日曜版「しんぶん赤旗」

日本共産党メイン

「しんぶん赤旗」トップ

 カテゴリー

1面
3面
日曜ワイド
ひと
この人に聞きたい
お役立ちトク報
トコトン対談
安倍改憲を問う2017
メディアは今
健康らいふ
くらし彩々
10's20'sYモード
たび
文化
スポーツ
地域でともに
少年少女
16面
世界.net
歴史に向き合う
地域発
黒柳徹子さん報告
私と介護
安倍改憲を問う
戦争法廃止の政府を
インタビュー戦後70年
戦後70年を考える
追及ブラック企業
原発ゼロへ 私の思い
生きる
復帰45年 オール沖縄の心


 バックナンバー

14年12月07日号 の紹介

1面

暴走政治 変える力 今こそ共産党

2014年12月07日号

 総選挙14日投票 志位さん第一声

 作家・僧侶 瀬戸内寂聴さん
 アニメーション映画監督 高畑勲さん
 映画監督 山田洋次さん

14120701election180.jpg「日本共産党が伸びれば、日本の政治は変わります。参院選に続き、総選挙で日本共産党をさらに躍進させてください。力をあわせ、国民の声が生きる新しい政治をつくろう」。総選挙が2日公示(14日投票)され、日本共産党の志位和夫委員長は、東京・新宿駅前と大阪駅前で第一声に立ち、力を込めて日本政治の「五つの転換」を訴えました。作家・僧侶の瀬戸内寂聴さん、アニメーション映画監督の高畑勲さん、映画監督の山田洋次さんにもコメントを寄せてもらいました。日本共産党のあかみね政賢沖縄1区候補の事務所開きに寄せられた、沖縄の新知事の翁長雄志さんのメッセージを紹介します。



14年12月07日号

総選挙 私の審判

2014年12月07日号

 極右に対抗する存在に期待 芥川賞作家 平野啓一郎さん
 沖縄の自民党議席をゼロに 金秀グループ会長 呉屋守将さん
 無党派の思い届けてほしい 漫画家 山本おさむさん
 原発被害者に一番身近な党
  生業を返せ、地域を返せ!
  福島原発訴訟弁護団事務局長
 馬奈木厳太郎さん

14120703choice180.jpg総選挙への思いを、識者に聞きました。



14年12月07日号

目次

2014年12月07日号

やっぱり自共対決 党首の論戦で鮮明

 消費税 景気悪化の引き金ひいた
 アベノミクス 非正規が増、実質賃金は減
 集団的自衛権 「海外での戦闘参加」に道
 身を切る改革 結論は増税、切るのは民意
 政党助成金 廃止して不当特権正せ

14120704leader360.jpg日本共産党の志位和夫委員長は「ネット党首討論」(11月29日)、フジテレビ系「新報道2001」、NHK「日曜討論」(いずれも同30日)、日本記者クラブ主催の党首討論会(12月1日)などに参加し、与野党の党首と論戦を交わしました。「自共対決」が鮮明になった論戦のポイントをみてみると...。(ネット党首討論詳報)(NHK詳報)(新報道2001詳報)(日本記者クラブ詳報)(日テレ詳報)(NEWS23詳報




日本共産党の躍進で 国民の声生きる政治を

 志位委員長が第一声 五つの転換を訴え

14120702speech160.jpg総選挙が2日公示され、14日の投票日に向けた12日間の選挙戦がスタートしました。志位和夫委員長は東京新宿駅西口での第一声で、この間の党首討論を踏まえ、日本の政治の「五つの転換」が対決点としてはっきり浮かび上がってきたと訴えました。第一声のポイントを紹介します。(第一声全文はこちらです)




「オール沖縄」の勝利全区で

 1区は あかみね候補
 那覇市長・保守会派も応援

 新知事支える議員を国会に 那覇市議会議長 安慶田光男さん

14120711all okinawa180.jpg米軍新基地建設反対を掲げる翁長雄志知事を圧勝させた沖縄。それに続く総選挙では、新基地建設推進の安倍政権に審判を下そうと四つの小選挙区すべてで、保革を超えた「オール沖縄」勢力の勝利をめざしています。1区では、日本共産党の前職のあかみね政賢候補が「『オール沖縄』こそ沖縄の将来を切り開く。小選挙区で風穴を開け、絶対に勝利する」と訴えています。





日曜ワイド

共産党と力合わせて 変えよう安倍暴走政治

2014年12月07日号

 わが子を戦争に行かせたくない 女性(25)
 一緒に活動できる身近な党だから 女性(35)
 看護師として集団的自衛権止めたい 女性(39)
 若者を守る規制法案とてもいい 男性(28)
 本土に来て知った沖縄の現実 男性(25)
 学生に寄り添う政策を提案 女性(22)

14120718youth360.jpg原発ゼロ、9条守れ、秘密保護法廃止...。この間、さまざまな分野で一致点にもとづく共同が広がっています。この共同―「一点共闘」を発展させるために力をそそいできた日本共産党に期待と共感が広がっています。20代、30代の若い世代に思いを聞きました。



14年12月07日号

清く正しく美しく 宝塚100年

2014年12月07日号

 包容力こそ男役の魅力 元宝塚星組トップスター 鳳蘭さん
 暗い世の中も華やかに
  宝塚歌劇団名誉理事・特別顧問 植田紳爾さん


 頑張る力もらえる ライター 雨宮まみさん
 まるで親の気持ち 漫画家 はるな檸檬さん

14120716zuka360.jpg今年4月、創立100周年を迎えた宝塚歌劇団。年末まで記念公演・行事が続いています。宝塚の魅力、次の100年への期待など、元宝塚星組トップスター・鳳蘭さん、宝塚歌劇団名誉理事・特別顧問・植田紳爾さんに話を聞きました。宝塚ファンを代表して、『タカラヅカ・ハンドブック』(新潮社)を書いたライターの雨宮まみさんと、宝塚オタクを描いた漫画『ZUCCA×ZUCA』が人気の、はるな檸檬さんにも話を聞きました。


10's20'sYモード

告発 ブラックバイト 

2014年12月07日号

 罰金 自腹 人手不足

 アンケートで実態調査 京都

 あきらめずに声あげよう 首都圏青年ユニオン委員長 神部紅さん

14120713part-time180.jpg若者を使いつぶし、学生生活や、学業を困難にするブラックバイトの実態を集め、告発しようと取り組みがすすんでいます。首都圏青年ユニオン委員長の神部紅さんにも話をききました。



くらし彩々

ココがポイント 年の瀬お掃除

2014年12月07日号

 やっておきたい場所
 水回りのひと手間
 住宅アドバイザー 藤原千秋さんが伝授

14120709cleaning180.jpg年の瀬は、何とか忙しい。そこで、手間と労力をかけずにスッキリ掃除するポイントを住宅アドバイザーの藤原千秋さんに教えてもらいました。



くらし彩々

堆肥づくりに挑戦 材料の重ね方にコツ

2014年12月07日号

手作り菜園 和田義弥

14120708compost180.jpgフリーライターの和田義弥(わだ・よしひろ)さんが、やさしく家庭菜園のコツを解説するシリーズ「手作り菜園」。寒さが一段と厳しくなる12月。この時期は基本的に菜園作業はお休みです。今回は野菜づくりに欠かせない堆肥について紹介します。



スポーツ

フィギュア新星 めざすは五輪

2014年12月07日号

 NHK杯優勝 軽快ジャンプ 村上大介選手
 ロシア杯優勝 伸びやかな手足 本郷理華選手

14120732figure180.jpg2018年冬季平昌五輪(韓国)に向けて、期待の新星が現れました。11月末のフィギュアスケートNHK杯で初優勝した村上大介選手(23)と、11月中旬のロシア杯で初優勝した本郷理華選手(18)です。



文化

今に通じる いくさ回避の願い

2014年12月07日号

 江戸時代に実在した女性大名
 武士の意地鎮め非戦貫いた

 初の時代小説『かたづの!』 作家 中島京子さん

14120729kyouko180.jpg作家の中島京子さんの初の時代小説『かたづの!』が話題です。なぜ時代小説に挑んだのか。現代社会の動きをどうみるか。10月に泉鏡花文学賞を受賞するなど、今注目の作家に思いを聞きました。


『土砂どめ奉行物語』 日曜版連載が本に

日曜版連載漫画、青木朋さんの「山の奉行ものがたり」が『土砂どめ奉行物語』(双葉社・税別700円)として単行本になりました。



ひと

『ルイルイ仕切り術』を出版 俳優・歌手 太川陽介さん

2014年12月07日号

14120736tagawa180.jpg「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)で人気急上昇中です。「再ブレーク」と騒がれますが、本人は「姿勢は変わらないです」といたって平常心。


たび

「語り部処」で歴史を聞く  石川・七尾

2014年12月07日号

14120721kaga180.jpg



14年12月07日号

目次

2014年12月07日号

ここが聞きたい共産党

 投票先に迷っている あなたの疑問を解決

 いいこと言うけど力ないよね?
 他の野党と選挙協力しないの?
 身を切る改革はどうなの?
 党名変えたほうがよくない?
 旧ソ連や中国とどこが違うの

14120706doubt360.jpg「総選挙でどの党を選ぶか思案中だけど、共産党はここが気になる」「共産党の主張はいいけどいいけど、ここはどうなの」―。そんな疑問に答える「日本共産党にここが聞きたい」コーナーです。テレビや一般紙でわからない姿がみえてきます。




日本共産党衆院比例候補 躍進へ総力

 南関東 世界とアジアの平和つくる 志位和夫候補
 南関東 雇用破壊やめ若者に未来 はたの君枝候補
 九州・沖縄 「オール沖縄」の声を担い あかみね政賢候補
 九州・沖縄 原発再稼働反対の先頭に 田村貴昭候補

14120710south180.jpg「日本共産党の躍進で安倍政権の暴走をストップさせましょう」。衆院比例代表候補が各地で奮闘しています。




大企業の献金大幅増

 アベノミクス"効果" 自民前年比150%
 ゼネコン・証券・原発メーカー

 政党助成金 税金山分け 深まる依存
 使途自由な"特権"

14120735contribution180.jpg2013年分の総務省政治資金収支報告書が公表されました(11月28日)。報告書からは、「身を切る」といいながら税金を原資の政党助成金にどっぷり漬かった政党の実態や政治をゆがめる企業献金の実態が浮き彫りになりました。




安倍政権が選挙後に狙う 社会保障切り捨て計画

 医療 老いも若きも負担増
 年金 削減の仕組みさらに
 介護 来年度に大改悪実施

 消費税に頼らず財源40兆円 暮らし支える制度へ共産党の提案

14120733social180.jpg消費税10%増税の2017年4月実施を国民に押し付けようという安倍政権。「消費税増税は社会保障のため」と言いながら、その裏では総選挙後、社会保障の切り捨てでさらなる国民負担増を狙っています。安倍政権が国民に隠している"社会保障制度切り捨て、国民負担増"メニューとは...。




おとぎ話の宝箱

 メジャー初「テアトル・テアトル」
 姉妹ユニット チャラン・ポ・ランタン

14120730unit140.jpg12月3日にメジャー・ファーストアルバム「テアトル・テアトル」を発売した、チャラン・ポ・ランタン。NHK「みんなのうた」でも注目される、姉妹ユニットの魅力を、フリーライターの寧樂小夜さんが語ります。




社会に踏み出す一歩に

 "働く"テーマに学生映画祭
 格差、経済危機、グローバル化...上映15作品

14120731work180.jpg映画を学ぶ大学生たちが、"働く"をテーマに映画祭「ワーカーズ 2014」を開きます。上映するのは、古今東西の映画から選んだ15作品。派遣社員の過酷な現実から労働の尊さまで、多様な労働が描かれます。





14120734kagamiike180.jpg
四季の絶景 山梨勝弘
 薄氷の鏡池



ほかにこんな記事が

〈連載小説「たんぽぽ団地」作:重松清、絵・題字:タムラフキコ〉
 〈14〉第三章 純平の秘密 2
〈リレーエッセー 風の色〉
 不便だが不幸ではない フリーアナウンサー・町亞星さん
〈連載漫画「宮沢賢治短編集」作:宮沢賢治、作画:ますむらひろし〉
 ひかりの素足 21
〈やくみつるの小言・大言〉その487
〈魔女先生の玉手箱〉
 (35) 中国からの風 小学校教諭・大江未知さん
〈スポット〉朝ドラは初出演 女優・常盤貴子さん
〈知っておきたい認知症〉
 ⑤ 9大法則②症状の出現強度 身近な人にほど「意地悪」に
 川崎幸クリニック院長・内科医・
 認知症の人と家族の会全国本部副代表理事・
杉山孝博さん
〈本立て〉
 北大生宮澤弘幸「スパイ冤罪事件」の真相を広める会編
  『引き裂かれた青春 戦争と国家秘密』
 藤沢三佳著『生きづらさの自己表現 アートによってよみがえる「生」

〈経済これって何?〉
 7--9月期GDP連続減 再増税は国民の生活基盤を壊す
 東京工科大学教授・工藤昌宏さん
〈にちようシネマ館〉
 「ゴーン・ガール」「イロイロ ぬくもりの記憶」
 「ストックホルムでワルツを」「ミタケオヤシン」
〈赤旗相談〉「万引きや友達とのケンカ 中1息子が問題起こして」
      「減額されてる特養の費用 娘家族と同居でどうなる」
〈NEWディスク〉洋楽 山口智男の2枚
 「ストーリートーン」/ニール・ヤング
 「ロストオンザリバー」/ザ・ニュー・ベースメント・テープス

〈囲 碁〉依田紀基九段の眼 第39期新人王戦ここがポイント
 部分にこだわらない
 準決勝第2局 先・黒・村松大樹四段 VS 白・一力遼七段
〈将 棋〉蛸島彰子の将棋ステップアップ(10)
 香の使い方 日本女子プロ将棋協会所属、蛸島彰子女流五段
〈懸 賞〉〈詰 碁〉結城聡九段〈詰将棋〉伊藤果七段〈詰連珠〉岡部寛八段
〈読者の文芸〉詩・短歌
〈つ り〉
 親子でハゼ その場でアツアツ天ぷら 和歌山・紀ノ川
〈メディアをよむ〉知られざる離婚事情 弁護士・上田月子さん
〈うれしい一品〉料理人・森野熊八さんの「コルドンブルー」
〈1週間のおかず〉12月7日〜12月13日
 「サバのショウガ漬け焼き」「サラダちくわ」ほか

〈日曜クイズ〉 
  正解者には抽選で100人に景品をお送りします。
〈クイズでごジャレ〉
  小学生限定のクイズ。正解者に抽選で50人に賞品。


(c)「しんぶん赤旗」日曜版