます。証言から見えてきた原発の実態は―。高線量下の事故収束作業について、立命館大学名誉教授(放射線防護学)の安斎育郎さんに話を聞きました。国会で福島第1原発作業員の被ばく問題を連続して取り上げている日本共産党の取り組みを紹介します。



日曜ワイド

原発撤退時代 世界の流れは自然エネルギーへ

2011年06月26日号

稼働している国は少数派 自然エネルギー発電が原発超えた

110626ワイド.jpg東京電力・福島第1原発事故をきっかけに、原発から撤退し再生可能エネルギー(自然エネルギー)を拡大する世界の大きな流れが勢いを増しています。イタリア、ドイツ、フランスなど特徴的な動きをみると―。廃炉になった原発の横で太陽光発電が行われている、米国・サクラメント市からのリポートも。



10's20'sYモード

全国青年ボランティアセンター 雨、泥、そして仲間

2011年06月26日号

重労働でも達成感 広島県 和泉円香さん(19)
被災者の声届ける 民青福岡県委員長 宮崎雄士さん(26)

yモード110626・180.jpg「被災者に心を寄せ、生活再建への歩みを支えよう」。民青同盟は6月8日から6月末まで、全国青年ボランティアセンターを宮城県登米(とめ)市に開設し、日々汗を流しています。280人が参加した第1次の取り組み(4月末から12日間)に次ぐもので、被災地に希望を広げています。



地域発

地域発 高知 

2011年06月26日号

発見されたビキニ被災漁船員の日記
 第五海福丸「放射能」浴びた

地域発・高知・被ばく漁船.jpg57年前のビキニ環礁での米国の核実験。被ばくしたのは、よく知られている第五福竜丸だけではありません。他の漁船被災の全容は未解明です。最近、高知県で漁船員の日記帳の公開や米公文書の発見などが相次ぎ、乗組員へのさらなる聞き取り調査や健康状態の解明が始まっています。



たび

京都 嵐山・嵯峨野 百人一首の歌碑巡り

2011年06月26日号

嵐山・嵯峨野.jpg



ひと

NHK「おひさま」で真知子役 女優 マイコさん

2011年06月26日号

マイコ.jpg昭和が舞台のNHK連続テレビ小説「おひさま」で演じる真知子さんは、おっとりしてそれでいて芯が強い。親の言いなりのお嬢様でしたが、女学校でヒロイン・陽子(井上真央)と育子(満島ひかり)に出会い、自分の足で歩き始めます。しかし戦争で、思いを寄せる陽子の兄(田中圭)は戦地へ。「つらい時代です。幸せになってほしいですね。そんな中でも、皆は一生懸命に生きている。その姿が視聴者の心に響くんじゃないのかな、と思います」



(c)「しんぶん赤旗」日曜版