日曜版「しんぶん赤旗」

日本共産党メイン

「しんぶん赤旗」トップ

 カテゴリー

1面
3面
日曜ワイド
ひと
この人に聞きたい
お役立ちトク報
トコトン対談
安倍改憲を問う2017
メディアは今
健康らいふ
くらし彩々
10's20'sYモード
たび
文化
スポーツ
地域でともに
少年少女
16面
世界.net
歴史に向き合う
地域発
黒柳徹子さん報告
私と介護
安倍改憲を問う
戦争法廃止の政府を
インタビュー戦後70年
戦後70年を考える
追及ブラック企業
原発ゼロへ 私の思い
生きる
復帰45年 オール沖縄の心


 バックナンバー

14年03月23日号 の紹介

1面

「慰安婦」問題の真実

2014年03月23日号

 志位委員長が解明 河野談話 攻撃のウソ

 罪認めて建設的な未来を
  評論家・元外務省国際情報局局長 孫崎享さん
 日本人として大事な責務
   法政大学教授   田中優子さん

14032301slave180.jpgいま、日本軍「慰安婦」問題での日本政府の態度が国際的にも厳しく問われ、国政の重大な争点になっています。そのなかで日本共産党の志位和夫委員長が14日発表した見解「歴史の偽造は許されない―『河野談話』と日本軍『慰安婦』問題の真実」が内外で注目されています。評論家・元外務省国際情報局局長の孫崎享さん、法政大学教授の田中優子さん、海外メディアなどにも話を聞きました。(見解全文)(一問一答



14年03月23日号

抵抗する勇気 舞台初挑戦・歌手 クミコさん

2014年03月23日号

 音楽劇 ピトレスク ナチ占領下のパリが舞台

 "今"と重なる 沈黙の罪を問う

14032303kumiko180.jpg歌手のクミコさんが還暦を迎える今年、初めて本格的な演劇に出演します。ナチスドイツ占領下のパリを舞台にした音楽劇「ピトレスク」。今の時代、おかしいと感じることに声をあげる勇気を、見る人に届けたいと語ります。



日曜ワイド

異議あり 保育園に入れないなんて

2014年03月23日号

 「認可増やして」パパ・ママ立つ

 福祉なのに"保活"っておかしい


 公有地の活用 予算の増額を 日本共産党参院議員 田村智子さん

14032318nursery360.jpg「このままでは退職? なんとかしてほしい」。子どもを認可保育園に預けることを認められなかった父母が、今年も異議申し立てに、東京都をはじめ都市部の役所に押し寄せています。どこにも預け先がない待機児童数は、全国で2万2741人(昨年4月1日時点)にも。実態と問題点、解決の方向は―。



くらし彩々

無理せず防ぐ 食べすぎ

2014年03月23日号

 早食いで多食してしまう... 悩み別解決法

14032309diet180.jpg健康のためにダイエットが必要だけれども、つい食べ過ぎてしまう。ストレスがたまると甘いものを食べずにはいられない―。そんな悩みを抱えるみなさん。上手に食べすぎを防ぐため、自分にあった解決方法を探してみませんか?



スポーツ

差別横断幕 サポーターはノー

2014年03月23日号

 浦和に無観客試合処分

 認めあい尊重しあうことが大事 サッカージャーナリスト 大住良之さん

14032335discrimination180.jpgJリーグは13日、浦和に無観客試合(23日、清水戦=埼玉スタジアム)の重い処分を下しました。同クラブの一部サポーターが、スタジアムに差別的な横断幕を掲げ、クラブ側も放置したからです。一連の問題をサポーターはどう受け止めているのでしょうか。サッカージャーナリストの大住良之さんにも話を聞きました。



10's20'sYモード

未来を耕せ 20代 新規就農で奮闘中

2014年03月23日号

   失敗もいい経験 おいしくまちおこし

14032313farm180.jpg「佐久平を生物多様性の里山にして、多くの人が訪れるまちにしたい」―。農業に夢を持ち、チャレンジする新規就農の若者たち。全国有数の農業県、長野県の佐久市を訪ねました。



少年少女

ぼくらのまちを 守り隊 高知・四万十町

2014年03月23日号

 手作り「防災マップ」 危ない場所を調査!

14032317simanto180.jpg高知県四万十町の十川小学校では、がけくずれの危険があるところなどを書き込んだ「防災マップ」を作りました。4年生から6年生が、総合学習の時間を使って作成しました。



地域発

水俣病 取り残された被害者

2014年03月23日号

 目前の島 救済されるのに

 家族でも生年月日で線引き

 市田副委員長「新指針は被害者切り捨て」

14032332minamata180.jpg公害の原点とされる水俣病。熊本県水俣市で1956年に「原因不明の脳症状」と公式確認され、60年近くがたとうとしています。被害者救済のいまを追いました。


ひと

『覆す力』を出版 竜王・名人 森内俊之さん

2014年03月23日号

14032336moriuchi180.jpg棋界最高位とされる竜王・名人の2冠を持つ最強の棋士が、半生と勝負哲学を明かす『覆す力』(小学館新書)を出しました。「こういう本を出すのは初めての経験で、出版できてほっとしています」


たび

嵯峨野「わび」の風情 京都

2014年03月23日号

14032321sagano180.jpg



14年03月23日号

目次

2014年03月23日号

歴史の偽造は許されない 志位委員長が見解

 「河野談話」と日本軍「慰安婦」問題

 真実に向き合い信頼される国に


  「談話」が認めた事実と攻撃の特徴
  経過を無視した「談話」攻撃
  日本の司法が事実を認定
  安倍政権は「政府答弁書」撤回を

14032306cii360.jpg日本軍「慰安婦」問題での河野洋平官房長官(当時)の「談話」(1993年8月4日)について、「日本維新の会」の議員らが国会で攻撃し、「見直せ」と主張しています。そんな動きに全面的に反論したのが、日本共産党の志位和夫委員長の見解「歴史の偽造は許されない―『河野談話』と日本軍『慰安婦』問題の真実」(14日発表)です。ポイントを紹介します。(見解全文はこちらから)(質疑応答の大要はこちらから


若手弁護士 チョコや漫画で

 知恵を武器に憲法語っちゃおう

14032311lawyer180.jpgクラブハウスでDJが音楽をかけながら、また、路上で紙芝居を使って―。ユニークな方法で憲法を楽しく知ってもらおうと取り組んでいる若手弁護士たちがいます。「明日の自由を守る若手弁護士の会」です。その活動は―。




4月新紙面 いっそう充実

 転勤・転居先でもご購読ください

 子育ての悩み尾木ママに聞きたい
 連載エッセー 魔女先生の玉手箱
 とめよう戦争する国づくり
 科学欄 読書欄 手作り菜園 健康らいふ

日ごろのご愛読ありがとうございます。新年度が始まる4月、「しんぶん赤旗」日曜版は、新企画や新執筆陣の登場などでいっそうの紙面の充実をはかります。転勤・転居先でも引き続きご購読をお願いします。


14032302papers180.jpg

リレーエッセー「風の色」新執筆者

各界で活躍する、女性5人が、リレー形式でつづるエッセー「風の色」。4月6日号から1年間執筆される方々は、次の5人の方々です。今井美月さん(翻訳者、ライター・ドイツ在住)、北尾まどかさん(将棋・女流棋士)、露の団姫さん(落語家・天台宗僧侶)、冨士眞奈美さん(女優)、町亞聖さん(フリーアナウンサー)。




被災地農業回復なかば

 TPP、消費税が苦境に追い打ち
  宮城県農業協同組合中央会会長 菅原章夫さん

東日本大震災から3年。津波で甚大な被害を受けた農業の復興の状況やTPP(環太平洋連携協定)、消費税増税について、宮城県農業協同組合中央会の菅原章夫会長に聞きました。

14032305agricultural180.jpg

岩手 復旧4割に満たない
福島 まだ2割 原発事故の影響も

東日本大震災から3年。農水省は農地の約7割が復旧したとしていますが、実態は―。



仮設住民守る自治会

 大震災3年 コミュニティー維持に力つくす

 災害公営住宅の応募枠新設

14032333sendai180.jpg発生から3年がたった東日本大震災では、津波や原発事故で住まいを失った26万人を超す被災者が現在も厳しい避難生活を強いられています。岩手、宮城、福島の3県から被災者が集まる仙台市の仮設住宅の自治会長が語る3年目の現状とコミュニティーを守る取り組みとは―。



STAP細胞疑惑 存在問われる事態

 不正疑惑に対応するシステムがない
    日本分子生物学会理事、大阪大学教授 篠原彰さん

14032304STAP180.jpg生物学の常識を覆す発見として世界に衝撃を与えた新たな万能細胞「STAP(スタップ)細胞」論文。これに多数の疑惑が指摘された問題で、主要執筆者が所属する理化学研究所は14日、不適切画像流用などを認めました。いったい何が問われているのでしょうか。日本分子生物学会理事、大阪大学教授の篠原彰さんにも話を聞きました。



私と「赤旗」日曜版

 集金の時の語らいも楽しい 長野・飯田市 自営業の女性(83)
 探偵曜子になったつもりで 新潟市 パティシエの女性(23)

14032310anniversary180.jpg3月1日で創刊55周年となった日曜版。創刊号(1959年3月)からの愛読者だという長野県飯田市の自営業の女性(83)と、物心ついた時から自宅で読んでいたという新潟市のパティシエの女性(23)のお宅を訪問し、「私と日曜版」について聞きました。




陸前高田へ「ハナミズキの願い」

 パーカッショニスト はたけやま裕さん

 刻むセンス 今日より明日

14032329percussion180.jpg幅広いジャンルで活躍するパーカッショニストのはたけやま裕(ゆう)さん、12日、新譜「ハナミズキの願い」(キノミュージック)を出しました。アルバムに込めた思いとは―。




人形劇 動きで勝負

 デフ・パペットシアター・ひとみ

 せりふに頼らない ろう者と聴者

14032331puppet180.jpg手話や表情、身ぶりで豊かに語るろう者。彼らの表現力を生かし、せりふに頼らない、誰もが楽しめる人形劇をと活動する劇団があります。「デフ・パペットシアター・ひとみ」は、ろう者と聴者で構成する人形劇団。公演を前に、結成34年目の劇団を訪ねました。




城南海 4年半ぶり2作目

 「綾蝶〜アヤハブラ」
 楽曲を蝶に見立て優雅に舞う
 奄美大島出身の実力派

14032330minami180.jpg城南海が4年半ぶりのアルバム「綾蝶〜アヤハブラ」をリリースしました。「アヤハブラ」は出身地・鹿児島県奄美大島地方の方言で、美しい蝶(ちょう)を意味します。魅力を音楽ライターの梅岡彩友美さんが語ります。





14032334watarase180.jpg
四季の絶景 山梨勝弘
 静寂のヨシ原
 渡良瀬遊水地


14032316reader180.jpg
読者の写真
 とっておきの1枚

 (月1回掲載)



ほかにこんな記事が

〈連載小説「風雪のペン」作:吉橋通夫、絵:西のぼる、題字:日野原牧〉
 〈35〉第八章・吹きすさぶ風の中を 1・提灯行列
〈リレーエッセー 風の色〉
 限界決めず なんでも挑戦 元サッカー日本代表・宮本ともみさん
〈連載漫画「宮沢賢治短編集」作:宮沢賢治、作画:ますむらひろし〉
 虔十公園林 ⑦
〈マリン先生の虹色ノート〉
 (101) 手さげかぶって勉強 小学校教諭・真咲倫子さん
〈知ってトクする 初めてのSNS〉④ 気になった人をフォロー
 印刷会社勤務・古田朗さん
〈スポット〉
 えがおの花 オペラ歌手・小林沙羅さん

〈本立て〉
 阪田雅裕、川口創著『「法の番人」内閣法制局の矜持』
 尾崎たまき著『水俣物語』
 美帆シボ著『つるにのってフランスへ』
〈経済これって何?〉
 安倍政権の雇用破壊政策 「成長戦略」で賃金42兆円減
 労働総研事務局次長・藤田宏さん
〈すくすく子どもたち〉
〔子育て〕
たくさん愛される幸せ 民間保育園園長・布川順子さん
〔健 康〕社会性を身につける力 鹿児島県霧島市・国分生協病院小児科・森田智さん
〈にちようシネマ館〉
 「LIFE!」「ワンチャンス」
 「オーバー・ザ・ブルースカイ」「グランドシネマ 坂東玉三郎 日本橋」
〈電話相談〉「自信がない新小4の3人 何か新しく挑戦させたい」
       「年金うけず生活保護受給 福祉事務所が返済を要求」
〈NEWディスク〉ジャズ バードマン幸田の3枚
 「ジャジック・イン・クラシック」/ミッシェル・ルグラン
 「リカード・ボサノヴァ」/エリック・アレキサンダー・カルテット
 「コンサメーション」/サド・ジョーンズ=メル・ルイス・ジャズオーケストラ

〈囲 碁〉依田紀基九段の眼 第39期新人王戦ここがポイント
 仕掛けても薄ければ 予選第5局
 先・黒・藤沢里菜二段 VS 白・玉井伸三段
〈将 棋〉上達のアドバイス〈37〉
 囲いを発展させる香 日本将棋連盟指導棋士・木屋太二六段
〈詰 碁〉結城聡十段〈詰将棋〉伊藤果七段〈詰連珠〉岡部寛八段
〈読者の文芸〉詩・短歌
〈つ り〉仕掛け替え楽しく 根魚 京都・経ケ岬沖
〈メディアをよむ〉共産党見解なぜ伝えない
 元ワイドショープロデューサー・仲築間卓蔵さん
〈うれしい一品〉杵島直美さんの「バンバンジー」
〈1週間のおかず〉
 「サイコロステーキ」「若竹煮」ほか

〈日曜クイズ〉 
  正解者には抽選で100人に景品をお送りします。
〈クイズでごジャレ〉
  小学生限定のクイズ。正解者に抽選で50人に賞品。


(c)「しんぶん赤旗」日曜版