地方

木曜日付の「地方・総合」のページでは、各地の話題を「地域発」でとりあげています。

6日付 クローズアップ 佐賀・玄海町 玄海原発3キロ圏内の「住民健診」結果 町民に隠し、九電に提供

13日付 クローズアップ 京都市 「民泊」トラブル続出 違法営業・迷惑行為 共産党市議団が調査
                     (記事はこちら

京都民泊.JPG           民泊建設が「再検討」になった土地でポスターを持つ山根市議=10日、京都市伏見区


20日付 クローズアップ 青森市 「リフォーム助成制度」広がる 「効果抜群」地域経済動かす

 このほか、火曜日付~日曜日付の5つの地方版でも各地の話題とニュースを報じています。その主な記事を紹介します。

【北海道・東北のページ(東日本総局)】

*(11日付)クローズアップ 仙台市 保育民営化で矛盾噴出 公立園廃止の果てに

*(16日付)クローズアップ JR北海道 函館本線「経営分離」方針 地域の「足」削らせぬ
                     (紙面を見る

*(26日付)カキ再建 知事の肝いり「特区」が阻む 宮城県議会委

【首都圏のページ】

*(7日付)クローズアップ 山梨県議会の議会基本条例 流会に反省なし 県民意見入れず 疑問・批判の声

*(14日付)クローズアップ 国保証取り上げ 医療費の10割負担 資格証明書発行 栃木県9年連続交付率1位
                     (紙面を見る

*(23日付)戦争は悲惨 もう二度と 東京大空襲体験者 宮坂順明さん

【東海・北陸信越のページ】

*(9日付)民青が新入生と対話 愛知の日本福祉大 〝入学おめでとう〟三重大

*(23日付)いま言いたい 金沢市 年金引き下げ違憲訴訟の原告 寺越博之さん
                     (紙面を見る)

*(26日付)「共謀罪」先取り 市民監視 違憲の警察活動許さない 岐阜・大垣 自由を守る会総会

【近畿のページ】

*(5日付)政治は変えられる 「共謀罪」法案閣議決定の日に共産党に入党 大阪市枚方市の嶋田早苗さん
*(8日付)比例180万票5議席超へ 衆院近畿ブロック候補者会議 5候補語る
*(14日付)排ガスに〝フタ〟公園 阪神高速の上 公害封じ込め 大阪 共産党と住民の長年の運動結実
                     (記事はこちら

阪神.jpg

【西日本(中国・四国・九州・沖縄)のページ】

*(2日付)「地域に春を」幅広く 山口県萩市 農林漁業 元気に 党派超え手つなぐ

*(9日付)大学人はだまらない立憲主義を未来へ 熊本で「会」設立
                     (記事はこちら

大学人.JPG            大学人の会設立総会に集まった人たち=7日、熊本市


*(22日付)西日本リポート 福岡空港の民営化 市は公的責任果たせ 市長の強行に市民が抗議
 


地方取材網

「しんぶん赤旗」の地方取材網は、北海道(札幌)、東北(仙台)、首都圏(東京)、東海・北陸信越(名古屋)、北陸信越(長野)、関西(大阪)、中国・四国(広島)、西部(福岡)の8カ所に総局・支局があり、各都道府県に専任の通信員を配置、地方議員(団)・党員の皆さんから通信が寄せられます。
「しんぶん赤旗」地方総局の住所・連絡先はこちら


◎クローズアップ/京都/「民泊」トラブル続出/違法営業・迷惑行為/住民に怒り 市も全容つかめず/町内あげ運動 計画見直しも/共産党市議団が調査

 「民泊」をめぐり日本屈指の観光地、京都市でトラブルが続出、住民に不安が広がっています。「鍵の開け方がわからず、観光客が宿泊施設の前で野宿していた」「違法民泊で看板を出していないため、自分の店が目印に使われた上に、店の住所宛てに利用者の荷物が海外から届いた」。日本共産党京都市議団の調査に寄せられた実態は深刻です。(丸山裕子)

 「民泊」は、住宅などを宿泊施設として提供するサービスです。安倍政権は「観光立国」を経済政策、アベノミクスの柱の一つに掲げ、「民泊」を広げるため規制緩和を狙っています。

1年で相談激増

 「この1年、『民泊』に関する相談が激増している」と話すのは、日本共産党の山根智史市議です。閑静な住宅街のあちこちに突然、観光客のための宿泊施設が計画・営業されていることに住民から懸念と怒りが噴出しています。
 京都市の調査(2016年3月時点)では、「民泊」2702件のうち、旅館業法上の許可を確認できたのは7%の189件、無許可と推測される施設は68・4%の1847件です。
 「市も全容をつかんでいない。対応も不十分だ」と山根市議は指摘します。
 住環境を守ろうと、町内あげての運動で建設計画の「再検討」や運営管理の改善を勝ち取っているケースもあります。
 京阪墨染(すみぞめ)駅(京都市伏見区)は国内外からの観光客でにぎわう伏見稲荷大社近くの京阪伏見稲荷駅から3駅5分。駅から徒歩1分の戸建て住宅が密集する一角に、昨年9月、2階建て1棟貸しタイプの民泊建設が計画されました。

署名やポスター

 同じ町内にすでに開業していた他の「民泊」で、宿泊者が深夜に騒ぐなどの問題が発生していたこともあり、住民は一致して計画に反対。町内会が開催を求めた住民説明会には大半の世帯から参加し、意思を伝えました。有志の署名活動や「工事反対」のポスターの張りだしをする中で、運営業者は建設計画の「再検討」を連絡してきました。
 同じく墨染駅近くに建設されている30人規模のゲストハウスタイプの施設では、当初、常駐スタッフが配置されない予定でしたが、住民が繰り返し要求し、24時間の常駐体制や協定書の締結を約束させました。
 常駐のスタッフがいないことで、火災や病気などの緊急時に対応できない、宿泊者名簿がないことで伝染病が発生した時に感染ルートをたどれないなど、旅行者側からみても「おもてなし」に逆行する事態も考えられます。
 日本共産党京都市議団は3月に『住民のための「民泊」対応ハンドブック』を発行しました。施設の計画ができた時や迷惑行為があった時の対応方法をわかりやすく解説。あきらめずに一緒に声を上げましょうと呼びかけています。同ハンドブックは、市議団のホームページで見ることができます。
(4月13日)


◎クローズアップ/大阪・此花/排ガスに〝フタ〟公園/阪神高速の上、公害封じ込め/一部開園

 大阪市此花区の正蓮寺川公園の一部1・4㌶の開園記念式典が2日行われ、日本共産党の瀬戸一正市議があいさつ、辰巳孝太郎参院議員が参加しました。
 正蓮寺川公園は2013年にトンネル構造で開通した阪神高速道路・淀川左岸線1期の上にできる延長2・3㌔㍍、広さ約19㌶(西区の靭公園に匹敵)の公園です。今回開所したのは千鳥橋上流の230㍍区間1・4㌶です。
 排ガスまき散らしの「掘割構造」で高速道路計画が発表されたのは32年前の1985年。86年に「掘割構造」のまま都市計画決定されました。
 日本共産党は住民と一緒に「正蓮寺川区民の会」を結成。公害持ち込み反対の署名を1万5千人分集め、89年に大阪市議会で「全面フタかけ決議」を実現しました。91年には瀬戸市議が当選。議会活動と結んで国交省や環境庁(当時)へたびたび働きかけました。2002年に「全面フタかけ」=「トンネル構造への都市計画変更」を実現しました。
 さらに、09年から11年には高速道路の換気所にNO2を除去する脱硝装置の設置を求める8600人分の署名を集めました。此花区選出府・市議会議員連名の要望書も提出し、関西で初めて阪神高速に取り付けさせました。
 オープンした正蓮寺川公園では暖かい日差しのもと連日、子ども連れのお母さんたちや公園を走り回る子どもたち、散策する夫婦の姿が見られます。入り口には大きな芝生広場があり、歩行者と自転車専用の道路沿いには「桜並木」、南側には「ケヤキ並木」もあります。公園の建設は、福島区の大開までがあと2年、西側の森巣橋までがさらに3年、そのあと順次、島屋大橋まで工事が進むことになっています。

共産党と住民の長年の運動結実/瀬戸一正市議の話

 公園のオープンを目にして、いろんなことを思い出します。1990年に角橋徹也さんとともに「正蓮寺川花と緑と水の公園」の提言を発表したこと、91年に市議に当選し全面フタかけを求めて4年間で17回質疑し他会派議員から「フタかけ議員」と呼ばれたこと、2010年に脱硝装置設置を求めて東京の山下よしき参院議員事務所で宮本たけし衆院議員とともに国交省交渉をしたことなどです。
 都市計画を変更して高速道路の上にこんなに大きな公園ができたのは全国で初めてです。開所式で「日本一の公害対策です」とあいさつさせていただきました。
 まだ「コンクリート壁の撤去」や「せせらぎの実現」という大きな課題が残っています。自動車公害を封じ込めた公園です。韓国の清渓川公園のような公園、此花区民と大阪市民のための豊かな緑と憩いの場にして、21世紀にふさわしい大阪の街づくりに貢献したいと思っています。
(4月14日 近畿のページ)


◎大学人は黙らない/立憲主義を未来へ/熊本で「会」設立

 熊本県の現・元の大学教職員らでつくる「立憲主義を未来へつなぐ大学人の会 くまもと」の設立総会が7日に熊本市で開かれ、約100人が参加しました。

 会は、昨年の参院選で野党共闘の先駆的取り組みで大きなうねりをつくりだした時の思いを絶やすことなく、「大学人として発信し続けよう」と呼びかけられたもの。①立憲主義と個人の尊厳の確立②憲法改悪阻止と国民主権の発展③軍事によらない平和の探求④安全保障関連法の廃止⑤自由な教育と研究の保障―の目標実現を掲げています。
 熊本大学の阿部悠貴准教授が「最近の英米における政治的な動き」と題して講演しました。参院選を野党統一候補としてたたかった阿部広美弁護士、「秘密保護法廃止!くまもとの会」呼びかけ人代表の田尻和子弁護士が来賓あいさつ。阿部氏は、憲法を守る運動を続ける人たちを「勇気づける発信に期待したい」と述べました。
(4月9日 西日本のページ)
 

1

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック
見本紙 購読 ページの上にもどる
日本共産党 (c)日本共産党中央委員会 ご利用にあたって